男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女と結婚を考えているけど、本当に彼女でいいか不安

      2016/03/18

彼女と結婚を考えているけど、本当に彼女でいいか不安

付き合っていた彼女と結婚を考え始めると今まで気が付かなかった事に気が付きます。

それは当然です。

今までは、恋人としての彼女ですが、結婚相手となると生活を供にと考えるので、より現実的になります。

そういった不安の正体や解消法について説明します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

スポンサーリンク


彼女との結婚が不安になる場合

マリッジ・ブルーという言葉があります。

これは結婚前に情緒不安定になったり、将来に不安を覚えたりすることです。

マリッジ・ブルーなる人とならない人はいますが、これは女性だけでなく男性もなる人がいます。

本来なら幸せな気持ちのはずの結婚で何故、こんなになってしまうのか?
その多くは変化に対する不安です。

結婚はライフイベントの中でも、出産と並ぶ人生最大のイベントです。

そして生活が一変します。

今までは自分が生活の中心でしたが、結婚すると全てにおいて自分が中心という訳にはいきません。

相手のやり方を尊重したり、相手の意見を聞いて自分の意見を控える場合ももちろんあります。

特に男性にとっては、「自由の終わり」という側面が強く、今まで友人と夜通しで飲んでもよかったし、給料の大半を趣味に費やしても誰にも文句を言われなかったのに、今後はそういう訳には行かなくなります。

また、家庭を持つという責任も掛かってきますので、それがプレッシャーという人も当然いるのです。

結婚が不安になる彼女の特徴

マリッジ・ブルーの一種といってもいいかもしれませんが、この相手で本当にいいかと男性が不安に思う女性がいます。

恋している時はそれが魅力なのですが、実際生活を供にするには問題があるという事です。

例えば生活感のない女性です。

あまり過去の事や、生活の事、家族の事など話さない女性は恋人としてミステリアスでいいのかもしれませんが、結婚後に突然衝撃の事実が発覚というのも困りものです。

また金銭感覚が違っている女性というのも、結婚後のトラブルのもとになりますので不安にあるでしょう。

有体に言えば金遣いが荒いということです。

生活にはお金がかかりますが、それを全く気にせずに生活している女性というのはどんなに愛していても生活するには、ハードルが高くなります。

そして、天然でドジな女性。

付き合っている頃はそこがかわいいと思っていても、実際生活すると何もできないとなると、かわいさよりも苛立ちの方が強くなりそうで不安に思って当然です。

彼女との結婚で不安に思う事

平成の今は、結婚といっても家同士というよりは本人同士の婚姻という側面が大きいでしょう。

とはいえ、お互いの肉親や親せきを全く無視する訳には行きません。

特にお互いの両親と上手くいかなそうなカンジだと結婚はどんどん不安になってきます。

例えば、彼女自身はいい人でも、その両親もいい人とは限りません。

ちょっと常識はずれの人だと、ずっと付き合うのも厳しいと感じるでしょう。

また逆に親子関係が近すぎるというのも、結婚を不安に思わせる一因になります。

彼女が親にべったりで、なんでもかんでも話していて、結婚しても頻繁に里帰りして、結婚しているのにあまり一緒に暮らしてなかったり、なんでも自分の親優先で、相手の親を大切にしてくれないとなると結婚生活自体上手くいかなくなってしまいます。

とまた、人には相性というのがあります。

「悪い人ではないんだけど…」という言葉で相手について説明を始める場合は、十中八九相手の事が好きではありません。

その言葉でお互いの親や兄弟姉妹について話すとなると、相性が悪いということも考えられます。

両親を含めた親戚との人間関係が上手くいかなさそうだと、やはり結婚自体が不安になります。

彼女が子供を育てられるか不安

結婚するということは、いずれ子供をと考える人が多いでしょう。

しかし、子育が生まれれば、結婚した時以上に生活は一変します。

何故なら今度の生活の中心は、子供だからです。

自分の事は二の次、三の次になります。

女性には母性本能があり、子供を産めば自然にその本能が目覚めると思っている男性がいますが、実際はそんなことありません。

子育て出来るかどうかは、その人の本質によります。

生まれた子が皆可愛いですが、自分より優先できるかどうかが問題で、優先出来る人ばかりとは限りません。

ただ年齢は高い方が、子供を優先できる可能性は高くはなりますが、それも絶対ではありません。

10代や20代で子供を産んでもきちんと子育てする人もいますし、40代になってんでも、子育て出来ない人はできません。

ただこれも、実際その場合になってみないと判らないのですが、男性から見て「この人子育てしなさそうだな」という女性とはやはり結婚は不安になるでしょう。

彼女との結婚を不安に思った時の解消方法

まずは何が不安なのか、原因を突き止めます。

そしてもし彼女と直接話すことによって解消する内容であれば、お互いに話し合いましょう。

不安も名前をつけて形にすることで解消されることがあります。

また、彼女に相談できない内容であれば、友人や親など誰かほかの人に相談します。

不安というのは口に出さなければどんどん大きくなっていきます。

逆に口にだすことによって、その以外の小ささにびっくりすることもあるくらいです。

また結婚は確かに人生最大のライフイベントですが、それを意識し過ぎると、逆に不安になるので、いっそ考え方を変えて「二人の日常の延長」と考え直してしまうのも一つの手です。

新しい生活ではなく、いままで過ごした二人の時間が長くなると考えるのです。

何も知らない人と結婚する訳でないのですから、新しい側面もあれば、知っている側面だってあるのですから。

また、どうしても不安が解消されないのであれば、もう一度何故彼女と結婚するべきなのかきちんと考えたほうがいいでしょう。

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