男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

大卒女子と高卒男子の結婚は上手く行くのかという疑問

      2016/03/18

大卒女子と高卒男子の結婚は上手く行くのかという疑問

「愛は学歴に勝るのか?」

大卒女子と高卒男子が結婚する場合、今や最終学歴の相違は男女をロミジュリ状態にするのです。

本家本元のロミオとジュリエットはお互いの愛は問題なかったのですが、大卒女子は違うようです。

愛は学歴に勝るのか?について解説します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

スポンサーリンク


大卒女子と高卒男子の間にある結婚の問題

親が反対というのは時々聞く話です。

つまり「高卒」=一流企業に就職できない=生活が不安定という図式です。

この価値観はバブル時代から根強いのですが、この神話は大分崩れているのが現状です。

高学歴の有名大学出身者でも就職に苦労する日々です。

とはいえ、高卒と大卒は企業でも平等に扱われないのは事実です。

初任給にも、昇進にも給料にも差がでます。

まあ、この理由の一環は大卒のほうが付加価値があるからです。

4年間勉強していた方が、その分自分に対して時間的にも金額的にも(多くの場合は親ですが)投資もしているわけですから、その分高卒よりも価値があるという考え方のなのでしょう。

実際、仕事が出来るか否かは、学歴とは関係のない部分ではあるのですが、今でも人を図る基準の一つとなっているのは事実です。

かといって「高卒」だから収入が低かったり、生活が不安定かというと、必ずしもそうではありません。

高収入の人もいれば、社長になった人もいるくらいです。

ただ全体的な比率としては大卒の方が、高卒よりも安定した収入を得られる可能性が高いようです。

大卒女子が高卒男子と結婚するかという問題

世の中には学歴を気にしないカップルも大勢います。

しかし、気にする人も、もちろんいるのです。

あるアンケート調査によると、学歴を気にしない女子は5割、男性は7割を超えています。

残りの半数の女子は、男子が自分より高学歴もしくは同じ学歴を望んでいます。

さて、面白いのはここからです。

何があれば、低学歴の人と結婚できるかという問いに関して、1位は性格、2位は教養、3位は高収入です。

愛と答えたのは5位です。

愛では学歴の差は埋まらないのですね。

学歴をカバーするほどのスペックを相手に求めるのです。

このある種残酷なアンケートには続きがあります。

「学歴の組み合わせが夫婦仲に影響する」という問いに未婚、既婚女性合わせて6割が影響すると考えています。

そして、既婚と未婚女性ではどっちが「影響する」とかんがえているかというと、既婚女性の方が多いようです。

ちなみにこの問いに関して、男性は未婚、既婚合わせて4割ぐらいが「影響ある」と答えており、やはりこちらも既婚男性の方が多いようです。

大卒女子が高卒男子を好まない理由

さてなぜ大卒女子が高卒男子、もしくは自分よりも学歴が低い男子を好まないか?その理由は、親世代のいう「生活の安定」とはちょっと違うのです。

彼女たちは「釣り合い」の問題という。

つまり学歴が違うと価値観が相違して、お互い釣り合わなくなるというのです。

確かに女子が求める結婚相手の条件に「同じ価値観を持つ者」というのを上げる人は少なくありません。

一緒に暮らしていくには、同じ価値観を共有したほうが、意見の衝突が少ないのは事実です。

特に子供の教育問題など、それなりの教育をさせたいと考える女子が多く、その場合夫に学歴があった方が、教育問題も理解が得やすいと考えているのです。

さて彼女たちのいう価値観というものが何を指すかをもっと具体的に考えたいと思います。

価値観というのは、もちろん学歴が関わっている面もありますが、大きく影響しているのは家庭です。

家庭でどのような暮らしをしているかというのが、何よりも人の価値観に影響を与えています。

収入と教育の問題

文部科学省が発表した資料に「家計負担の現状と教育投資の水準」というのがあります。

この資料によると、大学卒業までの教育費は子供一人につき1000万円、私学を選択した場合は2300万円かかります。

かなりの経済的負担です。

そこから「両親の収入が高いほど4年制大学への進学率が高くなる。」という傾向があるそうです。

両親の収入が低い場合どうなるかというと、この資料によると何らかの援助を受けている子供がいる学校は問題に対して間違う事が多い、もっと端的に言えば、収入が低い家庭の子供は、学歴が低くなるという事です。

つまり収入の格差がそのまま学歴の格差につながっていると言うのです。

また両親が教育に意識が高い家庭では、子供の学力も高くなる傾向があるそうです。

おそらく「自分より学歴の低い男子とは結婚出来ない」と考える女子の言う「同じ価値観」というのは、自分の家庭と同クラスかそれ以上の収入のある家庭で暮らしている人を指すと言いかえることが出来ます。

大卒女子と高卒男子は結婚出来るのか?

いくら同じ価値観があっても「愛」が無ければ結婚する意味はないでしょう。

しかし、愛だけあっても価値観の違う人とは、結婚出来ないと考える人は一定数いるのは事実のようです。

しかし、そういった学歴や価値観が違うから結婚出来ないわけではありません。

もし誰もが同じ価値観の人としか結婚しないようなら、それは狭いコミュニティになってしまいます。

生まれも育ちも違う人と結婚して、多様な価値観を受け入れるからこそ、人は多様化するのです。

同じ価値観の人間ばかり寄せ集まっても、それは進化の袋小路です。

何かあった時に多様性のないコミュニティは崩壊も早いのです。

確かに同じ価値観の人とは話も合いますし、お互いの意見の衝突も少ないのは事実です。

しかし、そうでなければいけないという理由がどこにもないのです。

もし相手を本気で愛しているのであれば、違う価値観と向き合ってもいいと思います。

違う価値観だからこそ見つかる真実というのもあります。

だから学歴に振り回されるのは止めましょう。

関連記事はこちら

 - 婚活

ページ
上部へ