男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

女性必見!女友達を旅行に誘う男性の心理

      2016/03/18

女性必見!女友達を旅行に誘う男性の心理

男性は、親しくしている女友達を旅行に誘う場合があります。

しかも、泊りの旅行であれば必ず下心があるか、告白を考えているかです。

男性にとって女友達は、ちょっとしたきっかけで恋愛対象に代わってしますのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


男性にとっての女友達とは?

男性500名に対して「女友達を恋愛対象として意識してしまうことはありますか?」というアンケートを実施したところ、「ある」は61%、「ない」は39%となり、およそ6割の男性が女友達を恋愛対象としてアリだと考えていることが判明しました(協力:クリエイティブジャパン)。

引用元-−-Menjoy!

ふと視界に入った女友達の谷間やバストラインにドキッとするという声は続出しました。また、上記以外のボディパーツとして、足首、ヒップライン、唇などが挙がっています。あなたのアソコにも男友達の視線が釘付けになっているのかも……。

引用元-−-Menjoy!

友達だからといって、軽々しくボディタッチしていませんか? 偶然であれ故意であれ、肌と肌の触れ合いにはドキッとしてしまう男性が多いようです。

引用元-−-Menjoy!

女友達にじっと見つめられるだけでなく、目が合うだけでもドキッとしてしまうものなのですね。視線が合ったあとニッコリほほ笑みかければ、もうキュン死しちゃうかもしれません。

引用元-−-Menjoy!

女友達を旅行に誘う男性とは?

>男女問わず友達が多い男性は、女子と泊まりの旅行なんて普通ですか??

普通かどうかは個人差がありますので一概には言えませんが、ぼくは普通に女性をお泊りデートに誘いますよ。だからと言ってカラダ目的とかでは無いですね。単純に遊びにいきたいからです。気の合えば二人っきりになりたいと思うのは自然の行為です。ただ、セックス目的では行って無いけど、時と場合によればカラダの関係になることもあります。

>男子という点から考えると、下心とかはあるんでしょうか?

もちろん、下心はあると考えたほうが良いですね。男ですからココは否定できないと思います。あなたにその気持ちが無いのなら、(大人の関係NGなら)今回のデートは断ったほうが無難だと思います。男は勘違い野朗が多いので、「お泊りデートOK」=「エッチOK」と思われがちです。あとは、あなたの気持ち次第です。後悔の無い、判断をされてください。

引用元-−-教えて!goo

女友達を旅行に誘う男性の心理とは?

a0002_006808

 

体目的ですね。

あなたのことを異性としてみてます。

あなたは友達だと思っていても彼は違う。

私だったら・・・期待をさせたら悪いので、はっきり言います。
これ以上の関係は求めていなくて友達だと思っていた。ごめんなさい。

連絡はきりますね。

それも相手への思いやりだし、自分もきちんとした彼氏を作りたいならそうしたほうがいいです。

引用元-−-Yahoo知恵袋

僕も以前、車中泊でスキー場に前泊して女の子と滑りに行ったことがあります。

もちろん、友達です。

だから、100%「体目的」とは思いませんが、可能性はありますね。

だから、「泊まりの旅行」=「体目的」という100%のマッチングはないわけです。

次に、その男性とお付き合いしてないけど、体の関係があってもいいのか?嫌なのか?になります。

いいなら、それでよしですよね。

そういう関係でもいいよという人も大勢います。

引用元-−-Yahoo知恵袋

男性と女性の間に友情は成立するのか?

たかも男女ともに悩まされているかのように言われている「男女の友情」問題。ところが、実際のところ「男女の友情」問題を強く意識しているのは実は常に男性側。

というのも、男性はどうしても女性を性の対象として見てしまう傾向があります。どんなに普段“友達”として接していても、二人だけで会おうと女性を誘う時には、少なからず異性として意識している場合が多いですし、シチュエーション次第ではついつい「下心」を抱いてしまいます。

一方女性はというと、男性よりもずっと明確に“友達”と“恋愛対象”が区別されています。二人きりでいくら遊ぼうと、“友達”は友達、“恋愛対象”は恋愛対象。男性に比べてその考え方は明確かつシンプルです。

引用元-−-exciteニュース

男性と女性の間の友情は男性次第?

今までは「恋愛感情や下心無しの関係」こそが異性の“友達”の条件でした。

ところが最近、「セフレ」(=体の関係を持った友達)のみならず、「キスフレ」(=キスまでする関係の友達)や「ソフレ」(=添い寝するだけの友達)といった、新たな男女関係のあり方が話題になっています。

“一線”をこえた仲は“友達”でないという考え方は一見今までどおりですが、その“一線”自体がかなり曖昧になってきているというわけ。

となると、単に下心が芽生えるから「男女の友情」は成り立たないだとか、異性としてみてしまうから“友達”じゃないだとか、こうした考え方自体が時代に合わなくなってきていると言えます。

従来の意味での“友達”よりも、「ゆるやかで個別的な男女関係」(=“フレンド”)こそが、現代のトレンド。先ほど指摘した通り、もともと「男女の友情」に疑問を投げかけていたのはあくまで男性。ゆえに“フレンド”化がますます浸透していき、男性の「下心」がある程度満たされてしまうと、今後もしかすると「男女の友情は成り立つのか?」問題自体があまり叫ばれなくなるのかもしれません。

引用元-−-exciteニュース

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 告白・口説き方

ページ
上部へ