男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

お互いの親に同棲の挨拶は必要?反対されたらどうすべき?

      2016/03/18

お互いの親に同棲の挨拶は必要?反対されたらどうすべき?

結婚生活を失敗しないために、カップルは同棲をすべきだ!という意見が、主流になってきました。

が、同棲をする上で、お互いの両親に挨拶をし、認めてもらうという難関が待ち受けています。

どうして、同棲をする上で親に挨拶をすべきなのでしょうか?

またもし反対された場合は、どうすべきなのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


どうして両親の世代は、同棲を否定的に見るのか

愛しあう二人が、いつも一緒にいたいと願うのは、ごく当然のことです。
まして、お互いか、どちらかがが一人暮らしだった場合には、別々に暮らすよりも、一緒に暮らすべきと考えるカップルは決して少なくありません。

そうした時に、ある一定の年齢のカップルであるならば、同棲をしようと考えるのも、また当然のことかもしれません。

ただ、同棲には、大きな壁が存在します。
その一つであり、かつ一番大きな壁は、お互いの両親の存在です。

一昔前の日本では、同棲は決していい印象を与えるものではありませんでした。男女が結婚というケジメをつけないで、ずるずるダラダラと同じ屋根の下に住むことは、ふしだらであり、決して看過できるものではなかったのです。

「でもそれは、昔の話だよね?」「今は結婚前に同棲することは、むしろリスク軽減にも繋がる」という声は、本当にここ最近になってから出だした意見にすぎません。

ですから、同棲の挨拶をしに相手の実家に向かっても、諸手を上げて同棲に賛成してくれることのほうが珍しいこと。多くの場合、反対や難色を示されてもおかしくないのです。

親の考える同棲のリスクとその理由とは

同棲に反対する両親に対して「頭が硬い!」と思うかも知れませんが、単に世間体の問題だけで反対をしている、とは思ってはいけません。同棲を反対する一番大きい理由は”自分の子供が心配だから”に尽きます。

結婚するまで男女の関係がないカップルがほぼいないことは、両親の世代でも十分に分かっているでしょう。それでも、そうしたことは公言することはおろか、匂わせることも、本来は”あってはならない”ものでした。

まして同棲をし、そのまま結婚できればまだしも、破局してしまった場合、特に女性側は”キズモノ”として見られます。遊ばれた挙句捨てられた、と後ろ指を指されることになるのです。そして将来別の相手と結婚をしようとした時に、この同棲が問題視されることだってあるのです。

親からすれば、自分の子供にそんな目に遭ってほしくないと思うのは当然でしょう。
世間体を気にしすぎているというより、むしろ、世間体から自分の子供を守るために、同棲に反対をしていることを理解しなければいけません。

親に同棲を反対されないために、挨拶前にすべきことは?

では、同棲の挨拶を考えている時、どんな風に親に持ちかけるべきでしょう?

まず、真剣な交際をしている相手がいることは、先に伝えておくべきでしょう。それすら親に伝えておらず、突然「この人と同棲したいと思っている」と紹介されても、親からすれば寝耳に水。これでは、どんなに相手が誠実であっても、同棲を認めて貰いづらいです。

もし可能であるならば、まずは一度、同棲や結婚という言葉は抜きにして、お互いの両親に挨拶をするのもいいでしょう。面識があるかないかで、感じ方も大分和らぐものです。

それを踏まえた上で、二人の間で同棲をしようか、という提案が持ち上がっていることを伝えるのです。そして、認めてもらうために挨拶に伺いたい、と”相手が”言っている、と打診してみましょう。

ほとんどの場合、まずは子供である自分に対して、親からの質問があると予想されますので、以下のようなことを二人で話し合っておきましょう。

  • 二人に結婚の意志があるかどうか
  • 結婚を考えているのに、同棲を先にする理由は何か
  • 結婚をするのであれば、具体的にどれ位先に考えているのか
  • 相手の親はどう言っているのか

少なくとも、このあたりの質問に対して、お互いの意志を統一しておきましょう。

親が同棲に反対する理由にはどんなものがある?

まず第一に、先の約束がない――つまり結婚する意志がない同棲ならば、反対されて当然です。
男性側の親から見れば「息子に寄生するつもりか?」となりますし、女性側の親からは「娘の人生を台無しにするつもりか?」と思われても仕方がありません。

続いて、どちらかが、現在の場所を離れて遠くに引っ越さなければならない時・実家から遠く離れた場所で住む時も、反対をされる可能性が高くなります。

何かあった時、すぐに側に行きたい・戻ってこさせたいと思うのが親心というもの。物理的な距離があると、それが難しくなりますから難色を示しがちです。

子供の交際相手に対し、親が何か納得出来なこと――付き合って日が浅かったり、仕事、収入、性格、家族関係等を感じた時にも、反対されることがあるでしょう。

特に仕事や収入に関して、細かく聞かれることが多いようです。同棲予定の相手に収入が少なければ、それだけ自分の子供に負担がかかることに繋がるのですから、これも致し方無いことと言えます。

もし挨拶をしても反対された場合、どうすべきか

もし、挨拶をした上で親が同棲に対して反対する場合、何度か親に会ってその疑念を払うか、子である側が親に対して説得をし、納得をしてもらうしか方法はありません。

実はこの時の相手の態度が、自分自身の”見分け”にも重要です。

「反対されても何度でも伺うよ」という姿勢や、「やはり順序は守るべきなら、同棲はせずに結婚をして一緒に暮らそう」という決意を示してくれないような相手とは、同棲はおろか結婚をしても上手くいきません。

また、反対されることが目に見えているから、挨拶をせずに内緒で同棲をしよう!とは、考えないほうがいいでしょう。

もしバレた時、相手に対する不信感は一気に跳ね上がります。例え納得できる理由があっても、一度染み付いた印象というものは簡単には拭えません。こうなると、関係は拗れるばかりか悪化してしまいますから、将来を考えるのであれば、必ず挨拶をすることが必要なのです。

もう成人もして独り立ちもした、だから親の意見は必要ない!と思うのは、逆にとても幼い考え方です。

親にとって、子供は唯一無二の存在であり、とにかく自分の身を案じてくれている存在だということを、今一度心に留めた上で、恋人との生活を賛成してもらえるよう努力するのが、本当の大人の行動ではないでしょうか。

関連記事はこちら

 - 同棲

ページ
上部へ