オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼女の手料理をおいしいと言いながら不満がある事

2015.11.13

大好きな彼の為に一生懸命作った手料理。

彼はおいしいと言って食べてくれてるけど、なんか彼の態度に違和感・・・ホントにおいしいと思ってくれてるの?なんて思ったことがある女性もいると思います。

今回は彼女の手料理をおいしいと言いながら不満がある事をまとめました。

彼女の手料理をおいしいと思っていない

一生懸命作った料理を「おいしいよ」とは言うものの笑顔もなくただ黙々と食べていたりしているのであれば、男性はその手料理をホントはおいしいと思っていないのかもしれません。

頑張って作ってくれたことに感謝はしているものの、ホントの事は言い出しにくいから無理をして食べている可能性があります。

特に、食事中にやたらと調味料を追加して味を変えようとしたり、食べ終わった後に「またこの料理作ってよ」というようなリクエストはされず、「次はもっとも別の料理が食べたいな」というようなことを言われるのであれば、少なくともその日に作った手料理は不満が残る味付けだったと感じている可能性が高いです。

男性としてはあなたを傷つけない為に遠慮して本音を黙ってくれているのかもしれませんが、食事の度に我慢をさせていたらいつかは不満が爆発して2人の関係にヒビが入ってしまう可能性も考えられます。

2人で一緒に長い時間を歩んでいきたいと考えているのであれば、勇気を出してホントの事を言ってもらい、料理が上手くなるように努力する必要があるでしょう。

手料理はおいしいけど量が少ない

女性が腕によりをかけて作った料理を出せば、男性は喜んで食べてくれる事だと思います。

しかし、男性の場合はおいしいだけで満足してくれるとは限りません。

男性は女性に比べてたくさんの量を食べる事が多く、いくらおいしい手料理を作ってくれたとしても、女性基準の量しかおかずがないと、物足りなく感じてしまう可能性があります。

味に対しては何も不満はなく、作ってくれたことも嬉しいけど、全然お腹が膨れずに満足することができなかった、なんてことになってしまったらせっかく手料理を作ったのに残念な気持ちになってしまいますよね。

おいしい手料理程食も進み、おかわりしてでもたくさん食べたいと思うものですから、どうせ手間暇かけて作るのであれば、「こんなに作ったら残っちゃうんじゃないかな?」と思うくらいの量を作ってしまいましょう。

大好きな彼女がおいしい手料理をふるまってくれたら多すぎだと思ってた量も案外簡単に食べきってしまうかもしれませんよ。

いくらおいしい手料理も凝ってばかりではイヤ

料理が趣味だという女性の中には、自分なりのこだわりを持って毎日栄養だけでなく見た目のバランスまで考えた素晴らしい手料理をふるまいたいと思っている人もいると思います。

凝った料理を作ってもらえること自体はありがたいと思っていても、毎日時間をかけて凝った料理を作ってもらうよりも、家での食事は日常的な家庭の味を求めているという男性も少なくありません。

ですので、誕生日などのイベント性の高い日であれば時間をかけて凝った料理を作ってくれたことを喜んでくれるでしょうが、毎日凝った料理を出すことはおすすめできません。

実家暮らしであれば家に帰れば何もしなくてもご飯が用意されていただけに、普段はありあわせの材料を使ってあまり時間をかけずにささっと作ってくれた方が嬉しいと感じる男性も多いです。

料理を作るのが得意だからこそ、普段ふるまう手料理は簡単なものをささっと手早く調理し、特別な日にだけ凝った手料理をふるまうようにすれば、男性が驚いたり感動してくれたりすること間違いなしです。

自分ルールをおしつけてはいけない

「この食事は醤油じゃなくてソースで食べた方がおいしいんだよ」と言って、料理の食べ方について教えてあげる事もあると思います。

教えるだけならいいですが、男性がそれに従わずに自分の好きな調味料を使おうとすることに文句を言ったりいちいち訂正をしたりしていたら、せっかくのおいしい料理も台無しになってしまうでしょう。

確かにあなたの言っていることは正しいのかもしれません。ですが、味の好みは千差万別で料理に対してのこだわりを無視して自分の価値観を男性に押し付ける様な事をすれば、相手の反発を招きかねません。

自分にとってベストの食べ方が相手にとってもベストだと思わずに、自分が作った料理をおいしそうに食べてくれる事を第一と考え、自分の価値観を押し付けたりすることがないように注意しましょう。

また、一度おいしいと言われたからといって、同じ料理ばかり出していたらさすがの男性も飽きてしまって「しばらくこの料理は見たくない!」と感じてしまう可能性があります。

何度も同じ料理を作るのであれば味付けを変えたり材料を変えたりしてバリエーションを増やす必要があります。

彼女は料理上手だと思ってもらえるポイント

せっかく手料理をふるまうのですから、男性には心から満足して欲しいですよね。

作る料理も凝ったものではなくカレーや肉じゃがといった庶民的な家庭料理で満足してくれる男性は多いので、そこまで緊張する必要はありません。

しかし、手料理をふるまう際に男性を喜ばせるポイントは料理の味だけではありません。

多くの男性は料理を作ってくれる女性のエプロン姿をかわいいと感じるようです。

大好きな彼のいるところで手料理をふるまう際はエプロンをつけているだけで、上機嫌になること間違いなしでしょう。

そして、作っている最中の手際の良さもポイントです。

簡単な料理でも時間がかかってしまっていたり手際が悪かったりしたら、普段料理なんてしてないんだろうなと思われて料理が下手だという評価をされかねません。不慣れなうちは簡単なものを作るようにして手際よく作業ができるように意識しましょう。

また、意外と評価が上がるのが、後片付けです。

全部食べ終わった後にまとめて後片付けをするのもいいですが、調理している際のちょっとした隙間時間に同時進行で使い終わった調理器具を片づけてキッチンを綺麗にしておけば、気持ちよく食事をすることができます。

こまかいところにも気を配って男性に「また料理を作って欲しい」と言ってもらえるように頑張りましょう。

 - コミュニケーション