男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夫婦が別居や離婚回避の為に関係を修復するには?

      2016/03/18

夫婦が別居や離婚回避の為に関係を修復するには?

夫婦が別居したり離婚したりするのは子供の為にも良くないと気付いたあなた!

壊れた(壊れかけた)夫婦関係を修復しませんか?

その為に採るべき方法を調べてみました!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


夫婦の別居と離婚のデメリットを考えよう!

離婚理由が何かわからないのですが、別居期間が長引けば、それだけ離婚が認められやすくなります。
現在、婚姻費用を支払わなくていいと相手方が言っていて、実際支払っていないのであれば、離婚してもいいのであれば現状維持でもよいかもしれません。
離婚する場合は、親権者を決めなければなりません。お子様の年齢からみて、子の意思も考慮されると思います。仮に、一人あるいは二人とも相手方に親権がいった場合は、養育費を支払わなければならず、新たに負担が増えることになります。

引用元-−-弁護士ドットコム

別居や離婚を回避する為にはどうすればいい?

離婚話は双方に言い分があり離婚回避は折れることも必要

夫婦どちらかに不貞や暴力などの不法行為がない限り、離婚の危機に直面した原因は夫婦双方に問題があることが多く、自分に言い分があるように相手にも言い分があることが多いようです。

自分が離婚を望まないのであれば、まず相手の話をよく聞いてください。

相手の言い分に対し自分に反省すべき点があれば素直に謝ることが重要です。

その上で自分が相手に対し感じていた点を伝えてください。

その際、離婚を望んでいないことも必ず伝えてください。

そうすることで、相手の気持ちも落ち着き、離婚回避に向け冷静な話し合いができるというものです。

このよう自分から折れると何だか相手に対し負けたように感じるかも知れませんが、離婚の話は勝負事ではありません。

離婚回避をするには感情に流されることなく、冷静且つ素直な気持ちで相手に接することが必要です。

その際、反省すべき点があればどんな小さなことでも反省し実践することです。

恋愛にしろ見合いにしろ縁あって結ばれた二人ですから、そうすることで離婚回避の道が開けるはずです。

離婚回避の方法

離婚原因は夫婦により様々であり、また、その離婚原因を作った理由も様々です。

浮気を例にすれば、浮気癖という本人の性格が問題な場合もあるし、相手配偶者がセックスに応じてくれないので浮気してしまった場合も考えられるし、この場合は本人は勿論ですが、配偶者にも問題があるといえます。

離婚回避の方法は、その離婚原因により様々ですが、基本は一つです。

それは、普段からの相手に対する思いやりと会話です。

一般的に、夫は仕事で他人と接する為、話をする機会が多く、その結果家庭では無口になりがちです。

対して妻(特に若い専業主婦)は家で過ごし、話相手が少ないため、夫が帰宅すると会話を望む傾向があります。

夫は、仕事で疲れているのに妻がつまらない話をするから余計疲れると感じ、妻は夫に、今日の出来事や愚痴や不満を聞いてもらいたいのに、夫は何一つ聞いてくれない、と感じてしまいがちです。

このようなことが続くと、夫婦仲が冷えてきて、何かきっかけがあれば離婚に発展してしまうし、また、会話がないこと自体が原因で離婚話が持ち上がることもあります。

確かに、夫は仕事で疲れている事もあるでしょうし、妻の話もとるに足りない話が多いことも事実かも知れません。

しかし、お互いに心に余裕を持って、相手への許容範囲を大きく持ち、且つ、相手を思いやりながら接することが必要です。

この事を実践することで離婚回避につながるのです。

引用元-−-離婚回避の方法の小部屋

夫婦関係を修復するにはどんな方法がある?

a0002_007009

努力その1・あなたはどんな人?自分を見つめなおそう

性格を変えるというのは、当然ですが、1日2日でできるものではありません。
もしかすると、この先ずっと変えることができないのかもしれません。
ただ、努力は必要です。
例えば、あなたはどんな人ですか?という質問にあなた自身はどのように答えますか?
そしてあなたと長年夫婦として生活してきたパートナーはあなたのことをどんな人だと回答すると思いますか?
自分の考えている自分と、パートナーが回答した自分と相違はありませんか?
自分を見つめなおすということは、相手にどんな風に思われているのかを知ることからはじめなければなりません。
一番身近にある「自分」なのに、意外と分かっていないのも「自分」なのです。
出会った当初は優しく、紳士で、いつも笑顔のあなたが、いつの間にか怖い、怒りっぽい、険しい、笑わないという人間になっているかもしれませんよね。
周囲の人間、特に一番長くそばにいた人間がどんな風に感じていたのかを知るようにしてください。

