男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女の友達に嫉妬!抑えきれない独占欲を制御する方法

      2016/03/18

彼女の友達に嫉妬!抑えきれない独占欲を制御する方法

あなたは独占欲が強いですか?

”あなたが知らない彼女”を知っている彼女の男友達の存在を許せますか?

それとも嫉妬で怒りを覚えてしまいますか?

嫉妬心に捕らわれて、彼女を束縛し、結果彼女を失ってしまうこともあるこの感情を、うまく制御することは出来ないのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


俺の心は狭い…? 彼女の男友達を許せるか否か

■2割の“男友達なんて俺は許さんぞ!”派の本音
約8割の男性は“男友達がいてもOK”という立場をとるものの、内訳を見ると「どちらかというとイヤだけど許す」が約43%で最も多い割合となっています。「口には出せないけれど、実は男友達の存在が気になる……」という微妙な男心も見え隠れしますよね。
また、「特に気にならないので許す」は約37%となりました。
それでは、約2割の「絶対イヤ」な男性の本音から見てみましょう。

「彼女が友達と思っていても、男友達のほうではどう思っているのか全く分からない」
「自分だけを見ていてほしい。自分も絶対、女友達と仲良くなることはないから」
「男友達がいるなんて問題外。即、別れます」

彼女に男友達がいるのはどうしても受け入れがたいという男性は少数派ながら、存在するようです。
女性側も「彼氏が異性と楽しげに話しているのを見るだけで耐えられない!」というくらい独占欲が強ければ、ある意味、win-winの関係が築けそうな気もしますが、そうでもないならば、彼らと付き合うのはちょっと苦労しちゃうかもしれません。

■“特に気にならない”派の本音
「彼女とは信頼関係あってこその付き合いなので問題ない」
「友人が多いのは社交的である証拠。異性の友達が多いのは彼女の人間性を育てることにもつながると思う」
「自分も異性の友達が多いほう。お互い様」
前項の“男友達なんて俺は許さんぞ!”派のまさに対極。男性自身が、性別を問わず交際範囲が広く盛んだと、この派閥に属する傾向があるようです。

■“どちらかというとイヤだけど……”という多数派の本音
「付き合いは仕方がないですが、あまり一緒にいられるのは辛いかな?」
「浮気は心配だけど、束縛し過ぎると逆に敬遠されそう。束縛は自分がされるのもイヤ」
「自分と男友達をくらべられたらイヤだなぁ。その結果、自分を選んでくれればいいと思うけど」
あからさまに「男と関わるな!」なんて言えないけれど、やっぱり気になるものは気になる……というもどかしさが伝わってきますね。

このほか、「彼女やその男友達によりけり」「きちんとオープンにしてくれれば……」「彼女は別にいいけど、結婚相手となると考えてしまう」など、さまざまな条件をクリアしたうえであればOKというコメントも多数寄せられました。

引用元-−-Menjoy!

どんな時、彼女の男友達に嫉妬する?

男友達や同僚と楽しそうに写真を撮っていたとき

お付き合いでの飲み会などで、他の男性と記念写真を撮る場面もありますよね。
しかし、楽しそうに写っていればいるほど、彼が嫉妬してしまう可能性があります。

実際にその場にいないからこそ、写真を見て特別な関係を想像してしまうそう。
写真を撮る時は女性の隣にいるようにするなど、写り方に工夫するといいかもしれませんね。

男友達に下の名前で呼ばれていたとき

親しい友人だったら、下の名前で呼び合うことも珍しくありませんよね。
しかし、2人の関係性を詳しく知らない彼氏がそれを見たり聞いたりしたら、「もしかして特別な関係なのでは?」とつい想像してしまうそう。

口には出さないけど、彼は小さく嫉妬しているはず。
男友達に呼び方を変えてもらうことは難しいかもしれませんが、彼の前では下の名前で呼び合うのは避けたほうがいいでしょう。

職場の男性と遅くまで残業したとき

仕事場の男性とはいえ、彼が共有できない時間を一緒に過ごしていると彼は不安になるようです。
もし男性と2人で残業するようなことがあっても、心配をかけないようどんなメンバーで過ごしたかなどは言わないようにしましょう。

また、仕事のお付き合いで食事を一緒にした時も同様です。

引用元-−-みんなのウェディング

どうして独占欲が強くなってしまうのか…原因は彼女が消えることへの恐怖

彼女はあなたの事が好きで付き合ったのですが
その彼女が他の誰かに奪われそうになると・・・

自分のことを好きになってくれる人が
他の男を好きになる可能性が出てくるわけです。

ここで独占欲が強い人は危険信号が働き
その自分を好きになってくれた女性が
他の男を好きになることは・・・

自分を好きになる女性がいなくなることによって
自分のこれまでの自信の源になるものが失われる
感覚を感じるわけです。
つまり自分を支える「何か」が壊されるんですね。

そして、それを守るために防衛をするために
自分が正しいことを証明しようとあらゆる手を
使うわけです。

つまり、独占欲っていうのは自己愛とか自信とかを
失う時に感じやすく・・
さらに
「その自信や自己愛を支えるものを失われる状況」
によって生み出されるパターンが多いんです。

そして、
独占をする行動や態度という
「思考パターン」
からうまれる可能性が非常に高いんです。

例えば、
やられたらやり返せ!
取られるのならとられないように守る。
正しくないなら正しいと無理矢理でも認めさせる。
という感じですね。
奪われないためには奪われないように
縛り付ける方法しかない!

というように。

引用元-−-ラブ・スナイパー

自分に独占欲はない!という人も、実際は…?

