男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

小学校の先生と付き合う時 彼女に対して出来ることとは?

      2016/03/18

小学校の先生と付き合う時 彼女に対して出来ることとは?

”小学校の先生”は、男性側から見て恋愛・結婚相手として人気の職業だと言われています。

しかし、その仕事の特殊性から、小学校の女性教師の未婚率は高い傾向もあるのが現状です。

もし小学校の先生と付き合うのであれば、彼氏として彼女に出来ることは何なのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


好きになった女性が小学校の先生だった! 恋愛に支障はある?

合コンや友達の紹介などで知り合った女性が小学校の先生だった――。そんな時、あなたは彼女との恋愛に躊躇しますか?

恋愛の初期、特に気になる・好きになるかどうかという時点においては、男性は女性のバックグラウンドにあまり重点を置いてみることは少ないようです。が、実際に恋愛関係に発展していくと、”小学校の先生”という彼女の立場が、様々な形で障害物となって立ち塞がることは、否定出来ない事実でもあります。

小学校に関わらず、女性教師の未婚率は、男性教師に比べて倍以上(男性教師が7.3%に対し、女性教師は16.1%)というデータもあり、女性教師は結婚し辛い環境であるのが分かります。

一方で、女性教員といえば(私立を除き)公務員であるため、技術職であること・安定した収入が期待できること・福利厚生が充実している事などから、結婚相手として男性から人気の職業でもあります。

人気の職業なのに、何故未婚率が高いのか。ここにもやはり、”小学校の先生”という立場が問題になっていることが多いようです。

彼女が小学校の先生だと、恋愛に割ける時間がない?

何故、彼女が小学校の先生だと、恋愛に障害があるのでしょうか?

まず第一に、その仕事の多忙さが挙げられます。

一般的な小学校の先生の一日はどんなものか、簡単にですが見ていきましょう。

まず、朝が早いこと。小学校の登校時間を考えると分かるように、朝8時前には学校に着いている必要があります。逆算すると、朝6時には起床している必要があるわけです。

その後、ずっと学校内で業務(授業等)をこなし、児童を下校させるのが午後4時頃。が、その後も職員会議や翌日の準備、学校行事の準備と、仕事は山積みです。

退勤時間を過ぎても仕事が終わらなければ、家に持ち帰って仕事をする必要もあり、就寝時間は夜中の0時という生活もザラにあるのだとか。

”休日”も、決してカレンダー通りにあるわけではありません。クラブ活動を担当していれば、土日の練習や試合に出ることもありますし、夏休み・冬休み等の長期休暇中も、出勤して仕事・教員の研修会への参加…と、休めるわけではないのです。

他の職業に就いている女性のように、仕事終わりに待ち合わせてデートや、有給を取って二人で旅行!ということも難しいのがよく分かるでしょう。

彼女が小学校の先生だと、結婚後の生活が難しい?

そうした忙しさの他に、小学校の先生をしている女性との恋愛の壁に成り得るのが、結婚に関してです。

小学校の先生であれば(問題のある一部の教師を除き)、人柄や社会的な立場などは問題にならず、むしろ逆に”しっかりした人”といういいイメージがあるため、周囲に反対されることはほぼないでしょう。

が、自分たちの子供を持とうとすると、他の仕事に就いている女性よりも、その時期やタイミングがとてもシビアになるのが一般的なようです。

高学年の、特に受験を希望する生徒が多くいるような児童の担任である場合は特に、その任期の途中での産休取得に対して、児童の保護者からのバッシングを受ける可能性が否定できません(信じがたいことですが、そうした女性教師に対して「計画性がない」「無責任だ」と非難する保護者は少なくないのだとか…)。

また、おめでた婚に対する目は、その性質上、他のどんな職業よりも厳しいものです。

このようなことが、小学生の先生との恋愛、その後の結婚を難しくしている原因と言えます。

小学校の先生と付き合うために、男性に求められるものとは?

もし、彼女が小学校の先生という職業に就いているのだとしたら、付き合っていく上で男性に求められるものは何でしょうか?

まずはとにかく”仕事に対する理解”が必要です。

忙しい中、やっと手に入れたデートの機会。そうしたものが、学校での問題でキャンセルになることが多々あるでしょう。

しかし、彼女が悪いわけはありません。彼女だって、彼氏とのデートを楽しみにしていないはずがないからです。そんな時「いいよ、頑張ってきて」と心よく背中を押せなければ、彼女と付き合い続けることは難しいと言えるでしょう。

次に、”彼女の都合に合わせる柔軟性”です。

小学校の先生は一般的な人に比べ、”仕事”の拘束時間が長いことや、休みが取り辛いことに触れました。休日のデートだけでなく、平日の連絡にしても、男性が望むようなレスポンスは期待できないと言っていいでしょう。

それに加え、異動・転勤などの業務命令により、二人の物理的な距離が開いてしまうこともあります。

そうした仕事の特殊性に、男性の方が合わせるだけの柔軟性が求められます。

厳しい仕事を頑張る彼女の支えになろう

そして忘れてはいけないのが”彼女を受け止めるだけの包容力”です。

子供という、生きている人を教え、導くのが教師の仕事です。まだ自我がしっかり定まっていない年頃の子供を相手にすることは、どんなに子供が好きな人でも、時に大きなストレスになります。

また昨今はモンスターペアレンツと呼ばれる、非常識な保護者が問題になっています。こうした人達の攻撃になるのが、学校の先生です。

そんなストレスに晒されている彼女を、どっしりと構えて支えるだけの度量が男性側にないと、交際はおろかその後の結婚は難しくなるでしょう。

”小学校の先生”である女性が、とにかく男性に求めるのは、仕事に対する理解だと言われています。

彼女との恋愛を考えるのであれば、彼女の”先生としての顔”を、本当の意味で理解し、受け止めてあげましょう。

好きな人が背中を押してくれる・支えてくれるという確信は、女性にとって他のどんな事よりも励みになります。

是非、彼女の力になってあげましょう。

関連記事はこちら

 - 恋愛の心得

ページ
上部へ