男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

バツ1の彼女に対して嫉妬してしまうのはどんな時?

      2016/03/18

バツ1の彼女に対して嫉妬してしまうのはどんな時?

普通のカップルとは違って、バツ1の彼女に対して嫉妬してしまうのは男の性!?

果たして本当なんでしょうか?

また、本当だとしたら彼女のどんな言動に対して嫉妬するんでしょうか?

調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


バツ1の彼女と上手にお付き合いするには?

子ども最優先ということを理解し
寛大な心で付き合うべし!!

これは人間の男にはどうしてもわからない部分なんだけど
母親は何よりも子どもを最優先する生き物だよ。

旦那より、ましてや新しい彼氏よりも、ね。

しかも、彼女がバツイチ子持ちってことは
当然彼女が仕事も育児も全部やらなきゃいけないってことだから
例え一般事務でも契約社員でも、下手したら春日よりも忙しい。

その上、彼氏(春日)の相手もしないといけないとなると・・。

みんな頭ではわかってるだろうけど、実際に彼氏になると
どうしても子ども優先にされるのが気に食わなかったり
男性によっては子どもに嫉妬してしまうやつもいるよね。

気持ちはわかるよ。誰だって愛されたい欲求はあるんだから。

でも、バツイチ子持ちの女性と付き合うっていうことは
それを理解した上で、寛容な気持ちで接していかなきゃいけない。

メールやラインだってすぐには返信できないかもしれない。
土日・祝日は子どもと遊ぶ時間も取るだろうから
丸々1日デートに行く、なんてことも難しいかもしれない。

それでも、いつでも彼女が甘えられるように
キャパの広い、寛容な気持ちを持って愛するのが
一番効果的な付き合い方だよ。ま、やるのは難しいだろうけどね。

引用元-−-婚活 男の流儀

バツ1の女性とお付き合いする時、男性が考えてしまうこと3つ!

【1】家族愛が欠如しているのではと考えてしまうから
「家庭を大切にしない人なのかなと勘ぐってしまう」(20代男性)など、他人への愛情が薄いのではと心配する男性も。SNSやブログで両親や兄弟の誕生日を温かく祝った様子をアップすると、好印象なのではないでしょうか。

【2】勢いだけで計画性なく結婚したのかと思うから
「短い交際期間で結婚したんじゃないの?」(20代男性)と、安易に人生の決断をした結果、バツイチなのではと思う男性もいるようです。将来性のある資格取得の勉強をするなど、恋愛・結婚とは関係なくとも計画性のある生き方を見せると、誤解がとけるかもしれません。

【3】将来結婚しても不満があるとすぐに離婚を切り出しそうだから
「自分の主張だけを押し通しそう」(20代男性)というように、他人に合わせることができない性格なのではと疑う男性も。自分が悪いときは素直に「ごめんなさい」を言うだけでも、ワガママ疑惑を払拭できるかもしれません。

引用元-−-オトメスゴレン

バツ1の女性(男性)と再婚した場合に陥りやすい失敗例3つ!

a0002_006969

①離婚を既に経験済み
再婚の離婚が初婚の離婚よりも簡単な理由のひとつは、既に離婚を経験しているということです。
つまり離婚に対して知らないものに対する怖さがないわけです。「バツイチ」として生きた事もあるし、離婚にともない各種手続きも経験しているし、また同じ事をやればいいんでしょ? というわけです。これにより、再婚者は初婚者よりも相手に対して厳しくなる傾向があるという考えかたもあります。「あなたがそんなんなら、私離婚する」というカードをより切りやすいのです。

