男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

束縛なのか?不安なのか?連絡を怠って彼女が怒る理由とは?

      2016/03/18

束縛なのか?不安なのか?連絡を怠って彼女が怒る理由とは?

付き合う前は、あんなに頻繁に連絡していたのに、彼女になってから久しくなると、連絡も怠りがち。

それは男としても反省すべき点だとは分かっていても、「どうして連絡してくれないの!」なんて彼女が烈火の如く怒りだすと、ますますそんな気持ちになれなくなるものですね。

しかし、彼女が連絡を欲しがるのは、単にあなたを束縛したい、というわけでもないようですよ?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

スポンサーリンク


彼女の理想は連絡がマメな男 だから連絡しないと怒る…

理想の彼氏はマメな人

理想の彼氏はマメな事がとても大切です。
連絡がマメで彼女に寂しい思いをさせない彼氏は理想です。

付き合い始めはマメで次第に連絡頻度が落ちていく男性は多いですが、マメな彼氏は付き合い始めの頻度で継続して連絡をくれますので、それが似お互いの日常になり安心感を得ることができます。
誕生日や記念日のイベントを忘れずに2人でお祝いをすることもマメなことの1つでしょう。
誕生日や記念日を忘れずに向こうから積極的に話してくれる彼氏はそれだけでも大切にされてるんだと彼女は感じます。

さらにマメな彼氏はデートの時は事前に情報を集め、当日迷わない様にエスコートしてくれます。
当日の天気や交通事情、現地のお勧めのレストランと情報収集をしっかりしてくれるので、デートを全力で楽しめるのがポイントです。
また、トラブルが起きても代替案を備えてるのでアタフタする事も少ないです。
そんな、細やかな心遣いをしてくれる男性が女性にとって理想の彼氏だと感じている女性はたくさんいます。

引用元-−-こいぴた

とはいえ、彼女に連絡を強要されるとこちらも疲れてしまう

Q、どんな行動を恋人にされたら疲れますか?
1位、一日に何通もメールがくる 31.3%
2位、人の話を聞かない 25.9%
3位、電話に出ないと怒る 25.5%
4位、メールに返信しないと怒る 24.1%
5位、愚痴を聞かされる 22.7%

■「一日に何通もメールをくれる」恋人に疲れた男性談
・「眠るギリギリまでメールが来るのは疲れます」(22歳/給食委託サービス/専門職)
・「短時間での何通にもわたるメールのやりとりは、とても性に合わないので疲れました。電話すればいいのでは……」(24歳/卸/システム)
・「メールが嫌いなので辛い」(22歳/広告/営業)
・「用事があってメールが返信できなかったのに、人の話も聞かず『何で返してくれないの』と一方的に怒ってきた」(23歳/金融/営業)

■「人の話を聞かない」恋人に疲れた男性談
・「僕が言ったことを全否定しておいて、自分の話を延々と続けられ、かなりまいった」(24歳/自動車関連/財務)
・「話を聞かないで自分ばっかり話されたら疲れる」(24歳/福祉/専門職)
・「会話のキャッチボールができないとき」(22歳/電気/営業)

■「電話に出ないと怒る」恋人に疲れた男性談
・「忙しくて電話に出られず、後からかけ直したら『ほんとに役に立たない』的な発言をされた」(25歳/化学/研究開発)
・「電話に出ないでいると、いつの間にか怒っている」(27歳/証券/企画開発)
・「電話に一回出られなかっただけで、何度もメールや電話がかかってきた」(23歳/公益法人/法務)

■「メールに返信しないと怒る」恋人に疲れた男性談
・「二日間メールを返信しないだけで、自宅に押し込まれた」(27歳/団体/事業開発)
・「メールを30分返さなかっただけでたくさんメールが来ていて、最後のメールはすごく怒っていた」(22歳/ソフトウェア/SE)
・「一日の終わりにメールしないと怒られた」(28歳/化学/営業)

引用元-−-マイナビニュース

男女の連絡に関する考え方の違いは、恋愛に対する姿勢の違いと同じ

・男性は短期決戦型
男性の恋心は、実は出会った当初からすぐにピークに達するようにできている。
これは生物的に自分の子孫を残すのに有利な心理感情である。
視線を向けて目と目が合い、可愛いなと思ったときにはもう既に恋愛ゲージはマックスの状態。そして、付き合った当初などはこの状態がしばらく持続する。
そして次第に恋愛の熱が冷めていくという傾向がある。

引用元-−-男と女の恋愛心理学

・女性は長期的恋愛思考な性格
女性は男性とは違い、恋愛感情が育つのに長い時間を必要とするケースが多い。
それは直接会って話すだけではなく、電話やメールでちょくちょくと連絡を取り合う事で育んでいくこともできる気持ちである。
最近ではメル友という関係もあるように、メールから恋愛へ発展するパターンは非常に多い。直接会って話すのが難しくても携帯メールのアドレスさえ知っていれば、女性にアプローチすることができるなんて恋愛をするにはいい時代である。
つまり、男性はすぐに身体的なものを求めるのに対して女性は精神的なものを欲しているのである。
「好きだよ」「愛してる」という言葉や、「誕生日おめでとう」だとか「今日仕事大変だった?」など自分に気を使ってくれる 心理的なアプローチにジーンと感動してしまうのである。

引用元-−-男と女の恋愛心理学

連絡がないと怒る彼女… 実は信頼が薄らいでいるから!?

