男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

人生の選択を迫られた時、失敗しない選択をしたい!

      2016/03/18

人生の選択を迫られた時、失敗しない選択をしたい!

人生において重要な選択を迫られる瞬間・・・。みなさんは経験がありますか?

同じ選択をするなら失敗はしたくありませんよね?

人生の選択で失敗しないために知っておきたいこと、調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


人生最大の選択の時とは?

天才アルバート・アインシュタインは私たちに素晴らしいアドバイスをしてくれています。
このアドバイスは人生を大きく変えていきます。

そのアドバイスとは
「人生の最大の選択とは
親切で友好的な世界に住んでいるのか

それとも

困難で敵対的な世界に住んでいるのか
どちらを信じるかを選ぶことである」
というものです。

人生は私たちがどう思うかでそのような人生になるだけです。
宇宙はあなたが思っている人生、願う人生を提供するだけです。
あなたならどちらを選択しますか?

引用元-−-シンクロを呼ぶ遠隔ヒーリング

男にとって人生の選択と仕事は密接な関係がある?

仕事=人生と考えるのが最適?
社会人になれば仕事をするのが義務づけられますし、それが当たり前という認識をしている人が大半ではないでしょうか。
それはきっと、就職活動をしている時や学生を辞めた時点で課される運命ですよね。
例えば人生を60年だとしますと、新卒22歳で働き始めた場合、ざっと計算して40年余り(人生のほとんど)を仕事というものに時間を費やす事になります。
そういう意味では「仕事=人生」と言えるのではないでしょうか。
現代は決して働き方を絶対「正社員」がいいとは言えない時代ですが、安定を求めるのであれば転職して正社員で働く方が理にかなっている事も事実です。
また、働き方が選べるという時代ですので、今の職場(仕事)が嫌なら無数の他業種が選択できると言えるのではないでしょうか。

その悩み、考えても解決しますか?
仕事内容や職場の人間関係など仕事絡みでの悩みは個々によって様々ですが尽きる事はありません。
それどころか、人生を大きく狂わせる事の方が圧倒的に多いと言えるのではありませんか?
精神が崩壊、肉体的にも辛く、仕事に行く気にもなれない。なんて思えば誰だって転職を考えるでしょう。
実際、僕も過去に体調を悪化させて(過去記事の「」を見てもらえればわかります)転職しています。
転職は人生を変える場合が多いにあります。失敗するか成功するかは行動してわかる事ですので、今の現状を打破するのであればまず転職してみる事をおすすめします。
少なからず僕は「転職」を繰り返した事で今があり、本業では職場環境が良く満足するような仕事をしながら、それにプラス副業を始めたことで毎日をイキイキと生活出来るようになりました。
悩みといっても答えが出ない悩みもあるでしょう。
例えば、「未来」という事を考えても実際に行動に移してみなければそれはわかりません。そのような事に時間をかけて悩み続けていても答えはたぶん一生出てこないないでしょう。
人間関係での悩みも同じで、相手の意識や行動を変えるよりも「自分自身の考えを変える」方が簡単ですよね。自分自身の事ですからコントロールすればいいのです。
しかし、相手の事を変えることは至難の業ではないでしょうか。相手の考えている事をわかるわけでもありませんし、どのような行動をするのか予測も経ちませんから。
もし職場の人間関係で悩んでいるのであれば、「自分が職場を変える」または、上司などに掛け合うなどの「行動」を自ら起こさなければなりません。
僕はこの上司に掛け合うのが面倒と考えていたため、転職という道を選んだタイプです。
悩む時間も無くなり、人間関係の事もスパっと切ることができて一石二鳥だなと感じています。

仕事を楽しめる環境を手に入れる方法

毎日の仕事を楽しめる環境=職場環境が良い場合の事と思いますが、正直100%完璧な職場は無いでしょう。自分作った会社なら別ですが、他人が作り出した「職場」ですのでたぶんありません。
しかし、80%を満たす職場はあるはずですし、それがわかるのは転職した人だけです。

引用元-−-転職し続けた男 20代から15回以上転職しているアラサー体験談

人生の選択と「決断」の関係とは?

人は誰でも毎日多くの選択をしています。

朝、目が覚めたけど、今すぐ起きようか、あと30分寝ちゃおうか?
朝ごはん食べようか、途中のコンビニでパンと缶コーヒで済まそうか?
仕事場に早く行こうか、ギリギリにしようか?
今日の仕事は、●●までやろう!イヤあすにしよう。
、、、
家に帰ってもまずはごはん?それともお風呂が先?

実に様々な選択をされていますね。

その中でとても大切で、自分の人生を大きく左右する選択を「決断」と
いうのだと思います。

引用元-−-ネットワークビジネスでゆとりあるライフスタイルを実現!まずは行動!!

人生の選択に失敗した!?いや、その失敗をポジティブに考えてみよう!

