男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

料理が苦手な嫁。日々の生活で料理が不味いのはキツイ。

      2016/03/18

料理が苦手な嫁。日々の生活で料理が不味いのはキツイ。

結婚は料理のうまい下手で決めるものではないけれど…。

料理が苦手というのは一緒に暮らすとかなり問題。

嫁なりに頑張っているのだが…

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

スポンサーリンク


料理が苦手な嫁だと離婚の危機?

マイナビニュース会員の男性199名を対象に、「結婚した相手の料理がマズすぎた場合、離婚に発展しますか。」という質問をしたところ、「はい」と回答した人は49名(26.6%)、「いいえ」と回答した人は150名(75.4%)であった。「はい」と「いいえ」の回答者それぞれに、どうしてそう考えたのか理由も尋ねてみたので紹介する。

■料理がマズいという理由での離婚はあり得る
・「改善がなければそれもある…生活の基本になることだから」(28歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「生きていく上で最低限食べていかないといけないのに、料理ができないのは論外」(23歳男性/その他/その他)
・「外食ばかりでは経済的にも無理なので」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「幻滅するから」(26歳男性/医療・福祉/専門職)

■料理がマズいという理由での離婚はあり得る
・「それを受け入れての結婚」(42歳男性/建設・土木/営業職)
・「食べられるレベルであれば諦めます…度を過ぎていれば、キッチンでの主導権を取り上げます」(33歳男性/その他/その他)
・「そんなことで離婚していたら心が狭すぎるから」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)

■そのうち上手になることを期待する
・「ステップアップの可能性もあるので、さすがに離婚まではいかないと思うから」(41歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「結婚してからでも練習してくれたら良いので」(37歳男性/生保・損保/営業職)
・「食材・調味料・調理のいずれかが原因なので、突き止めさえすれば解決は可能」(35歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

■そもそも料理がマズい女性とは結婚しない
・「料理がマズすぎる場合、そもそも結婚までいかない」(33歳男性/情報・IT/技術職)
・「恐らく、そういう方を結婚相手に選ばないでしょうから」(40歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「結婚する前に気付くから」(28歳男性/商社・卸/事務系専門職)

引用元-−-マイナビニュース

結婚前に料理が苦手な嫁を見抜け

独身男性にとって、結婚後は美味しい料理が待っている家庭にあこがれる人は圧倒的多数。疲れて帰ってきたら、ビールが冷えていてホカホカご飯は最高の癒しですよね。

結婚前に「料理できるの?」と聞いていた人も、だまされていた可能性が。美味しいお惣菜をきれいに盛り付けてブログにアップ。それで、「こんなの作ったよ」といえば、見るからに料理上手に成り済ませます。

実際にブログで美味しそうなご飯が乗っていたので料理上手だと思いこんでしまった夫婦の話ですが、奥さんは料理が大の苦手。結婚後一生懸命作ったハンバーグは生焼けだったとか。

また、用意周到な手作り感を出すために自分の母親に作らせた食事を自作と言い出すつわものも。見破るのが難しいこの手法には「作り方教えて」と突っ込んでみましょう。結婚前に一緒にキッチンに立つ機会も何回か作りたいですね。

引用元-−-マリッチ

料理が苦手な嫁の味方は?

 「よく『料理できない』っていうと、大抵いろいろな人から『結婚してしばらくやっているうちに自然とできるようになるよ』『最初は料理本みて作っていれば、自然と本を見なくても大丈夫になる』って言われるんですけど、あれ本当ですかね。料理できずに結婚した女性って、そのうちみんなちゃんとできるようになっているのでしょか?」

確かに、料理下手を自認する独女にとって、そのへんの事情は気になるだろう。そこで独女時代は晴美さんのように「料理ベタ」を自認していた既婚女性たちに話を聞いてみることにした。

有子さん(30歳)は結婚4年目の専業主婦。結婚前はほとんど料理経験もなければ興味もなかったというが、結婚後は朝昼晩ほぼ毎日自炊し、今ではオーブンでパンやケーキまで焼くようになったという。しかし有子さん曰く「料理が苦手出来れば作りたくないという気持ちは、結婚前も後も変わらない」そうだ。

「まずパンやケーキをつくるのって、私の感覚だと料理とはまったく別なんですよ。料理は日常だけど、パンやケーキは遊びというか趣味に近い。だからパンやケーキを焼くのは好きですね。でも料理は生きるために仕方なく作っている感じ。腕前の上達?今の時代、『クックパッド』さえあれば、たいていの料理は失敗なしで作れますよ」

クックパッドは月間816万人が利用するという日本最大の料理レシピサイト。誰でも簡単にオリジナルの料理レシピを掲載することが可能で、レシピ数は64万にも及ぶ。

「まず料理を作る際はパソコンでクックパッドを開いて、『キャベツ』『ひき肉』など、今ある食材でレシピ検索するのが日常です。私の周りの主婦友達も皆クックパッドなしに料理はできない!っていう人ばかりです。このサイトは完璧に料理下手な主婦の救世主ですよね」(有子さん)

引用元-−-ライブドアニュース

嫁と母親どっちの料理が美味?

