男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

この女性と一生一緒にいよう! 男が結婚を意識する時期とは

      2016/03/18

この女性と一生一緒にいよう! 男が結婚を意識する時期とは

結婚は男性にとって、大きな決断を要します。

言うまでもなく、大きな責任を背負うことになるからです。

しかし、そのプレッシャーより、彼女を愛する気持ちが勝った時、男性は結婚を意識するのでしょう。

では、そのタイミングはいつでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


なんと3割の”先輩”が付き合ってすぐ結婚を意識した!

■“結婚の決め手”TOP3!
男性陣の“結婚の決め手”は何だったのか? TOP3を早速見てみましょう!

第3位:「彼女に押されたから」・・・9%
第2位:「ある程度の年月が経過したから」・・・27%
第1位:「付き合った当初から考えていた」・・・32%

なんと! 500人中162人、32%の男性が「付き合った当初から考えていた」と回答!
要は、3人に1人の男性は、いくら付き合っても“付き合った当初から結婚を意識していない女性”とは結婚しないということです。出会ったときや、付き合ってすぐ“ビビッときた”と言う方がいますが、そのような感覚があった男性は、少なくないようです。

次いで多かったのが「ある程度の年月が経過したから」というもの。
付き合って1年〜2年の年月が経過したあたりで“なんとなく”しても良いかな、と思えた男性が多いようで、ずるずる行かないためにも、この期間に何かアクションを起こす必要がありそうです。

引用元-−-Peachy

すぐ結婚を意識した人は、どんな流れでそう思った?

半年・3カ月・すぐに……時間は要らない派の考え

●「半年。短期間かもしれないが、一緒に生活をするようになって、この人と支え合って生きたいと感じたので」(22歳/女性/山形県)
●「半年くらい。何となく将来のことを話す機会があったとき」(30歳/女性/神奈川県)

●「3カ月くらい。相手も結婚をしたいと思っていて価値観などが似ていたので。子どもの話やどんな家庭がいいかというのが、話の流れで出てきた」(29歳/男性/熊本県)

●「常に結婚を意識して付き合っている」(26歳/男性/神奈川県)
●「結婚願望が強いときに出会った相手とは、運命を感じてすぐに意識した」(28歳/女性/東京都)

また、20歳を越えたら常に結婚を意識するという声もありましたが、周囲の結婚が早いとそうなるのかも。

このほか、相手や場合によると答えた方は、時間をかけて見極めるというよりも、フィーリングや価値観の一致を重視しているようです。

●「相手の性格や行動などを見て、自分に合いそうだと思えば、付き合う期間はあまり関係ない」(30歳/男性/静岡県)
●「その人の子どもを産みたいと思えるかどうか」(30歳/女性/東京都)

引用元-−-マイナビニュース

人生の転機やイベントで結婚を決める場合も

転勤を機にプロポーズのタイミングにする
「今まで近くにいたのに、遠くへ転勤になってしまった。
このままでは遠距離恋愛になってしまう。」
「いずれは結婚して一緒に家庭を築きたいと思っている。
だから、いっそのこと一緒についてきてもらいたい!!」
という決意をしてプロポーズしたというケースもあります。

このように転勤を機に女性にプロポーズすることも多いようです。
結婚するつもりでいるからこそ、遠距離恋愛よりもプロポーズして婚約をしておきたいという選択になるのでしょう。
ただし、相手の女性も自分の仕事が好きな場合はすぐに一緒についていけないということもあります。
中には海外への赴任で日本内だけでは収まらないこともあるので、プロポーズした後は仕事や生活をどうするのかよく相談しておいたほうがいいでしょう。

年齢のタイミング
結婚することは恋愛以上に年齢を気にし始めるかもしれません。
男性も年齢を気にしますが、特に女性のほうが結婚のタイミングを年齢で決める傾向にあるようです。
というのも、子供が欲しい場合、女性は出産する年齢を考えなくてはならないからです。
特に30代後半にもなると高齢出産にさしかかってきます。そのため女性は若いうちから結婚を意識し始めます。
それを汲み取ってプロポーズの意思を固める男性も少なくありません。

引用元-−-らぶかつ!

交際期間が長くても、破局してしまう理由

201207270000

付き合ってから4年も5年も経っているカップルは、お互いのことを知り尽くしていて安定感があります。残るは結婚を待つだけのように見えますが、なぜか結婚することなく別れてしまったと聞くことが多いように感じます。
なぜ長く付き合っていたのに結婚せず別れてしまうカップルは多いのでしょうか。

時期を逃してしまった
結婚しなかった理由で最も多いのが「長く付き合いすぎて結婚のタイミングが分からず、時期を逃してしまった」というもの。
お互いのことは好きだけど、燃えるように愛し合っているわけでもなく、なんとなく楽だから付き合っている、というような関係になってしまうとなかなか結婚に踏み切れないようです。

タイミングが合わなかった
彼女が結婚適齢期で結婚したいと思っているにも関わらず、彼が「お金がない」とか「まだ遊びたい」と言って結婚に後ろ向き、といったように、結婚を意識する時期がずれてしまうといくら長く付き合っていても結婚には至らないようです。
仕事や趣味、友人関係など、その時によって優先順位は人それぞれ違いますから、お互いが結婚したいと思うタイミングが合うというのは難しい事なのかもしれません。また、お金の事情でタイミングが合わないことも多いようです。

引用元-−-Yahoo!Beauty

「結婚には勢いが必要」説には科学的な証拠があった!?

