男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

歯磨き粉は必要?不要? 子供の歯磨きはいつから始める?

      2016/03/18

歯磨き粉は必要?不要? 子供の歯磨きはいつから始める?

虫歯にならないためには、毎日の正しい歯磨きが重要です。が、この歯磨き、大人はともかく子供はいつから始めるべきなのでしょうか?

また、子供の歯磨きに、歯磨き粉は必要なのでしょうか?

子供の小さく、白く輝く歯を守るためにも、正しい知識を身につけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

失恋した経験のない人が付き合った時にしている事とは

今まで失恋経験がまったくない人は恋愛に対しても自信を持つこと...

結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは

女性が彼氏を選ぶときのポイントはいろいろありますが、やはり顔...

女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境

「最近、女性の部下ができたんだ。」

人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法

会社では人事異動の時期がありますが、部署が変わるタイミングで...

職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件

男性が女性に可愛いと思う瞬間は、女性が男性にカッコいいと思う...

【下手したら大事件?】職場の独身女性に好意を抱いたときに気をつけること

職場で毎日のように顔を合わせていると、はじめはただの同僚とし...

この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!

自分を指導し、成長を支えてくれ、かつミスをした時には力になっ...

彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか

お付き合いをしている彼が転勤することになり、それを期に自分は...

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

スポンサーリンク


子供の口元に輝く歯。いつから生えてくる?

赤ちゃんの成長はまさに日進月歩。特に生後1年未満の赤ちゃんは、短時間でどんどん成長していきます。お母さん・お父さんは我が子の成長の一つ一つにドキドキワクワク、そしてほんの少しのハラハラするものです。

そんな成長の目印の一つが、”歯”。ニッコリと笑った赤ちゃんの口元に、ほんの少し、でもハッキリと輝く白い歯が見えてくるのは平均して、生後6ヶ月〜9ヶ月です。

一番最初に生えてくるのは、多くの場合、下の前歯2本から。その後、上の前歯2本、上下の歯がそれぞれ4本になり…と、乳歯が生えそろう時期は、生後2歳半頃から3歳半頃の様子です。

ただ、歯が生えてくる時期・生えてくる場所は、赤ちゃん個人個人により全く異なります。上の子は生後6ヶ月に生え始めたのに、下の子は生後1年過ぎだった、かと思えば3人目の子は産まれた時から生えていた――ということも決して珍しくありません。

ともあれ、この輝く白い歯を、いつまでも保ってあげたいものですね。
その為に必要なのは、やはり歯磨きです。

子供の初めての歯磨きは、いつから始めるといいの?

乳歯はいつか抜けるものだから、虫歯になっても大丈夫、という考え方は間違っています。

実は永久歯、大人の歯は、乳歯とともにお母さんのお腹にいる時に形成が始まっているのです。つまり、乳歯の下にはもう永久歯があるんです。ですから、乳歯の虫歯が酷いと、その下にある永久歯にも被害が広まってしまいます。

もともと赤ちゃんの口腔内には、虫歯菌は存在しません。お母さん・お父さんから、何らかの形で虫歯菌が移ってしまうことが原因で、赤ちゃんも虫歯になってしまうのです。

どんなに気をつけていても、これを完璧に防ぐことは難しいのが実情です。キスや口移しをしなくても、赤ちゃん自身が、お母さんの口元に触れた手をそのまま自分の口に入れてしまうことだって、いくらでもあるからです。

ですから、虫歯菌への感染を防ぐことよりも、歯磨きをすることが、赤ちゃんを虫歯から守る最大の方法と言えるのです。

子供の歯磨きは、最初の1本が生えた頃から始めましょう。

最初の1本目は、本当に小さくて、歯磨きの必要性があまり感じられないかもしれませんが、”歯磨きをする習慣”を赤ちゃんに身に着けてもらうことを目標にしましょう。

赤ちゃんのうちは、歯磨き粉は必要ない?

