男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夫婦が別居すると、奥さんも仕事しないといけない?

      2016/03/18

夫婦が別居すると、奥さんも仕事しないといけない?

夫婦が一緒に暮らしていれば当然夫の稼ぎで暮らせると思われますが、近年の不景気で夫婦共働きという形も当たり前になってきています。

それなら別居しても同じじゃない?そう考える人も多いんじゃないでしょうか?

実際に別居を始めた夫婦の仕事の在り方を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


夫婦が別居する時、仕事をしなくても夫から生活費を請求できるって本当?

離婚せず別居するなら生活費(婚姻費用)を請求できる!

離婚までは行かずともとにかくこの人と離れたい、別居したい……そんな想いを抱いているのにお金がなくて頓挫しているという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、実は別居を選択した場合は相手から『婚姻費用』を請求することが出来ます。最近ではよく『婚費』と略されて呼ばれていることもありますよね。

婚姻費用というのは何かというと、とっても簡単に言うなら『生活費』のことです。結婚して日常を暮らしていくときにかかる費用と考えてもらえればわかりやすいかと思います。どんなものが含まれるのかというと、人間の最低限な生活を保障する衣食住に関する費用はもちろん含まれています。マンション代や食費、洋服や靴などが含まれるでしょう。

もちろんこれだけでなく、医療費や子供の教育費など、あとは意外なことに交際費も計算に含めることが出来るんです。多くのケースは収入が多い夫から妻へお金を渡すというのが一般的です。

婚姻費用は絶対に払わなければならないものだとされていますから、夫が支払わない場合は妻側から請求することができます。夫婦の話し合いで決められるのが一番良いですが、夫側が話し合いから逃げて払おうとしないときは家庭裁判所に申し立ててしまいましょう。

裁判所の結論が出るまでにせっぱつまっている時は夫から緊急的に生活費を受け取ることができるシステムも用意されています。

引用元-−-LOVE戦場

別居によって起こる仕事や経済状態などのデメリットを知っておこう!

デメリット1:別居で仕事に支障

「別居なら離婚と違って仕事に支障は出ない」と考えてはいないでしょうか?
夫婦は二人で生活することに慣れてしまっているため、一人になったら自分の生活がどう変わるかに関しては予想できない人が大半です。
実際に別居してから、夫側は「生活のリズムが崩れて仕事に集中できない」、「家事がこんなに大変だと思わなかった」、「食事が不規則で残業が続くと体力的にツラい」などの感想が出ています。
一方、妻側からも「パートを始めようとしても仕事が見つからない」、「今まで無意識に夫に頼っていたことが分かった」、「一人暮しで何となく不安感がある」という感想が出ているのです。

デメリット2:経済的な問題が発生

昔から「一人口は食えぬが二人口は食える」というコトワザがあるように、夫婦なら何とか食べていけても一人暮しになると経済的に苦しくなるというケースが多くなります。
たとえば、同じ部屋に二人でいても一人でいても、必要となる光熱費はほとんど変わりません。
食材なども一人分なら少なくていいかと思えば、実際には買った物を余らせて結果的に損をするというケースもあるようです。
特に男性の場合は料理の経験がなかったり、作るのが面倒だからといってコンビニ弁当や外食ばかりになると食費がかさんで不経済になります。
お金の問題が人生のすべてではありませんが、別居は経済面でも大きなデメリットを生むといっても過言ではないのです。

デメリット3:子供の親権でトラブル

子供のいる夫婦が別居する場合、「親権をどちらが得るか」でトラブルとなるケースが増えています。
親権は離婚協議のときに考えればいいというのは昔の話で、現在では別居時に子供を引き取った側が離婚時も親権を取りやすいという傾向があるのです。
そのため、別居となった際に子供の親権をどちらが取るかでトラブルになり、双方の両親や親戚まで巻き込んで大事に至ってしまうという例も見られます。
夫婦が別居しようとすると、さまざまな問題が起こるのは当然のことかもしれません。
しかし、お互いに思ってもみなかったようなトラブルが発生してから後悔しても手遅れということも多いのです。
別居を話し合う際にはそのデメリットについても充分に考慮し、短絡的な別居は回避すべきといえるでしょう。

引用元-−-離婚回避の方法〜思考法〜

仕事や経済に影響する別居を回避する新しい別居の形「別居婚」とは?

a0001_014300

別居婚とは住居を別にしたまま結婚するスタイルのことである。働く女性が増え、互いのライフスタイルを崩さないために別居婚を選択するという理由が多く、他には再婚で子供がいる場合、とりあえず籍を入れ、子供が慣れさせるためにとりあえず別居婚から始めるという場合もある。仕事の都合などから単身赴任になるなど、結婚当初は同居し、途中から別居になる場合は別居婚と呼ばない。また、別々に暮らし、一緒に過ごすのが週末だけの場合、特に週末婚という。

