男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

年上女性に恋をした! 彼女が既婚でも惹かれてしまう理由とは

      2016/03/18

年上女性に恋をした! 彼女が既婚でも惹かれてしまう理由とは

”熟女好き”や”美魔女”なんていう言葉で揶揄されてしまいがちですが、

年上の女性に惹かれる若い男性や、彼らより年上、かつ既婚でありながらも、

若い男性の心を掴んで離さない女性は存在します。

既婚の年上女性の持つ魅力、そしてそれに惹かれる男の心理についてまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


一回りの歳の差も気にならない! こんな年上の人妻にハマる…

■とんでもなく美人、容姿に自信あり

一回り以上年下の男性にアプローチされる人妻は、容姿が一際美しいことがほとんどです。

大抵、実年齢よりも10歳以上若く見られています。

それに加えて女性自身も、自分の容姿に自信があります。

普通の女性であれば、一回り以上年下の男性からアプローチがあっても相手にしないものですが、容姿に自信のある女性は自分の魅力をよく理解しているので、それをいきなり撥ねつけることはありません。

若い時から男にチヤホヤされるのに慣れているし、年を重ねた今でも、心の何処かでそれを欲している場合がほとんどです。

男のアプローチを断らずに楽しむ傾向が人一倍強いので、そこから恋愛(不倫)に発展するチャンスがあるのです。

■肉食系女子の先駆け

近年、若い男性を虜にしている人妻達は、若かりし頃にバブルを経験してお金も時間も掛けて、遊びつくした45〜50歳位の女性がほとんどです。

この世代の女性は恋愛だけでなく、仕事にも積極的で自分の欲望に対して忠実で、着飾って美しい外見とは裏腹に、親父パワーを秘めている傾向が強いものです。

今で言う、肉食系女子の先駆けでしょう。

子供も旦那も一段落し、再び恋愛を楽しみたい時期に若い男性からのアプローチがあれば、絶対に逃さないし、自らもそのチャンスを伺っているはずなのです。

引用元-−-エキサイトニュース

優しく受け入れてくれそうな年上女性に惹かれてしまう

清楚さと上品さと色気

30代半ばの既婚女性が知り合いにいるのですが、その女性のしぐさや雰囲気に魅了されています。とにかく、立ち振る舞いに品があるというか、言葉づかいが丁寧で、女性らしくていいんです。
上品な食事のしかた、イスから立ち上がる姿、髪をかきあげたときの首筋に色気を感じたり、しゃべり方も落ちついたトーンで、とにかく女性らしさというか大人の色気を感じてしまい、もうたまりません。(25歳 サービス業)

★30代後半を過ぎた女性は、若い女性には真似できない母性と独特の色気がにじみでてくるようです。化粧やファッションというレベルではなく、内面から湧き上がってくるものですね。

しかし、年齢を重ねていれば誰でも上品さや色気があるかというとそうではなく、やはり「いつまでも女性でいたい」と日頃から意識していないと出せない部分もあるような気がします。

年上女性好きのアンテナに引っかかりやすいのは、「さあこい!」という姉御肌タイプよりも清楚かつ上品さをかもし出し、優しさで受け入れてくれる雰囲気を持った女性であるケースが多いような気がします。

引用元-−-女性の美学

年上の既婚女性に惹かれる男は3つのタイプに分けられる!?

既婚女性に惹かれる男のタイプ「マザコン」

男性なんて女性から見れば皆マザコン、そのため自分がマザコンかどうかを判断する事は難しいかもしれませんが、以下の事に心当たりのある方はマザコンである可能性が高いと思われます。

・付き合った女性は全員年上
・母親に対する異常な執着がある
・年上の女性といると落ち着く
・若い人より年上の女性が気になる

という方です。

年上の女性を好きになることも、その人と結婚を望む事も悪い事ではありません。

ただ、その相手が既婚者であるかどうかをそれ以上気持ちを進める前にしっかりと確認しなければなりません。

既婚女性に惹かれる男性のタイプ「ナルシスト」

なんだかんだいって誰よりも自分が好きな人は、年上、さらには既婚者の女性を好きになる傾向にあります。

なぜなら精神的に大人でゆとりのある既婚者は、年下の男の人のことを同等に見るのではなく低く扱う事が出来るからです。

大きな包容力で何もかも許してくれる女性のことをナルシストの男性は好む傾向にあります。

そのやさしさを愛だと勘違いし、好きになってしまう事もあります。

ただ彼女たちがあなたに向けている感情は、恋愛ではなく弱いものに向けるやさしさである事を認識しましょう。

すべての気遣いを捨てさせてくれる年上の既婚者は居心地の良い場所かもしれませんが、それは本物の愛ではないことをすぐに気づかなければなりません。

既婚女性に惹かれる男性のタイプ「自分勝手」

自分の意見ばかりを通そうとする男性も年上の既婚女性を好きになる傾向にあります。

なぜなら、同年代の女性には通用しないわがままも、年上で既婚者という精神面にゆとりのある女性なら受け止めてくれるからです。

自分のわがままがすべて通るのですから、それ以上に最高の環境はないですよね。

引用元-−-不倫から抜け出す方法

自分でも気付いていなかった… 年上の既婚女性に甘えたい理由

69b585ab396a6f328b4f4b888d8a5305_s

若い女子が年上の男性を好むことで証明されていますが、なんとも若い男子というのは頼りがいのないものです。

「女性をリード」したり、「甘えられること」にあまり慣れていない人が多いようです。

そのため「女性と付き合うことに自信がありません」。

悪い言い方をすると楽をしたいんです。

同世代や年下の女性をリードできないことはとても恥ずかしいことと自覚しています。

しかし年上の女性になら引っ張ってもらってもいいのでは?

