男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼氏が結婚してくれない… 別れ話をすれば進展する?

      2016/03/18

彼氏が結婚してくれない… 別れ話をすれば進展する?

社会人になってからの恋愛には、どうしても”その先”・結婚を意識せざるを得ないものになります。

女性としては、彼氏からその意志があるかどうか、はっきり言葉にしてもらいたいのに、なかなかそんな話題にならず、不安になる人は非常に多いです。

そんな時、別れ話をしてでも、結婚の意志を確認したほうがいいのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

スポンサーリンク


彼氏から”結婚”の一言がない… 別れ話をするべき?

多くの女性は社会人になる20代頃から、それまでのファッション的な恋愛から、将来を考えた恋愛をするようになっていきます。

その考え方は年を経るごとに強くなり、20代後半になると、今の彼氏との将来があるのかどうか、そればかりが気になるようになってきます。

ただ、男性のほうはというと、どうもそうした気持ちは女性よりも薄い様子です。

社会人になったばかりだと、まずは仕事を覚えることに必死になりますし、20代後半といえば、仕事が波に乗り第一線で働く頃。優先順位は彼女よりも仕事になりがちです。

勿論男性だって、多くは結婚を考えるものですが、”結婚”に付随する多くの事柄――結婚までの手続きの面倒さから、環境が変わってしまうことへの戸惑い、家庭を守るという立場になるプレッシャー等から、二の足を踏んでいる印象さえあります。

あなたが強く結婚を望んでいるのに、彼からそういった話がない。

そんな状況に陥っている場合、「別れたほうがいいのかな?」と悩むことでしょう。

しかし、彼の気持ちを確認せずに別れ話をしてしまうのは早計と言えます。

彼氏があなたと結婚を考えないワケとは?

どうして彼からプロポーズの言葉や具体的な結婚話が出ないのかを考えてみましょう。

理由はいくつかありますが、大きく分けて3つです。

1.そもそも結婚願望がない
2.まだ結婚を決めかねている
3.あなたとの結婚生活が考えられない

まず1つ目、そもそも彼氏が結婚願望を持っていなかった場合、結婚を望む女性にとって付き合い続けることはあまりにも酷な仕打ちです。

こうした男性も、何かのきっかけで結婚を望むようになることもありますが、一人の女性と一定期間以上(年単位)で付き合い続けても、その気持ちになれなかったとしたら、二人の間に”その時”が来ることはほぼないと言えるでしょう。

続いて2つ目、まだ結婚に気持ちが向いていない場合は、結婚願望がない男性よりも決断しにくいです。

今現在仕事や何かの理由から結婚が出来ない・その時でない、と彼氏が感じている場合、「条件が整えば彼氏は結婚をする気はあるのか」、「条件が整うまでの期間はどれほどになるのか」の2つを見極める必要があるからです。

ただ、恋愛は水物。時間が経つことで、二人の関係が変わってしまう危険性があります。

彼氏が結婚話をしないのは、あなたのせいかも

3つ目の理由、恋人としては好きだけれど、結婚相手とは不適当、と見られている場合が、一番厄介で、かつ女性にとってショックでしょう。

ただ、付き合っている彼女との結婚が考えられない場合というのは、思う以上に多いのも事実です。

一番多い原因は、根本的な結婚後の生活に対する考え方が根本的に合わない、というもの。

中でも特に目立つのが、女性は結婚後は専業主婦になって男性の稼ぎのみで生活をしたいと考えるのに対し、男性は共働きを求めている、という違い。

勿論、妊娠、出産、育児などの期間の考え方は人それぞれですが、二人身の間はせめて、と考えている男性は女性が思うより多いのは確かです。

他にも、両親との同居から、親族との付き合い方、住む場所、お互いの趣味などといった考え方の違いが、原因になり得ます。

女性が結婚に夢を持つように、男性も結婚に理想を持っています。

特に自分の意見だけを押し付けがちな女性は、彼氏に「この人とは結婚したくないな」と思われても仕方ありません。

結婚するか別れるか… 彼氏との話し合いは冷静に行おう

彼氏が何故あなたとの結婚を約束してくれないのか、まずその本心を知る必要があります。

彼の本心を知らないままでは、待つことも、自分を改善することも、納得して別れることも出来ないからです。

万一、話し合いの結果別れることが決まっても、お互い納得が出来ない終わり方は双方に深い傷を残します。

話し合いの前に必要なのは、まず自分の考えを固める作業です。

何歳までに結婚し、結婚後はどうしたいのか、具体的に自分の考えを整理しましょう。

その上で、やはり彼と結婚したいと思うのであれば、話し合いの時間を取ってもらうよう、彼に伝えましょう。

ただ、この話し合い如何によっては、上で触れてきた通り、知りたくなかった彼の本心――もしかしたら、あなたに対してはとても辛辣なものかもしれません――を知ることになる可能性も否定できません。

ですが、感情のままに行動することは何としても避けましょう。

男性は、女性に感情的に責められることを非常に嫌います。

「本心が知りたいと言われたから話したのに、口に出したら泣かれてしまった」というのはよくある話とはいえ、男性からすればますますあなたとの結婚の意志を削ぐ行為に他なりません。

別れ話を伝家の宝刀にしてはいけない

もう一つしてはいけないことは、「結婚してくれないなら別れる!」という気持ちを、伝家の宝刀としてはいけない、ということです。

結婚についての話し合い以外でも、こういった自分の気持ちの押し付けは、彼氏にとって重圧でしかありません。

今後二人が結婚できたとしても、「○○してくれないなら××」という物言いは、彼氏にとって「この人は話し合いが出来ない人」「人の都合を考えてくれない人」という印象にしかなりません。

別れ話は、あくまでお互いの結婚観が合わない結果の選択肢だと考えましょう。

男性は、女性が思う以上に彼女が結婚願望を持っていることに気付いています。

なのにそれに答えない・気づかないフリをしているのは、何かしらの原因があるから。

単にタイミングなのか、見てきたような理由があるかは人それぞれです。

彼女から改まって「話がある」と言われれば、彼氏も何かしらの覚悟は持つでしょう。

結婚する気があるかどうかの話し合いは、男女ともに決して気楽に出来るものではありません。

ただ、自分の意見のみを押し付けることは避けましょう。

恋愛と、その先にある結婚は、二人で幸せになるためにするものなのですから、二人にとっていい未来を選べるよう、思いやりと冷静さは失わずに望みましょう。

関連記事はこちら

 - 不安・後悔

ページ
上部へ