男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

そこは本当に墓場? 男にとって結婚するメリットは少ないのか?

      2016/03/18

そこは本当に墓場? 男にとって結婚するメリットは少ないのか?

古くから「結婚は人生の墓場」と言われ続け、

最近では”ATM夫”(夫は給料を運ぶだけでいい、という意味)なんて神も仏もない言葉が流行したりと、

男にとって結婚のメリットは昔から疑問視されてきました。

特に近年、その風潮は強まっている様子です。

でも本当に男にとって、結婚するメリットはないのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


結婚はデメリットばかりだ!と考える未婚の男性は多い

■時間の喪失

・「自分の時間がない」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系 ) ・「完全にプライベートな時間がなくなる」(26歳/生保・損保/事務系専門職) ・「自分のペースで行動できない」(28歳/食品・飲料/営業職) ・「相手に合わせる必要があるから」(33歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
特にひとりっ子など、気ままに育ったイマドキ男子にとって、誰かと暮らすことはちょっと窮屈に感じるかもしれません。休みの日に寝ていたくても、そうもいかなくなりますよね。

■金銭面での不自由さ

・「趣味に金がかけられない」(31歳/運輸・倉庫/技術職) ・「お金の自由がなくなる」(38歳/情報・IT/技術職)
自由に使えたお金も、相談が必要になります。新型冷蔵庫のために趣味をがまんする日も……。

■面倒なことが増える

・「親戚付き合いが面倒くさい」(36歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)
独身時代は逃げることができた親戚付き合いですが、結婚後は彼女の分を合わせて親戚は2倍に! 親戚の子のお年玉、入学祝い、結婚祝い……。お金も飛びます。

引用元-−-Peachy

結婚にメリットがないと思うのは、時代の流れのせいかもしれない

■約4割の男女が結婚を望んでいない? 結婚に対するイマドキの考え方

マイボイスコムの調査によれば、結婚について「しなければいけないと思う」と答えた人はわずか5.6%。さらに、「できればした方がよい」と答えた人は52.0%と半数以上にのぼり、いずれも男性の方がその割合は多くみられた。

いっぽうで、「必ずしも結婚する必要はないと思う」と回答したのは全体の36.3%で、その回答者の多くが女性や10代の男女が占めた。

“女の幸せは結婚して子供を産むこと”というかつての日本女性の価値観は、いまや大きく変わってきているといえるだろう。

■結婚に夢を抱かなくなった現代の男女

結婚していない人のうち「結婚はしたいと思わない」と答えた人は37.9%。特に結婚適齢期といわれる20?30代では2〜3割が、40代の女性では実に5割が結婚願望がないと答えた。

長引く不景気や就職難など、経済面での理由なのかと思いきや、最も多くみられた理由が「一人の方が気が楽」(47.0%)であり、次いで「自分の都合で生活できない」「結婚願望がない」「結婚の必要性を感じない」など、結婚に対する憧れや希望を抱いていない回答が目立った。

引用元-−-ヴィーナスタップ

一世代前の男性たちは、結婚に関して、相手との恋愛感情とは別に、昇進したい、生活の不便さを解消したいというような動機付けを持つことができました。そのため、お見合い結婚も今よりずっと多かったのです。

しかし、今は「独身であることのデメリット」が減ったお陰で、逆に、結婚に進むメリットを見出しにくい状況になっているのです。そのため、彼女がいる場合も、そうではない場合も、あなたへの愛情が深い場合でも、そうではない場合でも、「結婚は、いつかはしたいが、すぐには必要ない」という意識が男性に増えているのです。

引用元-−-AllAbout

一方で既婚男性の約8割が、「結婚するメリットがある!」と答えている

結婚するメリットが「ある」と答えた男性は全体の約8割。結婚生活の苦労話ばかりがクローズアップされがちな昨今だが、結婚することで得られる”恩恵”も少なくないようだ。中でも多かったのは、「家に帰る喜びがある」「孤独を感じない」「精神的に落ち着く」「帰宅すると家族が出迎えてくれる」など、”温かい家庭を持つ喜び”に関する回答だった。確かに明かりの灯った温かい自宅に帰れるのは、既婚者の特権といえるだろう。

また、結婚したことで「社会的信用が増した」と考える人も多いようだ。昔から「男性は家庭を持ってこそ一人前」という言葉もある。以前ほどではないにせよ、結婚したことで出世しやすくなったり、親戚からの評判が上がったりするという例は少なくないらしい。

妻に家事をしてもらえるのも、結婚の恩恵の1つだ。帰宅後すぐに夕食にありつけるという状況は、一人暮らしの男性にとって夢のような話だろう。また、「子どもが持てる」「子孫を残せる」という点を挙げた人も多かった。さらに、家族が増えるに連れて「生きがい」が増したという回答や、子育てを通して「人として成長した」という意見も複数見られた。

結婚生活にはガマンや苦労があるのも事実。とはいえ、今回のアンケートでは、それに耐える価値があるかも…!? と思えるようなプラス面がズラリと並んでいる。結婚に二の足を踏んでいる男性諸君には、是非こういった経験者のポジティブな意見にも耳を傾けてほしい。

