男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼女を愛しているが結婚に踏み出せない。そんな男の本音は?

      2016/03/18

彼女を愛しているが結婚に踏み出せない。そんな男の本音は?

お互いにいい年になったし、彼女からは結婚へのプレッシャーを感じる。

愛していないわけじゃないのに何故?

男が結婚に踏み切れない理由をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


彼女との結婚に迷ったら?

なにせ、人生の節目、その後の人生の大半を決める決断なのかも知れないですから。そんな風に結婚に迷ったら一体どう考えればいいのでしょうか?シンプル思考で二通り考えてみましょう。

結婚した時の事を考える

先ずは結婚した場合の事を考えてみましょう。

結婚したイメージで、どんな生活をしているか。

相手をどのように愛しているのか。

相手の家族とどう付き合っているのか、自分の彼女が自分の親とどう接しているのかなど。

実際に結婚した後のイメージをしてみて、果たしてそれで自分が幸せを感じれるのかを先取りしてみて下さい。

もちろん良いことばかりを想像するのでは無く、悪い出来事も想定して想像してみましょう。

どんな事で夫婦喧嘩をしているのか、どういう事で嫌な思いをしているのかも想像しましょう。

結婚した後に起こる、良いこと、悪いことを自分なりに想定し、その時に得られる感情を感じてみて下さい。

結婚をしなかった時の事を考える

今度は逆に、結婚をしなかった時の事を考えてみましょう。

結婚しなかった場合の生活は一体どんな生活なんでしょうか?
彼女とはどうなっているのでしょうか?別れてしまうのか、それとも交際は続けていて、時期がくれば改めて結婚をするのかなど、結婚をしたかった場合の事も考えます。

その時、自分は仕事に打ち込んでいるのか、趣味を謳歌しているのかと、細部までイメージをしてみましょう。

そして、その時に得られる感情を感じてみましょう。

どちらが自分にとって幸せか

そして、どちらの場合が自分にとって幸せな事なのかを天秤にかけてみてください。

天秤にかけた結果、もしも結婚した方が幸せならすれば良いし、しないほうが幸せならするべきでは有りません。

引用元-−-MEN-ZINE 一皮むけたい男のWEBマガジン

何故 彼女との結婚に迷うのか?

自分が好きなように稼いだお金を使い、自分の好きなように遊び、自分の身さえ守れば安心だった今まで(いわゆる独身貴族というやつです)とは異なり、自分を当てにする人が現れる。自分の生活の内容によって、人生を左右される人(つまり女性)が現れる・・・

これはあくまでも結婚を意識した男性が自分自身で抱く感情なのですが(結婚しても自由奔放にしている人だって山ほどいるわけですし)結婚する事によって今までの「自由」が制限されるのではないかという心配が生まれるんでしょうね。そうなると今までの自由が恋しくなるというか、今までの自分への執着する気持ちが生まれてくるということです。

無いものねだりなのかもしれませんけどね。当然、結婚するというのは自分で決断するものですし、「いつかは」家庭を持ちたいという人はやはり多いみたいですから。

しかし、結婚を選択するために失わざるを得ない環境もあるということです。まぁそんなに深刻な話では無いにしても、既婚者男性が時々未婚者の誰にも縛られない生き方を羨ましく思うのと同じで、なんとなく独身では無い、ということの淋しさを感じてしまうのでしょう。

また、家庭を守る責務という意味で、経済的な問題でマリッジブルーに陥る事もあります。

経済的に厳しくなっている不況の世の中のせいもあるのかもしれませんが、男性側としては結婚するということに対し、かなり冷静に、現実的に捉えているというか、昔のように「勢い」で結婚してしまう、という人は比較的少なくなっているように思います。

結婚したはいいものの、実際に自分の給料で家庭を支えられるのか、子供は育てられるのか、妻は共働きをするのか、専業主婦になるのか・・・むしろ結婚式の費用はきちんと払えるのか・・そんなことを結婚する前から一生懸命1人で悩むわけですね、そりゃ結婚することに対し足踏みしたくもなります。

引用元-−-結婚準備ブログ 〜10か月間の結婚準備の記録〜

男性にもマリッジブルーがある!