そんな怠け者な考え方の表れなのではないでしょうか。

そして年上女性との交際が続くとさらに「何でもしてもらおうという欲」が膨らんでくるようです。

引用元-−-Sugar Daddy

独身の女性と交際をすると結婚を考えなければいけない時期がきます。
でもまだまだ結婚なんて考えれない。

できるなら「もっと遊びたい」と思っています。

同世代や年下の女性はどうでもいい話をよくします、どこかへお出かけしたがります。

そして甘えたがります。

これはどれも鬱陶しく感じてしまいます。

もう何もかもがめんどくさいのです。

その結果行き着くところが年上既婚女性。

引用元-−-Sugar Daddy

年上+既婚だからこその心遣いに、夢中になってしまう鍵があった

大人の女性の優しさを求めてしまう

ある程度、人生を経験している既婚女性には、未婚女性には無い優しさがあります。何をしても許してくれたり、優しい言葉をかけたりしてくれます。そうすると、男性は心を癒してもらう為に何度も会いたくなります。

スキンシップの仕方が上手い

膝枕をしてくれて、男性の頭を優しく撫でてくれたりします。子供の頭を優しく撫でてあげるようにしてくれて、そのテクニックに嵌ってしまうのです。会話をしていても手で優しく手を掴んでくれたり、膝を撫でてくれたりして男性の心を掴んでしまうのです。

何かと気をつかってくれる

既婚女性は、服を着る時にも襟を直してくれたり、起きる前にシャツのシワをアイロンで伸ばしておいてくれて折りたたんでくれたりします。男性が起きる時には、栄養バランスの良い温かい料理を作っておいてくれたりします。
夫のいる既婚女性は、男性が仕事で疲れていればその癒し方も知っています。そんな気を使ってくれる既婚女性に、男性はより嵌ります。

わがままな言葉や傷つく言葉を言わない

よく未婚女性の場わいには、男性に何かとわがままな言葉を言ってしまいがちです。思い通りにいかないと、傷ついてしまう言葉をズバッと言ってしまうのです。

引用元-−-AllAbout

年上の女性に恋をした… どうすれば付き合える?

◎ 弱さを受け入れて頼れる存在になる

年上女性も普通の女性です。

強く見えても弱いところが必ずあります。

そんな弱さを受け入れられるかどうかが年下男性にも求められます。

とはいえ、ありのままの彼女を受け入れられるならそれでいいのです。

背伸びしてアドバイスするのではなく、彼女の話を聞いてあげてることが大事です。

「気づいたらいつも彼に話してるな…」と彼女が気づいてくれたら成功です。

◎ 男らしさと可愛さのギャップを見せる

年上女性からすると、やはり年下男性は可愛いところがあります。

ですから甘えてみたりしてもいいでしょう。

しかし、それだけでは女性は物足りなくなります。

時には男らしくリードすると、「頼もしい」とドキッとします。

ギャップは恋には必要です。

可愛らしさと男らしさを交互にだすと年上女性はキュンとするでしょう。

◎ フットワークは軽く

「これから飲まない?」と突然誘われたら、「いいですよ」とフットワーク軽くOKしましょう。

年上女性にとっては気軽に誘える相手が年下だったりします。

年上が相手だとやはり遠慮したりしますからね。

気軽に誘ってくれるということは気を許してくれているということです。

断る場合でも「次はいつ誘ってくれます?」「こっちから誘ってもいいですか?」と少し押しを強くして、会いたいアピールをするといいでしょう。

引用元-−-Peachy

ただし、この恋は不倫。 支払う代償は大きいことを肝に銘じよう

慰謝料は、有責者が支払うものです。
その額は様々です。
謝るためのお金ですから、額も大きいし、仮に働いていない側がしていた場合、財産全てを失うこともあります。

それくらい重いものです。

その後の生活はどうしたらいいかなど、された側にとってはどうでもいいのです。
また、不倫は相手がいることなので、そちらにも請求をすることができます。

ただ、お金をもらっても、どんなに謝られても、傷ついた人の心は、なかなか元気にはなりません。
もし、離婚せずいたとしても、またするだろうという疑念はつきものですし、きっとお互いが幸せでいられる夫婦は稀でしょう。

たった一度の不倫が不倫をした側、された側、不倫相手の人生をボロボロにしてしまうことすらありますし、遊びだった不倫をいまだに公開し続ける人も決して少なくありません。

不倫という行為の影には必ずこのような代償の影が潜んでいることを忘れないでおきたいものです。

引用元-−-こいぴた

関連記事はこちら

 - 不倫

ページ
上部へ