男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

夫婦喧嘩を見て子供が熱を出したことってあります?

      2016/03/18

夫婦喧嘩を見て子供が熱を出したことってあります?

夫婦喧嘩は子供には何かと悪い影響を及ぼすことは知られています。

あなたは奥さんと喧嘩していて、子供さんが熱を出したのを見たことはありませんか?

気をつけないと子供にも悪影響を及ぼします!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


夫婦喧嘩をしたら子供が熱を出した!?

まだまだ言葉も理解できない乳幼児でも、両親の表情や声のトーンから夫婦喧嘩を感じ取ります。小さな子供にとっては、絶対的な存在である両親の不仲が与える影響は絶大です。不安や心配が大きくなりすぎると、乳幼児は熱を出したり体調を崩すことがあります。

それに加え、場合によっては「熱性けいれん」を引き起こすこともあります。「熱性けいれん」とは、発熱時に痙攣を起こすことであり、6か月から6歳の子供が発症します。

小さい子供は、急に熱を出すことは珍しくありません。乳幼児は38度以上の高熱を出すと「熱けいれん」を起こしやすいので注意しましょう。

引用元-−-夫婦喧嘩.biz

子供の前での夫婦喧嘩は決して良い影響を与えない!子供絵の心的影響3つ!!

家が安心の象徴ではない

親が不仲であれば、子供にとって家庭が安心できる場所ではありません。子供でも大人でも、家が安らぐ場所でなかったら、外で自分の力を思う存分発揮することはできません。非行に走る子供や、外で浮気をする旦那も、同じ心理です。家で満たされないから外でうっぷんを晴らします。
両親がいつ喧嘩するか分からないという状況は、子供を不安定にします。不安定な子は、ちょっとしたことでキレやすかったり、他人を傷つけたり、勉強が手につかなかったりと思わぬ障害が出てきます。
子供の頃は、知っている世界があまりに狭すぎるため、価値観が偏りがちになります。つまり、自分の見ている家庭が全てになってしまうのです。

夫婦というものに幻滅する

大人になって、親と同じような結婚生活を送りたいと思うでしょうか。「親のようにはなりたくない」これが本音です。子供ながらに、なぜ両親が結婚し、自分を産んだのか理解に苦しみます。喧嘩ばかりするなら、なぜ一緒にいるのか分からないですよね。
そして自分の存在価値も分からなくなってしまいます。結婚に希望が持てず生涯独身でいるか、絶対に幸せな家庭を築きたいと強く思うか、どちらかに分かれる傾向があります。

大人を信用できない

子供は親から精神的に距離を置きます。つまり心を閉ざすということです。親の言葉は子供に届かなくなります。それはそうですよね、喧嘩ばかりしている人に、説得力はありませんから。
夫婦喧嘩を目の当たりにすると、人間の弱さや儚さを垣間見ることになります。疑り深くなり「この人は本当に優しいのだろうか」「自分を裏切るのではないだろうか」と思ってしまう傾向があります。恋人や結婚相手を決める際でも、とても慎重です。

引用元-−-MARCH

夫婦喧嘩は子供が発熱したり体調を崩すだけでなく、苦しめることに繋がる!

子どもの反応は……
・喧嘩が始まると親に気を使うようになった……32%
・喧嘩が始まると泣くようになった(耳をふさぐ、ぐずる)……4%
・喧嘩が始まると甘えるようになった……4%
・チック、ぜんそく、発熱など、身体に変化がでてきた……1%
・子どもが乱暴になった……1%
といった結果がでています。

パパもママも、いろいろと気は遣っているけれども、やっぱり夫婦喧嘩は少なからず、子どもに影響を与えているようです。
また、父親にとったアンケートによると、母親よりも、父親の方が、「子どもの前で喧嘩をしない方がいい」と思っている割合がかなり高いようです。
お父さんは、「喧嘩を子どもの前でしたくない」と思っていて、お母さんが、「喧嘩してもいいから、謝るところを見せればいい」と思っているとしたら、それが、喧嘩やイライラの原因にもなりかねません。
喧嘩に対する意識は、一度、しっかりと話し合っておいた方がいいのかもしれない、と思いました。
アンケートからは、「子どもの前では夫婦喧嘩はしない方がいい、と頭では考えているけれども、どうしてもしてしまう……」といった実相が見えてきます。

