男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

彼氏と別れることになった時。寂しい気持ちの乗り越え方

      2016/03/18

彼氏と別れることになった時。寂しい気持ちの乗り越え方

楽しく、うれしく、幸せな彼氏との時間。いつまでもそんな時間が続けばと思いますが、残念ながら別れることになってしまう場合もあります。

幸せな時間が長ければ長いほど辛い別れですが、寂しいからっていつまでもくよくよしたくない。そんな女性におすすめのリフレッシュ方法を紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

友人の結婚式には出ないの?仕事を優先する人の心理と理由とは

結婚式は一生に一度しかないと思っているので、仕事を休むことも...

ディーラーの営業マンからの誘いに対して恋愛は成立するのか解説

車を買いたいと思った時にディーラーの営業マンと話をする機会は...

《実はバレてる?》彼女や彼氏に内緒でタバコ 隠すのは逆効果!

自分でも感じているでしょうが、一昔前と異なり、現在はタバコを...

過呼吸で苦しがって泣く彼女を助けたい!過呼吸への対処方法

過呼吸で苦しがって泣く彼女を見ていると、自分も辛くなりますよ...

彼女が留学で1年の遠距離恋愛! そんな不安の解消法

自分の彼女が、1年間の海外留学を決めた―― そんな状況...

結婚したことを後悔!貧乏な生活が辛い時の心理と対処法

憧れの結婚をしたことによって幸せな生活が待っていると思いきや...

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは

告白を決意した時!相手の心に刺さる手紙の渡し方とは...

元カノが忘れられない! 結婚後でも気になる彼女の共通点

元カノで忘れられない人といるあなた。相手もあなたも結婚後で、...

左薬指に指輪がない男性は未婚?それとも…?その判断基準とは!

その男性が既婚か未婚かを判断するために、ついつい無...

好きな人は年上女性!大学生が年上女性にアプローチする方法とは

自分が大学生で年上の社会人の女性を好きになってしま...

告白を手紙でしたのに返事がない?気になる相手の気持ちとは

思いきって告白したいと思っても本人を前にすると緊張...

左薬指に指輪がなければ未婚?不倫の泥沼にハマる前に出来ること

人を好きになりそうになった時、ついつい相手の左薬指...

元カノが忘れられない!結婚後に元カノを忘れるための方法

元カノのことをなかなか忘れることができない男性も多...

友達の彼女が可愛い!羨ましいと思う心理と自分ができること

友達が可愛い彼女と付き合っているのを見ると羨ましい...

左薬指に指輪をしている男性を好きになった時の対処法

男女の恋愛においてであったタイミングが遅いと、諦め...

好きな人と気になる人の違いや境界線の考え方

好きな人と気になる人との境界線は、自分でもなかなか...

先生に告白するなら卒業式にしたいという心理を解説

学生時代に先生に恋心を抱いてしまった時には、叶わぬ...

社内の若い女性と浮気をした旦那への復讐方法

旦那との結婚生活の中で社内の人と浮気をしているのが...

先生に告白したいと思った時に手紙を活用するメリット

学校に通っている時に先生に憧れを抱いて好きになる人...

先生に告白したい!気持ちを伝えるための告白の仕方とは

学生生活の中で先制を好きになってしまった時には、誰...

スポンサーリンク


寂しい気持ちを素直に吐き出す

別れ方にもよりますが、寂しいときは寂しいという気持ちを素直に吐き出しましょう。
親や兄弟などの家族、友人、先輩、後輩、だれでもいいので話を聞いてもらうだけでも気持ちは楽になります。

もし、まわりにそんな人がいない場合は、独り言でもいいので、とにかく口に出して言葉にしてみましょう。心の中で悶々と考え込むよりもずっと気が楽になります。
今まで一緒だった彼氏がいなくなり、いきなり一人になるのは寂しいですが、きっと立ち直れる日が来ます。

それまでは辛い時は辛い、寂しい時は寂しいと、自分に素直になりましょう。失恋ソングをひたすら聞いて泣きまくった、失恋映画を片っ端から見まくったなど、同じ状況に浸るのもありです。

でも、一つだけ注意が必要なのが、寂しいがゆえに自分を「悲劇のヒロイン」だと思い込んでしまうことです。

10組のカップルがいれば、別れ方も10通り。別れた時の状況やその後の二人の関係にもよりますが、多かれ少なかれ一緒の時間を過ごし、幸せを共有した相手です。

相手を憎むだけではなく、相手に感謝の気持ちを持てるように、自分の気持ちのコントロールをしましょう。

別れる彼氏との関係。その後、連絡するのはあり?なし?

