男が気になる恋の話題をまとめます。

オトコの恋バナ

男女の兄弟構成で恋愛の相性は変わる!

      2016/03/18

男女の兄弟構成で恋愛の相性は変わる!

兄弟構成は人格の形成に影響を与えると言われています。

では恋愛の相性だったらどうでしょうか?

長男、長女カップルなら上手く行く?末っ子タイプはが我儘で振り回されちゃう?そんな疑問にお答えします。

恋人との相性を考える参考にして下さい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!

上司と部下の関係でいれば、何かと行動を共にすることも多いもの...

塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情

塾の先生は、有名大学のアルバイト先としても需要がありますから...

慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について

慰謝料や養育費、離婚の時に金額の取り決めを行うと思います。 ...

既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事

既婚者の患者さんが、担当の医師に恋愛感情を抱くというのは、結...

高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道

高卒男子と大卒女子、学歴が恋愛の障害になるなんて、昭和の時代...

《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには

朝起きて何も見えない状態から、コンタクトを付けてホッと一安心...

実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは


実家暮らしの社会人は、一人暮らしの社会人よりも、...

恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用

お互いに好き合った者同士、ずっと一緒にいたいと思うのはいたっ...

彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人

彼女の部屋へ遊びに行くというのは、恋人同士の大切なイベントの...

《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由

待ちに待った大好きな彼女とのデート。彼女を楽しませたいし、格...

スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準

「この服欲しいな?」雑誌やCMを見てそう思っても、いやこれは...

《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由

楽しみと不安が入り混じった妊婦の日々を終え、やっと顔を見るこ...

大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは

いつかはくると分かっていたけれど、それでもなかなか受け入れら...

《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと

「◯◯ちゃん、今度結婚するんだって〜」
<...

『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか

男は胃袋を掴めばいい!なんて言葉がありますが、実際はそう簡単...

あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策

出産で里帰りする妻は、今やとても普通の事。
...

『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由

一時期よく耳にした“イクメン”という言葉。
...

旦那にイライラきている 新婚のあなたへ送るイライラ解消法

新婚は何しても楽しいと周りの他人からは羨望の眼差しで見つめら...

旦那がご飯を食べない・・・その根本的な原因はずばりこれだ!

せっかく旦那さんの為に作ったご飯を、食べてもらえないっていう...

得する?損する?義母を同居の際に扶養にした方がいいのかを検証しました

親にはいつまでも元気でいてほしいものですが、いつかは一人で生...

スポンサーリンク


兄弟構成は人格形成に影響するか?

兄弟構成は人格の形成に影響を与えますが、心理学では、人格形成に親よりも兄弟の影響が出るのは、兄弟が5人以上いる場合と言われています。

つまり、いまの時代ほとんどの人には、5人以上兄弟がいる人は少ないでしょう。

つまり、兄弟構成が人格の形成影響を与えるというよりも、親からの接し方で人格に影響が出るというのが正しいのです。

つまり親が、「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」という理由で、第一子に我慢を強いると、長男長女に言われる「物分かりがいい」「積極性がない」「実は甘えたがり」なんて特徴が出ます。

しかしこの長男、長女というのも、実際男一人、女一人の兄妹の場合、妹は長女だけど末っ子なんですね。

つまりこの場合は、当たり前ですが、長女の特徴ではなく末っ子の特徴がみられるわけです。

ここでは、そういった混乱を避けるために、ここでは「長男、長女」という言葉を使わずに、長子、中間子、末っ子の言葉で統一していきます。

兄弟構成による長子の性格と恋愛の相性は?

