男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

待ちに待った春!カップルで楽しむ春のデート先は?

      2016/03/18

待ちに待った春!カップルで楽しむ春のデート先は?

一年で一番寒いこの時期を抜ければ、春はもう目前。

暖かな日差しを大切なパートナーと楽しめる時期がやってきます。

今年の春は何処で思い出を作りますか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

スポンサーリンク


暖かくなった春だから、アウトドアで楽しもう!

春は暖かな風に吹かれながら、ゆっくりと二人の時間を楽しむようなデートがパートナーを喜ばせるコツ。都会でのショッピングもいいですが、少し足を伸ばして、自然に囲まれたスポットに行くのがオススメです。喧騒を離れてのんびりと会話を楽しめば、二人の距離がぐっと縮まるかもしれません。

<のんびりお散歩コース>
草木が芽吹き、色とりどりの花が咲くスポットでの散歩は、開放的な気分を味わえるのでデートには最適。心理的にも自然の中にいると、心が穏やかになるそうです。桜が満開になる公園などのほかに植物園などもオススメ。また、大きな庭のある美術館や動物園といった屋外施設でも◎。パートナーの温もりを感じながら、春の自然を満喫すれば、愛が深まります。

<シーサイドドライブコース>
夏の海辺は何かと混雑しがちですが、春であれば快適なドライブが楽しめます。さざ波を横目で見ながら、密室空間でのデートが二人の気分を盛り上げることでしょう。車は現地についてからのレンタカーでも充分。さまざまなスポットを巡りながらシーサイドドライブを楽しみましょう。

<フルーツ狩りコース>
春といえばいちご狩りです。全国でさまざまな種類のいちごが楽しめます。農園の近くには豊かな自然が多く、のんびりとした時間を過ごすことができます。

引用元-−-るるぶトラベル

春のデートプラン オススメのスポットは?

1、オープンテラスで食事
冬のときは寒くてできなかったオープンテラスでの食事は春に最適です。景色のきれいな場所で好きな人と食事をすれば心が躍ること間違いなし。食事だけじゃなく、お茶だけのためにオープンテラスのあるカフェを利用するのもおすすめです。
2、サイクリング
たまには体を動かしたい、というカップルにはサイクリングがおすすめ。川沿いのサイクリングロードを1、2時間走ってから公園の芝生でお弁当を食べればピクニック気分に。運動することで気分も爽快になり、また自転車デートをすることで新鮮な気持ちにもなれるはずです。

3、ビーチで散歩
ビーチというと「夏」のイメージばかりがつきまといますが、夏になる前のビーチはまだそれほど混雑してなく、ロマンチックな雰囲気が充満しています。思い切って砂浜を裸足になって散歩すれば きっと二人の気分が盛り上がるでしょう。

4、スポーツ観戦
野球、サッカーはもちろん普段なかなか見れないスポーツを観戦するのもいいかもしれません。相撲の春場所、ボクシングといった武道、格闘技を見れば興奮すること間違いなし。刺激は欲しい恋人にぴったりのプランです。

5、植物公園
マイナスイオンに触れたいという恋人には植物公園が最高のチョイス。緑の中に身を置けば心が安らぐこと間違いなし。帰りに家に飾る植木や花を帰って買えるのもいいでしょう。洋服やアクセサリーを買うのとは一味違った買い物を楽しめるはずです。

6、遊園地
暑すぎず、寒すぎずの春に行くべき場所のひとつが遊園地です。遊園地といえば野外で列に並ぶことが当たり前なので、過ごしやすい春が最適です。お互いが平日に休める日があれば、混雑しない平日を狙って行くのがベストです。また、春には遊園地で最新のアトラクションがお披露目されることが多い季節でもあり、未体験の遊びを楽しめるはずです。

7、動物園
子供のときに行ったきり、という人には動物園がおすすめです。大人になってから見る動物園の動物はまた違ったふうに見えるはず。かわいい動物を探して写真を撮るだけでも二人の一生の思い出になります。

8、花見
なんといっても春の醍醐味といえば花見。桜が満開のときに敷物の上で美味しいご飯を好きな人と食べればもう言うことなしです。毎年花見に行くという人は今年こそいつもの場所ではなく、隣の県や遠出をしてみるのもいいかもしれません。場所を変えるだけでも気分転換にはもってこいです。

引用元-−-恋愛万歳ドットコム

都内の大学生カップルにオススメ4箇所

1.井の頭公園プラン
「あったかくなったら外に出て春の空気を満喫したい!」(20歳/学生)
せっかく暖かくなったのですから、外の空気を吸って健康的なお散歩デートができたらいいですよね。吉祥寺の井の頭公園内にはベンチもたくさんありますし、お弁当を持って行ってピクニックするのがおすすめです。食後のデザートに園内で売っているアイスクリームを食べたり、ボートに乗るのもいいですね。 井の頭公園を満喫できたら、駅前の商店街へ行ってお買いものやカラオケ・・・充実の一日間違いなしです。