引用元-−-パピマミ

夫婦喧嘩が原因で子供が熱を出した!大切なのは喧嘩の後の子供へのフォロー!

a0002_006977

夫婦喧嘩は計画してできるものではなく、突然勃発するもの。
自分では子供に見せるつもりではなかったのに、我慢できずに言い合いを始めてしまうことだってありますね。

子供の前でパートナーに対する不満が我慢できなくなったら、子供の顔を見てみましょう。
困ったり、泣いたりしている子供の顔。
熱くなった頭を冷やし、クールダウンして、夫婦喧嘩をほどほどに抑えることができますよ。

出来れば見せてほしくない夫婦喧嘩ですが、大事なのは子供へのフォローです。
喧嘩の後の荒れた気持ちは治めて、かならず子供を慰めてあげましょう。

信頼する両親の喧嘩をみることで不安になってしまった子供に、
「あなたが悪いわけではない、あなたが大好き!不安にさせてごめんね」
と伝えましょう。抱きしめることが、最大の愛情の表現です。

夫婦喧嘩を子供に見せてしまった時は、それを反省することが大事です。
自分自身を省みて、パートナーや子供を思いやれるようになるのが理想的ですね。
こういった子供に関する情報はパートナーと共有して、二人の関係を見直すのにも役立ててくださいね。

引用元-−-マーミー

子供の発熱だけじゃない!?子供の前で夫婦喧嘩をしてはいけない理由!

自分の感情を認知できなくなる子供たち

ニューヨーク大学のレーバー博士が率いる研究チームは、貧困率の高い地域に住む1,025人の子供とその家族を対象に、子供が生後2ヶ月から5年近くにわたって調査を行いました。
研究者たちは、子供たちが生後58ヶ月になった段階で、自分の中の感情を言葉にして表す「感情ラべリングテスト」を行い、子供たちがどれだけ正しく自分たちの感情を認知できているか評価しました。
その結果、両親が暴力を伴う激しい喧嘩を頻繁にしていた場合、子供は初歩的なテストでも成績が悪い傾向が見られたということです。興味深いことに、言葉による夫婦喧嘩が多い家庭で育った子供は、他の子供と比較して成績が良かったということです。

うつ病や不安障害のリスクが高まる

人間は情緒的ストレスを受けると、環境に自分を適応させることで感情の均衡を図ろうとします。
親の喧嘩により強いストレスを受けた子供は、防御反応として常に緊張を感じる状態になります。こうした子供は感情の制御が上手くできなくなり、ストレスから解放された環境でも緊張状態が続き、将来的にうつ病や不安障害になるリスクが高まるということです。
今回の調査結果は、夫婦喧嘩が幼児の情緒的適応に大きな影響を与えることを示しています。

他の逆境体験も影響

研究をリードしたレーバー博士は、「夫婦喧嘩は親にとって心理的ストレスが大きいだけでなく、子供が払う代償も非常に大きい。結婚生活の中で生じる怒りや不安を制御する上で、親は周囲の助けが必要。」と述べています。苦しい局面こそ積極的に他者のサポートを求め、夫婦間のいがみ合いを解消することに努めることが大切だと言えます。
研究チームによると、夫婦喧嘩以外にも、「貧困」、「引っ越しの数」、「養育者の変更」、「騒音レベル」、「衛生状態」、「家族の人数に対する部屋の数」といった要素も、子供の情緒的適応に影響を及ぼすということです。

引用元-−-babytopia

夫婦喧嘩は極力子供には見せない!夫婦喧嘩をしない方法!!

■実は“育児の開始で喧嘩が増える”は誤解だった!?

夫婦喧嘩は育児が始まったせいで起こる、とよく耳にしますよね。しかし、小林さんは、それはただのきっかけに過ぎない、と言います。相手に満足していたら、夫婦喧嘩は起きません。そもそも、相手に対する不満は元々、自分の中にあるもの。
女性は結婚当初、男性に合わせます。そのため、不満が少しずつたまっていきます。たまたま育児が始まって相手に協力を求めることが増えて話すきっかけができたから、一気にこれまでの不満が爆発してしまうだけなのだそうです。
ようするに、ようやく女性が相手に不満をぶつける機会を得て、言い合っているうちに夫婦喧嘩が始まり、大喧嘩につながっていく、ということですね。

