男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

好きな人は彼氏持ちだった!…奪うことって出来るのか?

      2016/03/18

好きな人は彼氏持ちだった!…奪うことって出来るのか?

好きな人が彼氏持ちだった時、あなたはその恋を諦めますか?

どうしても諦められない場合は、彼氏から彼女を奪うことになります。

ただ、闇雲に好意を伝えても敗戦は必死です。

気持ちを叶えるためには、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

養子縁組を解消したら結婚は出来る?養子縁組と法律の壁

養子縁組というのは、法律で親子関係になる事です。それが何らか...

人付き合いが苦手な人が結婚するために意識するべきポイントとは

人付き合いが苦手な人でも結婚したいという想いがあれ...

好きな人が既婚者で子持ちだった場合に考えるべきこと

好きな人が実は既婚者で子持ちだった場合には、ショッ...

元カノが結婚!未練が残っている気持ちを払拭させる方法とは

ほんの少し前まで付き合っていた元カノが、他の男性と...

共依存が原因!親子の関係が離婚に発展する理由と対処法

結婚した後に配偶者が共依存だと知った時には、結婚生...

2人暮らしの食費はどれくらい?1週間単位で考える節約法を紹介

2人暮らしを始めた時に節約意識を持つため、食費をできるだけ抑...

2人暮らしの食費を2万円以内に抑えるための方法と工夫をご紹介

2人暮らしをする時に生活費を抑えようとするため、食費を2万円...

恋愛できない病気の原因と自分を変えるための方法をご紹介

恋愛に対して臆病になってしまうことはありますが、トラウマ...

同棲するにはいくらかかる?生活費20万円で仲良く暮らすには

同棲する時にはお互いの収入によって生活レベルも変わってきます...

心配性の彼女持ちの人必見!不安と言われたら4つの点に注意して

世界には、色んなカップルの感動や面白い話、トラブルなどがあり...

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

スポンサーリンク


好きな人は彼氏持ち… でも諦められない!

外見、性格、趣味…と、人を好きになる理由は様々です。

相手がどんな女性であっても、好きになってしまったなら、自分の心に嘘は付けません。

ただ、どうしても二の足を踏んでしまう状況というものがあります。

その最たるものが、その好きな人が”彼氏持ち”だった時です。

好きな人が出来ても、既に他の男と付き合っているから、自分の恋は諦めるという人も決して少なくありません。

深く知り、恋心が芽生える前に、彼氏がいるかどうかをリサーチすることもあります。

それだけ、既に恋人がいる相手に対してとの恋愛を恐れる人が多いのも事実です。

どうして、相手がいる人への恋心を諦めがちになるのか?…それは、皆、負け戦はしたくないからです。

好きな人と一緒にいたい、という幸福感が得たいのであって、傷つくために恋愛をしたいわけではないからです。

しかし、諦めようとすればするほど、恋心が募ってしまうことも、決して珍しいことではありません。

そんな時は、”奪う”という選択肢が出てくるわけですが、ただ闇雲に彼女の気持ちを得ようとしても上手くいくわけはありません。

どうすれば、好きな人を”奪う”ことが出来るのでしょうか?

好きな人を彼氏から奪う時、まず始めにしたいこと

好きな人を彼氏から奪う!と決めた時、まず手始めにしなければいけないことがあります。

それは、”好きな人と一定以上の交流を持つ”です。

少し残酷な言い方になりますが、あなたにとって彼女は特別な人ですが、彼女にとっては友人・知人・同僚といった”他の人と同じ括り”です。

世間話も出来ないほど、あなたと好きな人に距離があるならば、いくら好意を伝えてもYESと言ってもらえるはずがありません。

「イケメンなら」などという言葉もありますが、彼氏がいる女性にはほぼ当てはまりません。

また、世間話程度しか出来ないような間柄の異性に、女性は本音を話しません。そして彼氏持ちの女性は特に、彼氏に誤解されないために、本当に親しい異性としか交流を持ちません。

