男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

今どき高校生の恋愛には嫉妬がつきもの?

      2016/03/18

今どき高校生の恋愛には嫉妬がつきもの?

高校生といえば青春真っ只中!

若いだけに恋愛にも不慣れで、ちょっとしたことで相手に嫉妬してしまうもの!

高校生の恋愛事情について調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


今どきの高校生の恋愛における嫉妬事情について知ろう!

■嫉妬の感情はどうして起こる?
まず、この感情がどうして起きてしまうのかを考えてみましょう。恋人に対して「どこかに行ってしまうんじゃないか」「他に好きな人ができたらどうしよう」などなど、”相手が離れて行かないように、自分のところにとどめておきたい”という気持ちが束縛に繋がってしまうのです。つまり、自分に自信が持てないことが一番の原因なのです!

■嫉妬の心を抑えるには?
では、上でお話した嫉妬の心を抑える方法を考えましょう!まずは、自信のなさを自分で埋める努力が必要です!
”相手が自分から離れないように”と考えるより、”魅力的になって、相手が一緒にいたいと思える自分でいたい”というイメージで過ごすこと。そうすると、もっと仕事や勉強、自分磨きを頑張ろう!と思えて来ますよね。
自分が相手を追うのではなく、相手に必要とされる自分を作ること。その心の余裕が嫉妬や焦る心を穏やかにしてくれるでしょう!

引用元-−-Peachy

高校生が陥りやすい恋愛の嫉妬による失敗例とは?

まずはお付き合いが長続きしないカップルの特徴をみていきましょう。

・「告白されたから付き合った」という片思いカップル
・スマホや腕時計など、持ち物を何でもペアで持ちたがるカップル
・相手に尽くしすぎるカップル
・相手に干渉しすぎるカップル
・束縛やルールだらけのカップル
・相手の異性の友達を認めないカップル
・お互いがプライベートの時間を持つことができないカップル
・身体が合わないカップル

付き合い始めの温度差は重要です。もしあながた好きでもない男性に告白されたら、遊び半分でお付き合いするよりもはっきりと断った方が賢明です。
そして、お互いを見えない鎖で縛りすぎて苦しいお付き合いになることは要注意です。いつの間にかお互いが苦しくなっていたということにならないように気をつけましょう。

引用元-−-365GIRL

恋愛中の彼女に嫉妬してしまう自分をどうしたらいいの?

男の嫉妬・・・威圧的やストーカーじみてなければ女性は嬉しいですが。ほどほどにして、溜め込んだ分は他のことで発散しましょう。度が過ぎると、男? と思われちゃいます。お付き合いの能動権を自分にして嫉妬しないほどの行動、態度でいましょう!
ーちなみに周囲に交際宣言はされましたか?友達に話して二人の仲をかためるといいのでは・・・と思います。あと嫉妬するときはあとで、好きだから、と言うといいと思います。

引用元-−-YAHOO!JAPAN

嫉妬深い男は嫌われますよ!女の子が嫌がる恋愛上の男の嫉妬深さについて知っておきましょう!

TSJ_mahura-gyuttone20150208092730500-thumb-1677x1000-12150

■1:友達が少ない
嫉妬心が強い男性は誰に対しても疑い深く、恋愛に限らず、なかなか人間関係を保つことができません。あなたの彼が友達の少ないタイプで、友情を失った話をたくさん持ち合わせているのなら、人を容易に信じて許せる性格ではないのでしょう。
そういうタイプの男性は、自分のパートナーが他の人と外出することを嫌います。なぜなら自分に友人がいないため、あなたの行動を許容できないのです。

■2:他人をすぐ批評したがる
「彼は注目されたいタイプだよね」「彼女はいつもあんな服装をしているの」など、他のカップルや周囲の人たちをいちいち分析したがるタイプも嫉妬心が強い傾向が。
嫉妬心の強い男性は、他人の交友関係が気になり、むやみやたらに口にしたがります。また、周囲の恋愛事情を詮索したがるのは、自信のなさの表れでもあるのです。

■3:外向的な性格を持つ恋人の友人を嫌う
あなたの友人のなかで、彼が好きなタイプと嫌いなタイプを分析してみましょう。もしも彼が苦手とする人が、とても社交的かつ解放な性格で、外向的なタイプなら要注意。
彼はその友達の影響であなたが独立した女性となり、彼のもとを離れていくことを恐れています。束縛したい人に多いタイプです。

引用元-−-Menjoy!