努力その2・見た目の変化

「自分」という人間を見つけることができたら、反省すべき点はすぐに反省し、改善できる点は努力して改善するようにしましょう。
それからやっぱり大事なのは、見た目です。
離婚を考えるきっかけになるのが、見た目ということも実は意外と多いのです。
だって夫婦とはいえ、男と女なのです。
見た目の印象に惹かれあって、当然なのです。
逆に結婚後、次第に怠惰になり、だらしない風貌、身なりをされてしまっては、相手に対し異性を感じることができなくなり、すべてのことにイライラするといったきっかけを作ってしまうのです。
つまり離婚回避を実現するためには、内面の変化だけでなく、見た目の変化は必要不可欠ということです。
もう一度、妻に、夫に見た目で愛されるような人間になれるよう努力しましょう。

努力その3・相手の意見に共感できる自分にする

感性を共有する。
これは夫婦、いや男女の関係を持続させるためには、絶対になくてはならない条件です。
夫婦で同じ時間を楽しむためには、共通の趣味や話題は必要です。
スポーツや読書、食べ歩きに、旅行、テレビや映画鑑賞などさまざま時間を共有できるように努力しましょう。

引用元-−-離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦関係改善にもコツがある!?

夫婦関係改善のコツとは。。
多くの夫婦が、関係が冷めていき、それをなんとかしようとするのに
ますます関係が悪化していくのは、重大な勘違いをしているからです。

この勘違いに気付かないと、良かれと思ってしていることが裏目に出て、
ますます悪い方向に行ってしまうのです。

その勘違いとは・・・「相手を変えようとしている」ことです。

相手をなんとか変えよう、なんとか相手にわかってもらおうと必死なのです。
相手を変えたいと思う前に「まず自分を変えること」です。

引用元-−-夫婦関係改善・修復の秘訣

夫婦関係を改善したり修復したい時に抑えるべきポイント3つ!

特別なことをではなく「普通」に接する

夫婦関係でも同じです。
夫婦にとっての自然解凍とはなんでしょうか。
「普通に接すること」です。
◦朝、顔を合わせれば、挨拶をする
◦家を出ていくときには「いってらっしゃい」と言う
◦家に帰ってきたときには「おかえりなさい」と言う
◦話をするとき、相手の顔を見ながら話をする
◦一緒にお風呂に入る
どれも人間関係での基本的なことですね。
当たり前のことを当たり前にして、ごく普通に接しましょう。
夫婦という関係はまずひとまず置いて、人として当たり前に接する。
まずそこから始めましょう。

出典 夫婦関係の自然解凍とは「普通に接すること」。

感謝の言葉を述べるようにする

夫婦仲を改善するためには、相手に対して感謝をする気持ちを持つことが大切です。
結婚したての頃は、いつもお互いがお互いのことを大好きで、何かしてもらったらとても嬉しかったり喜んだりしたのではないでしょうか。
しかし、毎日一緒に過ごすにつれて、だんだんとお互いの存在に慣れていき、相手がしてくれることに対してなにも感じなくなったりするのです。
しかし、自分は相手に対して感謝をするのを忘れていても、相手が感謝しないと面白くなかったりして、だんだんと仲が悪くなってしまいます。
そうやっていつの間にか不満が溜まっていき、いつか修復がきかないような関係になるのです。
そんな夫婦の仲を改善させるためには、相手に対してきちんと感謝の言葉を述べるという事が大切です。
本当は心の中で感謝している・・・という人もいるでしょう。
しかし、その心にある感謝の気持ちは、態度や言葉にしないと相手に分からなかったりするのです。
いくら心の中でありがとうと伝えても、全く伝わっていなかったら、相手にとって感謝していないのと同じとなります。
そのため、相手にはっきりと感謝の気持ちが伝わるように、言葉に出して感謝するということが大切なのです。
例えば相手がついでにお茶を入れてくれた時、当たり前のように受け取ってただ飲んでいませんでしたか?
それでは相手の気持ちも離れていくでしょう。
そんな時、きちんと相手の顔を見て「ありがとう」と伝えれば、相手もきっと嬉しくなるはずです。
「何で急に改まっているの?」なんて、ちょっと照れてそのように言ってくるかもしれません。
けれど、心の中にはその嬉しい気持ちは残るのです。
感謝し合うということは、誰にとっても人間関係を改善するのに良い方法です。
そして、それをするのが夫婦仲を改善するために効果的な方法なのです。

