男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

嫁と姑が円満でいるために 知っておきたい同居のアレコレ

      2016/03/18

嫁と姑が円満でいるために 知っておきたい同居のアレコレ

さまざまな事情から自分の親との同居を考える時、妻は母と上手くやっていけるだろうか――

つまり”嫁姑問題”が起きないかどうか、多くの人が不安を感じるでしょう。

悲しいことに、同居の場合のほうが別居にくらべて3倍、嫁姑問題が起きやすいというアンケート結果もあります。

円満な同居生活を送る方法はないものでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


それまでは順調だったのに… 同居をきっかけに起こる嫁姑問題

困った事に、いい嫁、出来た嫁だから問題がないという訳ではないのがこの関係の根深いところです。家事も適当ですべて姑に丸投げしているようなお嫁さんの方が、自分の好きに出来て楽でいいとするお姑さんもいて、結構上手く行っていたりします。
どうすれば役に立つだろうか、どうしたら喜んでもらえるだろうと苦心している女性に限ってから回りして姑と上手く行かないという事もあるのです。
自分の妻を決めるときに、自分の母親との相性まで考えて選ぶ人はそこまでいないと思われるので、実際対立が起きたときは想定外のことで腰が引けてしまう男性も多いのが実情です。

子離れが出来ているお姑さんならよいのですが、息子は特に可愛いもの、生まれてこの方自分が一番の理解者であると自負してきている場合には、その妻はライバルとなってしまいます。
勿論親と妻では違いますから、男性がそれぞれに見せる姿も異なってきます。その事実を受け入れずに、自分の知っている息子(もしくは夫)の姿こそが真実だと嫁姑の間で張り合ってしまうような事になるとそれだけで人間関係の亀裂になってしまいます。
単なる嫉妬で済めば可愛いのですが、同居でもしようものなら、そのライバル同士が一番顔を合わせる時間が長いという事になってどちらにも過剰のストレスを生んでしまいます。

引用元-−-結婚の理想と現実を知り幸せな結婚生活を!

全く違う価値観の嫁姑が一緒に住むという難しさ

まず、最初に認識しておかなければならないのは、結婚とは生まれ育った環境が、まったく違う人同士が一緒に生活ということです。
すなわち、それぞれの家庭の『常識』が、ことごとく違うこともあり得るということです。

実際に結婚の話となると、それぞれの家庭の土地の習慣などに、違和感があったりします。
結婚式の挙げ方をはじめ、その後の生活なども家のしきたりに反する場合は、嫁に対しての非難も時にはあります。
双方の親を交えた話した結果、しきたりが合わないからという理由で破談になることも実際のケースとして往々にあるようです。

また、無事結婚できても、嫁姑間で家事の仕方などに対しては「○○家では、こうだから」と姑から言われ、嫁がその家の家風に合わせるように強いられることもあります。
嫁にしてみれば、実家とは異なる慣れない風習に無理に合わせるがために、息が続かなくなってしまい、嫁姑問題につながっていきます。
時々姑が訪ねてくるような別居なら、その場をしのぎもできますが、これが姑と同居となると、嫁は自分の常識を覆した日常を強いられます。

また、夫側の家庭の常識にしっかり合わせていないと、態度が悪いとみなし、今度は隣近所に嫁の悪口を言いふらすような大人気のないことをする姑もいます。
ここまでくると精神的なストレスも大きくなり、嫁姑問題ばかりか、夫婦間の仲までこじれ、離婚にまで発展することもあるでしょう。

引用元-−-嫁姑問題ブログ 人間関係改善相談ナビ

夫の家族と同居する嫁は、夫がいなければ孤立無援の存在になる

夫の側からすると、女同士の問題には首は突っ込みたくないし、妻には出来るだけ母親を立ててもらいたいという思いもあるかもしれません。
ですが、妻からすると夫となる男性と一緒になりたくて結婚したのに、同居をしてしまえば実質夫よりも姑といる時間の方が長いという事態も有り得ます。
そんな時嫁と姑の間でトラブルがあると、姑と結婚したわけじゃないと怒りたくなっても無理はありません。
夫の両親と同居の場合、特に妻は他所の家から嫁いできた事で心細い思いもあるでしょう。そこで夫が母親を擁護する立場に回ると、妻は家庭での唯一の見方である夫に拒否されたと感じてとてもショックを受けるものです。