②子供と再婚相手との優先順位がつけにくい
二度目以降の結婚は、子連れで再婚するケースも珍しくありません。子連れで再婚した場合に、新しい夫(妻)は当然自分の妻(夫)に対して自分を一番大事にして欲しいと思うものですが、子供たちは当然自分の母親(父親)にとって自分たちが一番大事であることを求めてきます。
本人にとって、子供を優先するか、新しい再婚相手を優先するか、それは簡単に決められる事ではありません。本来、「どっちが大事か」というような二者択一の問題ではないからです。ここに、自分vs新しい再婚相手vs子供たちという微妙な三角関係(?)が出来上がり、再婚の成功を難しくする原因となります。

③再婚相手の前の妻(+その再婚相手)
バツイチ同士の再婚はよくあることですが、新しい夫に別れた妻がいた場合、その前妻が新しい夫に養育費や慰謝料としてお金を払わせている場合があります。これはその人によりますが、その前妻があなたの新しい夫からなるべくむしりとってやろうとするケースがあり、裁判で決まった額以上のお金を求めてくる事もあります。
この場合、新しい夫の収入は現在のあなたの生活に直結しているので、あなたの家計が新しい夫の前妻によって圧迫されるということになります。最悪のケースだと、その前妻が再婚し、その再婚相手の男がもっと慰謝料や養育費を取るように妻をそそのかす(?)ということもありえます。その場合はあなたの新しい夫のお金がその男の家計をも支えるわけです。

引用元-−-The恋愛ブログ

自分が嫉妬する前にバツ1女性がお付き合いする男性に求める事を理解しよう!

■“バツイチ子持ち女性”が結婚相手に求める5つのもの
(1)父の器
『子どもを愛してくれる人かどうか、見極めるのに時間がかかる気持ち、わかります。単なる“子ども好き”は最低ライン。父親として子どもを愛する器があるかを、女性は見ています』

(2)経済力
『はっきりと口に出さない人もいるけど、経済力がない男性とは一緒になれません。もしも結婚するなら、子どもたちまで養える力があるのかをシビアに見極めます』

(3)子どもへの気配り
『彼女とデートをしたときに、子どもさんへの気配りをしていますか。言い方は悪いけれど、あなたは子ども達からお母さんを“借りて”いるのですから』

(4)堪え性
『交際は考えさせて欲しいと伝えたのにも関わらず、結婚したいと言われた時点で、わたしも同じ反応をするでしょう。自分の気持ちなんて“3の次”にできる男性でないと、未来は考えられません。それくらい容易いことではない、ということです』

(5)居場所
『一度結婚に失敗したら、懲ります、私なら。そこで結婚を急かされたら、どんなに好きな相手でも逃げたくなります。彼女はこれまでたくさん頑張ってきたんです。それを理解してあげて、居場所になってあげてほしい』

引用元-−-マイナビニュース

彼女ではなく男性がバツ1だった場合に女性が嫉妬する時、どうすればいい?

嫉妬というのは、愛というより劣等感なんです。
一緒に同じ時間を生きてこなかった劣等感がこの話の中に感じられます。
ですから、前の暮らしから引き継いでいる傘や什器の類を破棄しても片付きません。
ちょっとした話題にも敏感になります。

どうしたらいいか。
劣等感をなくすにはどうしたらよいか、という方法につきます。
自分が劣っていないという立場に立たせればいいのです。

共通の友人はおありだと思います。
その友人たち全部がほがらかに暮らしているわけではないでしょう。
人間関係にせよ病気にせよ、なにかがある人がいるはずです。
その人から話を聞く、ということを二人でやってみてください。
余計な意見を言う必用はありません。ただただ愚痴でもなんでも聞くだけにしてください。

ただ聞くだけをしていると、不思議なことが起こります。
突然ですが聞いている相手から何かが流れ出してくるような実感を感じます。
これは信頼感です。このときも何も言う必要はありません。
相手が警戒心のハッチをリリースしたのです。

このとき、パートナーからの嫉妬のオーラは跡形もなく消えているはずです。
ひとを助けたのですから、劣等感は消えるはずです。
そしてその共同事業をあなたと一緒にやったのですから、ある意味での領土も確保したのです。

引用元-−-BIGLOBE なんでも相談室

バツ1男性が彼女に言われたくない禁止ワードとは?

