男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼氏が結婚してくれない!不安でたまらない時の見極め方

      2016/03/18

彼氏が結婚してくれない!不安でたまらない時の見極め方

彼氏との付き合いも長くなりそろそろ結婚したいと思っているのに、彼氏の態度は全然変わらず結婚を全く意識していない感じです。

このまま腐れ縁になってしまって、自然消滅してしまうのでは?

あなたは日に日に不安が募るばかりです。

そんな時の彼氏の気持ちについてまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


彼氏に結婚のための蓄えや、結婚生活をするだけの収入がない

彼氏の現在の経済状態は、どのような状況になっていますでしょうか?

女性が社会に進出してはいるものの、結婚して出産すると環境が整っていないと妻の仕事はパート程度になってしまう事が多いです。

彼自身の結婚のための準備金や、彼の収入が結婚生活をするにはきついと判断しているとしたら結婚も踏みとどまってしまうのではないでしょうか。

あなたはそんなことはない!彼には結婚生活をするだけの収入があります。と反論するかもしれません。でも彼にしてみれば結婚して子供が生まれたり。

住宅やマンションを購入することまで考えると、自分もお小遣い制度になってしまいますし、もう少し自分の好きな事にもお金を使いたいと思っているかもしれません。

そんな理由で彼が結婚を踏みとどまっているならば、こんな方法を試してみてはいかかがでしょうか?

結婚をしてもあなたが今の仕事を続ける、或いは結婚後も続けられる仕事に転職する。出産後もすぐに復帰できるような仕事の資格をとって、将来も働いて安定した収入を得られるようにする。

自分の将来の収入源になる仕事が確保できたら、彼に結婚後は経済的にも彼の支えになることを提案してみましょう。

彼氏が、結婚すると自由時間がなくなると不安なのでは?

結婚をするとお互いに時間に対してもお金に対しても、相手に黙って自由にできるかというとそうではありません。

彼氏にはなにかハマっている事が、あるのではないでしょうか?

あるならばそれには時間がどのくらい必要か、お金がどのくらいかかるのか。またサークルやグループに入っているのなら、仲間との付き合いはどの程度なのかなど考えてみましょう。

彼のやりたい事にあなたが全く興味がなくて、彼氏と一緒にやったことがないのならそれが問題となって結婚に踏み切れないのかもしれません。

例えば彼が仲間とのツーリングを趣味としていた場合、結婚により自分が仲間との距離が遠くなってしまうのではないかと不安を抱いているかもしれません。

彼が夢中になっていることがあるのなら、自分も興味を持ってやってみましょう。グループなどでいきなり彼の仲間に入れない場合は、自分も初心者向きのグループに参加してみるとか、彼のやりたいことを自分も一緒にできるというアピールを彼にしてみましょう。

一緒にできるなら結婚後も続けられると、彼も安心するのではないでしょうか。

彼氏の仕事への意欲が大きく、結婚よりも仕事がしたい

彼氏の会社や仕事の状況はどうなのか、よく考えてみてください。

彼が仕事に必要な資格をとろうと、仕事以外の時間で猛勉強をしている。会社で彼の企画が通って、その仕事の切り盛りをすべてまかされている。彼に最近部署の移動があって、新しい仕事を覚えなくてはいけなくて忙しい。

彼の気持ちが自分の仕事にある場合は、それが一段落しないと結婚のことまで考える余裕がないのかもしれません。また夢中になっていることがあるときは、時間もあっという間に過ぎてしまうので頭のすみに結婚があっても、ついつい後回しにしていることも考えられます。

そんな時には何気なく結婚すると仕事に集中できる環境を自分に作れることを、彼にアピールしてみましょう。マッサージや指圧などの教室に通って、疲れて帰ってきても私がいれば大丈夫など彼が仕事ができるようサポートできる事はなお効果があると思います。

彼が仕事にかけている姿がとても好きなので、結婚してもそれを続けられるよう自分は努力を惜しまない。そういうあなたの存在は、彼にとって魅力的になるのではないでしょうか。

彼氏があなたに対して、結婚相手として不安に感じている

彼の生活や家族環境を考えた場合に、あなた自身は彼の結婚相手としてふさわしいのでしょうか?

彼にとってあなたは恋人としては100点なのかもしれませんが、結婚相手としてはまだ合格点にいかないのかもしれません。

彼の家族や友達はどういったタイプが多いのか、よく考えてみてください。両親が厳格で兄弟も礼儀正しかった場合には、あなたが礼儀正しくきちんとした振る舞いができないので、家族にも会わせることができないのかもしれません。

あなたがデートや一緒に過ごしている時間に、彼が優しいのをいいことにあなたの要求ばかりを通していませんか?

彼にだってやりたいことや、食べたい物があるのに聞きもせずになんでも決めていたりすると、彼が結婚してもこんな感じで自分の意見は通らないとあきらめてしまっていることも考えられます。

あなたが美容にばかりお金をかけて綺麗にしているけれどお料理などの家事はダメだったりすると、連れて歩くのは自慢になっていいけれど一緒に生活はしたいくないと思われてもしかたありません。

彼氏が結婚したくなるような女性になる努力を忘れずに!

独身のうちはお互いに我慢が足りずに自己中心的になってしまうケースが、よく報告されています。あなたも自分はこんなにつくしているのに、彼が結婚を言い出さないのは無責任だ。などと結婚しない彼を、心の中でせめているようなことはないでしょうか?

あなたが彼にとって妻として必要な存在ならば、彼だって恋人という不安定なポジションにあなたを置くよりも、妻として独占したがるのではないでしょうか?

さりげなく彼の理想の妻像を聞いてみるといいでしょう。ストレートに聞けないない場合は、夫婦を題材とした映画やドラマを一緒に観てそこに出てくる夫婦についての感想を述べ合うとかれの気持ちもわかってきます。

あなたが心から彼と結婚したいのなら、彼の理想としている妻になれるような努力を惜しまないようにしましょう。彼が料理のできる奥さんに憧れているのなら、教室に行ったり動画を見たりして彼のすきな料理を作って彼にご馳走しましょう。

彼が何かのスポーツに夢中なら一緒にそのスポーツをやるか、あなたにスポーツが無理なら彼のマネージャーになるつもりでサポートしましょう。そのスポーツの試合を見に行ったりと、デートコースを変えてみるのもどうでしょうか?

彼氏にとってずーと一緒にいたい存在になれば、結婚の話がでてくると思います。

関連記事はこちら

 - 婚活

ページ
上部へ