本当の親子のように姑と嫁が上手くいくケースはほとんど稀です。一見うまくいっている様に見えても内心はお互い我慢している部分もあるでしょう。
夫となる男性とはある程度の付き合いを経て一緒に生活するのですが、夫の親となると、よく知らない状態で生活を共にする訳ですから、合わない場合には予想以上にストレスがかかります。

引用元-−-結婚の理想と現実を知り幸せな結婚生活を!

嫁姑問題が起こってしまったら、どうするべきか

3984918d75bbbfa4762d9f7b0044f2ec_s

嫁姑の関係がうまくいっていないという現実に気づいたら、多少なりとも、ショックを受けてしまうかもしれません。実の母親と愛する妻、どちらも大切な存在ですから、その関係がうまくいかないのは悲しいですよね。
ですが、嫁姑問題は、時代が変わっても変わることのない、どこの家庭でも起こる問題なのです。「仕方がない」と割切って、妻の話を聞いてあげてください。

その時、
それはお前が悪いんだよ。
というのは禁句です。夫は常に、妻の味方でなければなりません。妻は、全く違う家庭から嫁に来て、他人と家族になろうと、けなげに頑張っているのです。夫が味方になってあげないと、居場所がなくなってしまいます。

自分の母親の悪口を聞くのは辛いかもしれませんが、
うちの母は、昔からそういうところがあるんだよ。君には苦労かけるね。ごめんね。
となだめてもらうだけでも、妻の気持ちは少しは落ち着くのです。

ただ話に耳を傾けてくれるだけでも、妻にとっては大きな助けになります。
自分が妻の味方になってしまうと、母親が辛いのではないか・・・と思ってしまうかもしれません。ですが大丈夫です。父親が健在なら、母親にとっての夫、父親が母親の強い味方となってくれているはずです。

それに、もし、あなたが妻の味方をしたとしても、あなたと母親は血がつながった親子。離れていきようがありません。ですが、妻は、嫁姑問題に耐え切れなくなったとき、最悪「離婚」という選択肢を選んでしまう可能性もあるのです。

引用元-−-nanapi

経験談から学ぶ、これから同居する場合にすべきこと

より良い同居ライフのために、事前の話し合いはシビアに

いろいろと苦労話をお伺いしてきましたが、一方では「共働きなので、家事支援はとても助かっています。食事にしても、いつも出来合いのものではなく、手作りの食事を頂けることは、健康面から考えればベスト。留守中も、義母が居てくれるので、安心・安全ですから、同居の良い部分もたくさんあるんですよね。」と話して下さるAさん。決して同居に否定的なわけではありません。そこで、これから同居をする方へのアドバイスをお願いしました。

Aさんは、「なんとかなる」と同居を始めてしまったのが、一番の問題点だったと振り返ります。「生活とは、当たり前ですが毎日の暮らし。生活リズムの違いや、価値観の違いは予想以上にストレスが大きいもの。同居をスタートする前に、キーマンである夫とお義母さん全員で、お互いの不安要因は全て洗い出すくらいの勢いで、真剣に話し合えばよかった」と反省していました。

例えば...

・同居をした場合の「良い点と悪い点」をしっかり把握すること。
・その「悪い点」がお互いにとって我慢できるかを慎重に見極めること。
・生活のリズムが違うこと、価値観の違いを認識すること。
・同居に求めていることが何か?イメージをすり合わせること。
・実際の生活をイメージして間取りを考えること。

など、具体的に意見を交換し、イメージを共有することが肝心だったと、今なら確信できるそうです。「この様な話し合いを事前にしておけば、どんなスタンスで同居に臨むのかが明確になるし、お互いの性格や相性も見えてくるため、この人と上手く同居していけるか否かの予想もたつと思うんですよね...。」と、Aさんがしみじみ話していたのが印象的でした。

引用元-−-AllAbout

嫁姑問題を起こさない同居の秘訣とは?