相手が誰であっても男女が付き合っていれば、口喧嘩になっちゃうこともありますよね。しかし、バツイチ男性とケンカにしたとき「絶対に言ってはいけない厳禁ワード」があります。
この一言で恋が終わるかも!
ケンカ中は日ごろの不満やウップンが大爆発して、普段はガマンできることでもつい口走ってしまいがちですが「口は災いのもと」でございます。

・『だから離婚するんだよ!』
・『奥さんが出て行った理由が分る…』
・『アンタなんかと結婚したら絶対に離婚するね!』

うわぁぁ〜、完全に”彼の人格や生き方を否定する”キツイ言葉!これ言ったらお終いです…。そう簡単にフォローできません。

離婚の経験がある人にとってこれらの言葉は、ウンザリするほど何回も元妻に言われ続け”トラウマ”になっていることもあるので、予想以上に傷つけたり怒らせてしまいます。

NGワードを言っちゃうと?

『コイツもアイツ(元嫁)と同じかよっ!』と、彼の気持ちは瞬時に冷めるかも…。

▼離婚歴のある男性は『今度こそ幸せになりたい…』という思いが強くなり、どうしても「過去の女(元妻)」と「今のカノ女」を、心のどこかで比較しチェックも厳しくなりがち。

バツイチ男性と良好な恋愛関係を築きたいなら、エキサイトしている時ほどグッと言葉を飲み込む練習が必要かも。

引用元-−-GIRLS Slism

バツ1の異性とお付き合いする時に気を付けたいこと!

■1.結婚式を期待しない
のっけから、こんなネガティブで申し訳ないくらいなのですが、離婚経験のある男性は、ド派手な結婚式を嫌うことがあるようです。これは、複合的な問題があるのですが、一度結婚式を挙げた人がもっとも頭を悩ませるのが招待客とご祝儀です。結婚式で渡される祝儀袋は『結び切り』です。
これは、快気祝いなど同様、二度とあってはいけないことを意味します。ですので、一度ご祝儀を頂いた人から再び頂くことは避けたいところ。夫婦になるならすり合わせが必要ですが、基本的には、ごく親しい親族のみのお食事会に留めておくのがベター。
しかし、写真のみでもきれいな花嫁衣裳は着たいという、そんなワガママは通してもいいですよ。

■2. 過去の話は聞かない、しない
過去の話を聞いても、この場合あまりメリットはありません。それどころか、余計な嫉妬にかられる可能性がありますし、男性は、思いの外離婚で傷ついていることがあるので、地雷を踏む結果になってしまいます。
但し、男性の側に子どもがいる、いわゆる子連れ再婚や、子どもと別居し養育費を支払っている場合などは少々事情が変わってきます。これはポイント5つめで詳しく書いて行きます。

■3. 持ち寄った家具には要注意!
結婚して、新たに家具を新調せず、お互いが持ち寄って生活をスタートさせる例があります。結婚情報誌『ゼクシイ』(リクルート発行)が公表した、『2010年新生活調査』によりますと、新生活のために準備した総額の平均が110.1万円で、新生活のためのアイテムを既に揃え持っている人の増加により、昨年の同調査に比べて7.9万円減少したと報告されています。
これをみる限り、既に持っている家具で、出来るだけ費用を安く抑えようとする傾向がありますが、再婚男性が所有する家具には、前妻との思い出がたっぷり詰まっている可能性があるのです。
特に、一人暮らしの彼の部屋にそぐわない、サイドボードやカップボードには要注意。前妻との財産分与で分けられた家財道具の可能性があるのです。結婚式に当てる費用があるなら、思い切って家具や家電は新調しましょう。気分も一新されますよ。

引用元-−-Menjoy!

関連記事はこちら

 - 喧嘩・別れ

ページ
上部へ