オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼女の手料理は本当においしい?男の本音を暴露

2016.2.23

彼女が手料理を披露してくれる。

それだけでも男性にとっては嬉しいシュチエーションですが、その料理は本当においしい?

彼女の手前とりあえず「美味しい」と言うけれどそれなりに不満もあります。

そんな男の本音をご紹介いたします。

彼女の手料理がおいしいという伝説

さて自分は料理が得意と思っている女性は、実際のところ、半分もいません。

ちょっと苦手と思っている女性の方が多いのです。

特に実家暮らしの女性の場合、下手をすると料理をしたことがないという子もいるはずです。

でも男性から見れば、結婚相手に求めるのはやはり料理のうまさ。

見た目よりも重視するというアンケート結果があるくらいです。

「胃袋をつかむ」というのは昔からの男性攻略法でそれは現在でも有効なようです。

さて男性から重要視されている手料理ですが、料理上手の定義は男性と女性では違うのです。

女性にとって料理上手というと「見た目もキレイ」「凝っている」「お店のメニューみたい」という点が評価されますが、男性にとって料理上手というのは「定番メニューがおいしい」「短時間で作れる」「手際がいい」という事です。

つまり、女性が一生懸命凝った料理を時間かけて作ってもあまり評価されないという事です。

もちろん偶にはそんな凝った料理を作ってもらうとうれしいのですが、それが毎回の食事の度となるとうんざりしてしまうのです。

彼女の手料理、人気メニュー

さて、では男性は、どんなメニューを好むのか?あるアンケート調査によると、1位カレー、2位肉じゃが、3位ハンバーグ、4位の鶏のから揚げ、5位味噌汁と続きます。

「肉じゃが」神話恐るべし。

男性が好むというのはもはや都市伝説かと思いましたが、意外に上位です。

でもこの順位、小学生の子供が食べたいメニューみたいですね。

意外に世の男性は子供舌なのかもしれません。

さて後半の順位ですが、6位パスタ、7位生姜焼き、8位オムライス、9位ロールキャベツ、10位グラタンと豚の角煮となります。

何気にオムライスとロールキャベツは難易度が高いです。

しかし、どれも家庭の晩御飯の定番メニューです。

簡単にやろうとすれば簡単に出来るけど、結構奥が深いものもあります。

そういった意味では結構真の実力を問われるかもしれません。

特にカレーと味噌汁は家庭の味がかなり出ます。

何気に彼氏の家のカレーはどんなのだったかリサーチしておくといいかもしれません。

どんな男性もはやり家庭の味が一番といいます。

彼女の手料理、おいしいけれど…

男性の本音編です。

確かに彼女の手料理はおいしいけれど、でも…という事はありますね。

そんな男性のちょっとした不満を集めてみました。

例えば、彼女の作った食事の量が少ないというのはありますね。

これは食事を作りなれない人に割と多いのですが、レシピで言う二人前というのは、本当の二人前じゃなかったりするんですよね。

あの○人前というのは、いったに何基準が疑問です。

ひとりがおなか一杯になる量では決してない事だけは事実です。

まあ複数おかずを作る人ならば問題ないのでしょうが、量に関しては、慣れるまでは「ちょっと作りすぎちゃったぐらい」が安全圏内です。

そして時間。

まあ男性にとって彼女が「料理を作るね〜」といって出てくるまでに待てる限度は30分〜1時間程度です。

もし凝った料理を作るのであれば、彼氏がいないところでした準備した方がいいでしょう。

空腹で待ちくたびれるというのは結構苦痛です。

そして一回ほめたメニューが超ヘビーローテーションというのも厳しいです。

安全牌なのは事実ですが、さすがに飽きてしまうので、何種類かは作れるメニューを用意しておきましょう。

意外に侮れない家庭の味

前述しましたが、家庭によってかなり味が違うメニューというのがあります。

例えば味噌汁の具。

そしてカレー。

特にカレーは、肉のチョイスから始まります。

鶏肉なのか豚肉なのか、牛肉なのか、こだわっている家庭もあれば、こだわっていない家もあります。

具材も結構違います。

使っているカレーのルーも、メーカーや甘口、中辛、辛口なども結構差があります。

まあこのあたりは何度か作ってお互いの好みを探っていくといいでしょう。

そして卵焼きも家庭によってかなり違います。

甘い卵焼きが定番の家では、卵焼きにハムやチーズが入っているだけでも驚きです。

逆にしょっぱい系の卵焼きを作る家庭の人が、甘い卵焼きを食べた日にはかなりの衝撃です。

彼女が必ず男性に合わせなくてはいけないという訳ではないのですが、慣れ親しんだ味を人はおいしいと感じるものです。

彼氏から味のリクエストが出た場合は、彼女は自分の家の味にこだわらず、試しに作ってあげましょう。

喜びます。

手料理に自信がない彼女のための失敗しない方法

女性がみんな料理を作るのが得意とは限りません。

そして好きとも限らないのです。

でも世の男性は「料理上手な彼女」に憧れます。

ここではとりあえず料理に失敗しない方法をご説明します。

料理は決して難しいものではありません。

たった二つの事を守ればいいのです。

まずは「計量は正確に」です。

目分量で料理を作るのは料理を作りなれた上級者のみに許されるものです。

初心者は絶対にきちんとメジャーやスケールを作りましょう。

レシピ通りに計量して作ればまず失敗することはありません。

そして「味見をする」です。

これが大切です。

そうすれば彼氏に出す前に失敗したか否か判りますよね。

レシピ通りでもちょっと違うなと思ったら、味見しながら少しづつ調味料を足すのです。

料理を失敗する人は味見をしていない人が多いのです。

人に出す前に必ず味見をしましょう。

この基本を守っていれば、そう簡単に失敗しません。

後自己流のアレンジは、料理に慣れてからです。

「レシピ通りだとつまらない」なんて考えず、基本に忠実が一番です。

 - コミュニケーション