N112_kaowoooujyosei500-thumb-815xauto-1953

彼女が怒る理由は、彼氏が連絡をくれない、というだけではありません。それはあくまで表向きの理由であり、実際には彼の気持ちが信じられないからこそ、機嫌を損ねてしまうのです。

女性の心は不思議なもので、いったん悪い方向へと考えが傾いてしまうと、ますます最悪のケースばかり考えるようになります。つまり、彼女が彼氏の言うことを信じられなくなると、連絡をくれないことにも、仕事が忙しい以外の別の理由があるのだと考えてしまうのです。
そのような時の彼女の思考は、どんどん悪い方向へエスカレートしてしまいます。仕事が忙しいのを言い訳にして、他の女性と浮気をしているのではないか、と思いつめてしまうのです。

あまりに疑心暗鬼が強くなると、彼氏を責め立てて、本当のことを言うように迫ることすらあります。
男性にとっては身に覚えのないことですから、適当にあしらっていると、ある日突然彼女がキレてしまうことがあります。何度も職場に電話をしてきて実際に仕事をしているか確かめたり、自宅にまで押し掛けて浮気をしていないかチェックすることすらあります。

このような行動にまで追い込まれている時の女性は、相当に彼氏に不信感を抱いていると言えるでしょう。ここまで関係が悪化した後で、信頼を取り戻すのはかなり困難になってしまいます。

引用元-−-こいきた

彼女は俺を試している ――それは不安の裏返し

いっぱい愛してほしい。そばにいてほしい。これは恋する女の共通項だけど、
24時間、彼のことばかり考えて、彼が生活の中心になって感情の制御がきかな
くなる女性がいるのね。恋愛至上主義の女性、重い女ともいいます。

しょっちゅうケータイをチェックし、仕事が終わる時間になっても、連絡がな
ければ、ケータイが壊れたのかしらと、自分宛のメールを送受信してみる。壊
れてないことがわかると、「なんで、連絡がないの!!」と、パニックになって、
10分ごとにメールを入れたり、彼の会社の前で待っていたり。

彼女を突き動かしているのは、「捨てられるかもしれない」という不安感。常
に、不安にさらされているから、いつも無理難題をふっかけて、私の気持ちに
応えて、応えてと、相手の気持ちを試していないと気がすまない。自分では幸
せになれないから、あなたの人生に依存して、幸せになろうとするのです。

だから、浮気を繰り返す彼でも、ちょっと優しくされると、すぐに許してしま
ったり、友だちから「あの男といても、貢がされるだけよ」と忠告されればさ
れるほど、自分の人生を否定されていると感じて、「私だけしかわからない彼
の良さがあるのよ」と、のめりこんだり。

引用元-−-AGLIA

彼女は男の時間を束縛したがる だから連絡を密にしようとする

女性は、男性の『時間』を束縛したがる傾向にあります。そのため、相手が「男友達」だろうと「仕事」だろうと、嫉妬してしまうのです。付き合う前は、どんなに「一人で平気そう」に見える女性でも、いざ誰かを好きになったり付き合ったり結婚したり、となると、「男性と一緒の時間をできるだけたくさん持ちたい」となる人が多いのが女性。女性は、親密な存在を欲し、誰かが側にいるという『存在感』をいつも確認したがる傾向にあります。この心理は、「女性は、常に誰かに自分の話を聞いてほしい」という願望にも関連していると言われています。

しかしこれに反して、男性は総じて、この「時間の束縛」をされるのが苦手。男性はそもそも、女性よりも冒険心やチャレンジ精神が旺盛な人が多く、「何かに向かって行動していたい」という心理があるため。「仕事に夢中で、恋人との時間を作れない」男性も多いですが、最近増えている、仕事よりも趣味や自分の時間を優先したりする”草食”タイプの男性たちも、自分の自由時間を謳歌したい思いが強く、「時間の束縛」をされるのは苦手という人は多いです。とかく「何かにハマりやすい」のが男性の特徴なので、「好きなことに、好きなように時間を使いたい」というのは、それが仕事であれ趣味であれ、多くの男性の本音のようです。

引用元-−-エキサイトニュース

彼女の不安を和らげることが、彼女の束縛を和らげることに繋がる

安心感はとても大事です。
彼女が不安に感じることは何かな?と常に気を配ってあげることが大切なのです。

不安が募って感情が爆発してそれが「〜してほしい」と表にでてしまいそれを満たす事で女性は安心感を得ているのです。

ワガママに出ないで上手く付き合うには、彼女の言っていることに良く耳を傾けたり、または彼女に「今、俺のことで不安なことある?」と直接聞いてみるのも良いでしょう。
とにかく彼女が不安に感じていることを早めに察知して止めるのがポイントです。

ワガママ=不安という女性も多くいるので愛されている安心感を男性が上手くアピールしてあげる事で彼女のワガママも少し抑えられるのかもしれませんよ。

引用元-−-恋愛大好き

関連記事はこちら

 - 浮気・不倫

ページ
上部へ