男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夢だった彼氏との同棲!でも不満が募って喧嘩になりそう!

      2016/03/18

夢だった彼氏との同棲!でも不満が募って喧嘩になりそう!

同棲を始める時、みんな誰しも”二人の甘い生活”が過ごせることを夢見ています。

が、実際に一緒に暮らし始めると、いつしか相手に対する苛立ちや不満を抱え出し、ある時一気に喧嘩に発展!ということも珍しくありません。

同棲している彼氏と喧嘩にならないためには、何が必要なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


彼氏と同棲! でも描いていた生活とは違う…

大好きな人とずっと一緒にいたい、と思うのは、とても自然な感情です。ただ結婚となると、そのための準備に多くの日とお金がかかるのが現実。それにいざ結婚してからお互いに一緒に暮らして、どうしても我慢できないようなことがあったら困るし――と、そんなカップルが選ぶのが同棲でしょう。

結婚前に男女が一つ屋根の下で暮らすことの是非は、昔から言われてきました。それでも最近は同棲することに対しての反対意見は少なくなり、どちらかと言うとお互いをもっとよく知るために同棲期間を設けることに賛成する意見が増えています。

ただ、いざ同棲を始めてみると、甘い生活は1ヶ月続けば良いほうでしょう。多くのカップルが、違う環境で育った二人が一つ所に住む難しさに直面することになります。

それというのも、今までデート中やお互いの一人暮らしの家に週末お泊まりしていた時の姿とは違い、”生活する”姿を目の当たりにすることになるからです。

でも、一度同棲を始めてしまうと、些細な事で解消するわけにもいきません。
同棲する上で彼氏と喧嘩になってしまったら、どうすればいいのでしょうか?

同棲カップルの喧嘩の原因、多いのはやはり○○

まず、同棲生活で喧嘩の原因になるものは何でしょうか?

一つ目は、何と言っても家事のこと。特に一人暮らしの経験のない男性は、家事の大変さを知りません。また家事=女性のすることという固定観念があることが原因でしょう。

二つ目に、生活態度。女性に比べて男性のほうが、日常の生活においてだらしがない部分がある場合が多く、それに腹を立てることも出てくるのです。

休日に溜まった家事を片付けたい彼女をよそに、彼氏のほうはずっとベッドから出てこない。出てきたと思ったら、自分の趣味を始めてしまって、結局家から一歩も出ないまま休日が終わってしまう…なんてことも珍しくありません。

他にも、彼女の家事や食事に文句を言ってきたり、愛情表現が同棲前より格段に減ってしまったり、「あの優しくて気の利く彼氏は嘘だったの!?」と、思ってしまうようなことが、喧嘩の主な原因でしょう。

勿論、彼氏側にも、喧嘩の発端となる彼女への文句や苛立ちもあるため、お互い様の部分はあるようです。
そして、むしろ同棲して喧嘩をしないカップルは存在しないと言っても過言ではないのです。

喧嘩を回避するために、同棲カップルは○○をしよう

どうして同棲すると、仲の良いカップルでも喧嘩になってしまうのでしょうか?
これはひとえに、生活リズムが変わってしまったことが原因です。

人は誰でも、心地良いと思う生活リズムを持っています。しかし同棲をすれば、必ずそのリズムは狂います。最初のうちこそ、彼氏・彼女に対する愛情でそのストレスを飲み込めても、次第に不満となって蓄積し、それが爆発して喧嘩になるのです。

喧嘩ばかりが増え、楽しいはずの同棲が全然つまらない。相手の顔を見るのも嫌になる。そうして同棲の解消と別れを決意するカップルは本当に多数存在します。

そうならないために、同棲するカップルがしなければならないのが”話し合い”です。
喧嘩になる前に、お互いの生活する姿を見て、お互い改善しあうべき部分を話しあわなければなりません。

特に女性は、不満を溜め込むだけ貯めこんで、最後の一滴で大爆発!という人が非常に多いです。こうした姿は、男性の最も苦手とする”感情的に怒り散らす女”として映ってしまいます。これではいけません。

お互いの不満を溜め込まないよう、時々は「何か直して欲しいと思う部分はある?」と水を向けてみましょう。

実際に同棲中の彼氏と喧嘩になってしまったら…?

でも、お互いの不満が喧嘩にまで発展してしまったら、その時はどうすればいいのでしょうか?
まずはお互いに頭を冷やさなければなりません。

しかしそれも、実家に帰る・友人の家に泊めてもらう等、姿を消すことはお勧めできません。もし暴力沙汰にまで及んでしまっているのであれば勿論逃げるべきですが、そうでないならば家から”逃げて”しまうと、仲直りのタイミングがお互いに掴めないまま、溝だけが広がります。

まだ明るいうちならば、一人で出掛けて気分転換をはかりましょう。夜中であるなら、一晩離れて眠るなどして”同じ家にはいるけれど離れて冷静になる”ことをお勧めします。

そうして、気分が落ち着いたら、言い過ぎたことや悪かったことを素直に謝りましょう。謝ったほうが負けなんて考え方は、正直に言って損以外の何者でもありません。
そうして落ち着き、冷静になったところで、改めて話し合いをするようにしましょう。

それでも彼氏側の怒りや逆ギレが収まらないのであれば、それこそ彼側の性格の問題です。
絶対的に彼氏側に非があるのに、それを彼女のせいにするような場合も同じく、彼との将来について考えなおすサインかもしれませんから、見極めは必要です。

同棲中の彼氏との将来を考えるなら、二人で解決策を見つけよう

よく男性の恋愛観は”狩人タイプ”だと言われています。手に入るまでは情熱的に追いかけるけれど、一度手に入ったらもう自分のもの。気遣いなどが減ってしまう――「それが男性のサガだからしょうがない」なんて言い切るような男性もいるほどです。

しかし、これは男性だけの話でしょうか?女性側にも少なからず同じような感覚は存在しますよね?
一緒に暮らすことによって、別々に暮らしていた時よりもお互いに対する気遣いは、いつしかどうしても少なくなってしまうものです。

ですが、これからも一緒に暮らしていきたいならば、こうした気遣いや礼儀、愛情表現、そして感謝の気持ちを大切にしなければなりません。

どんなに愛し合っていても、彼氏と彼女は結局は他人であり、お互いに対する言動でしかコミュニケーションは取れません。一緒に暮らしているから言葉に出さなくても気持ちは通じる、なんてことは絶対にありません。

何か不満があるならば、それを口に出して”二人で”解決策を探る。この基本を、是非忘れずに、二人の生活を築いていきましょう。

関連記事はこちら

 - 同棲

ページ
上部へ