恋愛心理として付き合った当初から3年あたりまでは、ドーパミンと呼ばれるPEA(恋愛ホルモン)が脳内に分泌されます。
これは興味のあるものを見た時に出るもので、高揚感や緊張感などの感情を生み出すものです。
始めのうちはこれらの物質が出るため、毎回のデートや会うことが楽しみで仕方無い状態が続きます。
できればこの期間、3年以内に結婚を決めるというのが理想的なカップルです。

そして3年が過ぎると次第のこの恋愛ホルモンは無くなっていき、代わりにβエンドルフィンという 安らぎや幸福感、リラックスしたような気持ちにさせる脳内物質が分泌されるようになります。
つまり、彼氏や彼女、交際相手に慣れてしまい新鮮さや緊張感を感じなくなって飽きてくるのです。

長い事同棲しているとこのような状態になり、お互いにまったく結婚は意識せず、婚約はしていないけど同棲はしているという奇妙な事が起きている現状もあります。
長い間付き合った彼氏と別れてすぐに出会った新しい恋人と結婚を決めたなんていう人は山ほどいます。
それほど結婚には勢いやきっかけが必要になってくるのです。逆にベストなタイミングが訪れなければなかなか結婚できないということもあり得ます。

引用元-−-男と女の恋愛心理学研究

今や4組に1組が授かり婚 ただし否定的な意見は未だに根強い

誌面ではメリットとして(1)結婚の覚悟が即できる(2)結婚と出産、Wのオメデタ(3)すぐに家族の絆が生まれる(4)周囲に祝福してもらいやすい(5)出産までの時間がスピーディー、の5点を掲げる。高齢出産の身体的負担を考えると、タイムロスが少ない授かり婚はアラサー(30歳前後)女子にとって大きなメリットになるとも指摘する。「基礎体温をつける」「半同棲して避妊は気にしない」など成功のコツも伝授した。

厚生労働省の調査によると、嫡出第1子出生のうち、結婚期間が妊娠期間より短い出生(=授かり婚)の占める割合は25.3%(平成21年)。第1子を出産する人の約4人に1人が授かり婚での出産ということになる。最近では「授かり婚」のカップルに特化した結婚情報サービスまで登場し、an・anのいうとおり「授かり婚」が定着してきていることは確かだ。

しかし、いくら市民権を得ているとはいえ、積極的に推進することに対しては違和感を持つ人も少なくない。発売後、インターネット上では「なんかもう世の中こんなことになってんの?と思い、驚愕」「・・・喧嘩売ってるんですかね」「危機管理能力がこれから先さらに求められるようになりそうですね。男性のみなさん頑張ってください」「でき婚と授かりは計画性があるかないかで違うとかいいながら彼氏が決断してくれないなら授かりを狙いましょう的な推奨文で心底気持ち悪いと思った」といったコメントがいくつもあがった。

引用元-−-J-CASTニュース

男にも結婚適齢期はある、ということを忘れずに

結婚適齢期の中でも心理的に結婚に対してその気になったり乗り気になるのは 一瞬の出来事です。 もしそのチャンスに勢いで今の彼氏や彼女と結婚しておかなければ、またダラダラとした惰性の 男女関係のまま付き合っていくことになります。 そして長期間のんびり付き合ったり、同棲をしていると 人間は本能の心理的に「この人とは相性が合ってない」と脳で思い込み始めるため、 結婚できないどころかそのカップルは別れにまで発展します。 一度機会を逃してしまうと仕事の忙しさやお互いの休日が合わなかったりなどで、 デートをする時間さえも無くなって来たり億劫になってしまったりします。 そして出会った当初の胸のときめきやドキドキ感はもうなくなり、お互いに相手に慣れきって 飽きてきてしまう。

光陰矢のごとし、時間の流れも気分の上げ下げの波もあっという間。 結婚に対する意識のビックウェーブが着たらそれをしっかり掴んで 、良い流れに乗り続けましょう。 年収やお金、仕事がないだとか、先入観や偏見で うじうじ悩んで将来や後先を考えていてはいつまでも結婚を決意できません。 30代、40代になってからプロポーズしなかったことや 結婚しなかったことを後悔するハメにならないためにも、 結婚適齢期の男女は軽い気持ちで婚姻届を出してしまうことをおすすめします。

引用元-−-恋愛tanu.com

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