N745_koibitowonakashitesimau-thumb-815xauto-14583

男のマリッジブルーのほうがどうやら深刻らしいです。マリッヂブルーというと「花嫁の憂鬱」などと言われ、花嫁さんのことを一般的に言いいます。そこで何人かの新婚男性に聞いてみたところ、この調査結果に対して激しく同意しておりました。

新婦さんはやれブライダルエステだ、テーブルの生花はなにがいいとかウキウキすることも多いからストレスも解消されやすいかもしれませんね。しかしながら、それ以上に、女性のほうが男性より肝が据わっているという点も指摘されてます。 男性に比べて女性のほうが大人なのでしょう。

じゃぁ実際に男性のマリッジブルーの理由をいくつか並べてみると・・・

・終わり来る独身時代への名残(気楽に遊べなくなる、自由にお金を使えなくなるなど)
・家族を養っていけるかどうかの不安
・本当にこの人でいいのか?=結婚すべきなのか?

など・・・「果たしてこの女性と一生供にやっていけるのだろうか?」や「自分の稼ぎで妻までも養っていけるだろうか?」「自由がなくなる」など、式の前日までも悩んでしまうそうです。

女性と違って男性は、親しい友人にさえ悩みを愚痴る、ということはなかなかないようです。 それがますます男性のマリッジブルーに拍車をかけるのです。新郎は悩みを抱えた状態で、解決策もなく結婚式当日を迎えるそうですが、ほとんどの男性が結婚式の日に大きな気持ちの変化が起こるそうです。

引用元-−-@男のマリッジブルー|その原因と解決法

その彼女と結婚で大丈夫?

そこで、「女を知るのはやはり女」ということで、20代、30代のOL100人に「男が結婚前にチェックすべきあるある」を聞いたので、ぜひ参考にしてほしい。

●彼女だけでなく、そのママも要チェック。
実は私もそうなんですが、考え方や家事能力のなさが母そっくり。
仮に今違ったとしても、きっと将来似てくる。
だから結婚を意識したら、彼女のママに会って数年後の彼女をイメージすべし
(商社・26歳)

●化粧ポーチやバッグの中身がぐちゃぐちゃなコは掃除がへたで家事能力も低い。
また、彼女の家の便座の裏側が汚れていたら、部屋がきれいでも、掃除はしない人
と思って間違いない(家電・26歳)

●よく泣く女、喜怒哀楽が激しい女は要注意。
感情の起伏が激しく、エキセントリックな人物であることが多い(化粧品・30歳)

●すぐカードを使う人はお金にルーズ。
現金決済できずカードで、という場合が多い(通信・25歳)

●いい年して露出の激しい服を着る女は、派手好き、モテたい願望強すぎ、
お金遣い荒いの三拍子そろっている(不動産・25歳)

●「私って天然だから?」と言う人は99%が計算高い「養殖もの」(アパレル・27歳)

●記念日好き女は結婚後、100パーセント男性が苦労する。
「初めて会った記念日」「初デート記念日」「初キス記念日」「告白記念日」
「初エッチ記念日」など、やたらと記念日をつくり、カレがそれを忘れると
怒ったり泣いたり。
面倒くさいことこの上なし(商社・23歳)

●チェックすべきは「ケンカ」したとき。
どんな怒り方をするか。感情的になって話にならないような人はダメ。
ヒステリックに泣いたり騒ぐ女もダメ。
暴力をふるうのは論外。
ケンカのときにいちばん本性が現れます(コンピュータ・28歳)

●友達に対してはすごく丁寧でいいコなのに、家族に対しては驚くほどそっけなくて
態度の悪い女は要注意。
きっと結婚して、彼氏が夫になった途端、家族仕様の扱いを受ける(飲料水・25歳)

●メールなどで連絡がマメすぎる女。
そういう人は、自分のファンを増やしたいという気持ちから、みんなにいい顔
しているはず(IT・26歳)

●どーでもいい内容なのに、しょっちゅうフェイスブックやブログを更新している女は、ほぼ間違いなくめんどくさい女(証券・29歳)

引用元-−-Yahoo!Japan ブログ

結婚したい彼女、どうすれば?

