男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

産後の家事への旦那の参加の仕方で今後の行方が決まる

      2016/03/18

産後の家事への旦那の参加の仕方で今後の行方が決まる

家族が増えると家事も増える。

産後の家事が不仲の火種にならないよう、

以前にも増して旦那の家事への参加が夫婦円満の鍵となる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s
恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

ca498834ffb4071afeeef04536b4d11b_s
彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_s
《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

a29b62e686ee6855cd155a4f05f8f49f_s
スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

c8e550d3330b9100ccdb38a2e9869ac5_s
《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

e4adc57a56f3c8aa6b2215823f993483_s
大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

fdad44e3ad1ef6c6b5f41d0b121cf3df_s
《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

3cd91f9ae61c18dcbabd8ed807b42620_s
『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s
『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

fb90f273ed0648064b679312bdcc9f76_s
旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

9859ab69c451de9522d3c8f137e9e6ed_s
旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

51f15704b54b6c003185634d3601798c_s
得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

0aeb7abd72476a7eeed042df3f5cc57b_s
好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

500873aa5f20498f5b2f13a3b96a7f10_s
『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

05c90c6988e0ba594ecff1d92509cdbc_s
あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

7c91d6a730186ec1ca64c7f4b6cb621c_s
産後に義母の訪問が苦痛!穏便に訪問を避ける方法

産後に義母が頻繁に訪問するようになった。可愛い孫の顔が見たい...

4072ec83a87c879e5c3df5c09e3eba9e_s
産後に義母が手伝いに来る時に起こる問題と対処方法

産後に義母が孫の顔を見に来る、手伝いに来てくれる、嬉しい反面...

afe09f3f6ca971ef26bb1c9d28b5d178_s
同棲相手が喧嘩で実家に戻ってしまったら?同棲の解消方法

同棲相手と喧嘩というのはさほど珍しくありません。

545a5ec1c70f5a1c1e8a202a61c73ee6_s
同棲中に喧嘩して家出するのは効果ある?家出効果について

同棲中に喧嘩するというのはよくあります。
...

スポンサーリンク


産後に始まる危機がある

今回はこの産後クライシスを防ぐために、夫が産後ママには言っていけない言葉を、心理カウンセラーの田頭祐子さんにお聞きしました。

■1:「疲れてるのは分かるけど、これくらいできないの?」
産前は軽々こなしていた家事を、当然産後も“これくらいできる”と男性は思います。
しかし産後は「今まで経験したことのない、体調の悪さや精神的疲労感、数時間ごとの授乳やオムツ替えで疲れ切っている状態」と田頭さん。完璧を心掛ける人ほど産後欝になりやすい面もありますから、産後に努力を求めるのは止めましょう。

■2:「子供と家に居るだけだから、俺よりしんどくないでしょ?」
“育児より仕事の方が大変”と思う男性は多いです。しかし自分のペースででき、休みのある仕事に比べ、育児には「”振り回される”という初めての経験で、”自分で時間をコントロールできない辛さ”がある」と田頭さん。
“泣き止まない、寝てくれない、夜中に何度も起きる”など、24時間365日全て赤ちゃんのペースの育児に、「比較すること自体間違っていると言える」と田頭さんのアドバイスする通り、比較自体を止めましょう。

■3:「親に頼ってばかりいないで、自分も努力したら?」

出産後は里帰りをしたり、実母が手伝いにきたりするもの。しかし環境の変化により、「気疲れからこういった発言をする夫も少なくありません」と田頭さん。

実際産後は多くの人に頼るべき時期ですので、本来は普通のことです。

引用元-−-女性のハッピー生活をサポート WooRis

旦那の踏ん張りどころ

興味深いデータがあります。厚生労働省が5年に1度、全国の母子家庭を対象に行う母子世帯等調査、いわゆるシングルマザー白書のデータです。
この調査では調査対象となったおよそ1400人のシングルマザーに「末の子どもが何歳の時に離婚したか」を聞いています。選択肢は「0〜2歳」期、「3〜5歳」期、「6〜8歳」期と3歳ごとに成人の手前まで分けて聞かれています。さて、このときシングルマザーは子どもがいくつのときに最も離婚していると思いますか?
生まれてすぐの「0〜2歳」期でしょうか??少し育児の負担が減る「3〜5歳」でしょうか??それとも子どもが小学校になり働きやすくなる「6〜8歳」でしょうか?(死別や未婚の母といったケースはデータから除かれています)
――正解は何と「0〜2歳」期。この頃の離婚が全体の3割近くを占めます。