「とりかえしのつかない人生の(選択)ミスをしてしまった。

後悔ばかりで、未来が真っ暗だ。この先、救いがない。」

生きていればそういうこともあるだろう。私もかつてそうだった。

でも、大丈夫だ。

人生はまだやり直せる。

なぜならあなたはまだ生きているではないか。
失敗したに関わらず生きている。

どんなに絶望的状況でも、生きているならまだチャンスがある。

こんなにありがたいことはあるだろうか。

そう思えないならまだまだ失敗が足りないのかもしれない。
もしくは命を委ねられるだけの希望をまだ見つけていないかのどちらかだ。

引用元-−-SP文化芸術の会

人生の分かれ目だと感じた時、失敗しないためにはどうすればいい?

人生には、押しても引いても、何もしなくても上手くいかないことはある。

逆に、押しても引いても、何もしなくても上手くいくことだってある。

人生の岐路で選んだ道が、正解だったかどうかは誰にも分からない。

それは、同じ時期、同じ環境で、違う道を選択し直すことはできないのだから。

選んだ道が正解に思えても、もっと良い結果を選べたかもしれない。

選んだ道が失敗に思えても、もっと悪い結果を選んでいたかもしれない。

だから、選んだ道を振り返って後悔せず、どんな結果であれ受け入れること。

人生の分岐点で正解を選ぶ方法はない。

できることは、選択するときに「後悔なく選ぶ」こと。

そして、選んだ道を「後悔なく進む」こと。

引用元-−-人生を楽しくするブログ

失敗しない人生の選択を人生の先輩たちの後悔から学ぼう!

PAK86_nayamasiitn20141221140037500-thumb-1200x800-5813

ご紹介した先輩たちの30代にしておくべきだった5つの後悔。
◦失敗から真剣に学ぶべきだった
◦良い習慣を定着させるべきだった
◦正しい「努力」をするべきだった
◦大量行動をしておくべきだった
◦年収を上げる努力をするべきだった

今、20代、30代の人も10年、20年経てば
後悔してきた先輩たちと同じ年代になります。

例えば10代の時、
「学生のうちはしっかり勉強しておきなさい」
と言われてもその大切さを私たちは理解していませんでした。

しかし年を重ねるにつれて
「遊んでばっかいないで勉強しておけばよかった・・・」
といったような後悔をします。

そのような後悔をしている20代、30代は10代に
「しっかり勉強しておけ」
と伝えるでしょう。

先輩からの言葉はある意味、
未来の自分からの言葉かもしれません。

同じような後悔を繰り返さないために
先人たちの失敗や後悔をしっかりと学んでおきたいですね。

引用元-−-5セカンズ

人生に失敗したと感じる時に一番大事な考え方!

・今が一番大事だという意識を持つこと

どんなに後悔したり反省して後ろを振り返ったところで若返ったり過去に戻れるわけではなく、 後ろ向きで昔のことばかり考えているネガティブ思考では立ち止まったまま前に進むことはできません。 また、なんとか過去の黒歴史を受け入れてそれを乗り越えたり無かったことにしても、 今度は将来のことを考えすぎると不安になってきて頭を抱えてしまうという新たな悩みが生まれたりします。 しかし遠くの未来は預言者でもなければわかるわけでもなく、運命は自分で切り開くものなので、いくら考えても仕方がありません。 もしかしたら、地震や津波、火事や竜巻などの自然災害や交通事故に遭えば明日生きているかもわかりません。 今日が人生最後の日かもしれないという意識があれば、人はより幸福へと近づくように努力するようになります。 そのためには、「今」この瞬間を楽しくすることを考えることを第一に行動することが重要になってきます。 人生の中で今が一番若い日であり、運命を左右する1日を生きているという自覚を持ちましょう。 今の自分はタイムマシンで未来からやってきたと思って生活するというのも今を大事にできる面白い発想です。

何か苦痛を我慢したり自分が本当にやりたいことを抑圧しながら生活している日々は、恐らく不幸でブルーな気分に苛まれていることかと思います。 しかし、よく考えてみれば世間体や社会の常識、漠然としたルールに縛られているだけで、 このような想像でできた重い枷を外せば、人間は本来全てが自由なはずです。 今やりたいことを後回しにしてしまうと、それを一生やらずに終わってしまうかもしれません。 人生の最後に後悔することで良くあるのは「好きな人に会っておけばよかった」「仕事を頑張り過ぎなくてもよかった」「好きなものを食べればよかった」などです。 学生時代にアプローチや愛の告白をできなくていまだに胸にモヤモヤしてる人は大勢いるでしょう。 貯金が山ほどあるのに将来への不安からやりたくもない仕事を一生懸命している人もいるし、 体型や健康を気遣うあまり、美味しい物を食べない人もいます。 善は急げで、吉な行為はすぐにやるべきなんです。 特に友達付き合いや男女交際は何よりも優先するべき事項ではないかと思います。 遊びやデートの約束を断ったきり、一生会えないなんてことになりかねませんし、実際にそういうことが多々あります。 今を本気で頑張る者には明日があるという心構えで毎日を生きるようにしましょう

引用元-−-writerader blog

関連記事はこちら

 - ライフスタイル

ページ
上部へ