男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

男一人の楽しい休日を過ごすにはコレがオススメ!

      2016/03/18

男一人の楽しい休日を過ごすにはコレがオススメ!

独身男性諸君! 

男一人で休日をダラダラ無駄に過ごしてませんか?

せっかくの24時間、有意義に過ごしてみませんか!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

好きな人の前だと緊張して食欲がなくなる女性『理由』と『対策』

恋をした事がある人なら誰でも「好きな人を前にすると緊張してし...

『これが恋の病?』好きな人といると緊張して食欲がなくなる理由

なんだかそわそわ落ち着かなくて、よく眠れないしお腹も空かない...

あなたまで貧乏に!嫁の実家が貧乏な時の対策を教えます

みなさんは結婚相手の資産を知っていましたか?
...

スポンサーリンク


男一人の休日、いつも何してる?

■ひとりの休日の過ごし方ベスト3

「休日に特に予定もなくひとりだった場合、どのようなことをして過ごしますか?」という質問に対して、20代男性の回答は以下の通りでした(複数回答可)。

1位:パソコン・・・71.9%

2位:TV・・・44.8%

3位:スマホ・・・43.6%

圧倒的にパソコンをいじって過ごすという若者が多いですね。パソコン、TV、スマホ……とかなりインドアな傾向があることがわかります。

音楽も映画もコミュニケーションもパソコンやスマホでできる時代。“パソコンで何をしているか”まで聞いていただかないと、いまいち本当に何をしているかは不明です。

引用元-−-Menjoy!

最近聞くことが増えてきた「ソロ男」という言葉。

「ソロ活動系男子」(=ソロ男)とは、一人暮らしの独身男性で、ひたすら仕事に打ち込むよりも趣味の時間、休日をしっかり充実させて過ごしたいと考える人が多いことで知られています。
週末の楽しみのために仕事を頑張っている、という傾向もみられるようです。

引用元-−-GRAGGhttp://gragg.jp/blog/living-alone/solo-dan-holiday-life/

オンオフを切り替えて男一人の休日を満喫する!

休日が楽しみですか? うれしいはずの休日がなんとなく退屈に感じてしまう人、休日も急ぎの仕事はないけど会社に行こうかな……などと思ってしまう人、休日になると逆に体がだるい、元気がでないといった人は、もしかしたらちょっぴり、『日曜神経症』になりかけているのかも(!?)しれません。

「日曜神経症」とは?

『日曜神経症』とは、心理療法家フランクルによる定義によれば、「日曜日に週日(平日)のあわただしさが停止して<中略>、自分の生活の内容の空虚さを襲う抑うつのこと」。つまり、プライベートがあまり充実していないために、仕事のない暇な日曜になると、自分の生活の空虚感を感じてしまい、精神的に落ち込みやすくなる……といった状態です。

仕事が好きでたまらないから、仕事が生きがいだから休日も働いている、という場合は特に問題がないのですが、「休日があまり楽しくない、休んでいても安らげないから、仕事をしている」という状態であれば要注意。長い目で見ると、心身の健康にとっては、あまりいいこととは言えないようです。

引用元-−-excite.ニュース

有意義な休日を過ごしたいと思ったら、すべての準備は前日に片づけておきましょう。仕事の準備や、掃除、洗濯、すべて前日にやっておきます。多少寝るのが遅くなっても関係ありません。翌日は休日なので、いくら寝坊しても問題ないからです。

とくに危険なのが仕事で、どんなわずかな仕事でも、後に響いてしまいます。また、翌日やりたい趣味がある場合、趣味に没頭する準備も整えておきましょう。

引用元-−-GRAGG

休日をアウトドアで楽しむ!