2.日帰り苺狩りツアー
「春ならではのことをしたいので、苺狩りを今年こそはしてみたいです」(21歳/学生)
春は苺狩りも盛んになりますね。私がおすすめなのは、旅行会社の日帰り苺狩りツアーを予約することです。旅行会社にもよりますが、一日かけて観光スポット巡りやハイキング、苺狩り、その土地の名産食べ放題などなど、割と手頃なお値段でバスツアーができるものがたくさんあります。バスの発着場所も都内の様々なところからありますので、当日の負担も少なく、存分に楽しめること間違いなしです。授業が忙しくなる前に、早いうちから予約してみてはいかがでしょうか。

3.葛西臨海公園プラン
「井の頭公園にはもう何回も行ったから、次はちょっと遠くの葛西臨海公園に行ってみたいなぁ」(21歳/学生)
季節の花が楽しめる葛西臨海公園。きれいな芝生がありますので、ここでピクニックするのも、園内の売店で買ったものを食べるのもいいかもしれません。また、葛西臨海公園にはデートの大定番大観覧車と水族館があります。せっかくですから水族館へ行くときは、葛西臨海水族園のホームページから「水族園魚ッチングシート」を印刷して、二人で魚のお勉強をしてみましょう。このプランも朝から行っても満喫できそうですね。

4.大江戸温泉物語プラン
「デートして一日楽しむのもいいけど、癒されるデートもいいよね」(22歳/学生)
ちょっと疲れているときなどにもおすすめの温泉プラン。お台場にある大江戸温泉物語は、手ぶらで行ってもタオル・浴衣・アニメティ等があるので安心です。また、レストランに加えて足湯や、人形すくいなどの縁日、ゲームコーナーは男女一緒に楽しめますので、カップルにもぴったりです。お台場まではドライブができたら理想的ですね。温泉旅館に宿泊とまではいかなくとも、一日中ゆったりとした時間を過ごせます。日々の疲れをとるためにも、一日ぐらいは温泉で癒されるデートをしてもいいかもしれません。

引用元-−-アメーバニュース

花粉症カップルは、屋内型アミューズメントや美術館めぐり等がオススメ

完全ガードしていても、花粉が飛び交う屋外で長時間デートするのはキツいもの。そこで花粉の季節には、屋内のアミューズメントスポットを遊びつくしてはいかが?
テーマパークなら日本初の全天候型屋内テーマパーク『サンリオピューロランド』へ。子供向けのイメージが強いですが、『ハローキティ』など、おなじみのサンリオキャラクターやキャストが、四季折々のミュージカルやレビュー、パレードなどを展開。ライブ・エンターテイメントは大人も充分楽しめます。

大人のカップルだけで見ても絶対に楽しめるのが『光のパレード ILLUMINANT(イルミナント)』。サンリオキャラクターのイリュージョンとアクロバットを合体させた夢のパレード。テーマ曲は、角松敏生/アガルタ。”燃焼系”を凌駕するアクロバティックな動きは超必見!このパレードを見るだけでも訪れる価値大です!

そのほか、SEGAが東京・梅田・岡山に展開する屋内型アミューズメントスポット『ジョイポリス』や、池袋の『ナムコ・ナンジャタウン』。全国の水族館や美術館・博物館・科学館をめぐるデートもおすすめです。

引用元-−-AllAbout

春といえば桜。二人でゆっくり花見デート

6963402274_c7ac3e23ff_o

日本人の“心の花”「桜」
今年も桜の季節がやってまいりました。日本人と桜といえば、切っても切れない仲、特別な存在です。古くは『古事記』『古今和歌集』『源氏物語』といった書物にも登場しました。お花見しながら宴会したり、夜桜を楽しんだりと、日本人は桜が本当に大好きです。そんな桜好きな国民性もあってか、桜を題材とする曲もたくさん作られ、歌われてきました。
童謡『さくらさくら』なんて、日本人なら誰もが知っている、というより誰もが一度は歌ったことがある、といってもいいぐらいポピュラーな曲ですよね。
最近でいうと、森山直太朗『さくら(独唱)』、ケツメイシ『さくら』、コブクロ『桜』、いきものがかり『SAKURA』、福山雅治『桜坂』など、“桜ソング”と呼ばれている名曲が次々と誕生しています。
桜は日本の国花ではないのですが、日本人の“心の花”、“ソウルフラワー”とも言える存在なのではないでしょうか。桜の花を見ると、なぜか無条件に心がときめきますもんね。日本人のDNAがそうさせるのかもしれません。