■夫婦喧嘩は“女性が上手に話す”ことで防げる

これまで、ちゃんと不満を伝えていれば夫婦喧嘩になりません。つまり、夫婦喧嘩は“会話が成立しないこと”が原因で起こるものなのです。
確かに、普通に話ができる関係であれば、不満はたまりにくいですよね。でも、会話をしない、会話にならないといった状況が続くと、いつか爆発して大喧嘩に発展してしまいます。
それでは、そうなる前に女性側はどうしたらいいのでしょうか?
そもそも女性は、不満があるとヒステリーを起こしがち。そして、話し方が下手です。一方、男性は女性になんやかんや言われると沈黙してしまいます。要は、聞き方が下手なのです。
そのため、夫婦喧嘩を防ぐには、まず女性は不満を突然がんがん言わない。不満や要望・お願いごとは、優先順位をつけてひとつずつ話すようにすればいいのです。わかりやすく「私はこうだったからこうしてほしい」と説明するだけでOK。
男性は、黙り込まない。“しっかり聞いていますアピール”する。意見を肯定したり、相手を受け止めるようにしたりすればOK。このとき、女性側の誤解を解こうとしてはいけません。とにかく言わせておいてください。

■事前に夫婦喧嘩ルールを作っておくといい

それでも、夫婦喧嘩は起きてしまうと思います。そうなったら、大喧嘩にならないよう、あらかじめ“ルール”を作っておくのもいいそうです。例えば、30分経ったら途中でやめる、夫婦喧嘩をしても挨拶はする、ちゃんと相手の立場に立って話す、など。
男性と女性は、物事の感覚が違います。また、パパとママでは、役割が違います。不満をためる前に、そのことを頭に入れておく必要もあるでしょう。
そのため、パパが「育児を俺は手伝ってやった!」みたいなことを言ったりオーラを出したりしても、ママは「大したことしてないのに」と思わずに誉めてあげることが重要。パパは、「気付いてほしい」「構ってほしい」のです。
そして、「パパなりに育児にちゃんと貢献したいんだな」と見方を変えてみてください。

引用元-−-It Mama

夫婦喧嘩を子供の発熱や体調を崩す原因にしない!?上手な夫婦喧嘩の方法!!

■1:他人に対する信頼感を学ぶことができる

夫婦喧嘩の目的は、相手を打ち負かすことではなく、お互いの本音を共有し、歩み寄ること。言いたいことを言いつくしたら仲直りするのが大人の喧嘩のあるべき姿です。
両親がこのように上手な喧嘩を見せれば、子どもはそこから“他人に対する基本的信頼”を学ぶことができます。
つまり、夫婦喧嘩をしてもすぐに仲直りする姿を見て、子どもは「喧嘩をしたって仲直りできるんだ」「信頼関係ってお互いに遠慮することではなく、言いたいことを言い合える関係なんだ」といったことを感じ取ることができるのです。
たとえ激しく言い争っても、きちんと仲直りするところまで見せれば、いたずらに不安を植え付けるようなことはありません。むしろ、傷つくことを恐れて表面だけを取り繕うのではなく、自分の本音をぶつけながら、相手の意見も尊重するという人間関係の築き方を学ぶことができるでしょう。

■2:幅広い喜怒哀楽を学ぶことができる

「いつも笑顔のあふれる家庭を築きたい」。そんな理想を抱いている人はきっと多いはず。でも、人間には喜怒哀楽という感情があります。笑顔や喜びといったプラスの感情しか存在しない家庭って何だか不自然ではないでしょうか?
子どもの前で夫婦喧嘩をすることの効用について、おおたさんは以下のようにも述べています。
「夫婦喧嘩をして怒ったり泣いたりしても、すぐに笑顔が戻る夫婦っていいものです。そういう人間くささを間近に感じれば、子どもも“人生はすばらしい”と感じてくれるはずです。傷つくことを恐れず、堂々とまっすぐ育ってくれるはずです」
お父さんお母さんが温かい笑顔で子どもに安心感を与えることは大切です。でも、いつもそればかりでは、子どもは世間で怒りや悲しみに直面したときに、どう対処していいのかわからず困惑してしまうでしょう。
夫婦喧嘩から、子どもは等身大の人間の姿を学ぶことができます。その結果、自分もつらいこと、悲しいことがあったときに、無理に感情をおし殺したり、否定したりするのではなく、きちんと感情に向き合うたくましさを培うことができるのです。

引用元-−-Peachy

関連記事はこちら

 - 育児・子育

ページ
上部へ