恋愛の上で嫉妬も立派な愛の形の一つ!?嫉妬の度合いで彼女への愛の深さを知ることもある!
- 「彼女大好き彼氏」の何が悪いんだ?と思っている男子は少なくないと思います。確かにそうですよね。彼女のことを愛しているわけですから、浮気だってしないし、常に彼女のことを思っている。これはとても素晴らしいことです。でも、その彼女が大好きという思いがちょっと異常とも思える行動を引き起こすきっかけになってしまうこともあります。

彼女が異性と会うのは絶対にダメ!!
典型的な彼女大好き彼氏に見られる特徴としては、とにかく彼女が異性と接触することを禁じるというものです。たとえば、学業や会社に行っていたら、当然のように異性に会うわけです。だからこそ、異性との接触を禁止することなど無理だとわかっているのに、頑なに禁止してしまう・・・。これは彼女を奪われたくない気持ちと嫉妬心から来るのだと思います。

女友達でも会うのを怪しんでしまう
別に異性と彼女が会うわけでもないのに、女友達と遊ぶという発言だけで怪しんでしまうのも彼女大好き彼氏の特徴だと思います。女友達とは言うけど、その先に男が合流するのではないか?もし、その男友達のなかに彼女のタイプがいたら・・・そう考えるといてもたってもいられくなってしまうわけです。

引用元-−-メンズファッションプラス

高校生の恋愛で嫉妬に関して他の人の実体験を参考にしてみるのもいいかも!

友達が彼のことを話していた

彼を紹介してもらった女友達や、その同じ中学校の女友達同士が話をしていました。彼女たちは、良かれと思って、こんな人だよと彼のことを言ってくれていたのかもしれません。

ただ、自分の知らない彼の話を聞いたりすることによって、私の知らない彼を知っている人がいるという、嫉妬心が芽生えてきました。

仕方ないので、中学校であったいろいろなことを彼の男友達から聞いて情報を集めました。

男の友達から聞くことは、大丈夫だったので、それから女友達の話でも、あっ、それ知っている!ということが出てくるようになり、私だって知っているし、ということで、安心できました。

また、卒業アルバムを彼に見せてもらい、思い出話をしてもらいました。彼から直接聞くことでも、気持ちが落ち着きました。

受験勉強でデートができない

また、お互い大学受験がありなかなかデートをする時間もなくなってきました。

塾が違ったので塾が同じ女の子に、もしかしたらな何かあるのではと、嫉妬する時期がありました。勉強でつまづいたりすると、余計に感じる日もありました。

少しでも会える一緒の時間を作るために、塾の帰宅時間を一緒に合わせたりして、その日の塾の様子を聞くようにしました。

また、彼の通っている塾に仲のよい男友達がいたので、その男友達と話せるようになって、塾での彼の様子を聞きました。

電話をしたら女性が出た!?

一番嫌だったのは、彼の携帯電話に連絡したら、女性が出たことです。その電話自体は特に会話せず、びっくりした自分が電話をすぐに切りました。

その後、直接会った彼にどうしてと尋ねました。携帯電話の近くにいなかった彼、携帯電話が鳴っていることに気づいた女友達、結局気になった女友達は電話を取ってしまったということでした。

内容は考えられるシチュエーションではないだろうと思いましたが、嫉妬心をむき出しにすることは避けたいと思い、そのときは、あっさり、そうなんだの一言で終わらせました。

後日、手紙で思いを彼にぶちまけました。そんなこと状況としてありえない、ひどい、なぜ、ということをつらつらと書きました。

手紙に書いていると、何度か書き直し、ひどすぎる言葉は消しますし、自分が伝えた証拠が残るので、自分としては落ち着きました。彼は、手紙でごめんという思いを返事に書いてくれました。

それから、何かコトが起こったときは、お互い手紙に思いを託すようになりました。

メールでもよいですが、その人の字が想いに表れるような気がします。彼が、ちゃんとした字でしっかり書いたものをみると、より信じることができました。

引用元-−-nanapi

恋愛する上で、嫉妬心を抑える・乗り越える方法を知っておくのも大切です!

嫉妬をする原因は、自信の無さ

嫉妬をする原因の一つに、自信の無さがあげられます。「不安」と言い換えることもできるのですが、相手が他の人を好きになるのではないかという不安と同時に、自分に対して自信が持てないとき、嫉妬心を感じやすいようです。

友達や仕事を優先したとか、他の異性と話したとか、ささいなことに目くじらを立ててしまう人ほど、自分に自信が持てず不安なのです。相手が自分をずっと好きでいてくれる自信もなければ、自分が愛されることも信じられない。

だからこそ、相手が自分よりも大切にしているものがあるのではないかと感じると、嫉妬で心を乱してしまいます。嫉妬は怒りの感情ですが、自分を最優先にしてもらえないと思うと、関係が脅かされるのではないかという恐怖を感じているのです。これは「相手を失う」「自分は愛されない」ということを、強力に信じているとも言い換えられるでしょう。

「自分には愛される価値がない」という、根本的な部分で不安を感じていると、嫉妬心を抱きやすくなります。これは幼少期からの思い込みや経験などが元になっていることも多く、パートナーから安心できるようにいろいろ働きかけてみても、なかなか恐怖心はぬぐい去れないようですね。

こういった気持ちが強い人は、他者と比較する気持ちも強く、批判的であることが多いようです。愛されているという安心感があれば、過剰な嫉妬心を抱くことも減りますので、愛情を感じられる経験を積み重ねていくことが大切なのです。

引用元-−-マイナビニュース

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