五感に訴えかける「桜」の癒し効果
そして、桜には「癒し効果」もあるのです。桜の花の淡い香りには心を和ませる効果があり、桜の薄いピンクは、カラーセラピーでは精神を穏やかにしてくれる色とのこと。
あと、桜の開花が春の訪れを感じさせてくれるというのも、何だか幸せな明るい気分にさせてくれますよね。
また、桜餅などに使われる桜の葉には、胃腸を整える作用があるということです。
この春は、ふたりで桜の癒し効果を五感で感じてきてみてはいかがでしょう。彼氏もきっと、桜の優しさに包まれて穏やかな気持ちになれるはずです。
お弁当を作って桜が満開の青空の下で一緒に食べるのも良し、ロマンチックな気分を味わいたいのなら、幻想的な雰囲気の夜桜もいいですよね。ただ、宴会で賑やかなところだけは避けた方がいいかも。
是非、おふたりで日本の春の美しさ、素晴らしさを堪能してきて下さい。

引用元-−-恋愛.jp

お花見デートには、”代替プラン”は必須

季節については、花見で重要なのは桜を実際に見ることです。一度咲き始めたら大丈夫ですが、気温が低くなるとしぼむこともあります。7分咲きくらいがちょうどいい頃合いでしょう。また、早めに行く場合は気温がまだ低い日も多いです。できるなら天気のいい日を選ぶのがいいでしょう。天候については、基本は天気予報を調べておくことです。また、天気が悪い時のことを考えて、中止にした場合のプランを考えておくとベストです。一応桜は見に行きつつ、食事などはせずに飲食店へ行くといいでしょう。後日日程が合えば、もう一度花見をすればいいわけです。代替プランを一緒に考えておくと、何かあった時でも充分楽しく過ごすことが出来ます。

他にも、時期が完全にずれてしまう場合もあるでしょう。早い段階から休みの日を合わせておき、花見シーズンに向けて準備したところ、まだ開花していなかった、ということがあります。この場合は、イベントを利用して解消するのがいいです。花見の名所ならばそこや近くでイベントをやっている可能性も高いです。そうでなくとも、首都圏であればちょっと移動すれば代替のイベントは何かあるでしょう。花見が近づいてきたら、天気が悪い場合のことも考えて、周辺で開催されている花見以外のイベントをチェックしておくのが次善の策になります。

また、大人数であれば遅くまで花見をしていてもいいですが、2人ならばあまり遅くなる前に切り上げた方がいいです。花見は夜の8時くらいまでにしておき、そのあとでお店に寄るのがいいでしょう。カフェなどに行ってコーヒーを飲めばお酒も抜けてリラックスできます。花見は準備からいろいろと疲れるので、早めに家に帰って2人でゆっくりしましょう。

引用元-−-おすすめのお花見スポット特集

大人な二人なら、京都・清水寺で桜を楽しむのも

カップルデートにオススメ!清水寺のライトアップ情報!

春の夜間拝観=ライトアップの開催時期

東山花灯路の開催期間
桜の夜間拝観期間
2回の開催期間があります。

2回にわたり、ライトアップされる期間があるので
両方の期間を、記載しておきますね!

東山花灯路2015
開催期間  3月6日(金)〜3月14日(日)

受付時間  午後6時30分〜9時30分まで
(受付終了後 約1時間程度)

拝観料金  大人400円 小・中学生200円
※「東山花灯路」と清水寺の「春の夜間拝観」は
別のイベントとなります。

ここで、簡単に東山花灯路の説明をしますと
平成15年から、京都の新しい観光の目玉として
始められた、「灯り」によるイベントなんですね。

京都の観光地で街全体で行われる
イベントですので、桜の見頃の時期には
関係ないのですね〜(。・ω・。)

花灯路も、たしかに良いのですが
やっぱり桜の時期の、ライトアップは格別です。

ですので、今回は桜の時期をオススメします!

東山花灯路が、3/14までとなっていますので、
春の夜間拝観2015は以下の日程になります。

清水寺春の夜間拝観日程詳細
開催期間  3月28日(土)〜4月12日(日)

受付時間  午後6時30分〜9時30分まで
(受付終了後 約1時間程度)

拝観料金  大人400円 小・中学生200円

開催期間中は、混雑すること間違いないですが、
二人で綺麗にライトアップされた桜を見ると
ほんとうに感動しますよ(´∀`●)

きっと、良い思い出になります!

引用元-−-気になるJAPAN-TREND情報局

関連記事はこちら

 - デートの場所

ページ
上部へ