男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

ラブラブなハズなのに… 付き合い始めの喧嘩は何故おきる?

      2016/03/18

ラブラブなハズなのに… 付き合い始めの喧嘩は何故おきる?

付き合ってすぐの、恋人との甘い時間。

のはずが、何故か喧嘩に発展してしまった経験はありませんか?

お互い好き合って付き合っているはずなのに、どうしてこうした喧嘩が起きてしまうのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


付き合いたてなのに喧嘩してしまう…何故!?

嫉妬
付き合いはじめは相手の交友関係や過去の異性関係をよく知らないもの。異性の友人と仲がいい、元恋人から連絡がきたということがあると、不安から喧嘩に発展しがちです。
長く付き合っていて交友関係を熟知していればイライラしないことも、付き合いはじめで知らないことが多いからこそ不安が増大されてしまうのです。

相手が嫉妬してしまいそうな異性関係はあらかじめきちんと説明したり、友人として紹介するようにしましょう。

連絡頻度
人によって恋人とどのくらいの頻度で連絡を取るかは異なります。長く付き合っていれば「仕事中はメールしても返ってこない」・「この時間に連絡がない時は寝てる」など連絡のパターンが見えてきます。
しかし、付き合いたては相手の行動が読めないため、連絡が少ない・多いといったことですれ違いを起こして喧嘩してしまいます。

慣れていけば必ず改善されることなので、少しずつ2人にあった連絡パターンを作っていきましょう。

記念日や誕生日を忘れる・ないがしろにする
記念日や誕生日はカップルにとって大切なイベントですが、付き合って間もないからこそ忘れたり、軽視してしまいがち。
一方がとても楽しみにしていた場合、深刻な喧嘩になってしまうことも。

付き合いたての時期は「誕生日どうしたい?」・「記念日はどう過ごす?」とこまめに確認するようにしましょう。

ドタキャン・遅刻
長年付き合っているカップルでもドタキャンや遅刻は喧嘩の原因になりますが、付き合いたてのカップルだとさらに大きな喧嘩になってしまうリスクがあります。
付き合いたては気持ちが高まっているのでデートへの期待度が大きい時期。そのタイミングでドタキャンや遅刻をすると、相手の悲しみや怒りはとても大きくなってしまいます。

付き合いたてのころはドタキャン・遅刻をしないよう特に気をつけましょう。

付き合いたての頃はお互いに1番関心が高まっている時期ですから、些細なことで喧嘩になりがちです。
仲良くなるためにもその都度誠意を持って対応していきましょう。

引用元-−-みんなのウェディング

男にありがちな、付き合いたての頃の間違った行動

男性にありがちなのは、優位に立ちたい、尊敬されたいといった欲望から起こる勘違いアクション。「男のくせに」と言われてしまいそうな事柄も、女性からはマイナス印象になることがあるので注意。

□1円単位までワリカンにする
 お金の価値観も人それぞれ。お金に細かい人というのは、見方を変えれば「お金を大事にする人」ともいえます。しかしまだお互いをよく知らないうちにこれをやると「ケチな人」というマイナス印象だけを与えてしまう恐れが。見栄を張る必要はありませんが、相手の懐事情を知らないうちは、端数くらいは出してあげたほうがいいでしょう。

□リードする気ゼロ
 デートの約束もデートコースも相手に決めさせるようでは、頼りない印象を抱かれてしまうかも。「乗り気じゃないのかな」と思われてしまったら、進展は遠ざかるだけ。せめてデート中くらいは頼もしく彼女をリードして「恋愛に参加している」姿勢を見せて。

□無駄にプライドが高い
 たとえばケンカの後。自分に過失があったことは知りつつも「ごめん」の一言を言えない男性の多いこと! 「謝ったら負け」だなんて意地張っても何ひとつメリットありません。むしろ「負けるが勝ち」だと知るべし。

 収入格差など彼女より劣る自分が許せず、むやみに威張って「男の沽券」を保とうとするのも嫌われます。無用なプライドを掲げるほど「小さいヤツ」だと思われるだけ。男らしさは「寛大さ」でアピールを。