一般的には長子というのは、初めての子供なので、親が試行錯誤して育てます。

そのため、厳しすぎたり、甘やかしすぎたり、壊れたシャワーのように調整が効きません。

そして、自分が世界の中心という時代は早ければ、ほぼ1年で終わりを告げます。

中間子が出来れば、親の関心もどうしても中間子に移りがちです。

仮に親が、長子が気をかけていたとしても、今まで独り占めだった親の愛を中間子と分け合わなくてはいけないので、その分我慢を強いられることになります。

そのため、我慢強く、遠慮がちで、あまり自分の意見を言いません。

また人によってはそれが責任感という形で現れる人もいます。

我慢を強いられた経験から、相手に好意を持たれると弱く、意外に甘えん坊という人も。

相性がいいのは末っ子です。

面倒見がいい長子タイプは甘え上手な末っ子と上手く行く傾向があり、逆に末っ子と似たタイプと思われる一人っ子タイプとは相性があまり良くありません。

一人っ子タイプは感情表現が苦手なため、お互い遠慮しがちで進展しにくいのです。

兄弟構成による中間子の性格と恋愛の相性は?

中間子ですが、生まれた頃から長子と親の愛を分け合っています。

そして、長子の性格にもよりますが、年が近いとライバル視され、いじめられる事もあります。

おおよそ3歳違いがひとつのラインと言われています。

それ以上だと長子も中間子を可愛がる傾向がありますが、3歳未満の場合は、親の愛を取り合うライバルです。

親も二人目という事で少々気楽に構えますので、楽天家な側面も。

ただ下が生まれると、親の関心は末っ子(もしくはもう一人の中間子)に移るため、初めての子である長子と、末っ子の間で沈みがちになります。

そのためか、きちんと自己主張するタイプに育つと言われています。

長子と末っ子の間を上手く行き来するので、空気を読む能力に長け、コミュニケーション能力が高くなる傾向もあります。

自分が甘えた経験も甘やかす経験もあるので、両方のタイプに対応可能です。

相性がいいのはお互い中間子の場合。

お互いの境遇に理解があり、意気投合しやすいのです。

以外に相性が悪いのは、中間子、末っ子の組み合わせ。

末っ子が望むほどの甘やかしてもらえず、中間子もあまり甘えられるのも負担に感じるようです。

兄弟構成による末っ子の性格と恋愛の相性は?

末っ子ですが、小さい頃から兄弟姉妹がする事をまねっこしたりして、よく観察をしていいますので要領がいいようです。

また、おおよそ長子との間が3歳は離れる場合が多いので、長子にとっては可愛がる対象です。

中間子がいじめても長子が助けてくれるので、いつも周囲から大切にされている所為か「自分は愛される対象である」という自信があります。

そのためか、失敗を恐れずに何事にもチャレンジする傾向があります。

それが高じて負けず嫌いという側面も。

己の過信が過ぎると生意気な面も出てきます。

あまり自分の内面を隠すことに長けていないため、嘘がつけずに、嘘がバレやすいといわれています。

そんな末っ子はやはり、甘やかしてくれる長子との相性がいいようです。

相性が悪いのは前述した中間子、及び一人っ子のようです。

感情表現が豊かでストレートな末っ子に対して一人っ子は感情表現が苦手ですので、お互いの言葉が届かずに、そのあたりすれ違う原因になりそうです。

兄弟構成による一人っ子の性格と恋愛の相性は?

出産率が2人を切っていますので、今のところ、一人っ子家庭と、二人兄弟姉妹の家庭が多いと考えられます。

さてこの一人っ子ですが、一般的には「自分は世界の中心」と考えているから我儘だろうと思われています。

似たタイプと思われている末っ子は兄弟姉妹の関係から「自分は我儘を言っている」という自覚がありますが、そういった試金石のない一人っ子は「我儘を言っている」という自覚がない傾向があります。

悪気が無くても、空気を読まなかったり、自分の主張を通してしまったりします。

幼少期にはひとりで過ごす事も多いため、大人になっても一人の時間は大切にします。

行動に関してはモデルがいないため、常に頭で考える傾向がり、また感情を表現するのが苦手という人も。

そんな一人っ子はやはり相性がいいのは一人っ子のようです。

人に対する距離感や、一人の時間の大切さなどお互いに理解してくれるので、付き合いやすいようです。

逆に相性が悪いのは、前述した通り、長子と末っ子です。

しかし、多くても兄弟姉妹は2人が多い現代、一人っ子以外は長子と末っ子しかいない気もするのですが、一人っ子はそういった意味でも苦労が多そうです。

関連記事はこちら

 - コミュニケーション

ページ
上部へ