男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

婚姻届提出時に戸籍謄本を忘れた場合は後日でも大丈夫?

      2016/03/18

婚姻届提出時に戸籍謄本を忘れた場合は後日でも大丈夫?

婚姻届の提出は人生の一大イベント。

でもそんな大切な時に戸籍謄本を忘れてしまったら?

婚姻届は受理される?されない?

そもそもなんで戸籍謄本は必要なの?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


婚姻届の提出時に必要なもの

◇ 婚姻届書

婚姻届を出す際にメインとなる書類です。まずは、最寄りの役所からこの用紙をもらいます。大抵の役所には記入例が書き込まれたサンプル用紙も常備されているので、一緒にもらっておくと安心です。書き損じた場合、修正液で直すことはできません。書き損じたときのことも考え、予備の用紙ももらっておくようにしましょう。

◇ 当事者印鑑

ゴム印、シャチハタ以外であれば、認印でも問題ありません。それぞれふたりの旧姓時に使用していた印鑑を準備しましょう。書類に不備があった場合、訂正印を押す必要があります。また、婚姻届に付随して転入届などの手続きをすることも。婚姻届の作成時にきちんと押してあるから大丈夫と思わず、ふたりが作成に使用した印鑑は持っていくように。

◇ 戸籍謄本(とうほん)

戸籍謄本は戸籍がある役所に出向いて交付してもらいます。必要数は、新郎新婦の本籍と婚姻届を提出する役所の所在地によって変わってきます。新郎の本籍地で提出する場合は新婦1通、新婦の本籍地で提出する場合は新郎1通が基本。どちらの本籍地でもない場合は各1通ずつ準備します。ふたりの本籍地と提出先が一緒の場合は婚姻届のみでOK!

◇ 身分証明書

婚姻届提出の際にはふたりの意思のよる提出かの確認のため、身分照明書の提示が義務付けられています (2005年8月現在)。実際には、身分証明書を提示しないでも受理されますが、その場合は後日電話、郵便などでの確認があります。1度ですっきりと手続きをすますためにも免許証、パスポートなど本人証明ができるものを携帯するのがベスト!

引用元-Wedding Walker 

戸籍謄本のとり方

戸籍謄本/戸籍抄本は、その種類に関わらず、あなたの戸籍がある本籍地の役所でしか取得できません。
居住地の市区町村役場では、住民票の取得は可能ですが、戸籍は直接入手することはできません。本籍地の市区町村に交付申請する必要があります。

戸籍関係証明書の取得方法は、以下の3通りになります。
(1)本人が窓口で直接取得
(2)代理人(親戚・知人)が、窓口で取得(委任状が必要です。)
(3)郵送請求/取り寄せ

その中でも、住所地と本籍地が異なりその本籍地が遠い方や、平日は役所に行く時間がない方は、郵送で本籍地の役所に申請/請求し、取り寄せる方法が大変便利です。
また、請求する戸籍に入っている本人、又はその配偶者、直系の卑属(子孫)・尊属(先祖)以外の方が請求する場合には、委任状や正当な理由が必要になります。

引用元-住民票ガイド

戸籍謄本と戸籍抄本の違い

まず、私たちが役所で請求できる戸籍は、戸籍原本の写し(コピー)のみです。
原本は本籍地をおいている役所で管理されており、戸籍に入っている本人であっても原本を入手することはできません。私たちが取得できるのはあくまで原本の写し(コピー)となります。そしてこの「写し」なのですが、写す内容によって、謄本か抄本かに分かれます。

●謄本(とうほん)→原本の内容すべてを写している書面
◆抄本(しょうほん)→原本の内容一部のみを抜粋して写している書面

さらに詳しくいうと・・・
●戸籍謄本は、その戸籍に入っている全員の事項を写したもの

◆戸籍抄本は、戸籍にかかれた一個人の事項のみを抜粋して写したもの
ということになります。

そのため、戸籍謄本は「全部事項証明」、戸籍抄本は「個人事項証明」と呼ばれています。

◆戸籍抄本については、個人事項の写しになるので、誰のものがほしいかを指定して請求する必要があります。
また、戸籍抄本は記載されている方のみの証明となりますので、家族全員分の証明として戸籍が欲しい場合には、戸籍抄本ではなく戸籍謄本を請求しなければなりません。
戸籍謄本1通と戸籍抄本1通、どちらも同じ手数料ですが、例えば父、母、子が同じ戸籍に入っているのなら戸籍謄本1通で3人分の証明として使用できます。

引用元- 相続戸籍相談センター

婚姻届提出時、戸籍謄本は後日でも可?

【内容要旨】
 確認したいことがあります。
 ・婚姻届の用紙は平日何時まで取れるでしょうか。また,土曜日は取れますか。
 ・婚姻届の提出は平日何時までできますか。
 ・戸籍謄本の提出は同時ではなく,後日の提出でも構いませんか。

