オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

どうすればいい?彼氏と結婚したいのにできない時の対処法

2015.11.5

大好きな彼氏と結婚がしたい!

そう思ってはいても、様々な理由によりなかなか結婚に踏み切れない場合があります。

そこで今回は彼氏と結婚したいのにできない時の対処法をまとめました。

結婚できない原因を突き止めて、幸せな結婚ができるように頑張ってくださいね!

彼氏と結婚できない原因を明確にしよう

大好きな彼氏と結婚したいと思っているのに、肝心の彼氏がなかなかはっきりしてくれず、いつまで経っても結婚できなくて悩んでいるという女性も多いと思います。

彼氏と結婚をして幸せになりたいと本気で願うのであれば、いつまでも彼氏がはっきりするのをただ待っているだけではいけません。

まずは何が結婚の障害になっていて彼氏が結婚に踏み切れないのか、その原因を明確にする必要があります。

結婚に踏み切れない理由は色々あると思います。

両親が反対していたり、収入面が不安であったり、彼氏が結婚に対してあまり興味がないという可能性もあります。

それらの結婚できない原因を明確にすることで、どうすれば解決することができるのかを考える事ができるようになります。

そして、結婚ができない原因の対処法を考えた時に、2人で乗り越える事が出来そうであれば結婚することも現実味を帯びてきますが、どう考えても乗り越えるのは難しかった場合は、彼氏とお別れするという選択肢も考える必要があります。

結婚に対してあまり関心がない彼氏の場合

いつまで経っても結婚できない理由のひとつに、彼氏が結婚に対してあまり乗り気ではなく、結婚というものに消極的である場合があります。

まずはとにかく相手の目線になって彼氏が何を望んでいてどうすれば自分といる事が居心地がいいと感じてもらえるのかを考えて行動する必要があります。

そうして彼氏が自分の存在の大きさに気づいて必要だと思ってくれるようにしていきます。

まだ結婚をしたいと思っていない彼氏に対して結婚したいという自分の感情をぶつけるのは、相手の目線に立った行動とは言えませんし逆効果でしかありません。

彼氏が自分のしたいようにしてもらいながら、自分は彼氏の目線に立って心地よい空間を演出し、自分の事が必要だと思わせるのです。

ただし、同棲生活が長いカップルだと、一緒にいる事の心地よさはわかってはいますが、わざわざ今更結婚をしなくても何不自由なく暮らせているために、結婚にこだわっていないという可能性も考えられます。

その場合はお互いが結婚に対してどう思っているのか本音で話し合いをして、2人の将来について考えていく必要があります。

どうしても彼氏と結婚できないと感じたら

お互いが本音で将来の2人の事を話し合った結果、どう頑張っても折り合いがつかずに結婚をすることができないという結論に至った場合は、今の彼氏とは別れて別の男性との縁を期待する事も選択肢の一つとして考える必要があるでしょう。

20代前半の女性であれば、焦る必要もないので長い目で見て彼氏が結婚したいと思うようになるまで待つという選択肢もあるかもしれませんが、30代の女性であれば、子供が欲しいと考えている女性は特に妊娠・出産のリミットも考えているはずですから、気長に彼氏の心の変化を待っているのはハイリスクでしかないと言えます。

子供は諦めてでも今の彼氏と2人で幸せに暮らしたいと考えているのでしたら、いつか結婚できる日を夢見て待ち続けてもいいかもしれませんが、結婚することが自分にとっての最優先事項で、やっぱりどうしても子供をあきらめたくないと考えているのであれば、勇気を持って今の彼氏とはお別れして別の男性を探すことも考えましょう。

彼氏の親に反対されて結婚できない場合

お互い結婚の意思はあるものの、彼氏の親に結婚を反対されてしまって結婚することができない場合もあります。

自分も彼氏も成人しているのであれば親の反対を押し切って結婚をすることも可能ですが、大好きな彼氏と結婚をしたいと考えているのなら、やはり彼氏の両親にも祝福されて結婚したいですよね。

本気で今の彼氏と結婚をしたいと考えているのなら、一度や二度結婚を反対されたからと言って諦めたりはせず、彼氏の両親に認めてもらえるまで何度でも挨拶に伺うようにしましょう。

挨拶に伺う際は、事前に彼氏に相談し、両親のどちらか一方が結婚に反対しているのか、それとも両親共に結婚に反対をしているのかなどを聞き出しておくとよいでしょう。

もし、両親のうちどちらか一方だけが反対をしている状況であれば、自分と彼氏と比較的受け入れてくれている親御さんとで食事に行くなどして少しずつ距離を縮め、1人ずつ味方につけていくのも良いでしょう。

両親のどちらか一方が味方になってくれれば、自分が彼氏の両親と顔を合わせていない時も説得を試みてくれたりしますので、結婚を認めてくれる可能性もグンと上がります。

結婚する気はあるけどハッキリしない場合

彼氏にも結婚する気はあるんだけど、はっきりしないでダラダラと結論を先延ばしにしている場合があります。

このケースは付き合いが長くなっているカップルほどその傾向が強いと言えます。

今のままでも何不自由なく楽しく生活ができているし、長く一緒にいた事もあって結婚する決め手に欠けてしまいなかなかタイミングをつかめなくなってしまっていたりするわけです。

お互いに結婚願望はあるのに、今の状態に満足してしまって何も行動に移そうとしなければ、そのままズルズルと中途半端な状態が続いていってしまいます。

その結果、最近では子供ができてしまったからそれをきっかけにして結婚をするというカップルも増えてきています。

自分達で計画して子供を作ったのであればまだしも、できてしまったから結婚するというのはリスクも高く、周りの印象も良いとは言えませんよね。

そんなことにならない為にも、2人できちんと話し合いを設けて、何事にも期限を決めてきちんと答えを出すようにする必要があります。

慣れ親しんだパートナーだからこそちゃんと話し合って幸せな結婚をしましょう。

 - 婚活