オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

デートは3回目が重要!?付き合う前の彼女と手をつなぐ方法

2016.6.9

気になる女性とデート。

誰だって嬉しさ4割、緊張6割で、緊張が勝ってしまいます。

上手くいけばハッピーですが、どうしても「失敗したらどうしよう…」「彼女に嫌われたら…」とネガティブな考えが頭の中に渦巻いて、中々その一歩が踏み出せない。

そんな草食系温好男子必見!

付き合う前でも、気持ちを彼女に上手くアピールをしてぜひこの恋を実らせてください。

彼女と付き合えるかどうかは3回目のデートが重要!

どうして3回目のデートが重要なのか?疑問に思う人もあるでしょう。

これは心理学の「スリーセット理論」に基づいています。人は3回会えば、おおよそその人に対する評価は決まります。特に男性には強い傾向なのですが、つまり3回会えば、「この女性と付き合いたい!」と心が決まるという訳です。

まず1回目のデート、どうしてもお互いに外見に目が行きがちです。これが第一印象になります。これは中々強い印象を相手に与えるので、その印象を覆すのは結構大変です。そういった意味では、次につなげるためにはぜひ好印象を相手に与えたいところです。

2回目のデートは、1回目の印象の再評価の意味もあります。また内面へと目が向ける余裕が出てきます。第一印象とギャップがあると、意外にギャップ萌えで相手にアピールできる事も。しかし通常は第一印象のイメージは覆る事はありません。

そして運命の3回目のデートですが、もうこの時になるとお互い腹が決まって居ます。デートするのも過去の認識の確認作業のようなもの。ここで告白する事によって二人の恋がはじまるわけです。

付き合う前の彼女とデートで手をつなぐのはアリ?

意見が分かれるところですが、意外な事に「アリ」なのです。

なんか付き合ってもいないのに、彼女の手に触れたら「馴れ馴れしい」「私の体目当てなだけかも」なんて悪いイメージを作ってしまうのではという心配があります。

しかし、ある実験によると初対面の女性の電話番号をGETするのにボディタッチは有効という結果もあるそうです。

もちろん触れ方にもよりますが、上手にボディタッチする事ができれば、相手から親密感を得ることができます。デートで手を繋ぐのも同様です。相手に不快感を与えなければ、彼女に対して大変強力なアピールとなります。

さて、まず手を繋ぐ前に、もう少し軽いボディタッチで彼女が不快感を示さないか確認しておく必要があります。人によっては、体の接触に生理的嫌悪を覚える人もいるからです。そういったタイプの人はもっとゆっくりと時間をかけてあげてください。

そうでない人の場合はまず彼女のパーソナルスペースに入り、何かのタイミングで肩に触れたり、軽く腕に触れたりして、彼女の反応を確かめましょう。

3回目のデートで上手に手をつなぐ方法

手を繋ぐタイミングを見測っているうちに、会話やデートに集中できないのではしょうがありませんね。まずは考えすぎない事が大切です。

きっかけは色々あります。スマートに振る舞いた時は、例えば人混みでそっと手を差し出す、段差や滑りやすい場所で手を貸すなんていうのはさりげなくていいです。しかし用が終わったら手を話さないように注意してください。

また、ちょっとお茶している時に会話が途切れたら、そっと手に触れて目を見つめるなんて形で手を繋いでもいいと思います。

そういった機会を見つけられない、苦手という人は、直球勝負という手もあります。

「手を繋ごう」という言い方で、手を差し出すというのも中々男らしいですね。

ただしこれも言い方に注意が必要です。例えば「手を繋いていい?」と相手に判断をゆだねると断れてしまう可能性があります。誘う言い方の場合は、よほどの事がない限り、彼女は断りにくくなります。

一度手を繋いだら、その後からは自然に「行こうか」という声と一緒に手を差し出せばかなり自然につなぐことができます。

3回目のデートで手をつなげたら

もし、3回目のデートで手を繋げたら、彼女はかなり脈ありと考えていいでしょう。

何故ならそもそも、3回もデートする時点で、あなたへの好意はあるはずです。嫌いな人と3回も会おうとする人はいません。ただそれが恋愛感情になるかは、人によって違いはありますが、手を繋ぐという接触は、恋人同士の通過点の一つだからです。

それに対する拒否反応がないという事は、将来的には恋人になってもいいかな?と考えているのかもしれません。

ただ人によって、妙にパーソナルスペースが狭かったり、身体的接触に全く拒否感がなかったり、小悪魔的な性格だとすると、手を繋ぐ行為のハードルが低くなるので確実性もその分下がりますが、一般的な人であれば、手を繋ぐ行為について意識があるはずです。

その他にも彼女は自分に興味があり、色々質問をしてくる。次にもデートについて言及してくる視線が合うといったサインがあるようならば、もしかしたら告白待ちかもしれません。是非勇気を出してみてください。

手をつなごうとして拒否された時の対処法

「ほら私手汗すごいから!」なんて拒否される事もあり得ます。そしてその際の拒否の理由は、あまり信用しないほうがいいかもしれません。

何故なら、人は相手を不快にさせないために優しい嘘をつきます。しかしそれが本心とはが切らないのです。

もしかしたら、彼女はあなたに好意があるものの、異性として魅力を感じていないから、恋人になるような行為はしたくないのかもしれません。また、忘れられない恋があり、それから立ち直ってないのかもしれません。

人と接触するのが生理的に受け付けない人もいますし、逆に本当は嬉しいけど、あまりにも照れ臭くて、緊張しすぎて手を繋げないのかもしれません。

一度断れてもあきらめずにモチベーションを保ちましょう。彼女があなたとデートをするのであれば、それなりに好意はあるのです。
時間をかけてゆっくりと軽いボディタッチから試していきましょう。
何度か拒否されるのであれば、何が彼女を手を繋ぐ行為から遠ざけているのか、彼女に聞いてみてもいいかもしれません。

さて如何でしたでしょうか?

デートは3回目が重要であり、手を繋ぐ行為は恋人のファーストステップです。是非参考にしてください。

 - サイン・行動