【市の回答】
ご質問いただきました婚姻届の用紙等につきましてお答え申し上げます。

(1)婚姻届の用紙は,平日の午前8時30分から午後5時15分までの間に,調布市役所2階の市民課窓口及び神代出張所でお受け取りください。

(注)婚姻届の用紙など,戸籍事務に係る諸届出用紙は全国共通です。最寄の市区町村役場などでも受け取ることができますので,そちらもご利用ください。

(2)婚姻届は,他の市区町村役場に電話確認を行う場合もあるため,平日の午前8時30分から午後4時45分までの間に,調布市役所2階の市民課窓口及び神代出張所にお越しいただきご提出ください。それ以降にお越しいただきますと受理照会が間に合わず,調布市役所1階の庁舎管理室でお預かりして翌日の処理となることもございます。
 平日の5時15分以降と土日祝日は,調布市役所1階の庁舎管理室でご提出いただくことができます。その場合,婚姻届の受理審査及び内容確認等の事務処理は翌開庁日に行います。
 なお,書類に不備があった場合は,後日市民課窓口にお越しいただくことや書類をお返しする場合がございますのでご了承ください。
 そのため,婚姻届をお出しいただく前に,平日の市民課窓口開庁時間内にお越しいただき,書類の事前審査をお受けいただくことをお勧めいたします。

(注)婚姻届の事前審査も,届出用紙の受取りと同様に,ご自分の本籍地,居住地の市区町村役場以外の役所でも行うことができます。

(3)婚姻前の本籍地が調布市以外の方は,婚姻届に戸籍謄本を1通添付してください。後日の提出の場合,戸籍の記載等の事務処理は,戸籍謄本をご提出いただくまで進めることができませんのでご了承ください。

引用元- 調布市

婚姻届、戸籍謄本を後日提出は…

戸籍謄(抄)本などを持って行かないとどうなるか、この場合、婚姻届自体は受け取ってもらえます。
よって、戸籍謄(抄)本がなくても、婚姻日は婚姻届を出した日になります。戸籍謄(抄)本は後日提出しに行くことになります。

また、あまりオススメしませんが、戸籍謄(抄)本をとるのにもお金がかかるので、絶対に戸籍謄(抄)本を出したくないという人は、実は出さなくてもなんとかなってしまいます。

婚姻届において、この戸籍謄(抄)本というのは、法律で必ずつけなければいけないと定められた「法定添付書類」ではなく、市役所などが審査の上で必要だからなるべくつけてね、という必要書類なのです。
そのため、市役所などは、戸籍謄(抄)本がないからと言って、婚姻届を受け取らないと言うことはできません。
それどころか、二人が戸籍謄(抄)本をつけてくれないなら、市役所がなんとかしなければいけないものとなっているのです。

ですので、戸籍謄(抄)本をつけずに婚姻届を出した人でも、いろいろと市役所の人から言われるでしょうが、結婚はできます。

引用元-公務員に聞いた戸籍早分かり術

婚姻届に戸籍謄本は本当に必要?

【戸籍謄本がなくても婚姻届は受理される】

婚姻届には戸籍謄本が必要、とよく言いますが、実は法律上の添付義務はどこにもありません。(一部の戸籍の届出には戸籍謄本の添付が義務付けられていますが、婚姻届にはありません)法律上婚姻を成立させるのに必要な書類は、婚姻届のみです。

※参考:戸籍法より
第74条 婚姻をしようとする者は、左の事項を届書に記載して、その旨を届け出なければならない。
1.夫婦が称する氏
2.その他法務省令で定める事項
↑婚姻について。戸籍謄本に関する記載なし

第108条 転籍をしようとするときは、新本籍を届書に記載して、戸籍の筆頭に記載した者及びその配偶者が、その旨を届け出なければならない。
2 他の市町村に転籍をする場合には、戸籍の謄本を届書に添附しなければならない。
↑転籍について。2に「戸籍の謄本を届書に添附しなければならない」とあるのでこの場合は添付が必要。婚姻にはこれがない。

【ではなぜ戸籍謄本が必要といわれるのか】

結婚すると親の戸籍を離れ、夫婦での新戸籍を作ります。
この新戸籍を編製するにあたり、今までの戸籍の内容を新しい戸籍に移記する必要があります。
なので、提出先の役所が本籍地ではない場合、戸籍謄本がないと婚姻届自体は受理(=法律上婚姻成立)しても、その後の事務作業である新しい戸籍の編製がストップします。
(戸籍は住基ネット等とはまったく別のもので、全国ネットワーク化がされていないので…)
結果、婚姻後の色々な手続き(扶養とか姓の変更等)で結婚後の戸籍謄本が必要になっても、なかなか取得できない状態が続いてしまうのです。
なので、婚姻成立後のために戸籍謄本が必要なのです。

引用元- – Yahoo!知恵袋

新しい戸籍に反映するまでの日数

さて提出した婚姻届はどれくらいで新しい戸籍に反映するのでしょうか? 早くて翌日、おおよそ1週間はかかるとみたほうがよいようです。

結婚した二人が新しく本籍を置くところの役所へ婚姻届を出す場合は、戸籍記載が比較的早くなります。

ところが、新本籍地と住所地が違っていて、住所地に婚姻届を出す場合は、婚姻届や添付書類などが郵送で新本籍地へ送られ、新本籍地の役所に到着後に戸籍が作られます。

したがって、書類が移動する分、日数がかかります。 さらに、婚姻届を土日祝日に提出すると、週明けになってから内容審査されますし、記入漏れなどの不備があると内容審査が保留になるなど戸籍記載が遅れることもあります。

新しい戸籍を早く作りたい!という場合は、役所の窓口に直接出向き、内容確認してもらいながら、その場で記入するなどすれば、間違いもなくスムーズにすすみますね。

引用元-婚姻届に必要な戸籍謄本に関する基礎知識│結婚塾

関連記事はこちら

 - 結婚

ページ
上部へ