オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼女との喧嘩に備え、身につけておきたいオトナの謝り方

2015.5.29

彼女との喧嘩をいち早く終息させるには、彼氏側が折れて謝ることのほうが多いそうです。

でも、喧嘩のきっかけが明らかに彼女の場合を除き、他は謝るのがこちらというのは承知できない!と思うのも当然のこと。

ただ、「謝ったもん勝ち」という言葉もある通り、オトナの男として株を上げる謝り方は、覚えておいて損はありません!

恋人と喧嘩した時、謝る割合が高いのは男だった…

■女性は謝り方に作戦あり

「ケンカしたら自分から謝りますか」の問いに「はい」と答えたのは、
男性 75%(324人中243人)
女性 59.6%(676人中403人)
でした。
この結果を見ると、男性の方が謝る割合が高いようです。しかし、男性と女性では謝り方にも違いがあります。

男性がどのような謝り方をするかといえば、
「とにかく折れるようにします」(27歳/男性)、「とにかくごめん」(22歳/男性)と、理由や内容を問わず「とにかく」、「ひたすら」、「取りあえず」謝ることでなんとか雰囲気や気分を変えようと試みているようです。

一方、女性の謝り方はといえば、
「素直にごめんね、と言う」(31歳以上/女性)、「ストレートに謝る」(28歳/女性)、というように答えた人が圧倒的でした。
そのほかには、「料理を作る」(23歳/女性)、「延々と泣く」(25歳/女性)のように、「作戦」による謝罪方法が、男性よりも多く見られました。

■謝らない男、許さない女の言い分

また「謝らない」人の言い分も、男女で異なります。

「謝らない」場合でも、男性の場合は「時間が解決」(30歳/男性)、「自然に解決する。時間がたてば仲直りする」(24歳/男性)、「なんとなく自然と」(28歳/男性)というように、あまりケンカ自体を真剣にとらえていないために謝らないという人が多く、「一方的に怒って謝らせます」(31歳以上/男性)と答えたのは81人中わずか5人にすぎませんでした。

しかし、女性で「謝らない」人の場合は許すまでの壁が男性よりはるかに厚いようで、
「花束を持ってきて、ひたすら謝られたら許すかもしれない」(29歳/女性)、「許すなんてありません。ケンカするときは別れてもいいと思っているので」 (24歳/女性)、「相手が謝ってくれたら仲直り。何もなければもうかかわることはありません」(27歳/女性) という厳しい意見が見られます。

引用元-−-マイナビニュース

彼女と喧嘩した時、謝るのはどちらから?

「恋人とケンカ。先に謝るのは?」ランキングで1位になったのは《ケンカの内容による》でした。

ケンカの内容や理由を振り返って、自分が悪いなと感じたら謝るタイプの人が多いよう。

《100%自分から》謝ってケンカを収める方法もありますが、納得していないのに自分から理不尽に謝ってばかりだとストレスもたまってしまい、良好な関係を築くのに障害が生まれることもありそうですよね。

逆に自分が悪いと思ったら素直に謝ることが大切と言えます。

続いて、2位には《80%自分から謝る》がランク・イン。

全てのケンカで自分が謝るわけではないけれど、謝ってことが収まるならば自分が悪くなくても謝ってしまう、という人もやはり少なくはないのでしょうか。

3位は《半々くらい》、4位には《100%自分から》と、ランキングを見る限りは比較的自分から謝る人が多いようですが、あなたはケンカした際自分から謝ることができますか? できれば避けたいケンカも、一度起きてしまったら、まずはきちんと話し合い、自分が悪いと思ったら意地を張らずに素直に謝る。

それが恋人と長く付き合う秘訣なのかもしれません。

引用元-−-gooランキング

自分に非がない喧嘩でも、こちらが先に謝るのはおかしくはないか?

自分は悪くない!そう思う人もいるかと思われますが、
どちらが悪いとか悪くないとかはあまり問題ではなく、
どちらが先に謝ることが出来るかが重要です。

自分は決して悪くないと思っていても、
先に謝るのが大人の対応というものだと思います。
先に謝れば大抵の場合、相手も謝ってくれます。
お互いに謝ることが出来ればそれ以降、もうその話は終わりにして、
また仲良く付き合って行けることでしょう。

カップル同士のケンカというのは、大抵は些細なことがきっかけです。
そんな些細なことでケンカをしてしまい、せっかく会えたのに、
気分の悪いまま別れるのは嫌ですよね。
なので、先に謝ってその現状を打破してしまった方が、
お互いのためにも良いかと思われます。

引用元-−-CampusMagazine

喧嘩そのものではなく部分的に謝ることでオトナになろう!

PAK74_ookawagomennasai1209500-thumb-1000xauto-3899

◎部分を限定した謝罪から始める
ケンカ全体に関して謝るのはしゃくだよね!
なにもかも全部わたしが悪いみたいになっちゃう!
ってことで、
部分的に謝るってのがいいと思います。

「逆ギレしちゃって、ゴメン」
「感情的になっちゃって、ゴメン」
「ちょっと言い過ぎちゃったね、ゴメン」

みたいなね。

これならそんなにシャクにさわらないでしょ?