ここで気になるのが、歯磨き粉の存在。

大人は歯磨きの際、ほとんどの場合歯磨き粉を使っていますね。でも、赤ちゃんに使っていいのか悩むところです。

大人の歯磨き習慣を思い出してみましょう。歯磨き粉を使った後は、必ずうがいをしますね。これは、大人が普段使っている歯磨き粉に、発泡剤・研磨剤が入っているからです。

しかし、乳歯が生え始めの子供に、うがいやすすぎは不可能です。

うがいができるようになるのは、大体1歳半〜2歳頃。それまでは発泡剤・研磨剤の入っていない”赤ちゃん用のジェルタイプ歯磨き粉”を使うようにしましょう。

ジェルタイプの歯磨き粉は、うがいが必要な成分は入っていないか、飲み込んでも問題ない程度の濃度に作られています。

それ以外の発泡剤等が入っている”子供用歯磨き粉”を使うのは、うがいが出来るようになってからにしましょう。

大人用の歯磨き粉は、永久歯が生え出してから使用するようにしましょう。何故なら、大人用歯磨き粉に入っている研磨剤やその他の成分は、子供とその乳歯には適さないからです。

勿論歯ブラシも、月齢・年齢にあった子供用を選びましょう。

子供用の歯磨き粉に基準はあるの?

子供用の歯磨き粉を選ぶには、何を基準に見ればいいのでしょうか?
「虫歯を防ぐにはフッ素がいいのだから、フッ素が多いものがいいもの」と考えがちですが、実はこのフッ素に対する考え方は、歯のプロである歯科医師によっても考え方が異なります。フッ素は確かに歯を強くする効果がありますが、これを摂取しすぎることを危険視する声もあるのです。

予防接種などと同じく、”自分の子供にとって、親である自分は何を選択すべきか”を考える必要がある、ということです。

ちなみに、日本国内で売られている大人用の一般的な歯磨き粉のフッ素含有量が1000ppmほどですが、子供用歯磨き粉に対するフッ素含有量の基準が定まっていません(ちなみに海外の基準を見てみると大半が”500〜600ppm”とされています)。

ですから、生え始めはフッ素含有量がないかごく少量のものを選ぶといいでしょう。うがいが出来るようになったら、500ppm程度の歯磨き粉を選び、しっかりと洗い流させましょう。

子供用の歯磨き粉の特色である”味”ですが、子供が好きな味を選んであげるのがポイント。嫌いな味の歯磨き粉で無理矢理歯磨きをさせてしまうと、歯磨き自体を嫌いになってしまう原因になるからです。

赤ちゃんの頃から歯磨きを習慣づけるには

ただ、まず始めから本格的な歯磨きを喜ぶ子供はいないと言っていいでしょう。

歯の生え始めの頃は、大半の赤ちゃんが不機嫌になります。これは歯茎がむず痒いためであり、夜泣きの原因の一つでもあるのだとか。

そんな赤ちゃんにとって、歯磨きは”ムズムズして嫌な部分をザラザラしたものでゴシゴシ”することですから、嫌がって泣き叫ぶのも当然ですね。「あなたの歯のためよ」と語りかけたところで、理解してくれるわけもありません。

ですから、まず”歯磨きは楽しいこと”という認識を持ってもらうことが重要です。
赤ちゃんが歯磨きを楽しめるには、こんな方法が効果的と言われています。

  • いつも決まった時間に歯磨きをする
  • 普段から赤ちゃんの口周りに触れて、触られることに慣れさせる
  • お母さん
  • お父さんが一緒になって、楽しそうに歯磨きをする
  • 嫌がっても無理矢理抑えこんで歯磨きをしない
  • 磨き終わりには、たくさん褒めてあげる
  • こうした小さな積み重ねこそが、赤ちゃん――そして子供、大人と成長していく上で、丈夫で美しい歯を保つ基礎となるのです。

    赤ちゃん・子供の歯磨きは、とても根気のいる作業ですが、是非、二人で楽しんで良い歯を保ちましょう。

    関連記事はこちら

     - 育児・子育

    ページ
    上部へ