「いやいや、自分はそんなことない。相手には自由にさせてるよ」という方。本当に、心の底からの自由を相手は感じていると思いますか?

独占欲が全くない、というのは個人的には嘘をついているのか、相手に全く関心が無いかのどちらかだと思っています。

というのも、こんな経験をしたことはありませんか?

あなたが何か失礼な発言をした時に、相手が「いやいや、全然怒ってないし」という、あからさまに発言とは逆の態度をしている瞬間を見たことがある方は多いと思います。それならそうと言ってくれればいいのに、逆の発言をされることでかえって怒っていることが際立っています。あなたもまた、「やばい、これはかなり怒っているな……」と容易に判断することでしょう。

これと同様に、自分の本心とは逆の態度を取ることで、相手の気持ちをコントロールしようとする。これもまた、独占欲の成せる技術です。

自分は全く相手を独占していないと思う人は、恋人に聞いてみてください。相手が100%の自由を感じていれば、きっと最高に気持ちよくそう答えてくれるでしょう。

「うん、自由だよ」という発言はしてくれるものの、なんとなく心底そう思っているとは思えない形を取っているのであれば……それは、相手の心の声でもあります。

引用元-−-AllAbout

過ぎた嫉妬心は悪い方向へにしか向かわない

嫉妬心を抑える方法は精神面での改善をするしかありません。 性格的に嫉妬をしてしまうタイプの人はなかなか治らないかもしれない。 まず、全てのことが自分の思い通りになるわけではない ということを悟ることです。 仏教で言う「諸行無常」の考え方です。 この世の全ての物事は常に移ろいでいて、変化している。 一定のまま保たれているものなんてほとんどないということです。 彼氏や彼女が自分のコレクションの人形のようにそこに留まったままなわけがありません。 心理的な変化、浮気や不倫、心変わりがあってもおかしくはない。 家ではいいパパだけど、職場の部下と遊んでいたりすることもあります。 一生懸命尽くしてくれる彼女だけど、遊び人の男をキープして二股をしていることもある。 片思い中の相手に告白して振られたけど、後日に再度お願いしたらOKされて付き合えることもある。 カップルが長続きする秘訣は、彼氏や彼女に嫉妬し鎖で繋ごうと執着するのではなく、 自分磨きをして魅力的に光り輝き手放したくない存在になることです。 移ろう気持ちをその場に留めるためには、非常に努力が必要なんです。 嫉妬心は、倦怠期やマンネリ気味のカップルには良い恋のスパイスになることもありますが、 大抵は人間関係が悪い方向へと発展するきっかけになります。

引用元-−-恋愛tanu.com

独占欲の克服1:お互いのルール作り 嫌なことは嫌だと伝えることも必要

N745_koibitowonakashitesimau500-thumb-678x500-2119

彼女が嫌がることを諸君は積極的にしていきたいだろうか。
答えはNOに決まっている。
これは当然彼女も同じで、1番目と2番目で挙げたことを繰り返す内に、彼女の中に諸君のデータが蓄積されて、諸君が嫌がることを避けようとする成長がそのうち見えてくるはずだ。

基本は、男より女の方が真面目なので、ここら辺はより顕著に女性の方が自制を強めることが多い。
また、我々としてはそれを促すように普段の会話を間接的でいいので進めていくことが大事になってくる。
それがしっかり見えてきたならもう一歩踏み込んだ束縛も可能だし、その欲求を持たなくなるかもしれない。
自分から見た彼女の成長を促すためには、まず感情を表に出そう。
直接言葉で言えなくてもそれを繰り返すことで十分くみ取ってくれるはずだし、そうなるように彼女のリアクションに答えていこう。

素直に嫌なことは嫌だという勇気
3で挙げた彼女のリアクション(諸君が彼女の言動に対し不快感を示した後の)に対して意識することはとにかく素直に意見を言うこと。
簡単に束縛していくことは、彼女が自ら束縛されていく状況を表す。
そうなるためには、ちゃんと言うところでただキメるだけだ。
その時に重要なのは、せめてその瞬間は素直になること。
ヤキモチを焼いて不機嫌になる気持ちはわかるが、その原因をはっきり聞かれたのなら、こちらも素直にそのことを話す。
それができていれば、自ずとカップルとしてのルールが諸君の臨む形で出来上がってくるだろう。

引用元-−-3歩下がって歩く彼女の作り方〜尻に敷かない嫁をもらおう

独占欲の克服2:彼女以外にも、興味を注げるものを作る

独占欲を克服するひとつの方法は、それ以外に興味を持てるものを作ること。
子供のころ兄弟や友達の間でお菓子の量をめぐってケンカになったことがないでしょうか。
たとえばクッキーが少しの量しかなければ周りの友達と奪い合いになります。
しかし、クッキーの奪い合いになっているとき、「おばちゃん」がシュークリームやショートケーキを差し入れしてくれたら、一気にクーキへの興味がなくなって、みんなケーキやシュークリームに飛びつくでしょう。
クッキーがたったひとつしかなかったらそのクッキーを独占しようとみんな必死で努力しますが、ショートケーキやシュークリームなど、その他の大好物が目の前にあればクッキーを独占しようとする気持ちは一気になくなります。
というように、独占欲をなくしたければ他の物事に興味をもつ必要があります。
よく恋人への独占欲をなくすためのアドバイスで、「他の趣味を持て」と言われたりしますが、それは恋人がクッキーだとしたら他の趣味がケーキやシュークリーム代わりになってくれるから。
好きな音楽を聞くのでも読書するのでも資格勉強でも構いません。
その独占対象からどうにかして目をそらせば、少しずつ独占欲が薄れていくでしょう。

引用元-−-恋愛上手になる方法!

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