オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

子供の自転車を保管するのに適した場所はここです

2015.12.6

子供は少し大きくなると自転車を欲しがります。

それは、子供にとって大きくなった証しだとも言えます。

しかし子供の自転車置き場に困っている親も少なくないでしょう。

今回は子供の自転車を保管するのに適した場所を紹介しましょう。

子供の自転車を室内に保管する場合

子供用の自転車は、大人用に比べて保管する場所をとりません。特に幼児用の場合はそうです。しかも、外に置くのと違って盗まれる心配もありません。確かに、小さい幼児用の自転車なら、盗もうと思えばカギがかかっていたとしても簡単に持って行かれるでしょう。

そう考える親は、子供の自転車を室内で保管することになるでしょう。なお、このとき玄関にそのまま置いたのであれば、家の出入りになにかと邪魔になってしまいます。そんなとき、自転車を置くラックを利用すると良いでしょう。そんなラックは、自転車の転倒防止のために様々な工夫をしています。倒れないように棒で支えるタイプや、壁に固定するタイプなど。興味がある人はネットで調べてみてはいかがでしょうか?

子供の自転車を屋外で保管する場合

室内で保管できないようであれば屋外で保管することになるでしょう。もしもガレージやカーポートがあればそこで保管することになるでしょう。しかし、そうでない場合は雨対策を考えなければいけません。そうでなければ、雨に当たってすぐに錆びが出たり故障の原因にもなるでしょう。

そんなときに活躍するのが自転車カバーです。これなら、子供が気に入っている自転車を雨やホコリから守ってくれるので安心して保管することができます。この時、注意しなければいけないことがいくつかあります。

まず、完全防水かどうか確かめましょう。完全防水であれば雨が自転車に当たる心配はありません。しかし、そうでなければどうしても雨は自転車に当たってしまいます。特に、自転車カバーが布やシーツを縫い合わして作られている場合は、縫い目から雨水が侵入することも考えられます。また、自転車にカバーをするときは、くぼみが出来ないように注意しましょう。くぼみがあるとそこに雨水がたまってしまいます。

これ以外にも、屋外で自転車を保管する場合は防犯対策が必要です。チェーン等で固定して盗まれないようにしておきましょう。

長期間自転車を保管する場合

なんらかの事情で子供が自転車に乗らなくなった場合には、それを処分するのでなければどこかに保管しておく必要が出てきます。そういうときは、まず室内保管を検討しましょう。先に説明したように、室内なら盗難に遭う心配もなくなります。

倉庫などの保管場所があるのならそこに保管しましょう。そのとき、自転車を大きなビニル袋の中に入れておくと良いでしょう。自転車がホコリをかぶることもなくなります。

もし、室内に自転車を保管する場所がなければ屋外で保管することになるでしょう。そういうときは、まず雨対策を考えましょう。できれば、雨の当たらない軒下等に置くのが良いでしょう。また、自転車に直射日光が当たるのもよくありません。日陰で保管するようにしましょう。

そのときは、自転車を新聞紙で包みましょう。そして、ブルーのシートで自転車全体を覆います。そうして中に空気が入らないようにしておけば自転車の錆び防止にもなります。もちろん、先に説明した盗難対策を講じておくことも重要です。

高価な自転車を保管する場合

自転車といってもピンキリ。スーパーなど売っている数千円の物もあれば、数万円するのもあります。特に子供を乗せる電動自転車になればかなり高額になります。一戸建てに住むのであれば、室内や屋外に保管することもできるでしょう。しかし、マンションに住んでいる場合はそうもいきません。どうしても、共有の自転車置き場に置くことになるでしょう。しかし、そうなれば盗難が心配。しかも、子供達のボール遊びで自転車が壊されるのではなかと心配もするでしょう。では、どうすれば良いのでしょうか??

そういうときは、自転車置き場の端に置くと良いでしょう。できれば壁に立てかけるようにしましょう。自転車置き場の中央にそんな高価な自転車を置いておけば、どうしても目立ってしまいます。そうなれば、不心得物の餌食にもなってしまいます。しかも、中央だと子供たちのボール遊びの餌食にもなってしまうでしょう。下手をすればボールが当たって自転車が倒れることにもなるでしょう。

マンションで自転車を保管する場合

マンションに住んでいる場合、自転車を部屋の中にまで入れることは大変です。先に説明した共有の自転車置き場を利用することになります。そのとき、自転車置き場が満杯で置けない場合、他の空きスペースに自転車を置いてもいいものなのでしょうか。

多くの場合、マンションの管理組合との取り決めで決まっているでしょう。仮にそんな取り決めがなくても、空きスペースがあるからといって自転車置き場以外に勝手に自転車をおいてはいけません。空きスースでもマンション住人の共有部分です。個人の勝手な判断で使わない方が良いでしょう。後で思わぬトラブルになることも考えられます。

まとめ

自転車を室内で保管する場合でも、屋外で保管する場合でも、それぞれに注意すべき点がありました。また、マンションの自転車置き場を利用する場合にも注意すべき点がありました。たかが子供の自転車と甘く考えてはいけません。自転車置き場を利用する場合も、決められたルールはきちんと守りましょう。

 - 育児・子育