車を使って買い物

理想は午前中のうちに溜まりに溜まった洗濯物や部屋の掃除などを片付けて、ホコリかぶった身体をシャワーで洗い流します。

髪を乾かしながらも頭の中では洋服のコーディネートを忘れません。準備が整ったら愛車で買い物巡りです。

独身男性でも自分の家計にも気を使わなければなりません。

ディスカウントショップで生活用品をまとめ買いし車のトランクに詰め込みます。

次に仕事に忙しい男性はファッションのトレンドに乗り遅れがちなのでショップをいくつか梯子し、本当に気に入ったものだけを買うのです。

一通り買いたいものを買ったら伸びた髪を切りに行き、このあとに会う彼女に対して清潔感をアピールします。

引用元-−-こいぴた

美術館や展示会に足を運び、静かな非日常を楽しむ

1人でゆっくり、美術館や展示会に行くということも、独身男性のおしゃれな休日の過ごし方です。

美術館や展示会は基本的に静かな空間ですので、それだけで日常の忙しさを忘れてリラックスした気分になれます。

時間がゆっくり流れていることを感じられるので、普段仕事に追われている男性も、ほっとひと息つくことができるのではないでしょうか。

又、アートという、究極の非日常の世界に触れることで、世界中には様々な感性があることを知り、自分の発想や世界観を広げてくれます。

未知の世界に触れる休日は、その後の仕事にも思わぬヒントを与えてくれたりもします。

引用元-−-こいぴた

休日をインドアで楽しむ!

a0002_003093

自宅で男の料理・おつまみ料理を作って家飲み

「ソロ男」には、料理を趣味として楽しむ人が驚くほど多いことがわかりました。
近年、料理男子はブームのようにもなっていますが、彼らは料理上手を必要以上にアピールすることもなく、ごく自然に休日の過ごし方として取り入れているようです。

なかには「最初は料理は苦手だったし、自分が料理をするようになるとは思わなかった」という男性もいましたが、少しずつ挑戦するうちにのめりこんでいったとのこと。

作る料理の内容は、いわゆる「男メシ」から時々はオシャレなスイーツまで!
普段はあまり凝ったものは作らず、簡単なおつまみを作って宅飲みするという人も。
休日をまったりと過ごせそうですね!

引用元-−-GRAGG

1人でじっくり映画を見る

休日を利用して、見たかった映画を一挙に見てしまうのもイイですね。

特に長編映画に関しては、休日にしか見られないので、貴重な時間をたっぷり使って、映画の世界に浸ってしまいましょう。

自分の見たい映画を1人でじっくり見られるということは、独身の特権でもあります。この特権は、使えるうちに使っておいた方が良いと思います。

又、映画に詳しいと、人と会話する際、何かと話題作りに使えます。

引用元-−-こいぴた

出世する? 休日の過ごし方

休日の過ごし方によって、「将来、出世できるかどうか」が分かるそうだ。

脳に「適度な刺激と、考える癖を与えること」が必要

女性向けニュースサイト、Glittyの記事「心理学から見る『出世しない男性』の休日の過ごしかた」(2014年12月25日)によると、「いつも同じ仲間と飲んでいる」、「デートはいつも同じ場所に行く」男性は、出世しない可能性が高いという。

引用元-−-livedoor’NEWS

休日を「ダラダラ過ごすことが多い」と答えたのは、年収500万円台が27%、800万円台が22.5%、2000万円以上が19.5%で、年収が低いほど「目的なく過ごす傾向」があった。

また、休日に「まとまった運動時間を確保している」割合は、年収500万円台が25.5%だったのに対し、800万円台が32.1%、年収2000万円以上では32.7%で、年収が高いほど、運動している割合が高い傾向がうかがえる。「勉強時間を確保している」人も、年収が高くなるにつれて多くなる。高収入のビジネスマンほど、休日もダラダラせず、運動や勉強にいそしんでいるようだ。

もちろん、ツイッターでは「高い年収の人と同じ休日の過ごし方をすれば、年収が高くなるわけじゃないですけどね・・・」というツッコミもあった。一方で、「休日を完全にオフにすると、週明けにボケる」というつぶやきや、「午前中→ジムで地味に運動、午後→1人でカラオケ、4時間で45曲歌った。仕事でストレスたまっていたので発散できた!」という人もいる。休日は、ある程度アクティブに過ごした方が、ストレス解消になるのかもしれない。(KH)

引用元-−-livedoor’NEWS

twitterの反応

関連記事はこちら

 - ライフスタイル

ページ
上部へ