オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

ハワイで結婚式と披露宴をするメリットとデメリット

2015.10.31

有名人に影響されてかハワイで結婚式と披露宴を行うカップルが増えてきました。

もちろんそれはメリットばかりではなくデメリットも当然あります。

今回はハワイで結婚式と披露宴をするときのメリットとデメリットを紹介しましょう。

ハワイでの結婚式と日本での結婚式の違い

海外ウェディングでは、まず教会で30分ほどの式をあげます。

その後、招待客と一緒にカジュアルなパーティーを開きます。

日本でいうところの披露宴がこれに当たります。

海外旅行に結婚式が付いたと考えれば良いでしょう。

海外ウェディングは、日本国内にある運営会社に申し込むことになります。

現地の挙式会場に直接申し込むのではありません。

したがって、英語ができなくても日本語で申し込むことができます。

日本語で申し込みができたとしても、英語ができないので現地で式をあげるときにスタッフとのコミュニケーションを取ることが難しいと悩んでいる人もいるでしょう。

実はそんなに心配はいりません。

海外ウェディングを申し込んだ会社が現地との交渉から準備、当日の運営まで行ってくれます。

それに日本語が通じるスタッフがサポートしてくれます。

最近の女性は海外旅行慣れしており、英語が達者な人が多くいます。

一方、男性の多くはそうではありません。

海外ウェディングは、こうした男性にとっても強い味方だともいえるでしょう。

ハワイで結婚式と披露宴をするメリット【限られたゲスト】

一般的にハワイで結婚式と披露宴をする場合、呼ぶゲストの人数は限られてきます。

予算の関係等もあり、多くの人を呼ぶことはできません。

そのため義理ではなく、本当に二人の結婚を祝ってくれる人だけを招待することができます。

会社の上司も事情を話せば理解を示してくれるでしょう。

上司も大人ですから、そのところの事情は察知してくれるでしょう。

そのため日本で披露宴をするのに比べて準備が格段に楽になります。

誰を呼んで誰を呼ばないか。

そして、誰をどの席に座らせるかといったことで悩む必要がなくなります。

海外ウェディングでは、会社関係の人や口煩い親戚も参加せず、いわゆる身内で結婚式と披露宴を行うことになります。

そのため、より和やかな雰囲気で話もはずむでしょう。

それは一生の記念に相応しいものともいえるでしょう。

これらのことから、一般的に海外ウェディングは、国内で結婚式と披露宴をするよりも安く、かつ、より充実したものにできるという大きなメリットがあります。

ハワイで結婚式と披露宴をするメリット【旅行ができる】

先に説明したように、海外ウェディングというものは海外旅行に結婚式が付いたようなものといえます。

そのため、海外に行く機会はめったにないであろうお互いの両親に、ハワイ旅行という大きなプレゼントをすることができます。

それは、一緒に海外旅行の良い思い出を作れることを意味します。

両親に海外旅行をプレゼントするために、海外ウェディングを選択したというカップルもいます。

これ以外にも、ハワイという日本にはない環境も大きなメリットといえます。

ハワイの青い空に青い海。

それをバックにすれば、純白のウェディングドレスは絶対に映えるはずです。

海外ウェディングでは、花嫁さんは主人公になれるのです。

旦那さんもそんな花嫁姿を見て惚れ直すことでしょう。

また、なにかと忙しくて海外旅行にでかける機会のない旦那さんにとっても、海外ウェディングのためのハワイ旅行は心と体をリフレッシュできるでしょう。

そうすれば日本に帰った後、今まで以上に充実した仕事が期待できるでしょう。

ハワイで結婚式と披露宴をするデメリット【準備がたいへん】

これまでは、海外ウェディングのメリットを紹介してきました。

もちろん、メリットばかりではありません。

当然デメリットもあります。

まず、ハワイに旅行するには準備が必要です。

日本で結婚式をあげるときは会場までタクシーで行くことができますが、ハワイはそういうわけにはいきません。

なんせ海の向こう側にあるのですから。

まず、ハワイまでの渡航費用は誰が持つのかという問題が出てきます。

自分たちの費用は良いとして、お互いの両親の分はどうするのか?

また、参列者の渡航費用はどうするのか?一部を負担するのか?

等々の気になることは山積みです。

渡航費用の分担が決まったとしても、結婚式に参列する人たちの旅行の手配もしなければいけません。

この手続きが結構大変です。

また、参列者のスケジュールも調整しなければいけません。

先にあげたメリットの陰に隠れてしまいそうですが、海外ウェディングにはこうした準備が大変であることも十分理解しておきましょう。

後になって「こんなはずではなかった」と後悔しても遅いのです。

ハワイで結婚式と披露宴をするデメリット【参加者が少ない】

先に説明したように、海外ウェディングは限られた身内だけが招待されます。

このことは一生に一度の晴れ姿を大勢に人に見てもらえないということを意味します。

これは大きなデメリットです。

また、親族への紹介をしないことも多いので、日本に帰ってから親戚まわりをすることにもなります。

これらのデメリットは以外と見落とされるものです

まとめ

ハワイで結婚式と披露宴をするメリットとデメリットを見てきました。

海外ウェディングをする芸能人は自分で準備することはありません。

忙しい当人たちに代わって事務所やスタッフが準備をしてくれます。

しかし、一般人はそうはいきません。

全部自分たちでスケジュールを立てて準備をする必要があります。

いずれにしても、これらのメリットとデメリットを十分に理解したうえで、海外ウェディングにするのかどうか判断するようにしましょう。

一時の気分で決めてしまって、後から後悔するような事態は避けたいものです。

 - 結婚式