引用元-−-マイナビニュース

結婚の一番のメリットは、やはり”愛する女性と一緒に生きていく幸せ”

5511198472_4c146e655f_o

好きな人と一緒に生きていける
いろいろ言われると思いますが、一番最初にこれを書きました。一人が寂しいと感じる男性には最大のメリットではないでしょうか。
若い時はいろいろな女性とお付き合いしたり遊んだりしながら「結婚なんて絶対したくない!」なんて思ったことも多いと思います。しかし気づいたら、女性と遊ぶ機会も少なくなり30代、40代、50代に…そうなってしまうとやはり一人は寂しく感じることもあるでしょう。

一人というのは病気や怪我をした際にかなり困ります。看病なんてくそくらえ!と強がったところで入院した時に着替えを頼める人がいないことに気づいてしまうと…。。

また、歳を重ねるごとに徐々に老後のことなんかも考えますね。そうなると奥さんがいたら…子供がいたら…と思う機会が多くなります。
一緒に生きていくのはただ一緒に暮らすのとは違い絆という意味合いが強くなります。
運命共同体として喜びも悲しみも共有し合い、ともに寄り添って生きていけることはやはりメリットでしょう。

引用元-−-IMAIMA

続いての結婚のメリット 家庭に生きがいを感じられる

結婚すると家族そのものに生き甲斐を感じる男性も少なくありません。

自分が家族を支えている、または支えられているということにアイデンティティや存在意義を見出すことがあります。

特に子供ができたときにこのことを感じることが多いようです。

子供ができれば自分と相手の女性とで一緒に育てていかなければなりません。

それはある意味自分の使命とも言えます。

自分が頑張らなければ家族を養っていけないという使命です。

このことから仕事を頑張れたり、辛いときも一緒に乗り越えていこうという闘志が湧いてきます。

それは一人の時や恋愛ではなかなか感じることができなかったという意見を聞くことがあります。

また、子供の成長自体も楽しいものです。

子供が少しずつ育って、一人で歩けるようになったり、喋れるようになったりする様子を見ているのは特別な感情が湧いてきます。

女性に対する愛情とは別の愛情が自分の中に芽生えます。

このように家庭を作ることそのものに幸せを感じる男性も多いのではないでしょうか。

引用元-−-ネットで婚活サイトナビ:30代独身男性の結婚を応援します!

男が結婚することは社会人として信頼される?

男性は社会人としての信用度が高まるのが結婚のメリット

昔と比べ、現在は生き方の多様性が認められやすい時代と言っていいでしょう。

ですから、「結婚」に関しても、かつてとはちがう捉え方をする人が増えてきました。

けれど、まだまだ「男は結婚して家庭を持ってこそ一人前」という考え方も根強く残っています。

特に年齢の高い男性はそう考える傾向があります。

ですから、男性にとって結婚は「これで一人前」という評価につながり、信用度がアップする契機になるのです。

仕事をする上で、これは大きなメリットになるわけです。

世間体がよくなる

結婚したからといって、世間体がよくなる?!と疑いたくなるのですが、社会にでて働く男にとって結婚というのは一種のステータスです。

上司や部下、同僚、社内の女性たちからも、「この男は既婚だ」というステータスはおおいにその人の株をあげることになります。

結婚なんてしなくたって、出世できると思っている人もいるとたくさんいるはずですが、実際問題、社会にでると「この人は既婚か、未婚か」ということが大変重要な問題だったりするものです。

良い歳をして、未婚でいると、人格を疑われたりするのも事実です。

面倒な話かもしれませんが、結婚している&奥さんがいる、ということは、その男性の男としての合格点をきちんともらっている、ということになるので世間体がグッとよくなります。

引用元-−-こいぴた

デメリットを超え、結婚したい相手に出会った時が頃合いなのかも

モテ男だったJくんが、結婚を決めた理由。それは、「彼女が空気みたいな存在だったから」。

「お前は空気みたいやなっていうと、女の人は、私が空気ってどういう意味? 目にもとまらない存在ってこと? 必要ないの? って怒るけど、空気って、目には見えないけれど、生きていく上でいちばん必要なものでしょう。男にとっては最高の愛の言葉ですよ」

それから、Jくんはこうも語っていた。

「男が結婚を決意する理由は、ただひとつ、支えとパワーが欲しいから。仕事に没頭するための環境を整えて、活力を与えてほしい。だから、それを与えてくれる女こそが、結婚したい女なんだと思う」

男が結婚を決意するには、やっぱり、それ相応の覚悟がいるらしい。たとえ、彼女が働いていたとしても、「一生、家族を養っていける」かどうかの力がなければ、心の準備が整わなければ、結婚できないのだという。

でも、それくらいの覚悟をもって挑む結婚だからこそ、相手は仕事をがんばるためのパワーを与えてくれる、自分の人生の絶対的かつ心強い味方であってほしいのだと思う。

引用元-−-Team Mariage!!!婚活スタッフのつぶやき

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