男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

お付き合いが始まった!両親へ挨拶はいつ頃するもの?

      2016/03/18

お付き合いが始まった!両親へ挨拶はいつ頃するもの?

恋人を両親に紹介するタイミングはいつでしょう?

お付き合いが始まってすぐに、という人もあれば結婚を意識し始めたら、二人の間で結婚が決まってから、といろいろ考えられますね。

タイミングとしてはいつがベストなのでしょうか。

今回はそんな二人のためにご両親へ挨拶のタイミングについてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


恋人を両親に紹介し、挨拶するタイミングを考えてみよう

恋人を両親に紹介し、挨拶する・・・緊張する瞬間ですね。

まだ若い学生時代なら、両親に内緒で・・・ということも多いかもしれません。学校の帰り道に二人で手をつないでいたら仕事帰りの母親に目撃されていた、なんて甘酸っぱいあ思い出のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、大人になってからですと、気恥ずかしいから両親に紹介したり挨拶したりできない、というのはとても幼稚な考えといえます。

真剣なお付き合いであればあるほど、両親に紹介、挨拶することも出てきます。
そしてまた、そのタイミングも非常に重要になってきます。タイミングを逸すると、恋人の信用を失うこともあり得ますし、両親との関係がその後ギクシャクすることもあるからです。

タイミングとしてはお付き合いが始まってすぐに、という人もあれば、結婚を意識し始めたら、という方もいるでしょう。
もっとずっと後になって、二人の間で結婚が決まってから、ということもありますね。

二人の関係性、両親との距離感、いろんな状況を加味して考えなければいけないことではありますが、タイミングとしてはいつがベストなのでしょうか。

今どきカップルは両親への挨拶をいつしているの?

恋人の両親に挨拶するタイミング、今どきカップルはいつするものなのでしょうか。

付き合い始めてすぐに、あるいは結婚を意識する前段階の交際中から恋人を両親に紹介・挨拶するというカップルが増えているようです。

付き合ってすぐに両親との交流をはじめることのメリットは、お互いに少しずつ親交を深めあうことで、将来的に結婚することになっても結婚の挨拶もスムーズに進み、結婚後の関係も良好になりやすいことです。

逆にもし恋人との関係を解消した場合には、特に女性の場合、両親に余計な心配をかけてしまうことにもなり得ます。そのため、男性より女性のほうが両親に挨拶をするタイミングを遅らせようとする人が多い傾向があります。

両親へ紹介・挨拶をする、ということは、親世代にとっては「結婚を意識しています」という意思表示ともとれます。

両親の側でも結婚への心づもりを始めるかもしれません。

紹介する際には、現在のお付き合いがどんな状態なのか、将来的に結婚をしない可能性もある(する可能性がある)などといった状況を、両親にさりげなく伝えておくことも必要ですね。

両親への挨拶のタイミングはいつがいいの?

恋人の両親に挨拶をする時期として一番多いのは「プロポーズの後」のようです。
プロポーズということは将来的な結婚の意思があり、両親とも付き合いを始めていく決意があるという意味になるからです。

前項では、早い段階で恋人の両親に挨拶をするカップルをご紹介しましたが、やはり恋人との関係が密になり確かなものになってから両親と恋人とを引きあわせたいと慎重に考えるカップルが全体としては多いようです。

元来、日本の習慣としては、両親に恋人を紹介・挨拶するときに結婚の承諾を得るのがほとんどです。そのため、挨拶を受ける両親としても結婚の挨拶と心づもりしていることが多いでしょう。

なかにはとても慎重になって結婚式の直前まで挨拶のタイミングを延ばすカップルもいるようです。しかしこれは、結婚に際して親の立場は二の次、というように見える可能性もあり、その後の関係がギクシャクしてしまったという例もあるようです。あまり遅いタイミングもよくありませんね。

時期としては、お互いに長い休暇がとりやすかったり休暇を合わせやすいクリスマス〜年末年始の頃を選ぶ人が多そうです。
挨拶をする側もされる側も、大切な話ですからゆっくりとした時間をとれるほうがよさそうですね。

両親への挨拶で気を付けたいこと

いよいよ恋人の両親に挨拶をすることが決まりました。
将来的なことを考えても、失礼がないように気を付けたいですね。
ポイントを3点紹介しますので、参考にしてください。

せっかくの大切な場面です。「あんな人やめておきなさい」「もう一度考えなおしなさい」などと言われてしまわないように、入念に準備して臨むのがよいと思います。自分の親の特徴を恋人に伝え、話題づくりや話し方の参考にしてもらうのもよいですね。

敬語を使う

フランクな付き合いをしていきたいという思いもあるかとは思いますが、初対面の年長者です。敬語で接しましょう。

自然体でよいけれどくずし過ぎはNG

初対面の年長者に対して、というだけでなく今日は大切な挨拶をする場です。あまりにくずし過ぎた態度では、品がない印象を与えてしまいます。

恋人を「〇〇さん」と呼ぶ

「〇〇たん」「〇〇っち」などと愛嬌たっぷりに呼び合っているカップルも今日はそれをお休みして「〇〇さん」と呼びましょう。誰もが気持ちよく聞ける呼び方です。そして話題選びにも、若者にしかわからないような話し方はやめて誰もがわかる話題づくりをしましょう。

以上の3点を踏まえて、素晴らしい日にしてくださいね。

両親への挨拶をいつにするかは、二人で決める!

今回は恋人の両親に挨拶をいつするのかを決めるためのポイントをご紹介しました。

1.いつ挨拶をするのがよいのかを見定め
2.時期を決め
3.当日には粗相のないように、丁寧で品のある言動で臨むことです。

親世代にとっての品のある言動、誠意ある言動というと、大変なプレッシャーを感じてしまうかもしれませんが、そうではなく、相手への思いやり、年長者への気遣い、恋人への誠実な想い、そのような人として基本的な優しさを見せられるかが重要だと思いますので、肩ひじ張ることなく臨んでください。

また、世間的な挨拶のタイミングがどうであれ、日本の慣習があったとしても、最終的に決めるのは、恋人同士である二人です。

その後どんな将来を思い描いているのか、もしそこに結婚があるなら両親とどのような関係を築きたいと思っているのか、長い目で考えた上で決める必要がありますね。

また、そのことを二人で話し合っていく中で、恋人として、未来の家族として、見えてくることもたくさんあると思います。たくさん話をして理解しあって、より強く深い関係へと成長していくための一つの手段となることを願っています。

関連記事はこちら

 - 恋愛の心得

ページ
上部へ