オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

彼氏と喧嘩!いくら待っても連絡こない時の対処法

2015.12.17

彼氏と些細なことでケンカになってしまった経験がある人も多いと思います。

なかなかタイミングがつかめずに連絡ができないまま何日かすぎ、彼からの連絡が来ることを待っていたけど一向に連絡こない。

どうしよう、嫌われちゃった!?

そこで今回は彼氏と喧嘩をして嘩!いくら待っても連絡こない時の対処法を紹介します。

彼女と喧嘩をした時の男の特徴

付き合っている彼氏と彼女が喧嘩をすることはよくあることだと思います。

あの時は本気で腹が立ってたけど、時間の経過とともに仲直りがしたいと思い始めたものの、どうしていいかわからないと悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

仲直りをする前に、喧嘩をした時の対処をしやすくするためにもまず男の特徴を把握しておきましょう。

男は女に比べて子どもっぽいところがある事が多く、一度怒りだしてしまうとなかなか怒りが収まらず、機嫌が戻るまでに時間がかかる傾向があります。

また、プライドが高くてなかなか自分から謝ったり行動に移すことができません。

そのため、喧嘩別れをした後一人になってから後悔はしつつも、自分からは行動を起こさず相手の出方をうかがったりしています。

全ての男に当てはまるわけではありませんが、知っているだけでも対処は大分しやすくなります。

そんな男の特徴を知らずにあなたも彼氏からの連絡を待っているだけだと、お互いに連絡を取ることがなくただ時間が過ぎてしまうため、何も解決することができません。

彼氏との喧嘩の原因を考えよう

仲直りをするうえで大事なのはまず、今回の喧嘩は何が原因で起きてしまったことなのかをきちんと把握しておくことです。

恋愛関係における喧嘩は些細は行動や言動が原因であることが多いです。

いくら今回仲直りができたとしても、原因をわかっていないと次もまた同じことの繰り返しで喧嘩ばかりしてしまう可能性があります。

そうならない為にも、何が原因でケンカになってしまったのかを自分で分かっている必要があるのです。

そして、その原因をあなた自身が許せるかどうかを考えなくてはいけません。

ただし、ここで必要なことはあなたと彼氏が喧嘩をしてしまう原因を考える事であって、喧嘩の原因を彼氏に問いただすことではないという事を肝に銘じておきましょう。

例えば、彼氏に浪費癖があったりギャンブルが好きだったりするなどの金銭的な事で毎回喧嘩になる場合は、いくらあなたがやめてほしいと言ったからといって、彼氏も簡単にはやめてくれるわけがありません。

そんな2人の価値観の違いがあってもあなたは彼氏の事が好きで、ずっと一緒にいたいと考えるのであれば、彼氏を怒らせないような伝え方を考えたり、あなたが彼氏のそういう一面を受け入れる努力が必要となります。

彼氏から連絡こないなら自分から連絡する

喧嘩をして連絡を取りづらいからと言って、いつまでも彼氏からの連絡を待っていたって仕方がありません。

彼氏も同じように連絡を取りづらくてなかなか行動に移せていないのかもしれませんし、そのまま放置していても事態が好転するわけではありません。

むしろお互いに意地を張って連絡を取らないでいたら、最悪の場合はそのまま音信不通になってお別れになってしまうことも考えられます。

彼氏と仲直りしてこれからも一緒に居続けたいと思うのでしたら、ここは勇気を出して自分から連絡を取るようにしましょう。

すでに彼氏からの連絡を待って一定の時間を空けた状態になっているわけですから、彼氏もプライドがあって素直に謝りづらくなっていることでしょう。

そこで、この際非がどちらにあったのかという事は置いておき、「この間はごめんね」と自分から反省をしていることを伝えるようにすると効果的です。

彼氏の事がホントに大切だと重むのなら、自分が一歩引いてお互いに歩み寄りやすい状況を作ってあげられるようにする事も仲直りには必要です。

彼氏から連絡こない時の仲直りメール

では実際にどんな内容のメールを送れば仲直りをすることができるのかを考えていきましょう。

メールの内容は彼氏とあなたのどちらが好きな度合いが強いかによって変わってきます。

まず、彼氏の方があなたの事を好きな度合いが強いのであれば、彼氏はあなたと別れたいとは思っていないはずです。

そこで、喧嘩をした翌日にはあなたからメールを送るようにしましょう。

メールの内容のポイントは、あまり長文にならないように気を付けて、自分に悪いと思える言動や行動があったことを伝え、文末には落ち着いたらメールくださいと添えるとよいでしょう。

逆に、あなたが彼氏を好きな度合いの方が強い場合は、あまり喧嘩の原因を問い詰めたりするようなことはしない方が賢明です。

仲直りをしたいと思いながら、相手を責めてしまってさらに喧嘩がひどくなってしまったら元も子もありません。

仲直りをしたいという事を第一に考え、自分から「昨日はムキになってごめんね」と伝える事により、彼氏も謝りやすい雰囲気を作るとよいでしょう。

それでも彼氏からの連絡がこなかったら?

こちらから勇気を出してメールをしたけど返事がない、思い切って電話をしてみたんだけれど出てくれない、そんな事態になってしまう事もあるかもしれません。

そんな時は、あなたが考えているよりもずっと本気で彼氏は怒っている可能性があります。

そんな状況に陥ってしまった時はどうしても不安な気持ちからメールを送ったり電話をしたりという行動に出てしまいがちですが、あまり頻繁に連絡を取ろうと行動に移すことは相手を追い詰めるだけであまり良い方法とは言えません。

あなたからの謝罪を無視してまで連絡を絶っているわけですから、彼氏も冷静に物事を考えるためにある程度の時間が必要なのでしょう。

すぐに連絡を取りたい気持ちはわかりますが、そこはグッと気持ちを抑えて少し時間を置いてから再度連絡を入れてみるようにしましょう。

注意したいのは、連絡を取る時に「いつまで怒ってるつもり?」とか「ずっと無視してるつもりなの?」というように彼氏を追いつめるような言動をしてしまうことです。

あくまであなたは仲直りがしたいのだという事を伝え、連絡を待つ姿勢を見せるように心がけましょう。

彼氏があなたの事をホントに好きなのであれば、いずれは必ず仲直りすることができますよ。

 - 仲直り・あやまり方