引用元-−-東洋経済ONLINE

この時期はまさに、産後クライシスの発生期。実際、どれくらい因果関係があるかについて研究を行ったデータはありませんが、もしこの時期に夫婦の仲が悪化しやすいことが前もってわかっていれば、いくつかのカップルは離婚を避ける対策を取ることができたかもしれません。

引用元-−-東洋経済ONLINE

旦那は家事は不慣れ

産後、家事に育児にとバタバタしている妻を見ていると、少しでも負担を減らしてあげたいと思いますよね。
そこで、「今日はご飯を作ろう」とか、「洗濯物を干そう」とか、家事を手伝おうと考える男性は多いでしょう。
ですが、普段あまり家事に関わっていない男性の場合は、不慣れな分、どうしても妻と同じようにはいかないものです。
ご飯を作っても、「料理はうまくできたけど食器や食材が散乱している」という事態になることは少なくありません。
また、「洗濯物を干す」という家事に関しても、「ただ単に干せば良いだけ」という考えで行うと、妻が後から手直しをしなければならないこともあります。
多くの女性は、洗濯物を干す際に数々のルールを設けており、それに従った干し方でないと納得できないものなのです。
妻が行っている家事には、妻なりの「やり方」が存在します。
だから、デリケートな産後の妻は、そんな自分なりの「やり方」に反する家事が納得できないことも多いのです。

引用元-−-LIQ (ライク)

旦那のやる気も上手に育てよう

「二度と洗い物はしたくない…」。夫の家事へのヤル気が急降下する妻の一言って?
育児のほか、掃除や洗濯、食事のしたく、食器の後片付けなど、さまざまな家事に夫が参加することで、イマドキの妻はかなりの負担が減っているのだろうと思いきや、妻からはキビシイ声があがっているようだ。
・「自分でやるほうが早いしキレイ」
・「フライパンを洗ってくれたのはいいけど、汚れが落ちていなくて、結局私が洗うはめに。もう、2度手間かけさせないで?」
・「家事にも優先順位があるんだけど!なんで分からへんの?」
・「掃除が中途半端。やるならきちんとやってほしい」
など、せっかくの夫の家事参加が、妻のためになっていないという残念な現実があった。
そして、夫のほうも、せっかく家事に参加したというのに、妻から言われるさまざまな「ダメ出し」に凹んでいるのだ。

引用元-−-suumoジャーナル

旦那さんに求められているのは家事

13720025797l1h0

イクメンという用語があまりにも安易に使われるようになっており、ちゃんと育児に参加している男性が使用をためらうまでになってしまいました。しかし、まじめにイクメンしている人はぜひイクメンであると堂々と声を上げて欲しいと思います。
このとき、私が男性にあえて言いたいのは「イクメンを気取りたいならむしろ育児をするな!」ということです。奥さんが必死に掃除をしている横で、子どもをあやして遊んでいるのがイクメンのイメージだとしたら、これは「しんどいことを女性にやらせて、楽しい時間を子どもと過ごす」ということです。
イクメンほど、育児ではなく家事をすべきだと思います。また、いいイクメンは家事もしっかりこなしているものです。母親が子どもと遊んでいるあいだに、掃除機をかけたり皿を洗ったり洗濯物を干すのがイクメンなのだと思います。

引用元-−-ハピママ

twitterの反応

関連記事はこちら

 - 家事

ページ
上部へ