オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼氏が友達優先してばかり… 放置されない恋愛方法とは?

2015.10.14

たとえ恋愛中であっても、友達付き合いはどちらにとっても大切です。

しかし、彼氏が友達優先してばかりで自分は放置されると、面白くないばかりか、関係を続けることが辛くなってしまいます。

そうならないためには、男性特有のある2つの”本能”を理解する必要があります。

彼氏が友達優先してばかりで、自分は放置… こんなのってない!

「彼氏とのデートをしようとしたのに、友達と会うからと断られた」

「会う約束をしていたのに、友達との遊びが長引いて、自分との約束はドタキャンされた」

と、恋人として付き合っているのに、彼氏が自分よりも友達を優先する…。

こんな悩みを抱えている女性は、実は結構いる様子です。

実際、彼氏に対する不満の中でも、こうした「自分の優先順位が低い!」という意見は多く、別れも視野にいれている人さえいます。

友達付き合いが大切なことは、誰だって知っています。

ただ、あまりにそればかりを優先されてしまうと、悲しいし、辛いし、彼氏にとって自分の価値は何だろう、と悩むのは当然です。

その気持ちを知ってか知らずか、男性は楽しそうに友達と遊んでばかり。

改善を訴えて、態度を改めてくれるのならばまだいいのですが、人によっては「面倒くさい」の一言で、逆に別れを切りだされてしまった、という体験談も少なくありません。

何故、彼氏は彼女よりも友達を優先してしまうのでしょうか?

その理由には、男性特有の”本能”が関係しているのかもしれません。

釣った魚にエサはやらない!? 彼女を放置する男性の本能とは?

男性にとって、勿論彼女は一番大切な女性のはずなのに、優先順位が低くしがちになる理由の一つに、男性の狩猟本能があります。

「付き合う前はマメだったのに、付き合った途端に態度が変わった」という女性の嘆きは、古くから存在します。
(少なくとも源氏物語が書かれた平安時代から!)

まさに、「釣った魚にエサはやらない」という言葉そのもの。

女性としては、付き合ってからが”本番”。二人で愛を深めていくことにこそ、喜びを感じます。

ですが、男性は手に入れるまでの苦労と、手に入れた時の勝利感に喜びを感じるイキモノ、と言っても過言ではありません。

乱暴に言ってしまえば、男性にとって彼女は、もはや自分のもの。

手に入れて、彼女の心が完全に自分だけに向いた状態になると、少なからず興味を失ってしまうのです。

こう言い切ってしまうと「俺はそうじゃない!」と憤る男性もいるかもしれません。

勿論、彼女をずっと大切にする男性だって多くいます。

しかし、彼氏の態度に悩む女性が多い現実からしても、決して的はずれな話ではないでしょう。

彼氏が友達優先 根本にあるのは彼女に対する甘え

ただ、この”狩猟本能”が男性の恋愛における心理のベースにあるとは言え、彼氏にとって彼女はやはり特別な存在です。

それでも彼女よりも友達優先になりがちなのは、彼女に対する甘え――例え会えなくても、彼女は自分を思ってくれる・受け入れてくれるもの、と考えてしまうからです。

彼女に甘えているケースは、ある程度の期間付き合っている二人の間に起きがちです。

「彼女とはいつも会っているし、申し訳ないけど今回は見逃してほしい」と、最初のうちは罪悪感を感じていても、徐々にそれさえも薄れ、結果として彼女がキレる、という結果になってしまいます。

また、恋愛経験の少ない男性も、こうした考えに陥りがちになります。

女性は、彼氏と”一緒に”何かをすることに、二人の愛の深まりを感じる、ということを知らないために、自分の楽しみを優先してしまうのです。

こうした彼氏は、上記のケースよりも厄介です。

彼女に対して甘えている、という意識すらないのですから。

どちらのケースでも、こうした彼氏と付き合う女性は、不満を抱える結果になります。

自分を放置する彼氏に、不満を伝えるいい手段は?

では、友達を優先して彼女を放置する彼氏に気持ちを訴えるには、どうすればいいのでしょうか?

まずしてはいけないことは、”束縛”と”爆発”です。

男性はその”狩猟本能”から、追いかける恋愛にこそ燃えます。

反対に束縛されてしまうと、愛情は一気に冷めてしまうのです。

また、女性の感情的な怒りを嫌います。あなたが耐えに耐え、どうしても我慢できなくて爆発させてしまった怒りでも、彼にとってはただのヒステリーにしか見えないのです。

堪忍袋の緒が切れるまでの過程を顧みて、反省してくれることは期待できません。

もし、最近彼氏が友達優先になってきたな、と感じ始めたら、まずは軽く釘を刺す程度に留めましょう。

言い方にも注意が必要です。嫌味は逆効果にしかなりません。

「また会えないのは寂しいな」、「楽しみにしてたのにな」と、残念さを全面に出して気持ちを伝えましょう。

男性は、狩猟本能の他に”庇護欲”を持っています。

つまり、頼られたいのです。

その気持ちを刺激し、彼氏が「彼女に悪いことをしているな」という気持ちに”自分から”なってもらうのが重要なのです。

彼氏に放置されない恋愛の仕方とは…

それでもなお、彼の態度が変わらず自分を放置し続けるようであれば、怒るのではなく”抗議”しましょう。

冷静に気持ちを伝えれば、ただのヒステリーではなく本気なのだ、と気付いてくれます。

あなたは絶対に彼氏から去らないわけではないことを示し、改めてあなたに対する狩猟本能を目覚めさせましょう。

もしも、それでも彼氏があなたを放置するのであれば、彼氏は本当の意味で自己中心的な人間であり、あなたがこれ以上傷ついてまで待つ必要はありません。

一旦距離を置き、気持ちを整理するほうが建設的かもしれません。

彼氏にとって、彼女である自分が一番であって欲しいと願うのは、女性として当然です。

実際には(仕事やのっぴきならない事情から)優先されることが少なくても、気持ちの上では常に自分を求めて欲しい、と思うことは、少なくとも女性としては当然です。

そのために、女性は彼氏を試したり、束縛したり、感情を爆発させがちですが、これは悪手と言えます。

男性は狩猟本能と庇護欲を持つことを理解し、上手く立ちまわることこそ、放置されない恋愛をする極意です。

 - 残念な男性・女性