オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼氏ができない女子の共通点と高校での彼氏の作り方

2015.11.12

高校生の男女が気になる話題と言えば恋愛。

高校生になって恋も勉強も頑張るぞ!とは思ったものの、いつまでたっても彼氏ができる気配なし。

一体どうすれば彼氏ができるの?とお嘆きのあなた。

実は彼氏ができない女子には共通点があったんです。

今回は彼氏ができない女子の共通点と高校での彼氏の作り方を紹介します。

高校で彼氏ができない女子の共通点

高校生活の中で彼氏ができないと悩んでいる女子はたくさんいると思いますが、そんな女子にありがちな共通点があります。

最近では肉食女子、草食男子という言われるタイプの男女もいるように、以前と比べると積極的な女性や消極的な男性も増えました。

口でいくら「彼氏が欲しい」と唱えていても、何も行動を起こさないのに漫画やドラマの様に運命的な出会いをして自然と彼氏ができるなんてことはありません。

また、積極的に動いていて男友達は多いけど、なかなか彼氏ができないという人は、サバサバしていてあまり女性らしさを感じない為、友達どまりでなかなか恋愛に発展しないなんてことも多くあります。

そして、言葉遣いが汚かったり清潔感がなくだらしなかったりすると、男性は自分の彼女にしたいとは思われません。

これらの共通点はほんの一部ですが、彼氏ができないのにはそれなりの理由があるということはわかってもらえたと思います。

もし本気で彼氏が欲しいと考えているのなら、自分の行動や言動を見直して魅力的な女性になれるように努力してみましょう。

挨拶ができれば高校で彼氏ができない自分とさよならできる

自分の事を見直して、行動を起こそうとは考えたものの、いったい何から始めたらいいのか悩んでいる人もいると思います。

好きな人と付き合うためには、まずは気になる男子と仲良くならなきゃいけませんね。

その為に大切なことは挨拶です。

最初は緊張して相手の目を見たり気軽に話しかけたりすることはできなくても、挨拶だけは必ずするようにしましょう。

毎日欠かさずに挨拶をすることにより、相手にとってもあなたと挨拶をすることが日常の習慣の様になってきます。

そうすれば、次第に向こうから挨拶したり話しかけたりしてくれるようにもなります。

ただし、挨拶だけで関係を進展させようとするならかなりの時間がかかります。

また、挨拶だけしていればいつかは向こうから話しかけてくれると思って何もしないようであれば今までと何も変わりません。

毎日挨拶をすることで、あなた自身も相手に話しかけるのに慣れてくると思いますので、相手からも挨拶をしてくれるようになったら、話しかけてみる勇気を持つことも必要です。

連絡先を交換したら1日1回連絡する

挨拶から少しずつ会話ができるようになり、連絡先の交換ができたら日常の些細な事でもいいので1日1回はメールやLINEをするようにしましょう。

内容は最近ハマっているドラマの話や今日学校で起こったことなど、大したことじゃなくて構いませんので相手からの連絡を待つのではなく自分から連絡をするようにしましょう。

男子は女子からメールやLINEをもらえる事は少なからず嬉しい物です。それが、毎日挨拶を交わし、時には向こうから話しかけてきてくれるような男子であれば、少なくとも嫌な感情は持たれていませんから尚更です。

ただし、まだ付き合っているわけではありませんから、あまり長文のメールやLINEを送ることはなるべく避け、短い文章で簡潔にまとめて送るようにしましょう。

そうやって毎日の挨拶とちょっとしたたわいもない会話を続けていく事で、彼にとってあなたが近くにいる事が少しずつ当たり前になってきます。

そうなってくれば彼は自然とあなたに好意を持ち始めるでしょう。

共通の話題で親密度アップ

たわいのない会話ができるようになったら、より親密度をアップさせるために共通の話題で盛り上がれるように努力してみましょう。

共通の話題は別に特別な事じゃなく、日常的な事で構いません。

それこそ好きな音楽や芸能人ネタ、趣味や特技など何でも構わないので、自分と彼にはどんな共通の話題があるのか考えてみてください。

人は自分に対して関心を持った相手に対して安心する性質を持っています。

共通の話題があるということは、類似性を深めることにつながり、相手に対しての関心度も高まることになります。

もしどうしても自分と彼に共通の話題がない場合は、その場で見える物や共通の知人についての話でもいいでしょう。

あまり難しく考えずにお互いが分かっている話題を上げればいいのです。

そして、共通の話題を出す時に気を付けなきゃいけないのは、彼との印象を合わせる事です。

意見交換をしているのならいいですが、彼との距離を縮めたいのであれば、彼の意見に反論せずに共感することで信頼感が増すことになるでしょう。

告白するなら直接が一番

共通の話題で盛り上がりある程度仲良くなってきたら、いよいよ告白して付き合う事を考えるようになると思います。

今なら想いを伝える方法は電話や手紙、メールにLINEなどいくつもの方法が考えられると思いますが、自分の想いをきちんと伝えたいと考えるのであれば、やはり直接彼の目の前に立って告白することをオススメします。

電話やメールなどで告白するのとは違い、彼の目の前で勇気を振り絞って告白する姿はインパクトがあり彼の心を揺さぶります。

フラれてしまうかもしれないと考えると怖い気持ちはわかりますが、間接的な方法よりも直接的な方法の方が成功の確率も上がります。

告白する際はダラダラとあまり余計な事ばかり言っていると、彼の方は一体何が言いたいのかわからなくて白けてしまう可能性もあります。

告白の言葉はシンプルに短く好きだという気持ちと付き合ってほしいという事を伝えるようにした方がよいでしょう。

場合によってはフラれてしまう事もあると思いますが、そこで人生が終わってしまうわけではありません。

ここで経験したことは必ず今後に役立ちますから、あまりくよくよせずに前向きに頑張っていけば、いつかあなたの事を大切にしてくれる素敵な彼氏ができる事でしょう。

 - コミュニケーション