男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

共働き夫婦必見!産休・育休中に夫の扶養に入る利点とは

      2016/03/18

共働き夫婦必見!産休・育休中に夫の扶養に入る利点とは

共働き夫婦にとって、妻が妊娠・出産を控えている時というのは、嬉しさと共に、収入が減ってしまう心配もあるでしょう。

そうした不安を少しでも軽減する方法があります。

それは、産休・育休中、妻が夫の扶養に入ることです。

そのための条件とは何でしょうか?

手続きは必要なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


働く妻が妊娠! でも産休・育休中の収入が減るのが不安…

共働き夫婦の間に子供が出来た!と、妊娠・出産自体はとてもうれしい出来事ですが、働く女性にとっては、自分と子供や夫婦に関わるもの以外にも、今後の自分の仕事や生き方に関わる多くの課題を含んでいます。

妊娠中も仕事は続けられるのか、産前産後の休暇は取れるのか、育児休暇はいつまで取ることが出来るのか、いざ復帰しようと思った時に、子供を預ける先はあるのか、そもそも出産後も仕事が出来るのか…。あらゆることが不安の種となってのしかかってくるものです。

特に、自分が無給状態になることを不安視する声は多く、ただ心安らかに、お腹の赤ちゃんのことだけを考えていたいのに、そうさせてくれるほど世間は優しくない!と感じる妊婦さんがほとんどなのではないでしょうか?

それでも、妊娠・出産・育児中に、少しでも支出を減らす方法はあります。むしろ知らないと損をしてしまうかもしれません。

不安の種を少しでも減らせるよう、制度を上手に利用しましょう!

産休・育休とはそもそもどんなもの?

まず、妊娠・出産・育児に関わる休暇がどのようなものになるのかを見てみましょう。
出産や育児に関わる休暇は、”産前・産後休暇”(産休)と”育児休暇”(育休)の2つです。

産休は、出産前6週間(多胎児の場合は14週間)の女性が、育休は1歳未満の子供を持つ労働者――つまりは子供にとっての両親や養育者となる人が”申請すれば取る権利が認められている”休暇です。

これは法律で認められている権利であり、会社側は拒むことはできません(但し、出産までの間にどれだけ勤務したかなどの条件はあります)。

が、注意したいのが産休・育休共に”休む権利がある”だけであり、「産休・育休を有給とする」と会社が定めていないかぎり、基本的に”無給”の休暇として扱われます。

じゃあ、産休も育休も法律で定める意味はない?というと、そんなことはありません。
この休みを取ったことで、労働者が不利な立場――意図的な降格や配置変換をされてしまうことを防ぐために、重要なものです。
余談ですが現在日本で問題になっている”マタハラ”は、この権利を犯すものであるため、特に問題視されているのです。

産休・育休中に夫の扶養に入る条件とは?

さて、それでは産休・育休を取得している間に、少しでも支出を減らす方法とは何でしょうか?
それは”夫の扶養に入る”です。

扶養に入る、というと、パートやアルバイト、専業主婦など、現在フルタイムで働いている女性には縁のないもの、と考えていませんか?

実は、これは大きな間違いです。
扶養に入る、つまり”配偶者控除”を受けるための要件は4つあります。

  • 民法の規定による配偶者である(内縁関係は該当しません)
  • 納税者(夫)と生計を共にしている
  • 年間の合計所得金額が38万円以下である/給与のみの収入の場合、給与収入が103万円以下
  • 青色申告者の専業専従者としてその年に1度も給与の支払いを受けていない/白色申告者の専業専従者でない

一般的な家庭において、特に自営業者でない、一般企業に務めている場合、キーになるのは3番目の項目です。

産休・育休中に無所得であるならば、例え企業に在籍していている状態でも、配偶者控除が受けられるのです。

但し、会社の規定により、産休・育休中も給与が支払われている場合は、その額によっては配偶者控除を受けられませんから、その点は注意しましょう。

夫の扶養の入るのは難しい? その条件と手続きは?

「でも、手続きが大変なんじゃないの?」と不安に思うかも知れませんが、大丈夫です。特別な申請は特に必要ありません。

年末に職場で渡される”年末調整”の書類のうち、”扶養控除等(異動)申請書”というものがあります。

この用紙の”控除対象配偶者”の欄に、対象となる1年間の所得の見積額を記入すればいいのです。

自分の側の書類に対しても、特に記述は必要ありません。

7月までは勤務し、8月から産休、9月に出産しそのまま育休に入った場合を例にしてみると、

  • 7月までの給与所得が103万円以下
  • 8月から12月まで無給状態(収入がない)

この2点を満たしていれば、配偶者控除の対象となるのです。

また翌年、子供が1歳になった9月から仕事に復帰した場合は、

  • 1月から8月までは無給状態
  • 9月から12月までの給与所得が103万円以下

と、この場合も上記2点を満たしていれば、控除の対象となれるのです。

但し、会社の規定により、産休・育休中も給与が支払われている場合は、その額によっては配偶者控除を受けられませんから、その点は注意しましょう。

少しでも支出を減らし、不安を解消してこれからに臨もう

出産や育児中に支給されるお金の中に、出産手当金、出産一時金があります。また育児休業基本給付金を支給されることもあります。

「給付金が支給されているから、控除の対象にならないんじゃないの?」という疑問もあるでしょうが、これらの給付金は”非課税”、つまり税金の対象にならないため問題ありません。

もし、過去に出産し、こうした手続をしていなかった場合も、5年以内、”控除を忘れた翌年1月1日から5年間”は、確定申告の還付申請を行うことができます。

税金を納めることは、労働者の義務ではありますが、払いすぎる必要はないものです。法律の定める規定の範囲に含まれているのであれば、是非その権利を使いましょう。

子供を産み、育てるということは、大きな喜びを与えてくれるのと同時に、同じだけ大きな不安を抱くものです。

その中の、ほんの一部の不安の解消にしかならないかもしれませんが、少しでも安らかな気持ちで出産・育児に挑めるよう、制度をうまく使いましょう!

関連記事はこちら

 - 育児・子育

ページ
上部へ