いつかは結婚したいと思っていて、やはり相手が彼女だと思うのなら、思い切って決断するのも良いでしょう。後になって、「彼女と結婚しておけば良かった」と後悔することのないように。

『しばらく一人になる』ことは可能でしょうか?

質問者さんは、しばらく一人で自由になりたいと書いていらっしゃいますが、一人になった後、彼女の元に戻れる保証はどこにもありません。それは、もちろんおわかりかと思います。

「結婚を断る」ということは、おそらく質問者さんが思っている以上に大きなことです。プロポーズをされたわけではないにしろ、彼女が勇気を出して言った、「結婚したい」という言葉を無下にして別れた場合、元に戻る場所は無いと覚悟しなくてはなりません。

『寂しさから別れたくない』のは、虫のいい話です

もしも、質問者さんが将来に渡って結婚する気が無い場合、「寂しい」という理由だけで彼女と付き合い続けるのは、虫のいい話だと思わなくてはなりません。同じく将来に渡って結婚する気の無い女性を探してください。そうすれば、お互いにとってストレスのない関係が築けるでしょう。

質問者さんが彼女のことを好きで、失いたくないと思うのならば、彼女の望むことを叶えてあげるべきだと思います。そして、彼女がいま結婚したいと思っている以上、結論を先延ばしにするべきではありません。

引用元-−-恋愛JP

男性が結婚を決めるキーワード

男が結婚を決めるキーワードで一番多く聞かれるのが【なごむ】

この【なごむ】には、「弱いところも見せられる」「一緒にいても気を遣わなくていい」「育った環境が似ていて生活感覚が似ているようでラク」などといった意味合いがあるようです。

次によく聞かれるキーワードが

【自分を大切にしてくれそう】
【料理や家事が上手】
【共通の趣味があり、話が合う】

まとめると

「程よい距離感を持ちながらも自分にかまってくれて、世話をしてくれて、ホットさせてほしい」というのが今どきの男たちのホンネ。

そんな完璧な女性なんているわけないんでしょうが、
「家庭=くつろぎの場、妻=家庭のマネージャー、ソツなく世話を焼ける女性」

こんな快適な暮らしを予感させる女性を男性は結婚相手に選ぶのです。

引用元-−-結婚できない理由

彼氏の「結婚の決め手」とは?

「結婚を決める前に『この人と結婚して大丈夫?』と悩んだり、迷ったことはありますか?」と聞いてみたところ、57%が「ある」と回答!やっぱりみんな、一度は迷うものなのね。

そこでさらに突っ込んで、「どんな問題が生じた時に結婚を迷いましたか?」と聞いてみると、「金銭的なこと」がダントツで、「性格や価値観が合わない」、「彼の両親や親戚と合わない」と続く結果に。

★「どんな問題が生じた時に結婚を迷いましたか?」TOP10
(回答者数:138・複数回答)

1位:金銭的なこと
2位:性格や価値観が合わない
3位:彼の両親や親戚と合わない
4位:部屋も身なりも不潔
5位:食べ方が汚い
6位:浮気や女グセの悪さ
7位:ギャンブル好き
8位:彼の友達と合わない
9位:食べ物の趣味が合わない
10位:その他

【その他 回答】
「性生活の相性が最悪」(33歳)、「頼りない」(32歳)、「37歳で独身だったから、何かあるんじゃないかと思った」(28歳)、「私の家柄と釣り合うかどうか」(35歳)など。

確かに、お金の話ってシビアですもんね…。現実的と言われている女子なら、迷っても仕方のないところ!?

引用元-−-セキララ★ゼクシィ

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