(1)親世帯と子世帯の生活スペースを分ける

嫁と姑では、料理の味付けも違えば洗濯の仕方も違うものです。しかし、お互いの生活スペース、家事空間を分けられる二世帯住宅ならば、ほど良い距離感の中で協力し合って暮らせます。

(2)子育てを共にし、孫を通じて良好な関係を構築する

最近の二世帯住宅では、親世帯のリビングに孫の勉強スペースを設けたり、孫の部屋を親世帯と子世帯の中間に設置したりといった、親世帯と子世帯で孫を一緒に育てるケースが増えています。協力して子育てすることで、自然と良好な関係を築くことができるようです。

(3)過剰な干渉を避け、相手に「気兼ね気苦労」は感じさせない。

義母との同居を続けるうちに「思ったよりも気を使わなくても良くなった」と感じる人の95.2%が、義母と「仲が良い」、「まあ仲が良い」と回答しています。我慢は長続きしないものです。二世帯同居で嫁姑の良好な関係を築くには、相手に必要以上に気兼ねさせないことも、重要な要素と言えそうです。
(データ出典:http://www.atpress.ne.jp/view/32951)

(4)困ったら助け合う

同居の大きなメリットは、お互いに協力し合えることです。遠くにいたら分からないことも、一緒に暮らしていれば一目瞭然です。いつでも両世帯同士が「助け合いの気持ちを強く持つこと」。これも円満同居の秘訣の1つです。

引用元-−-失敗しない二世帯住宅

同居が上手くいくための間取り 5つの鉄則とは?

【鉄則1 一階を若夫婦、二階を親夫婦に!】

「老夫婦が一階に住むメリットは階段の上り下りがない、それだけです。昔は、エレベーターは夢でしたが、この1~2年で200万円からと、手に入る現実的な価格帯となりました。概して二階のほうが日当たりも風通しもよく、朝日が差すので二階で元気に過ごしてもらいましょう。深夜に出入りのある若夫婦は足音を気にすることなく暮らせます」

【鉄則2 水回りと親の寝室は離してつくる!】

「夜遅くにお風呂に入っていたところ、舅や姑から『うるさい』と言われて気を使い、深夜に入浴できなくなったお嫁さんがいました。互いに生活時間帯を邪魔せず気分よく過ごすために、お風呂など水回りは、親世代の寝室から遠くに配置しましょう」

【鉄則3 老夫婦には広い収納スペースを!】

「老夫婦の思い出の物を捨てなくてもいいように収納を広めにつくってあげるのが、思いやりになります。その場合、天井や床下収納など、すぐに出し入れできなくてもかまいません」

【鉄則4 キッチンは共同でも、老夫婦にはミニキッチンを!】

「ある家族の場合、お姑さんの部屋の押入れ部分をミニキッチンにリフォームして、気兼ねなく友達を呼んでお茶を楽しめるようにしました。お湯を沸かしたり、軽食をつくれるスペースで十分です。親世代のミニキッチンがあると互いのライフスタイルがキープできます」

【鉄則5 洗濯機、ポスト、テレビは分けて!】

「必ず分けたほうが幸せになる必需品が3つあります。1つ目は洗濯機。洗濯の仕方は人によって違いプライバシーにも関わります。次はポスト。あるお嫁さんはいきなり姑から、『こんど同窓会があるのね?』と言われ嫌な気分になったそう。最後はテレビ。リビングは力の強いほうが占領し、弱いほうが寝室に引きこもりがちに。寝室のテレビやワンセグではダメ。3畳でいいのでミニリビングをつくりましょう。

引用元-−-女性自身

関連記事はこちら

 - 同居・嫁姑問題

ページ
上部へ