□不潔、あるいは潔癖
 ルーズすぎるのは恋愛以前の問題。お風呂さえ面倒がって不潔にしている人は、よく見ればわかります。デートのときだけ気合い入れるのではなく、日ごろから最低限の身だしなみは整えて。逆に潔癖過ぎるのも窮屈なもの。神経質なまでに気になってしまう人は、きちんと説明した上で、相手のぶんまでケアしてあげるくらいの気配りを。

引用元-−-恋学

付き合いたては喧嘩をしてしまうもの

結論から言うと、付き合い始めの喧嘩はしてしまうものだと思います。
逆にこれを我慢して絶える方が体に悪く、関係を駄目にしてしまうような気がします。

誰でも急に生き方や生活を変えることは出来ません。
恋愛もこれと同じで、彼氏や彼女が出来たとしても、これまでの生活が長ければ長いほど、その生活に慣れているわけです。
そして新しい生活の中から、二人で仲良く生きていく為の術を見つけていくのだと思います。

余談ですけど喧嘩にも色々と種類があります。
ここで言う喧嘩は、恋愛において、抑えきれない感情を口で相手に伝えるというものです。
決して手を出すようなことのないよう、肝に銘じておきましょう。
好きな相手の傷つく姿を見たくはないですからね。

引用元-−-Oaze

喧嘩を恐れて遠慮しすぎるのはNG

付き合いたてだからといって遠慮しすぎはNG、ある程度の自己主張は最初からすること

多くのカップルが犯しがちなミスが「遠慮しすぎ」です。
付き合い始めたばかりの時期は、どうしてもお互いに遠慮があります。
それはごく自然な人間心理ですし、最初からまったく遠慮しないようなカップルは、かえってうまくいかないでしょう。
しかし、それも程度問題。
あまりに相手に対する遠慮が強すぎると、「言いたいことをがまんする」「とにかく相手の好みや意志、希望に合わせようとする」ということになりがちです。
つまり、自分の気持ちに封をして、相手に気に入られようとするわけで、これは心理的にかなり無理のある付き合い方と言わざるをえません。
そして、慣れてきたときに突然、強い自己主張を開始しすれば、相手はその豹変ぶりにとまどうことにもなるでしょう。
いずれにしても、最初の過度な遠慮は、二人の関係を長続きさせるためには、マイナスにしか作用しません。
ですから、お互いを尊重しながらも、「ほどの良い自己主張」を、最初から意識することをおすすめします。
遠慮がちな性格な人は特に、少し強めに自己主張を意識するといいでしょう。

引用元-−-こいぴた

喧嘩をすることで、見えてくる彼女の性格 こんな彼女は要注意

1、泣き出す
言い争いになるとすぐに泣き出す女性は、涙を見せれば何とかなると甘えている可能性が高いといえます。彼女の涙には、騙されちゃダメ!
また、男女ともにすぐに泣いてしまう人は、傷つきやすいメンタルの持ち主。感情のコントロールが苦手なので、ヒステリックになると振り回され、気苦労が絶えないかもしれません。

2、マイナス感情がすぐに連鎖する
少しきつい言い方をしたり、マイナスな発言をすると、すぐにその感情が連鎖してしまう相手は、要注意!
ストレス耐久性がないので、一方が落ち込むと2人でどんよりと曇り空な表情を浮かべる羽目に。冗談で受け流せる前向きさが欲しいものです。

3、ものに当たる
部屋にあるものを投げ、暴れ始める人もキケン。言葉で自分の気持ちを伝えるのが常識的な方法。それができない人ほど、暴力に走るのです。
あまりにもひどい場合には、命の危険があるので、早めに距離を置いた方がいいかも。当然ですが、モノだけでなく、人に暴力をふるう人もNGです。

4、その場から逃げだす
ケンカが始まると、その場から逃げてしまう人は面倒なことを避けたいタイプの人間です。
もちろん、二人の関係を良好に保つために、ケンカを避けようとしているのかもしれませんが、それでも交際期間が長くなれば、お互いに不満をぶつけ合いも必要となってきます。それをめんどくさがって、きちんと向き合ってくれない場合は、少し考え直した方がいいかも。

5、昔の話をしつこく蒸し返す
感情的になって、何年も前に解決した2人の問題を蒸し返す。これは女性に多いのではないでしょうか。
過去に犯した過ちをケンカのたびにしつこく咎められると、うんざりしてしまいますよね。交際をしている以上、相手に対して「許しの姿勢」をもつことは、とても大切です。普段は穏やかだけど、ケンカをすると過去の話を蒸し返してしまう人は少し陰湿な性格かも。

