男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

上司と一緒に食事へ行く誘い方とメリット

      2016/03/18

上司と一緒に食事へ行く誘い方とメリット

できるビジネスマンは上司とのコミュニケーションにも長けています。

上司を食事へ誘う工夫とメリットをまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

スポンサーリンク


上司を一緒に食事へ誘う目的

ビジネスマンというのは、会社の中で上司から指示された仕事をこなしていくのがライフワークとなっていますよね。上司との距離がなかなか縮まらずに悩んでいる若いビジネスマンがとても多いそうです。

一昔前までは、上司といえば世間でいうところの、いわゆる「おじさん」で、良かれ悪しかれお節介焼きなのがスタンダードスタイル。家に帰れば普通に「お父さん」と呼ばれるような人がほとんどでしたから、怖いし鬱陶しいけど、とっつきやすいという両面があったのも事実でした。

しかし、最近では社会構造も変化して、いわゆる「典型的な上司像」というものが存在しなくなっているのが現状で、様々な上司が存在する中、上司のタイプに応じて自分をアジャストしていかなければならなず、昔は無かった苦労をせねばなりません。

そんな苦手な上司を克服し、仲良くなっていくには、ランチョンテクニックを使う事が、最高に効率が良くて効果的な方法と言えます。

引用元-−-MEN-ZIN

上司と一緒の食事に誘い方はランチという手も

ランチの時間を活用してみては?

お気持ちよくわかります。私は新卒で入った会社の最初の上司は女性でしたし、今の会社でも先輩・後輩に女性が多いので同じような心配をよくしていました。

確かにオフの時間を使うとリラックスしながら会話も弾みやすいですよね。一方でアルコールを飲みながらだとテーマ無く話が進んでしまうということもよくあります。

上司と目的を持った会話をしたいのであれば、“夜の時間にこだわらない”ランチの時間や移動の時間を有効に使うことがおススメです!

上司との定期的な面談がオススメランチの時間であれば周囲からの誤解も防げますし、仮に上司がおごってくれたとしてもお財布にやさしく上司の面子が保てます(笑)
合わせて、継続して定期的に時間をつくってもらうこともおススメです。

引用元-−-excite

上司も部下とのコミュニケーションを望んでいる

N811_ginnofork500-thumb-750x500-2159

 飲みニケーションの最大のメリットは本音で話せることです。職場で自分を上手に表現できない部下も、食事やお酒の場では人間性を垣間見せてくれます。

しかし、ただ飲みに誘えば本音を聞けるわけではありません。何気ないことのように思えるかもしれませんが、飲みに行く“きっかけ”作りが重要。今の上司世代が若かった頃は、上司が誘ったら、部下は有無を言わさず連れて行かれたことでしょう。しかし、今の若い人には「なぜ、この人と飲みに行くのか」が納得できる理由が必要なのです。

上司にしてみれば、飲み二ケーションは仕事の延長線上にあるという感覚でしょう。確かに、会社や部署の全員が参加する宴会なら、業務の一環です。しかし、飲みニケーションは任意のもの。そのため、誘うタイミングや理由に工夫が必要です。「仕事がひと段落したから」「君が好きそうな良い店を見つけたから」「20代の社員と順番に飲みに行っているから」など。「行きたい」「行くべきだ」と思える理由がないと、部下は喜んでついてきませんし、心を開いてはくれません。

部下が誘いに乗ってくれたから、誘った上司はホストに徹すること。その日の主役は部下です。お店選びも主役に合わせましょう。お酒を飲めない部下なら、飲めないなりに楽しめる店を。食事が美味しい店、夜景が綺麗な店などです。また、しっかり話を聞きたいのですから、騒がしすぎる店は不向きです。

引用元-−-PHPビジネスオンライン シュウチ

一方で食事に誘われる上司からはこんな心配ごとが

今回の相談
男性上司がセクハラに敏感になり、女性部下とコミュニケーションをしてくれません。

男性の上司が、セクハラに対して異様に敏感になっています。男性の部下には気軽に誘って「飲みニケーション」をしていますが、女性には決して声をかけません。

私から「今度ランチでもご一緒しましょう」と言っても、「それはできないよ」と断られてしまいます。この結果、この上司はほかの男性部下たちとは和気藹々と仕事をしていますが、私は何となく疎外されています。どうしたらいいでしょう。(30代、女性)

回答
部下を食事にしつこく誘うことがセクハラになる場合もあり、上司は不安なのかもしれません。ほかの男性社員の協力も求めてみましょう。

引用元-−-日経ビジネスONLINE

上司を食事に誘うことでこんなメリットが

「社会人にとっての飲み会は、熱く語るというよりは親睦を深める場。日本人って、お酒を飲むと『実は』『ここだけの話』ってなりますよね。お酒を飲んで本音で語り合う。そうすると、仕事中には見られない素の部分や人柄が分かり、より仲間意識が高まる。それが仕事上での信頼感にもつながっていくんだと思います。仕事終わりの平日の夜となると、飲みに行くのが一番手軽なコミュニケーションだから、飲みニケーションという言葉が一般的になったのかもしれません。もしお酒が苦手だったら、食事に行くのもいいですね」

引用元-−-R25

日本企業のランチタイムというと、同僚たちとお弁当を食べるのが一般的だ。このようなランチタイムは非常に受動的で、あくまで依頼されての行動しかない。これが海外や外資系の企業になるとどうだろうか。海外の企業では、ランチには自分から人を誘い、相談やミーティングをランチの時間帯に行うのが一般的である。日本の受動的なランチとは違い、自分から誰かを誘う非常に能動的なコミュニケーションがあると言えるだろう。この「自分から何かをする」という動きは、ビジネスパーソンに必要な能力と言えるのではないだろうか。

引用元-−-U-NOTE

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 職場・社内恋愛

ページ
上部へ