オトコの恋バナ

男が気になる恋の話題をまとめます。

挨拶程度の異性から突然メールが来なくなった時の対処法

2016.1.2

会社でいつも会う異性の同僚、同じ課の手前メールアドレスの交換をしました。

翌日の朝からおはようの挨拶を毎日入れてくれるので、ちょっとうざいなと思っていました。

同僚なので返信はしなければならないし、やめてくれないかなと思いかけていたら突然ぱったりと来なくなりました。

理由もわからないし、どうしてか聞くのもメールを催促しているようで憚られます。

でも気になるし、顔を合わせたときもどういう顔をしていいのかわからなくなってきました。

そんな困った時の対処法をあげてみました。

相手の毎朝の挨拶メールの目的を探ってみましょう

ちょっと嫌だなと思っていたはずなのに、いざ突然メールが来なくなってみると毎朝気になって確認してしまいます。それまでの毎朝のメールに、もしかしたら自分に気があるのではないかな?と思ってしまっていた場合も少なくありません。

何の断りもなくある日を境に突然メールが来なくなってしまうと、なにか気に障ることをしたのかと思ったり気になってしかたがありません。メールが来なくなった原因を考えていて仕事でミスでもしようものなら、なんだかそんなことを気にしている自分に腹がたったりしてしまいます。

そんな時は相手が自分に毎朝メールを送ってきた目的を探ってみましょう。まずは周りの人にそれとなく社内の同僚でメールを出す人はいるのかを、話題に出して聞いてみましょう。実は相手が毎朝メールを出していた人があなただけではなく同僚のみんなに出していたとしたら、あなたへのメールもあなたの自意識過剰で単なる同僚の一人にすぎなかったのかもしれません。

異性の相手が実はみんなにメールしていて突然来なくなった時

みんなに聞いた結果問題の異性の相手は実はみんなにメールを出していて、突然こなくなったのはみんなも同じだった場合について考えてみましょう。相手と親しい同僚からその理由が聞くことができればそれで納得がいくと思いますが、誰からも理由を聞けないとやはり気になってしまうかもしれません。

そんな時には周囲からの情報をもとに理由を推理してみましょう。

考えられる理由は様々あります。

もともとメールが好きではなかったのにメールアドレスを交換したら、毎日メールで挨拶する事が常識だと思っていた。ただ単にその勘違いに気が付いたので、メールをするのをやめた。

メールしていたうちの誰かが気があると勘違いして、食事に誘って来たりせまってくるようになり誤解する人がこれ以上でないようメールを出すのをやめた。

メールをしているうちの誰かから毎朝のメールは迷惑だからやめて欲しいと言われてみんなへのメールもやめた。

家庭の事情や仕事が忙しくなって、毎朝メールを出すことができなくなった。自分が大変になって出したくなくなった。

このような理由でしたら、何もメールがこなくなったからと言って気にすることはありません。

自分にだけメールが突然来なくなった場合の理由を考える

毎朝きていた挨拶メールが同僚みんなに送られていて、あなたにだけ送られてこないことがわかったら、今度は今迄とは別な不安があなたに生まれてしまうでしょう。自分だけに来ないというのは=自分が嫌われたと推測してしまうからです。ただメールが来なくなったのが気になるどころか、何故自分にだけくれないのかという悩みになってしまいます。

それまではうざいとさえ思っていた挨拶メールなのに、人とは勝手なもので今度はメールを送って欲しくさえなってしまいます。では自分にだけ挨拶メールが送られてこなくなった理由とはどんなものがあるのでしょうか?

これは実によくあることなのですが単純にグループ発信していたアドレスのリストから、間違ってあなたのアドレスを削除してしまっていた場合。毎朝ひとりひとりにメールを出すのは手間ですから、グループにしてまとめて発信している可能性も十分あります。挨拶メールがいらないなどの苦情が来た人や、部署がかわったり退職などで挨拶する必要のなくなった人を削除するときに操作を誤ってあなたを削除してうこともあります。

また相手があなたを好きになって意識してしまった場合も考えられます。物欲しそうにあなたに受け取られたり、変に誤解されたくなくてやめた可能性もあります。

ふだん時に接触がないのに、同僚のひとりだけのメールを嫌いになったからやめたとは考えにくいと思います。

そもそも異性の同僚ににメールを出す事はどうなのでしょうか

そもそも会社の同僚同士のメールは必要なのでしょうか。毎日社内のどこかで顔をあわせているのなら、その時に声をかければ良い話です。朝から挨拶のメールなど出す必要もないと思います。また同僚とはいえメールアドレスの交換も必ずしなくてはいけないものでもありません。

メールを出すと相手は返信しなければいけないと思ってしまします。忙しくてメールを出す時間さえ作り出すのが大変な人もいます。そういう人にとっては義理メールはかえって迷惑になってしまいます。

メールは新しい文化ですので、マナーについてもどうもあやふやなところがあります。人によって常識が違うので、自分にとって影響力のある人の言う事が常識になってしまうことになりかねません。

ですからメールアドレスを交換しただけで、もう次の日から毎日メールを出すというのは考えものです。人によってはメールアドレスを交換している人数が少ないため、メール交換をするというのは仲がいいことの証明だと思ってしまう人もいるようです。

たかがメール、されどメール!思わぬ効用があるようです。

毎日習慣になってしまったことが急になくなると、人は不安に陥ります。人の心とは不思議になものでそれが良い事や悪い事にかかわらず、毎日同じ事が繰り返されることに安心感を覚えるからです。対して興味もない朝ドラなのに必ずみてしまう。嫌いなパーソナリティーなのに寝る前に必ず聞いてしまうなどもそうです。

それまで全く意識してなかった人の自分に対しての行動が急に変わると、とても気になる存在になってしまいます。ですからその行動が以前のように戻ると安心し、もしかしたら相手が自分にはなくてはならない存在なのかもしれないとさえ思うことがあります。そうなるとお友達になりたくなったり、時には相手に恋をしてしまう事すらあるかもしれません。

こんなことがキッカケとなって交際に発展にするので、ハントの方法に使われることもあります。いずれにせよ幸せなカップルが生まれるのなら、こういう方法もいいと思います。

急にメールが来なくなってもただ気にしたり落ち込むのではなく、原因を追求して解決するのも社会人としてのあなたの力となっていくことでしょう。

 - 会話・連絡・話題