男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

好きな人は彼氏持ちだった!…奪うことって出来るのか?

      2016/03/18

好きな人は彼氏持ちだった!…奪うことって出来るのか?

好きな人が彼氏持ちだった時、あなたはその恋を諦めますか?

どうしても諦められない場合は、彼氏から彼女を奪うことになります。

ただ、闇雲に好意を伝えても敗戦は必死です。

気持ちを叶えるためには、どうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

失恋した経験のない人が付き合った時にしている事とは

今まで失恋経験がまったくない人は恋愛に対しても自信を持つこと...

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

スポンサーリンク


好きな人は彼氏持ち… でも諦められない!

外見、性格、趣味…と、人を好きになる理由は様々です。

相手がどんな女性であっても、好きになってしまったなら、自分の心に嘘は付けません。

ただ、どうしても二の足を踏んでしまう状況というものがあります。

その最たるものが、その好きな人が”彼氏持ち”だった時です。

好きな人が出来ても、既に他の男と付き合っているから、自分の恋は諦めるという人も決して少なくありません。

深く知り、恋心が芽生える前に、彼氏がいるかどうかをリサーチすることもあります。

それだけ、既に恋人がいる相手に対してとの恋愛を恐れる人が多いのも事実です。

どうして、相手がいる人への恋心を諦めがちになるのか?…それは、皆、負け戦はしたくないからです。

好きな人と一緒にいたい、という幸福感が得たいのであって、傷つくために恋愛をしたいわけではないからです。

しかし、諦めようとすればするほど、恋心が募ってしまうことも、決して珍しいことではありません。

そんな時は、”奪う”という選択肢が出てくるわけですが、ただ闇雲に彼女の気持ちを得ようとしても上手くいくわけはありません。

どうすれば、好きな人を”奪う”ことが出来るのでしょうか?

好きな人を彼氏から奪う時、まず始めにしたいこと

好きな人を彼氏から奪う!と決めた時、まず手始めにしなければいけないことがあります。

それは、”好きな人と一定以上の交流を持つ”です。

少し残酷な言い方になりますが、あなたにとって彼女は特別な人ですが、彼女にとっては友人・知人・同僚といった”他の人と同じ括り”です。

世間話も出来ないほど、あなたと好きな人に距離があるならば、いくら好意を伝えてもYESと言ってもらえるはずがありません。

「イケメンなら」などという言葉もありますが、彼氏がいる女性にはほぼ当てはまりません。

また、世間話程度しか出来ないような間柄の異性に、女性は本音を話しません。そして彼氏持ちの女性は特に、彼氏に誤解されないために、本当に親しい異性としか交流を持ちません。

ですから、好きな人を奪いたいと思うのであれば、好きな人に近付く努力がまず必要になります。

この時、気をつけたいことがあります。

最初から恋愛的な好意を前面に押し出してしまうと、彼氏持ちの女性は警戒します。

ですから、まずはその気持ちをぐっと押し殺し、世間話以上の会話が出来る関係になりましょう。

好きな人に近付けなければ、彼氏から奪うことは出来ない

何故、世間話以上ができる関係になる必要があるのか、疑問に思うかも知れません。

これには2つの理由があります。

・1つ目は、彼女のよき理解者であると、彼女自身に思ってもらうこと。
・2つ目は、彼氏から奪うタイミングを伺うため、です。

先に触れた通り、女性は親しい人以外に本心を語りません。

また和を重んじる性質があるため、本当は上手くいっているのに、誰かが恋人の不満を口にしていたら、自分もそれに合わせて彼氏の不満を口にする――そういう”生き物”です。

多くの男性は、この表面上の顔を真に受けて、攻めるタイミングを間違ってしまうのです。

ですから、本音が話せる関係になるということは、とても重要です。

最初は勿論、上辺だけの会話が主になるでしょう。

でも、こうした会話から、好きな人と自分との共通点を作り出し、会話を深めていくようにしましょう。

彼女の好きなアーティストのCDを借りてみる、同じ趣味をはじめて彼女に教えを請うてみる…方法はいくらでもあります。

そうして徐々に二人の距離を縮め、本音が話せるようになったら、やっとスタートと言えます。

好きな人を彼氏から奪うなら、タイミングが大切!

恋愛には波があることは、よく知られていることです。

”ラブラブ期””倦怠期”と言われるものがそれです。

好きな人との会話から、今、二人がどんな状態であるのかを伺いましょう。

彼女の口から彼氏への不満が聞けたら、その時がチャンスです。

ただ、闇雲に彼氏のことを責めるのはNG。

こう言われると、自分も不満に思っていることでも、女性はあなたに反感を感じてしまいます。

重要なのは「彼氏のことを責めずに彼女の味方をする」です。

例として

「彼氏が忙しいのを理由に連絡をくれない」という愚痴に対し、
「忙しいのはしょうがないかもしれないけど、メールぐらいして欲しいよな」

と、彼女の気持ちを味方する言葉を返しましょう。

こういった会話を続けることで、好きな人に”自分を理解してくれている人”という安心感を感じて貰えるようになります。

そうして、「自分なら、彼女を悲しい気持ちにさせない」ことを、有言実行で示すのです。

このような関係になれたなら、その時こそ、自分の気持ちを伝えるタイミングです。

彼氏持ちの好きな人を奪う時、絶対してはいけないことは?

好きな人を奪いたいがために、絶対にしてはいけないことがあります。

それは、”人を陥れること”。これだけは絶対にやめましょう。

これを駄目だ、という理由には、倫理的な側面も勿論あります。

ですが、この方法を取る男性は、一番大事なことを忘れています。そう、彼女の心です。

あなたが彼氏から彼女を奪いたいからと、彼氏についての嘘を広めたとしましょう。

その嘘に騙されて、見事彼女はあなたのものになったとしても、それはハッピーエンドとは程遠いものです。

これから先、あなたは彼女にその嘘がバレることを恐れ続けなければならなくなります。

何故なら女性は、男性が思う以上に感情を大事にするからです。

どんなにあなたのことを好きになっても、騙されたことを知った瞬間、あなたへの好意はゼロ、もしくはマイナスになります。

まして以前の彼氏から自分を奪うために、前彼を陥れたと知れば、恋愛感情は消え失せてしまいます。

またバレなければいい、と危ない橋を渡ったところで、人を陥れることを良しとする性格の男性を、女性は魅力的に感じませんよ。

彼氏から好きな人を奪いたい、自分こそが彼女を幸せにしたいと考えるならば、正々堂々と彼女の気持ちを自分のものにしましょう。

関連記事はこちら

 - 告白・口説き方

ページ
上部へ