2f0cbc6b33935a1da74b525130df9319_s

嫁の方が料理が美味しい、何故だ!?キャリアなど関係ないと言う事か!?と思ったので嫁に聞いてみたら、凄い言葉が返って来た。
「だってお義母さん、味見しないし目分量で済ませてるしね…(すっげぇ苦笑いしながら)」

料理は忠実に作れば実は美味しい

コレは完全に奥さんに言われた事なんですが「料理なんて、ネットで調べたり本で調べて、その通りに作ればできちゃうじゃん」

そうなのだ、実は言われてみれば料理にはマニュアル本はいくらでもあるのだ。今の世の中なら作りたい料理をググればレシピはくさるほど出て来るのだ。

後は分量をちゃんと計って作るだけ←ここ大事

実際に母ちゃんに「分量ってはかってないのか?」と聞いたら「だってめんどくさいじゃんww」と笑顔で返ってきた。更に「味見をしないのか?」と聞いたら「ちゃっちゃーって作って終わり」と言われて俺はこう思った。

ああ、だから母ちゃんの料理って美味い時とマズイ時の差が激しいんだ…

分量見るだけで大きく変わる

当たり前だけど、ちゃんと分量をはかってなければ料理に安定感はなく、美味しい時とマズイ時に差が出るのは当然なのだ。

俺は元々は母ちゃんが作るからあげが好きだったが、美味しい時のからあげは絶品だが、マズイ時はマジでゲロマズだった、なるほどそういう事か…!!

嫁に「なんでお前が作る料理はいつも同じ味で作れるんだ?」と聞いたら「そりゃ分量はかれば同じでしょ」と言われて「そ、そりゃそーだー!Σ(゚д゚)」と衝撃を受けました。言われてみれば至極当然の話だった。

引用元-−-Web論

嫁の料理のやる気を引き出す言葉

【1】「キミの焼きそばはいつも絶品だな」などと、特定の料理を褒めて苦手意識を和らげる

「基本的に、おだてられたら調子に乗っちゃう」(20代女性)というように、出来栄えはどうであれ、作った料理の味を褒められると、その気になってしまう妻は多いようです。へたに批評したりせず、認めることで自信を持たせてあげましょう。

【2】「キッチンに立つお前を見てると幸せ」などと、格好を持ち上げる

「夫がエプロン姿を喜んでくれるので、装いだけは完璧にします」(20代女性)というように、料理をするのが面倒でも、形から入ることには抵抗のない妻もいます。「思い切って、一生モノの煮込み鍋でも買う?」などと、調理グッズで妻の気分を盛り上げるのもよさそうです。

【2】「キッチンに立つお前を見てると幸せ」などと、格好を持ち上げる

「ニコニコしながら出来上がりを待たれたら、『今日は作りたくない』なんて言えない」(30代女性)というように、妻が料理をするだけで大喜びしてみせると、前向きな気持ちになってくれるかもしれません。「キミが作ったものは何でもおいしい」と平らげれば、優しい夫をもっと喜ばせたいと奮起してくれそうです。

【4】「苦手なのに、いつもありがとう」などと、食事のたびに感謝の気持ちをあらわす

「夫に『ありがとう』と言われるのは、しみじみうれしい」(20代女性)というように、台所で悪戦苦闘した疲れも、夫からのお礼の言葉ひとつで吹き飛ぶことがあるようです。「努力してくれて…」などと前置きすることで、「自分のことをよくわかってくれている」と愛も深まるかもしれません。

【5】「鍋にしようか?」などと、一緒に調理しながら食べられるものをリクエストする

「お好み焼きとか焼き肉とか、プレートで作るものは気楽」(20代女性)というように、手間がかからず卓上で作れる料理を、夫のほうから提案するのもいいでしょう。一緒に調理することで妻の苦手意識が和らげば、徐々に料理してみようと思ってくれるかもしれません。

引用元-−-「料理が苦手な妻」のやる気を引き出す方法9パターン | スゴレン

男が苦手な嫁の料理とは?

男が苦手だったり嫌いだったりする味付けはあるのだろうか。最も多かったのは「薄味が苦手」という声だ。やはり、仕事を終えて疲れた体は塩気の効いた食事を欲するものなのだろう。そして意外と多く聞かれたのが「酸っぱいもの」である。

「トマトソースの煮込みとか、酢の物なんかはお酒飲むときならいいけど、酸っぱい料理をおかずにするのはツラい」(43歳・歯科医)

白いごはんに合わない味付けが苦手なのだろうか。そういった意味では、こんな声も興味深い。

「洋風の味付けっぽい料理というかお店全般が苦手。料理教室で習ってきたりするけど、なんか食べた気がしない。パエリヤとかもわざわざ家で食べたくない。家で食べるときは和食というか、日本の味付けがいいよ」

男たちは意外と食に対して保守的なのかもしれない。

引用元-−-日刊SPA!

嫁が劣化したと思う時は?

既婚男性100人にアンケートを取って、「妻が劣化した」と思うポイントを挙げてもらったところ、多かったパターンは「ズボラ化」。要するに家事の手抜きだ。
「少しは手伝え!」という妻たちの反論が聞こえてきそうだが、どうも女性が思っている以上に、夫たちは本気で不満に思っている様子。

「冷凍品が常に買いだめしてある」(37歳・妻は専業主婦・子供1人)、
「スーパーの総菜が多くなってきた」(30歳・妻は正社員・子供1人)というのは序の口。
「結婚当初は嫁が弁当を作っていたが、子供が生まれてからは『忙しい』と作らなくなり、僕が嫁の分も弁当を作っている」( 35歳・妻はパート・子供1人)

というパターンもあった。

さらには、「子供の食事は作るけれど、僕の食事はないということがよくある」( 38歳・妻は専業主婦・子供2人)という声もチラホラ。

妻側に聞くと、「子供はカレーやハンバーグを食べたがるけど、ダンナはそれだと文句を言うので『じゃあ外で食べてきて』となっちゃう」(32歳・パート・子供2人)。

うーん、この言い分もわかる……

引用元-−-女子SPA!

関連記事はこちら

 - 家事

ページ
上部へ