男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

どれくらいかかる?肝臓の病気で入院した時の入院期間の目安

      2016/03/18

どれくらいかかる?肝臓の病気で入院した時の入院期間の目安

検査をしたら肝臓の病気が判明し、入院することになった。

でも、仕事もあるし退院したいんだけど、入院期間ってどれくらいかかるんだろう?

今回は肝臓の病気で入院した時の入院期間の目安をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


肝臓の病気の種類

肝臓病の種類としては、原因による分類と病気の経過での分類がある。

前者は、ウイルス性肝炎(A型、B型、C型、D型、E型)、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肥満にともなう肝障害(大半が脂肪肝)、自己免疫性肝炎、先天性肝疾患などがある。

後者では、ウイルスによる肝炎について、発病後6ヶ月以内に治癒する急性肝炎、急性肝炎の一部に進展する劇症肝炎、6ヶ月以上にわたって経過が長引く慢性肝炎、さらに肝硬変、肝癌に分けられる。

慢性肝炎とは一般的にはウイルス性を意味し、アルコールによる肝障害については慢性肝炎と言わず、アルコール性肝障害といい、病型として脂肪肝、肝線維症、アルコール性肝炎、肝硬変があげられる(下図)。

ウイルス性肝炎のなかで、慢性化を呈するものは、C型とB型のみであり、ウイルス性慢性肝炎、肝硬変といえばB型とC型と考えてさしつかえない(未知の非B非C型ウイルスによるもの存在があるとの報告があるが、あっても極めて頻度的には低いと考えられている)。

引用元-肝臓病の種類と原因

病気別の平均入院期間と自己負担費用

三大疾病

日本人が患いやすい病気の上位3つを三大疾病と言います。三大疾病とは、がん(悪性新生物)、心筋梗塞、脳卒中を指します。

がん、脳卒中はそれぞれが総称であり、がんは肺がん、大腸がん、乳がんなどの種類があり、脳卒中は脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの種類があります。それぞれの病気の平均入院日数・費用について解説します。

・がん(悪性新生物)の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約21日 平均自己負担費用:約28万円

・脳梗塞の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約100日 平均自己負担費用:約77万円

・脳内出血の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約117日 平均自己負担費用:約92万円

・心筋梗塞の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約10日 平均自己負担費用:約22万円

五大疾病

五大疾病とは、がん、心筋梗塞、脳卒中に加えて、高血圧、糖尿病を含めた5つの病気を指します。

高血圧、糖尿病は生活習慣病にも指定されており、食生活や不規則な生活により罹患する可能性があります。高血圧、糖尿病の平均入院日数、費用について解説します。

・高血圧の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約35日 平均自己負担費用:約21万円

・糖尿病の平均入院日数と平均自己負担費用

平均入院日数:約33日 平均自己負担費用:約23万円

引用元-病気別平均入院日数・費用|医療保険| INSNEXT(インズネクスト)

肝臓の病気での入院期間や費用の目安

◆アルコール性肝障害の場合

アルコール性脂肪肝・肝炎・肝線維症・肝硬変・肝不全などを含めた費用の大まかな目安は
一日あたりの医療費は外来で8,000円、入院で25,000円、平均の治療日数が手術の有無どちらも含めた平均でおよそ25日程度となっています。

ですので、入院治療での総額は約63万円程度になります。3割負担として約19万円の負担となります。

◆肝硬変(アルコール性以外)の場合

入院治療の1日当たりの平均は約26,000円、治療日数が40日程度ですので総額100万円超となります。3割負担で約33万円、1日あたり8,000円程度となります。

◆ウイルス性肝炎(A型B型C型など)の場合

ウイルス性肝炎の平均の1日あたりの医療費は入院でおよそ3万円、入院外でおよそ1万円です。

平均の在院期間は20日程度ですので総額60万円弱かかることになります。3割負担で20万円ということになります。

平成20年度からインターフェロン治療に対する医療費助成制度がスタートし、平成23年度からはテラプレビルを含めた3剤併用療法にも適応され、治療の負担が軽減することになりました。