引用元-−-日本語俗語辞書

別居婚のメリット

別居婚のメリットとしては、何と言っても自分の生活環境を維持できることでしょう。かつての結婚生活というと、お互いの習慣をすり合わせていったり、亭主関白の家庭なら妻が夫に合わせたりしていたものの、そのような考え方はすたれつつあります。また、晩婚化が進んだことで、一人暮らしの期間が長くなり、自分なりのスタイルを確立してしまうと、どうしても他者との共存が難しくなる一面もあるでしょう。

引用元-−-夫婦の別居マニュアル

別居婚のデメリット

デメリットとして子育てを行いづらかったり、相手が浮気をしていても気付くのが難しい、実質的に助け合うのが難しい、2箇所に別れて暮らすために生活費が余分にかかるといった要素が挙げられます。

引用元-−-夫婦の別居マニュアル

子供がいる夫婦の別居にはそれぞれ、仕事や時間に問題が起こりやすい?

シングルマザーの悩みは収入の低さ、ファーザーの悩みは時間のなさ

―― 本には、シングルマザーとシングルファーザーそれぞれの課題と共通点も書かれています。これも、共働き家庭にとって本当に他人ごとでないと感じました。
赤石 まず、私がこれまで相談を受けたりお会いしたりしてきた、シングルマザーやシングルファザーの典型例をお話しします。

大多数のシングルマザーの置かれた状況は、こんな感じです。子育てのために家庭に入って主婦になった人が、配偶者との離婚や死別などで再び働きに出ます。再就職の女性にはなかなか条件のいい仕事がなく、パート就労しかできないか、良くて派遣か契約社員です。

働いても収入が低いので、児童扶養手当を合わせて何とか暮らしていくことになります。児童扶養手当は年収130万円までは満額支給され、第1子で月額4万2370円ですが、第2子で5000円、第3子で3000円しか加算されないため、子どもが多いシングルマザーが貧困に陥りやすくなります。

シングルファーザーの置かれた状況は、少し異なります。夫がサラリーマンで、妻もパートとして就労し、その収入を当てにして住宅ローンを組んでいた場合には、離婚によってローン負担が重くなるなど、「隠れ貧困」になる可能性が出てきます。
シングルファーザーにとって一番大きいのは、やはり「時間」の壁。親族の支援があれば何とか仕事を続けられますが、大抵は「子どもか仕事か」の板挟みになります。シングルファーザーになった父親の4分の1が転職する背景にはそういった事情があります。シングルマザーと比べるとシングルファーザーの収入は多いのですが、それでも、転職によって正規雇用から非正規雇用に変わり、年収が平均で10%程度下がってしまうのが実態です。

引用元-−-日経デュアル

簡単に別居や離婚を選択すると、女性は仕事上、厳しい状態になってしまう?

シングルマザーと仕事 現実はかなり厳しい

シングルマザーが安定した職を得ることの難しさは、経験した者でないとなかなか理解し難いものです。

職を得ることの難しさに加え、今度は職場での人間関係に悩まされる場合もあります。

最近では、結婚後も働くことができる職場や産休が取れる職場が増えてきています。

しかしまだまだ子育て中の女性には厳しい現実だらけです。

引用元-−-準備万端でいこう!シングルマザーになるための準備術

別居や離婚を選択した夫婦の経済事情を真剣に考えよう!

別居vs 離婚 経済事情

別居の場合は婚姻関係が継続しているわけなので、「配偶者を扶養する」という義務が夫にある。(夫が無職の場合妻にある)もしも、専業主婦かパートほどの収入で別れたいなら、別居に利がある。

別居して、義務とはいえ、月に10万円でもいただけるなら、少しは夫を見直すかもしれない。こうして静かに夫が自分に有利な条件で離婚を切り出してくれるのを待つのも賢い一手だ。そして。その間に妻側は、就職活動をして自立に備えよう。

一方、離婚の場合。離婚でからむお金は「慰謝料」「財産分与」「養育費」。養育費は子どもがいない場合は考えなくてもいい。慰謝料は相手に非があった場合のみ請求できる。

財産分与は固定資産や貯蓄その他があった場合に平等に財産を分割されるというもの。しかし、この場合は負債も平等に分割される。もとより、資産がない場合は分割してもたかが知れている。

以上からも、大金持ちとの結婚生活でない限り、離婚は決して経済的に妻側に有利ではない。

引用元-−-女性の美学

関連記事はこちら

 - 別居・離婚

ページ
上部へ