だいたいね、
別に謝るのが主目的じゃないんですよ。

「いいかげん仲直りしようよ!」
「冷静になってみようよ!」

ってサインを送りたいってだけなんです。
だから、心底悪いと思ってるかどうかってよりは
謝れるところを探して謝るって感じですね。

そうするとケンカモードから
仲直りモードに変えられます。

引用元-−-たたたのたわごとブログ★恋愛のコツと戦略教えます

大人たるもの、
目先の感情にとらわれず
相互利益を見つめたりしつつ
戦略的に行動しないといかんですよ。

自分にとって何が得で何が損になるのか

そこを見つめないといかんのですよ。

結局先に謝るほうが、
大人としてというか人間的なレベルが高いともいえますし、
謝れるときに謝っておいたほうが、
ある意味、貸しを作れるってこともあるわけです。

引用元-−-たたたのたわごとブログ★恋愛のコツと戦略教えます

彼女と喧嘩になったら、”速攻”がポイント!

とにかく速攻であやまる

よくケンカを長引かせる原因のひとつに彼女が悪いと決めつけることです。

どちらが悪い?となった時に、彼女が悪いのかあなたが悪いのか決めているようではケンカの解決になりません。

ここは怒りをグッとこらえて、まずは【速攻で謝る】ことが重要です。時間が経ってからではなく、【速攻】が大事です。

ケンカがエスカレートしそうになる前に謝るのがベストです。

彼女もこれから怒りが増すぞって時にあなたが速攻で謝ると、調子を崩して怒るに怒れなくなるといった具合です。

もちろん、謝っても彼女の怒りは収まらない時もありますが、早めに謝っておくことであなたは非を認めているわけですから、後々冷静になった彼女もキチンと理解してくれるでしょう。

改善するよう努める

ただ、『ごめん』と言うだけでは効果がない場合もあります。こちらも相手が明らかに悪いのにケンカに発展した場合でも、あなたは紳士的に謝ります。

そして、何がいけなかったのか・次はどうすべきなのかを話し合います。改善する姿勢を見せるとすぐ仲直り出来る場合があります。『私も悪かったわ』と言ってくれます。誠意が伝われば必ず許してくれます。

引用元-−-女性にモテる男になる-男の恋愛講座

恋人同士の喧嘩

次に、恋人同士の間での喧嘩の場合です。もちろん喧嘩したあとすぐにその場で「ごめん」と言えるのが一番いいのですが、大抵は怒りが収まるまで時間がかかるものですよね。喧嘩別れのような最悪の別れ方をしてしまった場合などは特に気を使います。

もし引き続き恋人関係を続けたいのであれば、自分が悪くなくても自分から行動を起こすようにしてみましょう。相手が悪かったとしても、その後大人気ない態度を取ったり暴言を吐いたりしたのなら、こちらも謝る理由があるはずです。

もし直接会うのが気まずいようであれば、最初はメールのメッセージでもいいのではないでしょうか。「昨日は喧嘩になってごめん。話がしたいんだけど会ってもらえる?」
そんな下手に出た態度で謝るなら、きっと相手も心を和らげてくれるはずです。

夫婦間での喧嘩

夫婦間での喧嘩はちょっと厄介です。長年の積み重ねで、相手の欠点や間違いが大きく見えてしまうことがあるからです。それでも効果的に謝る方法はあります。

・「気分を害してしまってごめん」
・「気持ちをわかってあげれなくてごめん」
・「傷つけてしまってごめん」

こうした言葉はたとえ自分に非がなかったとしても使うことができます。こちらが誠実にやわらかな口調で上に挙げたように謝るなら、相手も態度を和らげるかもしれません。

引用元-−-nanapi

彼女の怒りを鎮めるには、彼女の○○を理解することが重要

男と女が喧嘩でもめるときに出てくる言葉が、

「私の気持ち、全然解ってない!」
「謝ればそれで終わりなの?」

と言うようなものです。

これは、自分の気持ちを理解しようとしていないことが伝わってしまうためです。

ですから、今回のように気に障ることを言ってしまったのであれば、まずは、

(1)気に障ったことを謝る。
(2)こんなこと言われたら気に障って当然だと、相手の気持ちに同調する。
(3)そして、それを反省する。

男の人にとっては、この流れってとても面倒に感じるかもしれませんが、言い方ひとつで相手の気持ちも溶かしてくれますので、きちんと伝えてください。

あとは待つ

ここまできちんと伝えたのであれば、あとは待てばいいです。なかったことにするのではなく、程よい距離を保ちつつ、相手の状況に応じて対応していってください。

そして、それでも相手の態度が変わらないのであれば、その程度の女と思ってください。むしろ、良い感じになって付き合うように……となってからも、似たようなことが必ずあります。

引用元-−-恋愛.jp

 - 仲直り・あやまり方