男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

大卒でも就職しない、できない子供たちへの考察

      2016/03/18

大卒でも就職しない、できない子供たちへの考察

大卒まですれば、親としての義務を果たしたと考える親御さんは多いと思います。

しかし、大卒でも就職しない、できない子供が増えています。

いつまでも、扶養でいつづけようとする子供に対して親はどう対処すればいいのか考えます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

告白の手紙に返事なし・・相手の心理とは?またその後の打開策

告白の手段に手紙を用いる事は、昨今では珍しいかもし...

バイトのシフトが違って好きな人に会えない!恋のきっかけ作り

バイトがきっかけで付き合い始めた人って結構いますよね。 <...

既婚者なのに好きな人ができてしまった時に忘れるための方法

既婚者なのにパートナー以外に好きな人ができてしまっ...

気になる女性への声のかけ方!職場恋愛の成功法教えます

職場に気になる女性がいるがどのようにアプローチをし...

スナックのママが誕生日!喜ばれるプレゼントを選ぶコツ

スナックはクラブよりも立ち寄りやすくて庶民的であり、男性が一...

スーパーの社員は結婚しにくい理由とその対策方法

スーパーの社員として働いていると、周りの社員も未婚の人が多い...

スポンサーリンク


大卒でも就職できないのは?

大卒でも就職出来ないと言われているこのご時世。

一体何か起こっているのでしょうか?

原因は大学生の増加と言われています。

少子化により子供は以前より進学しやすいのですね。

ここ20年で大学生の求職者はおよそ1.5倍になっています。

それに対して、企業の採用数は減っているのですから、狭き門になる訳です。

また学生の中に大手企業を希望する人が増えています。

今の大学生は日本にも景気が良かった時代があったなんて知らないでしょう。

そのため、自分のやりたい事よりも、生活の安定を望む傾向があります。

いわゆる安定志向というやつです。

そうすると大手の企業に希望が殺到して、逆に中小企業は希望者が少なくなってしまうという不均衡が発生します。

そして企業への応募方法の簡易化、つまりインターネットでの応募可能となったため、一人の学生が多くの企業に対して応募できるようになりました。

一人当たりの応募社数が多ければ、採用人数は決まっているので、競争は激化します。

大卒でも企業に就職できない子供たち

学歴社会と言われて久しいですが、今の企業はもっとシビアです。

学歴も参考にしますが、それ以上に「積極性のある」「コミュニケーション能力のある」「柔軟性のある」ような人間像を求めています。

一流大学ならば、書類選考では通るかもしれませんが、最近は著しくコミュニケーション能力を欠いたり、一般的なマナーすら守らない学生が増えており、面接で落とされてしまうという事があります。

また、コミュニケーション能力が無いわけではないし、マナーを理解していてもどうしても、内定が取れない学生というのがいます。

何故だか判らないのに内定がもらえない学生の傾向として、真面目なため、「こうすると採用される」というノウハウを嫌ったりします。

それも間違ってはいないのですが、試験も同様に傾向と対策があります。

それを利用するのもひとつの知恵なのです。

また、性格的なものかガツガツすることが出来ず、皆が自己アピールをする中で一人引いてしまうのです。

いわゆるいい子ちゃんタイプに多いようです。

学歴社会の行きつく先は?

高学歴だから、一流の企業に入って、安定した人生を送れるというのは、もう在りし日の思い出のようなものです。

もっと問題になっているのは、大学院生の就職難です。

大学院生というのは、いわゆる研究職につくための専門教育を受けている人ですが、本人が望む就職口が極端に少ないのです。

専門の違う分野で就職しようにも、企業にとっても過剰で役に立たない専門知識のある大学院生はオーバースペック状態なのです。

つまり、大学生も大学院生も、絶対数が少ないうちは、その肩書に意味がありましたが、今は高校生の8割が進学を望みます。

今の社会には大学生も大学院生も、それだけではアピールポイントにならないのです。

その上大学生でも大学院生でも、なんとか企業に就職できたとします。

しかし、その3割は3年以内に会社を退職するのです。

理由は色々ありますが、給与に対する不満が多いようです。

金額が少ないというよりも、働きに見合ったお金をもらっていないと感じる人が多いとか。

また仕事上のストレスに耐えられない、会社の将来に不安があるといった理由も挙げられています。

大卒でも就職できない子供は何している?

親元で親の扶養で暮らしている人がほとんどです。

さて親世代がまだ仕事をしていれば、ともかく年金となるとさすがに親も不安に思うようです。

就職戦線からの離脱組もいれば、何とか頑張って就職したけれど、仕事や会社に耐えられずに退職してしまった人も。

中にはそのまま引きこもってしまうケースもあるそうです。

さて親はどうすればいいのでしょうか?

「出ていけ」と追い出すというのも一つの考え方ですが、しかし仕事もなくホームレスになって道端で亡くなるなんてニュースを聞くとやはりそこまで出来ない人もいるでしょう。

そもそもなぜ子供たちはこんなになってしまったのでしょうか?

その一人には親の過剰な干渉があると思われます。

今は親向けの就職説明会があり、せっかく内定ももらっても親が「聞いたこともない会社で大丈夫?」と反対するので入社を断わるなんて話もあるくらいです。

子供たちは、本来するべき判断や決断も、親が代わっておこない、いざ就職すると「親の役目は終わった」とばかりに手を引くので、いきなり子供は社会に直面させられます。

そして対応できない人が、会社を辞めるのです。

就職できない子供に親ができること

親のパワハラは企業のパワハラの比ではないという意見があります。

親だからこその無神経な言葉が何よりも子供を傷つけるのです。

仮に親は子供のためをと思って言った言葉も、行った事も子供にとってはハラスメント以外の何物でもないという事はあります。

例えば就職に失敗したり、仕事で失敗して引きこもってしまった子供たちに親が何を出来るかと言うと、まずはコミュニケーションの復活です。

同じ家にいて、最後にしゃべった日が思い出せないなんて事ありませんか?コミュニケーションは一方的に話すことではありません。

双方向の会話で成立して始めてコミュニケーションと言えます。

親はついつい子供に「あれしなさい。これしなさい。」と命令しがちです。

ではなく、子供の言葉に耳を傾ける事をしましょう。

具体的な方法として子供へ他人行儀で話しかけると有効だと言われています。

親と子供の間に区別が出来て、子供が感じるハラスメント感を緩和できるそうです。

関連記事はこちら

 - 育児・子育

ページ
上部へ