男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

上司と一緒に食事へ行く誘い方とメリット

      2016/03/18

上司と一緒に食事へ行く誘い方とメリット

できるビジネスマンは上司とのコミュニケーションにも長けています。

上司を食事へ誘う工夫とメリットをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

養子縁組を解消したら結婚は出来る?養子縁組と法律の壁

養子縁組というのは、法律で親子関係になる事です。それが何らか...

人付き合いが苦手な人が結婚するために意識するべきポイントとは

人付き合いが苦手な人でも結婚したいという想いがあれ...

好きな人が既婚者で子持ちだった場合に考えるべきこと

好きな人が実は既婚者で子持ちだった場合には、ショッ...

元カノが結婚!未練が残っている気持ちを払拭させる方法とは

ほんの少し前まで付き合っていた元カノが、他の男性と...

共依存が原因!親子の関係が離婚に発展する理由と対処法

結婚した後に配偶者が共依存だと知った時には、結婚生...

2人暮らしの食費はどれくらい?1週間単位で考える節約法を紹介

2人暮らしを始めた時に節約意識を持つため、食費をできるだけ抑...

2人暮らしの食費を2万円以内に抑えるための方法と工夫をご紹介

2人暮らしをする時に生活費を抑えようとするため、食費を2万円...

恋愛できない病気の原因と自分を変えるための方法をご紹介

恋愛に対して臆病になってしまうことはありますが、トラウマ...

同棲するにはいくらかかる?生活費20万円で仲良く暮らすには

同棲する時にはお互いの収入によって生活レベルも変わってきます...

心配性の彼女持ちの人必見!不安と言われたら4つの点に注意して

世界には、色んなカップルの感動や面白い話、トラブルなどがあり...

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

スポンサーリンク


上司を一緒に食事へ誘う目的

ビジネスマンというのは、会社の中で上司から指示された仕事をこなしていくのがライフワークとなっていますよね。上司との距離がなかなか縮まらずに悩んでいる若いビジネスマンがとても多いそうです。

一昔前までは、上司といえば世間でいうところの、いわゆる「おじさん」で、良かれ悪しかれお節介焼きなのがスタンダードスタイル。家に帰れば普通に「お父さん」と呼ばれるような人がほとんどでしたから、怖いし鬱陶しいけど、とっつきやすいという両面があったのも事実でした。

しかし、最近では社会構造も変化して、いわゆる「典型的な上司像」というものが存在しなくなっているのが現状で、様々な上司が存在する中、上司のタイプに応じて自分をアジャストしていかなければならなず、昔は無かった苦労をせねばなりません。

そんな苦手な上司を克服し、仲良くなっていくには、ランチョンテクニックを使う事が、最高に効率が良くて効果的な方法と言えます。

引用元-−-MEN-ZIN

上司と一緒の食事に誘い方はランチという手も

ランチの時間を活用してみては?

お気持ちよくわかります。私は新卒で入った会社の最初の上司は女性でしたし、今の会社でも先輩・後輩に女性が多いので同じような心配をよくしていました。

確かにオフの時間を使うとリラックスしながら会話も弾みやすいですよね。一方でアルコールを飲みながらだとテーマ無く話が進んでしまうということもよくあります。

上司と目的を持った会話をしたいのであれば、“夜の時間にこだわらない”ランチの時間や移動の時間を有効に使うことがおススメです!

上司との定期的な面談がオススメランチの時間であれば周囲からの誤解も防げますし、仮に上司がおごってくれたとしてもお財布にやさしく上司の面子が保てます(笑)
合わせて、継続して定期的に時間をつくってもらうこともおススメです。

引用元-−-excite

上司も部下とのコミュニケーションを望んでいる

N811_ginnofork500-thumb-750x500-2159

 飲みニケーションの最大のメリットは本音で話せることです。職場で自分を上手に表現できない部下も、食事やお酒の場では人間性を垣間見せてくれます。

しかし、ただ飲みに誘えば本音を聞けるわけではありません。何気ないことのように思えるかもしれませんが、飲みに行く“きっかけ”作りが重要。今の上司世代が若かった頃は、上司が誘ったら、部下は有無を言わさず連れて行かれたことでしょう。しかし、今の若い人には「なぜ、この人と飲みに行くのか」が納得できる理由が必要なのです。

上司にしてみれば、飲み二ケーションは仕事の延長線上にあるという感覚でしょう。確かに、会社や部署の全員が参加する宴会なら、業務の一環です。しかし、飲みニケーションは任意のもの。そのため、誘うタイミングや理由に工夫が必要です。「仕事がひと段落したから」「君が好きそうな良い店を見つけたから」「20代の社員と順番に飲みに行っているから」など。「行きたい」「行くべきだ」と思える理由がないと、部下は喜んでついてきませんし、心を開いてはくれません。

部下が誘いに乗ってくれたから、誘った上司はホストに徹すること。その日の主役は部下です。お店選びも主役に合わせましょう。お酒を飲めない部下なら、飲めないなりに楽しめる店を。食事が美味しい店、夜景が綺麗な店などです。また、しっかり話を聞きたいのですから、騒がしすぎる店は不向きです。

引用元-−-PHPビジネスオンライン シュウチ

一方で食事に誘われる上司からはこんな心配ごとが

今回の相談
男性上司がセクハラに敏感になり、女性部下とコミュニケーションをしてくれません。

男性の上司が、セクハラに対して異様に敏感になっています。男性の部下には気軽に誘って「飲みニケーション」をしていますが、女性には決して声をかけません。

私から「今度ランチでもご一緒しましょう」と言っても、「それはできないよ」と断られてしまいます。この結果、この上司はほかの男性部下たちとは和気藹々と仕事をしていますが、私は何となく疎外されています。どうしたらいいでしょう。(30代、女性)

回答
部下を食事にしつこく誘うことがセクハラになる場合もあり、上司は不安なのかもしれません。ほかの男性社員の協力も求めてみましょう。

引用元-−-日経ビジネスONLINE

上司を食事に誘うことでこんなメリットが

「社会人にとっての飲み会は、熱く語るというよりは親睦を深める場。日本人って、お酒を飲むと『実は』『ここだけの話』ってなりますよね。お酒を飲んで本音で語り合う。そうすると、仕事中には見られない素の部分や人柄が分かり、より仲間意識が高まる。それが仕事上での信頼感にもつながっていくんだと思います。仕事終わりの平日の夜となると、飲みに行くのが一番手軽なコミュニケーションだから、飲みニケーションという言葉が一般的になったのかもしれません。もしお酒が苦手だったら、食事に行くのもいいですね」

引用元-−-R25

日本企業のランチタイムというと、同僚たちとお弁当を食べるのが一般的だ。このようなランチタイムは非常に受動的で、あくまで依頼されての行動しかない。これが海外や外資系の企業になるとどうだろうか。海外の企業では、ランチには自分から人を誘い、相談やミーティングをランチの時間帯に行うのが一般的である。日本の受動的なランチとは違い、自分から誰かを誘う非常に能動的なコミュニケーションがあると言えるだろう。この「自分から何かをする」という動きは、ビジネスパーソンに必要な能力と言えるのではないだろうか。

引用元-−-U-NOTE

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 職場・社内恋愛

ページ
上部へ