ですから、好きな人を奪いたいと思うのであれば、好きな人に近付く努力がまず必要になります。

この時、気をつけたいことがあります。

最初から恋愛的な好意を前面に押し出してしまうと、彼氏持ちの女性は警戒します。

ですから、まずはその気持ちをぐっと押し殺し、世間話以上の会話が出来る関係になりましょう。

好きな人に近付けなければ、彼氏から奪うことは出来ない

何故、世間話以上ができる関係になる必要があるのか、疑問に思うかも知れません。

これには2つの理由があります。

・1つ目は、彼女のよき理解者であると、彼女自身に思ってもらうこと。
・2つ目は、彼氏から奪うタイミングを伺うため、です。

先に触れた通り、女性は親しい人以外に本心を語りません。

また和を重んじる性質があるため、本当は上手くいっているのに、誰かが恋人の不満を口にしていたら、自分もそれに合わせて彼氏の不満を口にする――そういう”生き物”です。

多くの男性は、この表面上の顔を真に受けて、攻めるタイミングを間違ってしまうのです。

ですから、本音が話せる関係になるということは、とても重要です。

最初は勿論、上辺だけの会話が主になるでしょう。

でも、こうした会話から、好きな人と自分との共通点を作り出し、会話を深めていくようにしましょう。

彼女の好きなアーティストのCDを借りてみる、同じ趣味をはじめて彼女に教えを請うてみる…方法はいくらでもあります。

そうして徐々に二人の距離を縮め、本音が話せるようになったら、やっとスタートと言えます。

好きな人を彼氏から奪うなら、タイミングが大切!

恋愛には波があることは、よく知られていることです。

”ラブラブ期””倦怠期”と言われるものがそれです。

好きな人との会話から、今、二人がどんな状態であるのかを伺いましょう。

彼女の口から彼氏への不満が聞けたら、その時がチャンスです。

ただ、闇雲に彼氏のことを責めるのはNG。

こう言われると、自分も不満に思っていることでも、女性はあなたに反感を感じてしまいます。

重要なのは「彼氏のことを責めずに彼女の味方をする」です。

例として

「彼氏が忙しいのを理由に連絡をくれない」という愚痴に対し、
「忙しいのはしょうがないかもしれないけど、メールぐらいして欲しいよな」

と、彼女の気持ちを味方する言葉を返しましょう。

こういった会話を続けることで、好きな人に”自分を理解してくれている人”という安心感を感じて貰えるようになります。

そうして、「自分なら、彼女を悲しい気持ちにさせない」ことを、有言実行で示すのです。

このような関係になれたなら、その時こそ、自分の気持ちを伝えるタイミングです。

彼氏持ちの好きな人を奪う時、絶対してはいけないことは?

好きな人を奪いたいがために、絶対にしてはいけないことがあります。

それは、”人を陥れること”。これだけは絶対にやめましょう。

これを駄目だ、という理由には、倫理的な側面も勿論あります。

ですが、この方法を取る男性は、一番大事なことを忘れています。そう、彼女の心です。

あなたが彼氏から彼女を奪いたいからと、彼氏についての嘘を広めたとしましょう。

その嘘に騙されて、見事彼女はあなたのものになったとしても、それはハッピーエンドとは程遠いものです。

これから先、あなたは彼女にその嘘がバレることを恐れ続けなければならなくなります。

何故なら女性は、男性が思う以上に感情を大事にするからです。

どんなにあなたのことを好きになっても、騙されたことを知った瞬間、あなたへの好意はゼロ、もしくはマイナスになります。

まして以前の彼氏から自分を奪うために、前彼を陥れたと知れば、恋愛感情は消え失せてしまいます。

またバレなければいい、と危ない橋を渡ったところで、人を陥れることを良しとする性格の男性を、女性は魅力的に感じませんよ。

彼氏から好きな人を奪いたい、自分こそが彼女を幸せにしたいと考えるならば、正々堂々と彼女の気持ちを自分のものにしましょう。

関連記事はこちら

 - 告白・口説き方

ページ
上部へ