6、黙り込んで、何も話をしない
建設的な議論をできない相手は、今後一緒にいるうえで支障が出てくることがあるでしょう。
ただ相手が黙り込んでしまう原因は、ケンカをしたときのあなたの姿勢にも問題があることがあるので、注意して。相手の話を途中で遮ってしまったり、感情的になって強い口調で話をしたりすることで、何も言えないだけかもしれないので、威圧的になっていないか、普段の態度を見直してみて。

引用元-−-ハウコレ

喧嘩をした時のルール

1 相手の人格を否定しない
「あなたはこれだから嫌」
「それは人としてどうかと思う」
などといった言葉は避けるようにしましょう。
喧嘩中は相手を否定する言葉を選びがち。
それよりも、「悲しかった」など、相手の行動によって自分がどんな気持ちになったのかを伝えることが大切です。

2 感情的になりすぎない
特に女性は、感情的になりやすい生き物。
怒りや悲しみのままに相手に言葉をぶつけるのではなく、「なぜムイラつくのか?なぜムカつくのか?」と、自分の心の一番奥にある感情を探ってみましょう。
大体の場合、「寂しさ」や「不安」から来ていることに気付くはず。
「ムカつく」「大嫌い」なんて言うよりも、「○○で、淋しかった」「○○で、不安になった」と伝えるほうが彼も納得してくれるでしょう。

3 「無視」しない
喧嘩をしたら、携帯の電源はOFF!
そういう方は、結構多いと思います。
でも、「無視」は相手にとって一番失礼な行為。
電話に出たくない気持ちも、もちろん分かります。
しかし、無視するよりは「○○だから自分は今機嫌が悪い」とちゃんと伝えるなど、話し合う場所を相手に与えてあげましょう。
相手はエスパーではありません。
伝えなければ伝わりません。
喧嘩中、相手を無視していても、事態は好転しないことがほとんどです。

4 過去のことは掘り返さない
「あの時もこうだった」は極力やめましょう。
もちろん、喧嘩中にそういったことを言ってしまう気持ち、分かります。
しかし、相手を追いつめて降伏させることよりも、「これから二人でどうやって良い関係を築くのかを考えること」が大切です。

5 その気もないのに「別れ」を口にしない
「脅し」はやめましょう。
「関係を切る」ことを突きつけられた方は、大ダメージを受けてしまいます。
尾を引く可能性が大きいので、本当にその気がない限り(相手の気を引きたい、などの理由で)は口にしないようにしましょう。

6 相手の話を遮らない
相手の話をさえぎって反撃してしまうと、お互いにどんどんヒートアップして感情的になってしまいます。
喧嘩中は、相手の話を最後まで聞いて、冷静に話し合いましょう。

7 素直になる
自分が悪いと思ったら、ちゃんと謝る。
意地を張りすぎて、仲直りのタイミングを逃さないようにしましょう。

引用元-−-効果絶大!理想の彼氏彼女と幸せな恋愛が出来る100の方法

上手な仲直りのポイントは?

上手に仲直りできればお互いの信頼関係はより強くなる

男女では物事の考え方が違う

男の人は物事を論理的に追求しがち

女の人はその時の自分の気持ちを優先して考え、自分がどう感じたのかを共有したいと思う

人それぞれによって考え方と大切にしていることが違い、だからこそ惹かれ合って愛し合うこともできます。

お互いの違いを認め合い、尊重することは最も必要

怒りにまかせて相手の悪口を言わないこと

相手が何に怒っていて、どうしてそうなってしまったのか

まずはじっくり相手の言いたいことを黙って聞いてみること。

相手の立場になって考えて、相手の正当性を探してみる

相手を理解してから始めて自分も理解される

恋人に大切に思っているということをきちんと伝えるべき。

相手と一部分でも共有したい

そこに白か黒かでは割り切れない色とりどりの恋愛模様がある。

喧嘩のときほど相手と自分の関係を見直すことができる機会になる

引用元-−-ラブかつ!

関連記事はこちら

 - 喧嘩・別れ

ページ
上部へ