◆肝臓癌の場合

肝癌に対する入院治療では1日あたり約4万円、平均治療日数が22日程度で総額約90万円となります。

3割負担の計算で約30万円、1日当たり1万円の計算となります。

◆他の肝疾患の場合(脂肪肝や肝性脳症・肝不全など)

1日当たりの入院費用は平均28,000円ほど、在院期間はおよそ29日です。総額約80万円、3割負担で総額25万円ほど、1日8千円強となる計算です。

このようにみると、いずれの疾患の場合でも高額療養費制度を適応させると一般的な収入家庭であれば10万円を超えない程度の額が実質負担額となります。

引用元-肝臓病治療の副作用・費用・入院期間

肝臓がんの手術による入院期間

担当の医師から治療法を提案されても、納得いかない場合はセカンドオピニオンにより他の治療法を探すことも必要です。

肝臓がんの治療法は腫瘍の大きさ、腫瘍の数、肝機能の状態煮よって治療法が選ばれます。
ラジオ波焼灼療法や冠動脈塞栓療法などの内科的療法もありますが、一回の治療効果が最も大きいのは外科的療法の切除手術です。
部分肝切除は手術により、悪い部分を切り取る方法です。

全身麻酔で回復手術になりますので、手術時間は方法にもよりますが、およそ3?10時間ほどかかり、約1か月の入院期間が必要となります。

比較的新しく、患者の身体に負担が少ない治療法であるラジオ波焼灼療法も約2週間ほどの入院が必要になります。

一般的に肝臓癌と診断されてから実際に治療が始まるまでには、何度か病院に通い必要な検査を受け、治療法が決定してからの入院になります。

引用元-肝臓がんの治療法と入院期間。仕事の引き継ぎや介護の依頼など入院前の準備はしっかりと! – 体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

肝臓の病気で入院した人の感想

肝臓の薬は、はっきり言ってこれといった特効薬がないのが実情です。
私が肝炎で入院していた時も長い時間をかけて点滴を受けていましたが、看護師さんいわく「こんなに大きな点滴1本受けても、盃に1杯分くらいの栄養しかないのよね。」でした。

安静と栄養補給だけが頼りなのですが、肝臓が悪いと食慾も落ちて食べられなくなります。

とにかく安静第一なのですが、ベッドの上で横になっていればいいかというと、そうではなく、私の場合い本を読むことも禁じられました。
トイレへ歩いて行くことも禁じられて、ベッドの横にオマルを用意されました。
しかし、こればかりは同室の患者さんに申し訳なくて出来ませんでした。

「とにかく安静に」というのが肝臓病の治療の基本というか、これしかないのです。
なので、退院指導の時は先生から「1時間動いたら、10分間上向きになって寝て休むように。」といわれて、早く完全に治したいばかりに忠実に守りました。

肝臓を疲れさせてはいけないのですが、肝臓が疲れる原因には、食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足からも起こります。

できるだけ安静にというのが基本なのに、どうして運動不足がいけないかというと、運動不足は血液の流れを悪くして、肝臓にも十分な血液が行きにくくなるため肝臓に負担がかかるのだそうです。

その他肝臓を疲れさせるものには、過剰な筋肉運動や、睡眠不足、そして精神的ストレスも肝臓に余計な負担をかけて疲れさせてしまいます。以上のような肝臓を疲れさせることを避けて、肝機の働きを悪くさせないようにしてください。

引用元-肝炎で入院していた時の苦労話|本当に大変でした | 肝臓に良い食べ物とサプリメント|肝機能回復最新ガイド

twitterの反応

https://twitter.com/lyne_pso2/status/627974420699545600

関連記事はこちら

 - 健康・病気・薬

ページ
上部へ