相手を褒める

日本人は相手に慣れてくると、つい褒めるということを忘れがちです。
いつも一緒にいる夫婦は、ことさらダメ出しをしたり、人前でわざと悪いところを言ってみたりするのです。
謙遜の精神がそうさせるのですが、そのようにいつもだッたらいわれる相手もうんざりしてしまうでしょう。
そして、相手も同じようにあなたのことを褒めないのではありませんか?
そういう二人だったら、ちょっとした会話や言葉のアヤから関係はどんどん悪くなってしまうでしょう。
相手が何か言ったら言い返して、喧嘩になることも多いでしょう。
しかし、相手を意識して褒めるようになると、お互いがお互いに対して優しくなれるでしょう。
最初は照れるかもしれませんが、だんだんとそれこそ慣れてくるのです。
褒められるという事は、思った以上に良い気分にさせてくれます。
自分を肯定されているわけですから、褒められて嬉しくない人はいないのです。
大したことでなくてもいいのです。
例えば「今日の服、いいね」というようなことでも、一言伝える様にすれば、だんだんと相手もあなたのことを褒めてくれたり、良い点を指摘してくれるようになるでしょう。
そんな二人は、いつの間にか仲の良い二人になっていて、夫婦関係を改善することができるでしょう。

引用元-−-こいぴた

夫であるあなたが意識を変えるべき会話のポイント!

会話に結論はいらない。「聞いてくれる」という安心感

会話は、夫婦関係の基礎を築きます。
基本的に夫(男性)は「理論的に」会話を進めていくものです。
一方、妻(女性)は、「感情で」話をします。
だからスレ違いも起きやすく、その反面、気付きもあります。
夫婦関係が冷え切っているときは、
「露骨にイヤな態度」
「嫌味にしか聞こえない」
などの会話になりがちです。
ここで大切なのは、妻に
「話を聞いてくれている」
「気持ちをわかってくれた」
と、思ってもらうことです。
具体的には、会話の中に
「わかるよ」「大変だよね」と、相槌を打って下さい。
「理解、共感」してあげるのです。
すると女性は安心して会話を続けられます。
「聞いてくれている^ ^」と感じるからです。
そこで「妻の本心」が見えてくる事も多いものです。
しかし、時には心ない言葉を浴びることがあるかもしれません。
あなたに対する不満やグチです。
ここで男性は「じゃあ、こうしよう」と、”解決方法”を提示してしまうことが多いのです。
「解決方法」はいりません。
ただ、理解し、聞いてあげることです。
それでいいのです。
それが無いまま、不満がつのっていくと、最悪、「離婚」ということになってしまいます。

引用元-−-カラダの悩みとおさらばしたいあなたへ

夫婦関係が悪化した時、お互いに意識すべきこと!

お互いの性格を知ること

まず、一番しなければならないことはお互いの性格をしっかりと把握することです。
特に、知らないといけないのは「生まれつき一生変わらない性格」です。

•倹約家
•浪費家
•寂しがり屋
•孤独が好き
•頑張り屋で負けず嫌い
•あまり自己主張しない
•マイペース
•ルールがないと不安
•楽しみを追及する
•余り感動しない

実はこれらは、生まれ付き決まっている性格です。そして一生変わりません。
相手がどんな性格を知ること、そして「この人はこういう性格なんだ」と、まずは受け入れることが夫婦関係を良くするための第一歩です。

相手の性格を無理に変えようとしないこと

ここからが大切ですが、倹約家の性格の人は浪費家の気持ちが分かりません。
そのため「何でそんなに考えもなく使うの?」と批判しようとします。
しかし、浪費家の人は倹約家の性格が分からないので「なんでそんなにうるさく言うのか」と嫌な気持ちを味わいます。
その言い合いから、やがて夫婦喧嘩に発展してしまいます。
これは相手の性格を受け入れられないで、変えようとしてしまった結果です。
相手の変わらない性格を受け入れること、それだけでも夫婦関係はかなり改善します。

お互いが無理なく過ごせるやり方を考えること

さて、お互いの性格が分かったのであれば、どうすればお互いがより良く過ごせるかを話すことでさらに夫婦関係は良くなります。
この時、注意しないといけないのは「あなたのその性格はおかしい」と非難しないことです。
それよりも「性格の違いを受け入れた上で、どうすればもっと良い夫婦生活を送ることが出来るか」を二人で考えるようにすることが大切です。
例えば、先ほどの倹約家と浪費家の組み合わせの夫婦の場合、倹約家の方がお財布を握るようにすれば良いのです。
ただ、それだと浪費家の方はストレスが溜まりますので、お金の使い方についてしっかりと話し合えると良いでしょう。

引用元-−-Latte

関連記事はこちら

 - 別居・離婚

ページ
上部へ