彼氏と別れたばかりのときに、連絡をしたくなることはありますか?
インターネットでこのような調査を行うと、「ある」と答える女性は全体の約3割くらいいるようです。

主な理由としては、

・今まで当たり前のように連絡をとっていた相手だったので。
・一人の時に楽しい思い出を思い出してしまった。
・街などで幸せそうにしているカップルを見たとき。
・誕生日やクリスマスなどのイベント時に一人だった時

などが多いようです。
反対におよそ7割の女性が「ない」と答えました。こちらの主な理由としては、

・今更連絡しても余計に寂しくなるだけ。
・他に気になる人ができた。
・振られているので電話に出てもらえない。
・いつまでも未練があると思われるのは嫌だ

など、どちらも様々な理由があります。

連絡するかしないかは別れた時の状況や彼氏の性格などでひとそれぞれ違いますが、男性より女性の方が次の恋愛に対して前向きな考え方を持っている傾向にあるようです。

しかし、これはあくまでも傾向と個人の意見なので、一人ひとり意見が違っても全然おかしくありません。

連絡して良かったと思う人もいれば、やっぱり連絡しなきゃ良かったなど、感想も人それぞれなのです。

寂しい気持ちを紛らわす新しい趣味を見つける

彼氏との別れは、一つの区切り。大好きだったから寂しい気持ちはすぐに消えませんが、新しい趣味を見つけることにより、寂しい気持ちを紛らわすことができます。

前からやってみたかったことがある方、これを機に何かを始めたいと思った方はすぐ行動しましょう。

これも人それぞれですが、身体を動かせるスポーツ系、アクセサリー作りや手芸などの手先を使うもの、資格取得に向けたの勉強など、熱中できることはたくさんあります。
その趣味を楽しむ中で、また新しい出会いがあるかも知れません。

お金をかけることなくできることもたくさんあるので、自分に合った趣味を見つけてみましょう。

先ほどのアンケートの回答の中には、

・料理が不味いと言われて悔しかったので一生懸命料理を勉強した。
・体型の事を言われて悔しかったので運動して痩せて見返してやりたい

など、別れをバネに頑張る方もたくさんいました。

どんな形であれ、前に進めば必ず道が拓けてきます。今は寂しくて辛くても、必ず乗り越えられる日が来ます。彼氏と過ごした楽しかった時間がずっといい思い出で残るように、一歩踏み出してみましょう。

新しい自分を発見できるチャンスかも知れません。

別れることによって生じたストレスを発散する

人は生きていれば、多かれ少なかれ何らかのストレスを抱えています。
そのストレスですが、あまり気にしないようにしていても何らかの形で身体や様子に現れます。

精神的なことでいえば、

・食欲がない
・ちょっとしたことで涙が出る
・夜眠れない
・仕事や買い物などで間違いをしてしまう

などが挙げられます。身体的なことでいえば、

・吹き出物が増える
・胃痛や便秘や下痢などの胃腸症状
・白髪が増える

など、どれも良いことではありません。

そんな状態になる前に、上手にストレスを発散することが大切です。

ストレスの発散方法もさまざまありますが、カラオケなどで大声を出したり水泳やジムなどで体を動かすなどが一番身近ではないでしょうか。

中には買い物をしたり、食べたいものを食べたいだけ食べるなどで発散する方もいると思います。どんな形であれ、自分なりにストレスの発散をするようにしましょう。

ただし、このようなストレス発散方法は一時的なものであると割り切って上手に対処しましょう。

お金の使い過ぎや体型の変化など、後々に響くこともあります。無理のない程度に発散できればいいですね。

新しい彼氏を見つける

ここまで、様々な方法を述べてきましたが、彼氏と別れた寂しさを完全に吹っ切れる方法は、やはり新しい恋愛ではないでしょうか。

以前から気になっている人がいた場合は、それとなく歩みよれるようにしてみましょう。

また、そういった相手がいない場合でも積極的に出会いの場に参加してみましょう。

いきなり自分の理想の人が目の前に現れる確率は、ほんのわずかです。

ですが、出会いのチャンスはどこにあるかわかりません。

もちろん、今は新しい恋なんて・・・と思っている人もいると思います。

立ち直り方やかかる時間はひとそれぞれなので、今すぐでなくてもいいのです。

少しずつでもいいので、次の恋愛に向けたステップを踏み出してみましょう。

恋愛は人と人との相性なので、すぐに恋愛の発展するわけではありません。だからこそ、一歩踏み出しましょう。

この一歩が、あなたの今後の人生をより楽しくしてくれるかも知れません。

人生は試練の連続です。乗り越えられない試練は与えられないといいます。

ここで挙げた様々な方法で彼氏と別れた寂しさがいつしか素敵な思い出に変わるように、参考になれば幸いです。

関連記事はこちら

 - 別れ方

ページ
上部へ