男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼氏が両親に私を紹介しないのは結婚の意志がないから?

      2016/03/18

彼氏が両親に私を紹介しないのは結婚の意志がないから?

両親に付き合っている人を紹介することは、将来を見据えた付き合いをする上で非常に重要なファクターです。

しかし、なかなか彼氏が自分を親に紹介してくれないと、本当に結婚を考えてくれているのか不安になりますね。

ただ、彼氏が親に紹介しないのは、もしかしたらあなたに原因があるのかもしれません…。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼女との未来は?別れるか結婚するか悩んだ時の考え方

付き合いを続けていくうちに彼女との結婚を意識するようになりま...

彼女が元カレと電話をしている…その心理や理由!

彼女のことは出来れば疑いたくはないし、彼女の事は信じている。...

失恋した経験のない人が付き合った時にしている事とは

今まで失恋経験がまったくない人は恋愛に対しても自信を持つこと...

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スポンサーリンク


彼氏が自分を両親に紹介しないのは何故?

多くの女性には、『何年付き合ったら結婚したい!』、『○歳までに結婚したい!』という、結婚に対する希望があるものです。

特に、結婚適齢期と呼ばれる世代の女性にとって、現在付き合っている彼氏との”将来”があるかないかは重要ですね。

もし、彼氏が将来を考えてくれていないのであれば、新しい出会いを探すためにも時間を無駄にしたくない――そう考えるのを、誰が責めることが出来るでしょう?

彼氏に結婚の意志があるかどうか、その一つの指針として女性が考えるのが「彼氏の両親に自分が紹介されるかどうか、逆に自分の両親に会ってくれるかどうか」です。

両親や親しい友人に「彼女だ」と紹介してもらうことは、今後を見極める上で非常に大きなポイントになります。反対になかなか両親に会わせてもらえないと、「自分は本命じゃないのでは?」「口では結婚を考えていると言っても、本当は嘘なんじゃないか」と不安になるのも当然です。

あなたが彼氏の両親に紹介されないのは、何故なのでしょうか?

彼氏が親に紹介しないのは、結婚の意志がないから?

恋人を親に紹介するタイミングに関するあるアンケートでは、7割ほどの男性が「結婚を意識するようになったら」と答えています。

やはり、多くの男性が結婚を意識した時こそ、彼女を親に紹介しようと考えていることが分かります。

また別のアンケートでは、6割近い男性が「付き合ってしばらくして、お互いのことが分かったら親に紹介する」と答えています。

親に紹介しても大丈夫な女性だ、彼氏と彼女との間でしっかり信頼関係が築けているか、といったことを基準にしている様子です。

このことから、あなたの彼氏が両親に紹介してくれない原因は、もしかしたら以下の3つなのかもしれません。

・あなたが彼にとって”両親に紹介できない女性”である
・あなたと彼の間に、まだ信頼関係が築けていない
・彼はあなたと結婚する意志がない

勿論、これ以外にも原因は幾つか考えられます。

・単に物理的な距離があるためなかなか機会がない
・両親との仲が悪く、彼女に両親を紹介したくない
・自分の恋愛について公言するのが恥ずかしい

…下の3つが理由であればまだ心は安らかですが、逃げていても始まりません。

考えたくないのは当然ですが、上の3つのことが理由だった場合、どうすべきかを考えていきましょう。

彼氏にとって、あなたは”親に紹介できない女”!?

まず第一に、あなたが彼に親に紹介できない、と思われていないでしょうか?

男性が親に紹介するのに躊躇する女性の特徴を見てみましょう。

・ファッションにこだわりすぎて、見た目が派手
・一般常識がない
・マナーが悪い
・言葉遣いが悪い
・自立していない
・家事などが出来ない

これらの特徴を一言で言うと、”一般的・親世代に受けが悪い”です。

結婚となると、昔ほどではないとはいえ、実家との付き合いはおろそかに出来なくなります。

当然、親やそれよりも上の世代との交流する場面があるのですから、こうした特徴を持っている女性は紹介できないと思われても仕方がありません。

また男性にとって、彼女を親に紹介する時というのは、「大人になり、独り立ちして、新しい家庭を築こうとしている自分」を親に見せて安心してもらいたい・祝福してもらいたい、という意味も含まれているといっていいでしょう。

ですが、連れている女性がこうした”残念な女性”だった場合、親は当然反対するでしょう。

もしかしたら、彼はそうなることを恐れて、あなたを親に紹介しないのかもしれません。

彼氏との間に、信頼関係は築けている?

「好き」という言葉はとてもいいものです。

ただの恋人同士ならば、この気持ちだけで付き合っていくことは可能です。

ですが、結婚を見据えた関係になると、「好き」という言葉だけでは成り立ちません。

必要なのは”信頼”です。

”信頼”とは「信じて頼りにする・頼りになると信じること」とされています。

恋愛関係における信頼関係とは、お互いに信じて頼る・頼られることを意味します。

結婚すれば、まさに死がふたりを分かつまで一緒に生活していくことになります。

その間に、様々なアクシデントも起きるでしょう。

そんな時、あなたは、彼氏のことを損得を考えずに支えることができるでしょうか?

彼が「頼りたい」と思った時、その気持ちに応えることができるでしょうか?

まだ彼氏との恋愛期間が短く、単に見極めきれていないだけならば、ゆっくりとお互いに信頼を築いていくことで、この問題は解決できるでしょう。

問題は、付き合いが長いのに、未だにこの関係が築けていない場合。

彼に頼りすぎたり、自分の気持ちを押し付けがちになっていませんか?

彼氏の気持ちをないがしろにしていては、二人の未来はありません。

彼氏との結婚を考えるなら、本当の意味で自分を磨こう

彼氏があなたとの結婚を考えていないのが理由の場合は、どうすればいいのでしょうか?

もし、彼がそもそも結婚願望を持っていない場合は、辛いことかもしれませんが、あなたから見切りをつける必要もあります。

結婚願望がない男性と無理矢理結婚しても、幸せなのはほんのひとときであることは明白だからです。

また、あなたとの間に解決できない要素があって、結婚を考えていない場合も同様です。

こうした状態で、無理に彼氏の親に紹介を願っても、自分の心が傷つくだけです。

ただ、彼があなたと結婚を考えない理由があなた自身にある場合、必要になってくるのが自分磨きです。

これは決して、流行りの女子力を上げるためのものだけを指しません。

むしろ、あなたの生き方・考え方を磨くことのほうが重要です。

今までの恋愛を省みて、自分に足りなかったものは何なのか、何が駄目だったのかを知り、それを補って内面を磨けなければ、彼氏との結婚はおろか幸せな未来を掴むことは出来ません。

結婚はあなただけではなく、彼氏と二人で幸せになるためにするもの。

この大前提を忘れず、彼氏と将来について話し合いましょう。

関連記事はこちら

 - 両親・家族・親族問題

ページ
上部へ