男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

お付き合いが始まった!両親へ挨拶はいつ頃するもの?

      2016/03/18

お付き合いが始まった!両親へ挨拶はいつ頃するもの?

恋人を両親に紹介するタイミングはいつでしょう?

お付き合いが始まってすぐに、という人もあれば結婚を意識し始めたら、二人の間で結婚が決まってから、といろいろ考えられますね。

タイミングとしてはいつがベストなのでしょうか。

今回はそんな二人のためにご両親へ挨拶のタイミングについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


恋人を両親に紹介し、挨拶するタイミングを考えてみよう

恋人を両親に紹介し、挨拶する・・・緊張する瞬間ですね。

まだ若い学生時代なら、両親に内緒で・・・ということも多いかもしれません。学校の帰り道に二人で手をつないでいたら仕事帰りの母親に目撃されていた、なんて甘酸っぱいあ思い出のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、大人になってからですと、気恥ずかしいから両親に紹介したり挨拶したりできない、というのはとても幼稚な考えといえます。

真剣なお付き合いであればあるほど、両親に紹介、挨拶することも出てきます。
そしてまた、そのタイミングも非常に重要になってきます。タイミングを逸すると、恋人の信用を失うこともあり得ますし、両親との関係がその後ギクシャクすることもあるからです。

タイミングとしてはお付き合いが始まってすぐに、という人もあれば、結婚を意識し始めたら、という方もいるでしょう。
もっとずっと後になって、二人の間で結婚が決まってから、ということもありますね。

二人の関係性、両親との距離感、いろんな状況を加味して考えなければいけないことではありますが、タイミングとしてはいつがベストなのでしょうか。

今どきカップルは両親への挨拶をいつしているの?

恋人の両親に挨拶するタイミング、今どきカップルはいつするものなのでしょうか。

付き合い始めてすぐに、あるいは結婚を意識する前段階の交際中から恋人を両親に紹介・挨拶するというカップルが増えているようです。

付き合ってすぐに両親との交流をはじめることのメリットは、お互いに少しずつ親交を深めあうことで、将来的に結婚することになっても結婚の挨拶もスムーズに進み、結婚後の関係も良好になりやすいことです。

逆にもし恋人との関係を解消した場合には、特に女性の場合、両親に余計な心配をかけてしまうことにもなり得ます。そのため、男性より女性のほうが両親に挨拶をするタイミングを遅らせようとする人が多い傾向があります。

両親へ紹介・挨拶をする、ということは、親世代にとっては「結婚を意識しています」という意思表示ともとれます。

両親の側でも結婚への心づもりを始めるかもしれません。

紹介する際には、現在のお付き合いがどんな状態なのか、将来的に結婚をしない可能性もある(する可能性がある)などといった状況を、両親にさりげなく伝えておくことも必要ですね。

両親への挨拶のタイミングはいつがいいの?

恋人の両親に挨拶をする時期として一番多いのは「プロポーズの後」のようです。
プロポーズということは将来的な結婚の意思があり、両親とも付き合いを始めていく決意があるという意味になるからです。

前項では、早い段階で恋人の両親に挨拶をするカップルをご紹介しましたが、やはり恋人との関係が密になり確かなものになってから両親と恋人とを引きあわせたいと慎重に考えるカップルが全体としては多いようです。

元来、日本の習慣としては、両親に恋人を紹介・挨拶するときに結婚の承諾を得るのがほとんどです。そのため、挨拶を受ける両親としても結婚の挨拶と心づもりしていることが多いでしょう。

なかにはとても慎重になって結婚式の直前まで挨拶のタイミングを延ばすカップルもいるようです。しかしこれは、結婚に際して親の立場は二の次、というように見える可能性もあり、その後の関係がギクシャクしてしまったという例もあるようです。あまり遅いタイミングもよくありませんね。

時期としては、お互いに長い休暇がとりやすかったり休暇を合わせやすいクリスマス〜年末年始の頃を選ぶ人が多そうです。
挨拶をする側もされる側も、大切な話ですからゆっくりとした時間をとれるほうがよさそうですね。

両親への挨拶で気を付けたいこと

いよいよ恋人の両親に挨拶をすることが決まりました。
将来的なことを考えても、失礼がないように気を付けたいですね。
ポイントを3点紹介しますので、参考にしてください。

せっかくの大切な場面です。「あんな人やめておきなさい」「もう一度考えなおしなさい」などと言われてしまわないように、入念に準備して臨むのがよいと思います。自分の親の特徴を恋人に伝え、話題づくりや話し方の参考にしてもらうのもよいですね。

敬語を使う

フランクな付き合いをしていきたいという思いもあるかとは思いますが、初対面の年長者です。敬語で接しましょう。

自然体でよいけれどくずし過ぎはNG

初対面の年長者に対して、というだけでなく今日は大切な挨拶をする場です。あまりにくずし過ぎた態度では、品がない印象を与えてしまいます。

恋人を「〇〇さん」と呼ぶ

「〇〇たん」「〇〇っち」などと愛嬌たっぷりに呼び合っているカップルも今日はそれをお休みして「〇〇さん」と呼びましょう。誰もが気持ちよく聞ける呼び方です。そして話題選びにも、若者にしかわからないような話し方はやめて誰もがわかる話題づくりをしましょう。

以上の3点を踏まえて、素晴らしい日にしてくださいね。

両親への挨拶をいつにするかは、二人で決める!

今回は恋人の両親に挨拶をいつするのかを決めるためのポイントをご紹介しました。

1.いつ挨拶をするのがよいのかを見定め
2.時期を決め
3.当日には粗相のないように、丁寧で品のある言動で臨むことです。

親世代にとっての品のある言動、誠意ある言動というと、大変なプレッシャーを感じてしまうかもしれませんが、そうではなく、相手への思いやり、年長者への気遣い、恋人への誠実な想い、そのような人として基本的な優しさを見せられるかが重要だと思いますので、肩ひじ張ることなく臨んでください。

また、世間的な挨拶のタイミングがどうであれ、日本の慣習があったとしても、最終的に決めるのは、恋人同士である二人です。

その後どんな将来を思い描いているのか、もしそこに結婚があるなら両親とどのような関係を築きたいと思っているのか、長い目で考えた上で決める必要がありますね。

また、そのことを二人で話し合っていく中で、恋人として、未来の家族として、見えてくることもたくさんあると思います。たくさん話をして理解しあって、より強く深い関係へと成長していくための一つの手段となることを願っています。

関連記事はこちら

 - 恋愛の心得

ページ
上部へ