男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

ホントに大丈夫?大学生で彼女と結婚するメリットとデメリット

      2016/03/18

ホントに大丈夫?大学生で彼女と結婚するメリットとデメリット

大学在学中に結婚をする学生結婚。

あまり周りで見る事はない学生結婚だけど、大学生で結婚するって実際のところどうなの?と思う人もいると思います。

そこで今回は大学生で彼女と結婚するメリットとデメリットをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


学生結婚をすることに対しての大学生の意見

大学生283人に「学生結婚、ありかなしか」を聞きました。

Q.あなたは学生結婚はありだと思いますか?

はい……82人(29.0%)
いいえ……201人(71.0%)

約3割の人が「あり」と考えているようです。回答者の意見をご紹介します。

■学生結婚ありでしょ!
・本人たちの自覚と環境次第では、あり。(女性22歳/理系)
・結婚すれば家計が独立するので、低収入による学費免除と奨学金が期待できる。社会人になりたてで結婚するより安定するのでは。(男性25歳/理系)
・学生兼社長ならあり!!(女性20歳/文系)

■学生結婚はない!
・収入が安定しないから社会人になるまで待った方が良いと思う。(女性22歳/文系)
・自力で生活できないうちは結婚すべきではないと思う。また、学生という比較的自由なときに結婚すると、何かしらの制約は出てきそうだから。(女性22歳/文系)
・学生の本業は勉強であると思うから。(女性22歳/文系)

皆さん、「結婚するのは本人の自由」としながらも、「経済的な問題」「時間の制約」「学業が本分」といった点から「学生結婚はしない方がいい」と考える人が多いようですね。いくらラブラブな二人でも自活できないと困りますものね。

引用元-−-マイナビ 学生の窓口

大学生のカップルの75%は今付き合ってる人と結婚したいと思っている

【Q.今(学生時代に)付き合っている人と結婚したい?(※「相手がいない人」を除く)】

<男性>
「結婚したい」……75.0% / 「結婚したくない」……25.0%

<女性>
「結婚したい」……76.1% / 「結婚したくない」……23.9%

恋人がいる男女のうち、どちらも75%以上が「結婚したい」と回答。既に、現在付き合っている恋人を、結婚相手として考えているようです。

引用元-−-ライブドアニュース

大学生で彼女と結婚すると一緒に過ごせる時間が多い

一緒に過ごせる時間が多い

社会人になると、出勤前の朝食と、帰宅後の夕食、週末ぐらいしか一緒に過ごせる時間がない人が多いのではないでしょうか。その日にあったことをゆっくり話したいと思っても、「疲れてるから、おやすみ。」と言われ、シェアすることもできない時もあるでしょう。しかし、学生結婚の場合は授業やアルバイトがない時間は自由です。その時間に、パートナーとの関係を深めるチャンスだと思いませんか?三食を色々な話をしながら作り、ゆっくり一緒に食べる時間はとても幸せな時間でしょう。

引用元-−-Campus Magazine

落ち着いて家族生活をプランニングできる

NKJ52_shibahudekuturogubasu500-thumb-753x500-2740

最初から学生結婚していれば、
メリットとして早くからお互いの責任意識を持って、
落ち着いて家族生活をプラニングすることができるのです。

確かにお金はお互いに持っていないので、
最初は経済的に苦労するかもしれません。
しかし二人の心が堅実で愛があれば、なんとか苦楽をともに出来る、
生涯のベストパートナーになれるというメリットのほうが大きいのです。

もし仮に、年齢もそこそこで、お金もある程度持っているという状態で結婚すると、
お互いの主張も多くなり、衝突も避けられなくなってきます。

芸能人や海外セレブが結婚と離婚を繰り返す要因は
こんなところにあるのかもしれません。

引用元-−-女子的

たくさん子供を産むことができる

近年、不妊治療を行う夫婦は非常に多いです。

不妊の原因は様々ですが、妊娠適齢期を過ぎた女性が多いというのも主要な原因のひとつです。

晩婚化が進んだ結果、子供がほしいと思っても遅すぎる人が多いのです。

しかし、学生結婚であれば、この悩みは軽減される可能性がとても高いでしょう。

若い学生のうちに結婚しておけば、その分早くから子供を産み育てることが可能だからです。

子供はたくさんほしいという人にとっては、学生結婚は最高の選択と言えるかもしれません。

引用元-−-こいぴた

大学生で彼女と結婚するには経済的な問題を解決する必要がある

社会人と学生の大きな違いは「経済力」です。恋愛は好きな相手と自分の「気持ち」が合意すれば成立しますが、結婚生活となるとそうはいかない事の方が増えてきます。
学生でもアルバイトを掛け持ちしたり、学業と仕事を両立させている人もたくさん居ると思いますが、それはまだ「自分1人分」だから、生活がやりくり出来ているケースが殆どです。結婚生活は2人分の生活費、そしてそれぞれの家族に関わる費用に始まり、子どもが出来た場合の出産費や、育児費など計り知れないお金が必要になります。学生と言えども、結婚したのなら、なるべく親や実家に迷惑を掛けずにするするよう努力すべきです。計画性を持って学生生活とアルバイトなどの仕事をこなしていきましょう。目先の事だけに惑わされずに、時給はちょっと低いけれど長期的に働ける勤務先を見つけたり、勉強を疎かにしないよう、夕方から夜までの仕事に切り替えるなど、自分たちで出来る範囲内でやってみることをおすすめします。また周囲の家族や大人が自然と手を差し伸べてくれる事もあると思います。意固地になって誰の手も借りないといった考えも置いて、努力をした上で周囲のやさしい手助けは有難く素直に受ける事も大切です。

引用元-−-ウエディングパーク

大学生での結婚に対する社会の目は厳しい

社会の目は厳しい

経済的に自立していない段階で、結婚するということをよく思わない人は多くいます。良く思われないことや批判されるようなこともあるでしょう。

また、それだけの責任を負うことにもなり、いろいろな面でハンデを背負うことにもなります。

引用元-−-ナナピ

就職活動で不利になる

結婚しているということは、それだけ税金などの負担が会社にとって厳しくなります。それにしっかりとした計画性がないというような見られ方をすることもあります。

就職活動などのことを考えると大学などを卒業して、しっかりとした会社で働きながら結婚するのが一番です。

引用元-−-ナナピ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