男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夫婦の貯金口座を分けることでお金が貯まる!

      2016/03/18

夫婦の貯金口座を分けることでお金が貯まる!

夫婦のお金は2人のお金だと考えて、ひとつの貯金口座でお金を管理しようと考える人も多いでしょう。

しかし、そうすると意外にお金が貯まらなかったりします。

今回は、お金が貯まる口座の管理方法を紹介しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

スポンサーリンク


夫婦が結婚する前の貯金口座について

夫婦として結婚する前、旦那と妻はそれぞれに貯金口座を持っており、いくらか貯金してているでしょう。そして、結婚を期にそれらを一緒にして一つの口座で管理しようとする夫婦もいるでしょう。それは、一般的にいわれるように、夫婦のお金は旦那と妻のお金だから、という考えからきているのでしょう。しかし、ちょっと待ってください。それには問題があります。

それは離婚する際に問題になってきます。離婚する際には財産分与といって、夫婦共有の財産を2人で分けなくてはいけません。その財産分与の対象となるのは、結婚してから夫婦が稼いだお金です。そのため、結婚する前にお互いが溜めてきたお金は対象になりません。しかし、一つの口座でお金を管理してしまうと、どこまでが夫婦共有の財産か分からなくなってしまいます。

上手くいっている夫婦であっても、この先なにが起こるか分かりません。後でトラブルにならないよう、夫婦が結婚する前の貯金口座は結婚後も別に管理しましょう。

夫婦共稼ぎの場合は意外に貯金が貯まらない

夫婦共稼ぎなのに意外とお金が貯まらないと嘆く夫婦は多いでしょう。共稼ぎをすれば子供と接する時間は少なくなるけれど、その分経済的に少しは楽になる。そう考えて共稼ぎを選択した夫婦にとって、これは大きな誤算でしょう。ではなぜ共稼ぎになれば入ってくるお金も増えるはずなのに、お金が貯まらないのでしょうか?

入ってくるお金以上に使ってしまえば、当然お金は貯まりません。逆に、入ってくるお金より使うお金が少なければ、自然とお金は貯まってきます。共稼ぎ夫婦の落とし穴はここにあります。つまり、共稼ぎによって入ってくるお金が増えた分、使うお金も増えてしまうということです。

独身時代はお互い、自分で使うお金は自分で稼がなければいけませんでした。しかし、結婚して夫婦で共稼ぎをすると、無意識のうちに相手を頼ってしまいます。独身時代の節約志向は陰を潜めてしまいます。その結果、ついつい使いすぎてお金が貯まらなくなってしまうのです。

夫婦で口座を管理するポイント

夫婦で口座を管理するということは、会社の経営に通じるところもあります。会社は利益をあげなければ存続することはできません。そのため、多くの会社は常に自社の財務状況をチェックして必要な様々な施策を講じています。

夫婦の財務状況も常にチェックしておく必要があります。気がついたら貯金がなくなっていたというのでは、落ち着いた生活を送ることはできません。財務状況のチェックといっても、難しく考える必要はありません。基本は、入ってくるお金と出て行くお金、そして残高をチェックするだけです。基本的に、毎月入ってくるお金や出て行くお金の項目は決まっています。それらをチェックするのは、さほど難しいものではないでしょう。これは月に1度は行いたいものです。

このとき、妻は夫に対して受取っている給料を少なめに申告するのも一つの手です。その差額はへそくりにもなるでしょう。それは、いざというときの助けにもなるでしょう。また、夫の危機感を煽るという意味合いもあります。

共稼ぎ夫婦の口座管理方法

共稼ぎ夫婦は一つの口座でお金を管理しているところも少なくはないでしょう。入出金や残高がひと目で把握できるからです。確かに、それは一つのメリットだといえるでしょう。しかし、デメリットもあります。それは振込み手数料です。

毎月の給料のなかから、お互い生活費などを共通の口座に振り込むことになるでしょう。毎回の振込み手数料は少額かもしれませんが、これは毎月発生するものです。それが1年続くとなると結構が額になってしまいます。

できれば、夫婦は別々の口座を持ちましょう。いわゆる、独立採算制というやつです。多くの企業でも、この独立採算制を採用しています。それは、事業の独立性を保つとともに利益責任を明確にするという意味もあります。つまり、誰にも頼れないということです。

夫婦も同じです。先に説明したように、お互いが相手に頼ってしまうとなかなかお金が貯まりません。別々の口座でお金を管理して責任を明確にすることによって、お金が貯まりやすくなります。

夫名義の貯金口座の問題点

夫名義の口座しか持っていないという夫婦も少なくはないでしょう。しかし、いくつか問題があります。

妻の収入が夫名義の口座に入金された場合、それは妻から夫への贈与とみなされてしまいます。贈与税は年間110万円を越えるとかかってしまいます。妻の収入がそれを超えてしまうと夫に贈与税がかかってしまいます。

また、夫に万が一のことがあったら、夫名義の口座から一時的にお金が引き落とせなくなります。そのため、急にお金が必要になったときに困ります。

まとめ

夫婦で一つの貯金口座を管理するということは、一見便利なように思えます。そのため、一つの貯金口座しか持たない夫婦も少なくはないでしょう。

しかし、いままで見てきたようにいくつかの問題もあります。また、後になってトラブルになることも考えられます。

まず、夫婦が結婚する前の貯金ははっきりさせましょう。そして、結婚後は別々の口座でお金を管理しましょう。そうすれば、トラブルになることも少なく、お金も貯まりやすくなるでしょう。

関連記事はこちら

 - お金の問題

ページ
上部へ